はじめに・ご挨拶

みなさんこんにちは大坂です
2014年にバリ島に移住し
不動産業とホテル内の店舗にて
セレクトショップ(現在閉鎖中)を運営しております
世界的なコロナ状況下で2つとも休業状態に追い込まれ
現在はYouTubeが本業のような状況です

チャンネル名
バリ島で働く社長の話(a CEO's survival in Bali)

現在登録者数 約1600人ですが
本気で年内チャンネル登録者10万人を目指しております!

バリ島 社長
と検索して頂けるとすぐに見つかると思います

このプロジェクトで実現したいこと

本プロジェクトは
賛同して頂いた起業家さんとの
共同プロジェクトになります

バリ島で攻め続ける起業家、社会起業家さんたちの
商品やサービスを
知って頂き、日本に届けたいです

商品の売上で雇用の維持、拡大を目指しています

そして
私が運営し現在閉鎖している
セレクトショップを「起業家支援の窓口」として再開させます。
個人、法人は問いません

もう限界だ!どうしたらいいかわからない!
そんな人たちのためにどうしたら
改善策があるのかを
みんなで話し合える場所を提供します


また
いつか外国人観光が再開した時には
出品した人たちに
会いたいと思ってもらえるような
プロジェクトにしたいと思っています

私は今まで
食事を配ったり、寄付もして来ました

今、バリ島の人にとって一番必要なことは
仕事を作り収入を増やすことです

一時的ではなく安定した仕事を提供し
このような状況下で作り上げることが重要だと考えています

観光に頼らない事業基盤を作りをサポートします



もし、再び同じようなことが起きても

ゴーイングコンサーン
(Going Concern「継続企業の前提」会社が将来に渡って事業を継続していく)
できるように

さらには
2015年9月の国連サミットで採択された
SDGs(持続可能な開発目標)を意識した

継続可能な体質改善を実現したいです


プロジェクトをやろうと思った理由



どんな状況になっても
前を向いて戦い続ける起業家を
応援したいと思っています

外国人観光客が入って来れない今
大人気のショップもかなり売り上げが落ちている状況です

起業家が背負う課題は山積みです
雇用の維持、職人の技術、家賃
そして取引先なども含めた人たちの生活

日本では助成金がありますが
バリ島の中小企業に対する助成金がありません

起業家は孤独なんです
誰にも相談できなくて悩む生き物なんです

そこでみんなで力を出し合って
助け合える窓口がバリ島にもあっていいと
思うんです!

今は
お米を支援して欲しい!
知り合いのガイド〇〇くんにお米を届けて欲しい
どうすれば日本に商品が売れますか?
ヴィラの経営をどうしたら良いですか?
そんな相談でもいいと思うんです

素直に相談でき
具体的な支援を
一緒に汗をかきながら手伝える場所
それが「起業家支援窓口」なんです!


某YouTube番組で
ある有名人の方が言っていました

「いつ回復するか
 わからないウィルスを
 待っている暇は僕にはない」

そう悩んでる暇なんてないんです






これまでの活動

これまで
孤児院や高齢者や身の不自由な方へ
洋服や雑貨、現金、
豚を丸ごと寄付をしたり


道端でバリ島の方々にお弁当を寄付したり


市場でティッシュを販売している子供たちから
販売しているティッシュを何度でも全て購入したり



さらには
その子供たちにクリスマスにドーナッツを寄付したりと
さまざまなことをやって来ました



私の仕事としても
ホテル内の店舗で販売して来ましたが
現在、外国人観光客がバリ島へ入国できない状況になっており
店舗は現在閉鎖しております

またYouTubeを通じて
バリ島で起業・経営されている人たちの
お店や商品、彼らの人柄を取材し応援して来ました




資金の使い道

・bumisehat助産院さんは10万円で1人の赤ちゃんの出産費用を賄うことができます
・各事業者の既存・再雇用スタッフの人件費
・リターン商品作成材料費、梱包資材
・店舗を「起業家支援の窓口」として再開しの家賃、人件費、
 インターネット代等、資金として
・食料に困っている方へのお米などの食料品の提供など

※リターンの販売数によってコストが変動します
現時点で明確な金額を記載することができません。
当プロジェクト公開期間終了後に、活動報告にて資金に関する詳細を報告致します。


リターンについて

①24時間365日無料の貧困層を救う
 奇跡の助産院からお礼のメール
 

バリ島ウブドにある「ブミセハット助産院」を運営する
社会起業家 助産師の「ロビン・リム」さん

貧しくて助けが必要な妊婦さんに無料で出産のサポートをする奇跡の助産院
ブミセハット助産院の活動はインドネシア国内以上に海外で高く評価されており
世界最大ニュースメディアCNNが運営している「Hero of the Year 2011」を受賞。
世界中から支援が集まった


しかし今、支援金が集まりにくくなっているにもかかわらず

助産院として衛生面にかかるコストやここのサービスを必要とする人が増えてきた

さらには昨今の状況下、世界中からボランティアスタッフが

バリ島への入国ができない状況で資金難から地元のスタッフを追加で雇用することも

難しくなっている


私はここを少しでも支援したいです
(こちらも bumi sehat助産院さんとの共同プロジェクトになります)


クラウドファンディング運営側の手数料、為替手数料、税金などその他経費を諸費用を差し引いて

全額をこちらの寄付にあてます

この寄付は助産院運営に関わるスタッフの賃金や諸費用に使われます

10万円で1人の出産費用を賄うことができます




②バリ島から写真をお届けします

著作権フリーで商業利用して頂いて構いません
私が撮影した写真をお届けします


③起業家さんとZOOM会(商品付)


あの人の話を聞きたい!
これからバリ島に移住したいんだけど!
起業したいんだけど!
そんなご希望にお答えします!
皆さん同時にZOOMを接続し
各2回、日程を決めさせて頂きます!
もちろんZOOMに参加できないが
商品を欲しいって方も大歓迎です
(こちらも 賛同起業家さんとの共同プロジェクトになります)

④Tシャツとお米10kgを困っているバリ在住者にお届け

これを見て下さっている方で
お世話になってあの人にお米を届けて欲しい
という要望にお答えします
このTシャツは日本人を対象に観光業をされている方なら
必ずこの漢字の話で仲良くなり
売り上げが上がるきっかけになるTシャツです
そしてお米10kgドーンとお届けします
(こちらのリターンを支援したい方は、日本の住所を入力した上で届けたいバリ島在住者のお名前やご住所、特徴、電話、メールなど個人が特定できるようにわかる範囲で結構ですのでご入力をお願いします)


⑤バナーにお名前、ホテル内でのプロモーション

今は閉鎖しておりますが
バリ島ヌサドゥアタンジュンベノアにある
SADARAホテルのフロント横に
お店を構えております
こちらにインタビューボードのように
お名前を掲示するバナーボードを設置します
その他、公式インスタグラム、
クラファン特設フェイスブックページにも
お名前を掲示させて頂きます
企業名やロゴも掲載可能です

ぜひバリ島にお越しの際は
こちらに来て写真を撮って下さい

また、ホテルへのチェックインの際に
チラシの配布やサンプルの配布も可能です
あなたの会社の商品を観光客のみなさまへ
アピールすることが可能です
(サンプル品の費用や送料はご負担下さい
 チラシに関してはデータを送って頂ければ
 こちらの負担でA4の4分1サイズ印刷させて頂きます
 紙質はこちらで選ばせて頂きます)


⑥マデさんのオーガニックカカオファームの豆を使ったチョコレート

カカオのオーガニックファームを経営している
マデさんが作ったカカオ豆を使った
カカオ70%を日本でチョコレートにして加工して
チルド便でお届けします
(こちらも マデさんとの共同プロジェクトになります)

日本のニュースで
義理チョコ需要がかなり落ち込んだと流れていると思います

さらにバレンタインデー当日は日曜日
コロナの状況が始まった当初から
チョコレート需要が
今年は厳しいのはわかっていました

それでも
チョコレートの仕事をしている友人が
マデさんからカカオ豆を
昨年末に大量に購入してくれた
いや
買い支えてくれた

マデ農園ではオーガニックにこだわっているため
決して安くはありません

安いカカオ豆は世界中を探せは
いくらだってある

少しでも私はその恩を返したいと思って
商品をクラウドファンディングの
リターンとして掲載しています



その他、順次商品を追加していきますので
期待して下さい

本プロジェクトは賛同起業家さんが増えるつど
リターンを増やしていきます


実施スケジュール

3月末から順次発送予定です。
※発送予定時期に変更があった場合は、活動報告にて都度ご連絡させていただきます。



最後に

私には夢があります
世界中の人たちと仕事がしたい

高校生の頃に大学入試で
論文にもそう書きました

それから約20年後

最初の国に選んだのが
インドネシア バリ島です

私もそうですが
バリ島で起業した人たちは
こう夢を描いたはずです


ここバリ島で仕事がしたい
バリ島の人たちを豊かにするんだ
私が仕事を作るんだ
この笑顔に囲まれて仕事がしたい

って

しかし
私も含め多くの人が
とても苦しい状況です

バリ島だけでなく世界中です

あの頃
こんな未来を誰一人想像しませんでした


それでも
私は諦めたくないんです

もう悩んだり絶望したり
涙を流すことを止めたいんです
仲間達の笑顔を守りたいんです



「神秘的」で「楽しくて」
「癒されて」「ワクワクする」「楽園」のような
バリ島のイメージを取り戻すため、、、

みんなで力を合わせて戦い続けるんだ!

このプロジェクトは

バリ島に住み起業して
夢を諦めて欲しくない人たちの
笑顔と取り戻すためのプロジェクトなんです

そして
このクラウドファンディングを
楽しいイベントのように盛り上げていきたいと思います




みなさんと一緒に作りあげて行きましょう!



募集方式
<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください