マラソンジョッキーのギネス記録である80時間5分を超える88時間ぶっ通しの生ラジオ放送に挑戦し、日本中が明るく元気になれるような放送を命をかけて発信したい。

プロジェクト本文

災害復興支援

打打打団 天鼓 結成30周年 記念プロジェクト
打打打団メンバーがお送りするインターネットラジオ「Dなタイム」特別編

88時間生放送!ギネス記録に挑戦!
88耐マラソンジョッキー「エイエイオー!」

「Dear ニッポン ~日本再発見~」

放送日:2017年8月24日(木)6:00〜8月27日(日)22:00までの88時間

放送局:松原インターネット放送 OMBC(http://www.ombc.jp/


いま世界中で注目され、見直されている日本の文化。
それを肌で感じてきた打打打団が、職人・文化人・伝統芸能継承者、

そしてリスナーの皆さんから「日本のスキ!いいところ!」をお聞きし、

ラジオを通じて世界中へ発信します。

 

あなたの好きな日本の風景、歴史、道具、人情や風習など、

大切に受け継がれたものを再発見し共有することにより、

日本に元気を発信する88時間。

マラソンジョッキーのギネス記録である80時間5分を超える
88時間ノンストップのラジオ生放送で新たなギネス記録樹立を目指します!

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由


東北と九州でおこった未曾有の大災害。
未だ多くの方がその爪痕に苦しまれている今、日本中が明るく元気になるような放送を発信し、
沢山の人の心を笑顔にしたい! そんな思いからスタートしたこのプロジェクト。
熊本に生まれ、熊本に育った増岡大志が、人と人をラジオでつなぎ、日本中から元気を被災地へ、
日本中が忘れてはいけないことを届け続ける88時間。
伝えたい気持ちを、太鼓に、ラジオにのせて、あなたの大切な人に届けます。

 

「打打打団 天鼓」とは

1987年舞台芸術家 伊瑳谷 門取によって創設。

「観客を楽しませる迫力の響き」をテーマに、和太鼓に演劇の理念を合体させた 独特の演出により注目を集める。

 

 

近年では「桃太郎」

「竹取物語」

「ロミオとジュリエット」

など、和太鼓コンサートではありえなかった演劇と和太鼓を融合させた舞台

「Drama Drummer」シリーズが注目され

2017年6月にはオランダの演劇祭に招聘、津波をテーマにした作品

「付喪神 -Tsukumogami-」

が大きな話題となり、20公演全てソールドアウト。

ヨーロッパでは「フェスティバル史上最高作品」と高い評価を得た。

詳細は

 打打打団 天鼓ヒストリー

http://www.dadadadan.jp/tenko-history.html

 

その「打打打団 天鼓」が30年分の感謝に応えるため、バチをマイクに持ち替えます。

 

 ▼ギネスに挑戦するパーソナリティー

増岡 大志(ますおか たいし)

生年月日 :1985年 11月9日(31才)
出身地 : 熊本県玉名市出身
血液型 : B型

17歳より地元チームで和太鼓をはじめ、中心メンバーとして活躍
年間約60回の様々なイベントや舞台を経験
地元チームの25周年コンサートでは団長を務め、12曲を披露
2005年熊本大太鼓コンテストで入賞を果たす。
2010年「打打打団 天鼓」に入団。
空手、剣道、柔道など数々の武道の経験を備え、舞台では異色の存在感を放つ。
また類稀なるユニークなキャラクターを生かし、和太鼓のみならず
「しまじろうのがっきであそぼうタタンがタン」でのお兄さん役や、
インターネットラジオ「Dなタイム」パーソナリティーを務める。
数々の国内公演に加え、海外での公演参加など、その活動は大きく広がり続けている。

 

●主な舞台歴

2013年関東ツアー「ザッツ・太鼓・エンターテインメント!」
2014~2015年「しまじろうのがっきであそぼうタタンがタン」
2015年太鼓×歌劇「大阪城パラディオン」サンケイホールブリーゼ
2015年~ インターネットラジオ「Dなタイム」パーソナリティー
2015年イタリアミラノ万博博覧会「Japanday Special Live2015」
2015年「DramaDrummerII たいこ日本昔ばなし」近鉄アート館

2016年 ロシアツアー

2017年「DramaDrummerIII ロミオとジュリエット」近鉄アート館・新宿村LIVE

 


▼リターンについて

●3,000円

・打打打団メンバーからお礼のメール
・88耐オリジナル缶バッジ3個

●4,000円(限定数100)
・打打打団メンバーからお礼のメール
・88耐オリジナル缶バッジ3個
・打打打団フェイスタオル

●4,000円(限定数3)

・(90年代)【M】打打打団 天鼓Tシャツ

※90年代に発売していた打打打団 天鼓オリジナルTシャツ

新品ですが古いもののため多少の傷みがある場合がございます。

ご了承いただける方のみお申込みお願いします。
・打打打団メンバーからお礼のメール
・88耐オリジナル缶バッジ3個

●4,000円(限定数1)

・(90年代)【XL】打打打団 天鼓Tシャツ

※90年代に発売していた打打打団 天鼓オリジナルTシャツ

新品ですが古いもののため多少の傷みがある場合がございます。

ご了承いただける方のみお申込みお願いします。
・打打打団メンバーからお礼のメール
・88耐オリジナル缶バッジ3個

●4,000円(限定数3)

・(2000年代)【L】打打打団 天鼓Tシャツ

※2000年代に発売していた打打打団 天鼓オリジナルTシャツ

新品ですが古いもののため多少の傷みがある場合がございます。

ご了承いただける方のみお申込みお願いします。
・打打打団メンバーからお礼のメール
・88耐オリジナル缶バッジ3個

●4,000円(限定数2)

・(2000年代)【XL】打打打団 天鼓Tシャツ

※2000年代に発売していた打打打団 天鼓オリジナルTシャツ

新品ですが古いもののため多少の傷みがある場合がございます。

ご了承いただける方のみお申込みお願いします。
・打打打団メンバーからお礼のメール
・88耐オリジナル缶バッジ3個

 

●5,000円(限定数30)
・DVD(桃太郎・ロミジュリ)とサイン入りCDのセット

・打打打団メンバーからお礼のメール
・88耐オリジナル缶バッジ3個

●8,500円(限定数5)
【高校生以下チケット】
2017年10月15日(日)打打打団 天鼓松原公演のチケットと
午後からの打打打団シーンのリハーサル見学、公演終了後メンバー全員との写真撮影。
注)小学生以下は保護者の方とセットでお申し込み下さい。

●10,000円(限定数15)
【一般チケット】
2017年10月15日(日)打打打団 天鼓松原公演のチケットと
午後からの打打打団シーンのリハーサル見学、公演終了後メンバー全員との写真撮影。


●30,000円(限定数3)

クラウドファンディング特別価格
・打打打団メンバーによる出張指導約2時間
(スケジュール確認の上お申込み下さい。楽器、会場はご用意下さい。交通費、遠方の場合の宿泊費は別途。)


●100,000円(限定3)

クラウドファンディング特別価格
・オリジナル曲を作曲。

お申込み前に一度お問い合わせ下さい。

●200,000円(限定3)

クラウドファンディング特別価格
・打打打団 天鼓オリジナルコンサート3名10分
(スケジュールご確認の上お申込み下さい。出演料、搬出入費込の値段です。会場、音響、照明など実費ご負担願います。交通費、遠方の場合の宿泊費は別途。)


●300,000円(限定3)

クラウドファンディング特別価格
・打打打団 天鼓オリジナルコンサート5名20分
(スケジュールご確認の上お申込み下さい。出演料、搬出入費込の値段です。会場、音響、照明など実費ご負担願います。交通費、遠方の場合の宿泊費は別途。)

●600,000円(限定3)

クラウドファンディング特別価格
打打打団 天鼓オリジナルコンサート60分
(スケジュールご確認の上お申込み下さい。出演料、搬出入費込の値段です。会場、音響、照明など実費ご負担願います。交通費、遠方の場合の宿泊費は別途。)

 

▼最後に

88時間連続生放送という前人未踏の記録に挑戦いたします。

あなたの応援が必要です。

応援メッセージ、励ましのお便り。なんでも結構です。

ぜひ番組に参加して下さい!

よろしくお願いいたします。

 

OMBC松原インターネット放送局

http://www.ombc.jp/

2017年8月24日(木)6:00~27日(日)22:00

 

 

 

  • 活動報告

    皆川 真澄 様

    2017/08/23

    idea actors school 代表・演技教師 自らが俳優として、また多くの俳優を育て得た自己表現の方法。 俳優修行と人間修行の類似点からみる日本人の特性とは。…

  • 活動報告

    丸岡 淳司 様

    2017/08/23

    明治3年創業、丸岡太鼓店 代表。 打打打団もとてもお世話になっている大阪にある丸岡太鼓さん。 太鼓職人の目から見た日本文化のいいところについてお聞き…

  • 活動報告

    ゲスト紹介「辻 耀子」 様

    2017/08/23

    心理分析カウンセラー。 NPO法人日本レイキ協会・理事長 (社)国境なきいのち基金・代表理事 ありのまま.com代表 心理分析士(カウンセラー) どのよう…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください