はじめに・ご挨拶

株式会社服部は1885年に京都市で旅行用品雑貨問屋として服部商店を創設し、現在は兵庫県豊岡市に本社を移し、鞄関連商品の企画、製造、販売をしております。

オリジナルブランドの

・Ryu‘s One(リューズワン)
・CROSSROAD(クロスロード)
・VELBA(ベルバ)
・Bluffpop(ブラフポップ)

を展開させていただいております。

近年では、革の鞄をはじめ、財布、小物等を展開しております。

【詳しくはこちら】
URL:http://hattori-bag.co.jp/

このプロジェクトで実現したいこと

まだ医療ガウンは足りていないの?

私たちが今、出来る事。

日本赤十字社本社を通じでガウンを寄贈する。

このコロナ禍で得た医療用ガウンを国産で作るノウハウを活かして、

『現場には足りていない』

『安定して入ってこない』

という声が未だに聞こえてくる医療現場、介護現場の皆様に国産ガウンをお送りさせていただき、安心していただく。

そして従事者の皆様のモチベーションをいかに下げずに頑張っていただきたい。

我々自身も日常は鞄を作らせていただいていますが、ガウンを作らせていただく事で少しでも社会に貢献させて頂きたいという想いでこのプロジェクトを立ち上げました。


プロジェクトをやろうと思った理由

テレビではゴミ袋を被って治療にあたる医療関係の方々の様子が頻繁に報道されていました。

ガウンだけではなくフェイスシールドもマスクも不足する中、鞄メーカーとして何かできる事がないのか?

という思いのもと、先ず鞄の材料を利用してフェイスシールドの試作にとりかかりました。

出来た試作品は地元豊岡市の保健師さんや看護師さんに何度かヒアリングをさせて頂き、試行錯誤を経て商品として出来上がりました。 
早速、このフェイスシールドは地元の医療機関、介護現場、行政機関に収めさせていただきました。

またお取引先より兵庫県の県立病院でも不足している事をお聴きし、納入させていただくこととなり、量産に取り組む事になりました。

医療ガウンに関しては、もっと深刻で、朝病院に出勤した医療従事者の方がゴミ袋を切ってガウンを作らざるをえない状況であることも、直接お聞きしました。


我々でも出来ることはないだろうか?

当社の鞄用の裁断機を使用してなんとか出来ないだろうか?

と考え、ここからガウンの作製がはじまりました。

ご要望が数万枚というあまりにも多い数量だったことから、同じ豊岡市にある同業社に協力をお願いしたところ、フミオ工業㈱さんが快く引き受けていただき、ようやく生産体制の目途が立ちました。

 材料については、当初は「急を要するので農業用ビニールでもかまわない」と悲痛なお声を聞いていたぐらい材料調達は難題でしたが、同じ豊岡市にあるボリエチレンメーカーのタニーパック㈱さんが協力してくれることになりました。


素材の厚さ、硬さ等手探りでしたが、

『医療現場に一刻も早くお届けしてあげたい』

という熱い想いで、異例のスピードで試作素材を作成していただくことができました。

 また、医療現場が非常に暑いとの声を聞き、暑さの原因であるまとわりつきを軽減させるための加工を施した素材が完成し、結果的に非常に満足していただけるガウンができました。

 現場からお借りしたガウンを元に試作品を作成し、その当日に医療現場のドクターのご承認をいただくことができ、生産の運びとなりました。

こんなガウンです

本物であること

勿論、鞄メーカーだからといって、それらしい物、間に合わせの物は作りたくありません。

鞄の裁断でも最先端のオートメーションカッターを使い、少しでも着心地のいいようにと工夫を加えています。

又、品質面でも実証する為に、世界の最大手検査機関インターテック社に検査を依頼し、以下の項目において世界基準を満たすシートを作りあげました。

Hydrostatic Head test/ISO 08111
【液体の浸透に対する耐性の決定、静水圧試験】

Cleanliness Microbial/ISO11737-1
【埃やその他の粒子による空気感染への耐性】

Microbial Penetration/ISO22612
【微生物の透過性】

Bacteria Penetration/ISO22610
【バクテリアの透過性】


世の中は一回目の緊急事態宣言

兵庫県より受注を頂き生産を始めた中、神戸赤十字病院でガウンが足らなくて困っているとのお電話を伺い、その分も生産する事になりました。

当初は1日1000枚の生産にも四苦八苦していて、その日にできたガウンを最終の運送便にギリギリ積むような毎日でした。

しかしたくさんの方々協力を得て、このお話を聞いてからゴールデンウイークを含む約1ヶ月の驚異的なスピードで、取り急ぎの不足していたガウンを造り上げていくことができました。

そして、現場ではラインの改善や機械・設備の導入をしながら、何とか第一波が落ち着いてきたと言われ始めた6月の終わりには1日で1万枚をこなせるまでになりました。

世の中が平時にもどりつつ

第一波が落ち着き始め、中国など海外からの供給が元に戻りはじめた頃、このプロジェクトに関わってきたメンバーが集まり、今後の生産について何度も話し合いをもちました。

世の中ではコロナがこれでなくなってしまう?との憶測も語られていた時期ですが、『やはり冬と共に再拡大が予想されている以上、世の中の為に国内で安定的に作り続けよう!』との結論に達しました。

見えてきた課題

最大の問題は中国製との価格差です。

コロナ前の価格と比べると4倍以上の価格差があり、価格差を埋めるべく、新たなチャレンジが始まりました。

・機械化を初めとする省力化でコストを下げる事。
※これは現在も続けられています

・ガウンの折りたたみなどの工程では専用の機械もなく、苦戦しているのが実情
※機械メーカーには開発をお願いしています

より良い物に改良していく努力

※今まで納入させて頂いている神戸赤十字病院をはじめ、現場の声をお聞きしながら、より一層使い易いガウンになるよう協力頂いている企業様と共に、改良を加えています。

・続けていく事

安定して購入していただけるため、安定して生産を続けていく必要があります。

近隣の自治体との協定

当初から生産していたフェイスシールドが近隣の兵庫県養父市の市長の目にとめていただき、子供たちの感染防止に使用したいとのお話を頂きました。

また、ガウンについても「地域医療・介護施設への安定供給体制を」との事より、災害時及び感染症予防対策時の応援協定を結ぶこととなりました。

また、本年1月地元豊岡市とも同様の協定を結ばせて頂きました。                        

もう生産しなくてもいいの?

平時に戻ったように見えていた9月頃、一部を除き発注がほとんどなくなりました。

お話をお聞きすると、

「コロナ以前に契約していたガウンが安価で、納入されるようになった」

とのお声が多かったです。

しかし、

「安定的には入ってくるわけではなく、目の前の手当だけはしているが、先行きは不透明なまま」

とのお話もありました。

報道で取り上げて頂きました

もう我々の役割は終わったのだろうか?

そんな中、神戸新聞をはじめNHK、毎日放送、関西テレビ、TBS、毎日新聞、日本経済新聞などのマスコミの皆さんが窮状を報道していただきました。

https://www.facebook.com/282601478604763/posts/1479049798959919/

兵庫県を責めるような論調で取り上げていただいた一部のメディアもあり、親身に担当して頂いていただいている方々にはご迷惑もおかけし、申し訳ない気持ちでしたが・・・

やはりガウンは足りていない

メディアに取り上げていただいた12月の初旬、たくさんのお問い合わせや応援のお電話やメールを多々いただきました。

折しも第三波と言われ始めた頃で、感染者数はどんどん増えていっている最中で、「中小規模の医療機関や介護施設等の現場ではガウンがかなり不足している」とのお声と沢山のご注文をいただきました。

『やはり足りていない、我々がそこまでお伝えができていなかったのだ。』

改めて何とかしなければいけないと気付かせていただきました。

それと共に

『本当は使いたいのだけど財政的な問題や、いつなくなるかわからないといった理由で必要なところ全てが使う事が出来なかったり、枚数を減らして使用せざるをえない』

という事もわかってきました。

沢山の応援のお声

また、「困っているたくさんの病院を応援したい」「少しでも支援をしたいので、クラウドファンディングを立ち上げてほしい」とのお声も沢山届くようになりました。

一部の企業様や個人の方々の中にも、「お世話になっている病院がコロナで大変なので支援物資として贈りたい」とのご注文も沢山ありました。

『沢山の皆様からのご要望を何とか形にできないか?』

この想いが後押しとなり、このプロジェクトを立ち上げさせていただく事になりました。
我々も作り続けていきたい

医療用ガウンの生産の取り組み始めてまだ日が浅いですが、品質重視で作ってきましたし、今後も改良、改善に努めていきたいと思っています。

そして、ガウンの製造に取り組ませて頂いた中で分かったこともあります。

一つは国内で日常的にポリエチレンガウンを製造しているところがほとんどない。

アメリカをはじめ、EUなどは自国で最低限のガウン、マスクなどの医療資材を製造している。

もしくはコロナを機に製造を始めたと聞きます。

今までの我々の生活の中で消耗品が入ってこないという事は極めて稀でした。

しかし、世界中がパンデミックの中で、需要と供給のバランスが崩れたり、中国のマスク外交という言葉が出てくる程、医療用品が戦略的物資となっているのが現状です。

私たちは自己防衛の観点からも、最低限は自国でも生産しておくことは重要だと考えます。

またその一旦を担うことができればと考えています。

勿論本業の鞄についても頑張っていくと共に

新しい生活様式の中での提案として、抗ウイルス素材を使用したマスクケース、エコバッグ、消毒液を入れて気軽に持ち運べるようにしたスプレーケース等チャレンジをしています。

資金の使い道について

ご支援頂いたガウンにつきましては全量、クラウドファンディングにご協力頂きました皆様に成り代わりまして日本赤十字社本社にお届けさせて頂きます。

・医療ガウンの原料調達

・原料(ポリエチレンシート)の生産の費用

・ガウン本体の生産に関わる費用

・日本赤十字社にお届けする送料

・CAMPFIREの手数料

に使用させていただきます。  

支援及びリターンについて

【御支援金額3,000円】

ポリエチレンガウン12枚を寄贈させていただきます。

支援者の方には

・御礼メール

・弊社オンラインショップでお使いいただける300円クーポン1枚(有効期限2021年6月末)

弊社オンラインショップ
https://www.hattori-co.com

をメールにてお届け致します。

※クーポンは現金に換金できません。またお釣りはでません。


【御支援金額5,000円】


ポリエチレンガウン20枚を寄贈させていただきます

支援者の方には

・御礼メール

・弊社オンラインショップでお使いいただける300円クーポン1枚(有効期限2021年6月末)

弊社オンラインショップ
https://www.hattori-co.com

をメールにてお届け致します。

また、特製牛革製キーホルダー(非売品)を支援者の方にお届け致します。

※特製牛革製キーホルダーは1色のみお届け。お色は選べません。
※クーポンは現金に換金できません。またお釣りはでません。

【御支援金額10,000円】


ポリエチレンガウン40枚を寄贈させていただきます

支援者の方には

・御礼メール

・弊社オンラインショップでお使いいただける300円クーポン1枚(有効期限2021年6月末)

弊社オンラインショップ
https://www.hattori-co.com

をメールにてお届け致します。

またスプレー付き特製スプレーケース

(シルバー・ホワイトからお選びいただけます)を支援者の方にお届け致します。

※クーポンは現金に換金できません。またお釣りはでません。

実施スケジュール

支援いただける皆様に購入いただきます。

弊社が兵庫県豊岡市で生産をしたガウンを、皆様に成り代わり日本赤十字にお届け致します。

お届けごとに、当ページにて皆様に御報告させて頂きます。

又、プロジェクト終了後、当ページ上で最終の活動報告としてご報告させていただきます。

Q&A

Q. 自分でガウンを購入したいのですが、

A. 当サイトではお送りする分のみ受け付けております。ご購入をご希望の方は弊社オンラインショップ及びお問合せをお願い致します。


Q.  領収書は発行できますか?

A. 支援者の方につきましては、ご希望の方には弊社にて領収書の発行をさせて頂きます。(日本赤十字社より個別の領収書は発行できません)


Q.  企業ですが、寄付として税務上処理したいのですが?

A. 弊社まで別途お問合せ下さい。

最後に

このプロジェクトを通して、医療や介護の現場で頑張っていただいている皆さんに安心いただけるように。

そして、我々も作り続ける事で、元気を頂く、そしてアフターコロナの時代にも微力ですが、貢献できればと願っています。



  • 2021/04/06 08:15

    無事完走する事が出来ました。支援を頂きました86名の方々本当にありがとうございます。また、お電話、メールで励ましの声をかけて頂いた方々フェイスブック、Twitter等SNSで拡散して頂いた方々様々なサポートを頂きましたCAREERスタッフ様感謝の念に堪えません。近日中にガウンに関しましては発送...

  • 2021/04/05 21:31

    私達のプロジェクトも残すところ2時間程です。目標には及びませんが。83人もの方のご支援と沢山の方々の応援の声を頂きました。 最後まで頑張ります。1枚でも多くのガウンを届けるため、ご支援をお願い致します。

  • 2021/04/04 10:00

    ご支援頂きました皆様拡散して頂いている皆様本当にありがとうございます。プロジェクトはいよいよ明日いっぱいとなってきました。目標にはまだ届きませんが、本当に沢山の方々に励ましのお言葉をかけて頂いております。特に神戸新聞様に取り上げて頂いた後から、電話を沢山頂いております。「新聞を見たけど、ネット...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください