【はじめに・ご挨拶】

初めまして!こんにちは!
鹿児島県鹿屋市にある鹿屋体育大学に在学中の原口暁斗と申します。

高校まで兵庫県で過ごし、大学ではスポーツについて学びたいと思い国内で唯一の国立体育4年制体育大学である鹿屋体育大学に入学しました。大学ではテニス部に所属し、部活動と勉強の両立に励んでおります。


私は3回生の5月頃から就職活動を始めたました。主にインターンに参加し社会人の方と接したり、自己分析をする、ビジネス書を読み漁るなどコロナ禍の中で就職活動を進めていました。

就活を進める中で次第に「自分には語れるような経験はない」「社会人の方と比べて自分はできることが少ない」など「自分の脳力の低さ」を感じるようになりました。それと同時に「このままでいいのか?」という焦りも感じました。

その就職活動で感じた焦りがきっかけとなり、現在はスポーツビジネス講座の21期生として千葉ロッテやBリーグの運営に携わっていたり、学生起業スクールWILLFUの83期生として2つの事業を起こすなど様々な活動をしております。


そんな中、鹿屋体育大学は情報が入りづらい環境ということもあり私の周りの学生に就職活動に悩んでいる学生が多いことに気づきました。日々厳しい部活動に打ち込む中で精神を鍛え上げれられた学生は社会に出れば活躍することは間違いありません。

しかし、体育会の学生は練習、試合、授業、バイトという忙しさの中で毎日が完結してしまい、部外の組織やほかの就活生とも交流する機会がないため、情報量が少ないのです。

そんな学生が情報が少ないという理由のみで選択肢を狭めてしまうのはもったいない!なんとかしたい!お世話になった鹿屋体育大学に恩返しをしたい!という思いが自分を突き動かしました。


ここ鹿屋体育大学には将来有望な学生が数多くいます。このプロジェクトは今後の鹿屋体育大学生の就職活動がよりスムーズになり社会で活躍していく未来に繋がるものにしたいと思っております。

鹿屋体育大学生の就職を支援するこのプロジェクトについて、ぜひ読んでいただけると冥利に尽きます。


【鹿屋体育大学のご紹介】

鹿屋体育大学は鹿児島県鹿屋市にある4年制国立大学です。
学生の9割が体育会の部活動に所属しています。ほとんどの部活動が全国レベルで学生は全国各地から集まってきます。


引用:Wikipedia 


全国で唯一の国立体育大学で、広大なキャンパスないには国内最高峰の設備が整っています。アテネオリンピック競泳金メダリストの柴田亜衣をはじめ多くのオリンピック選手を輩出しています。 

中でもスポーツパフォーマンス研究センターはでは最新設備を利用して高度な分析を行うことができます。


鹿児島県鹿屋市は自然豊か過ごしやすく、娯楽も少ないためスポーツに打ち込むには最高の環境と言えます。
しかし、一方で首都圏からは離れており、電車も通っていないため交通の便が悪いです。
そのため、外部の人と交流しづらかったり情報が入ってきづらいことが多いです。


【プロジェクトを立ち上げた背景】


<「ストレス耐性の高さ」は体育会学生の強み>


体育会学生の強みは “ストレス耐性の高さ”です。
大学であえて体育会という環境を選び、活動を続けてきたことは、高いストレス耐性の表れです。学生の時とはまったく違い、社会人になると責任を伴うので、そのプレッシャーに耐えてパフォーマンスを発揮できるかどうかは重要です。体育会学生にはその素養がある人材が多いです。


さらに、団体競技の組織で身につけてきたコミュニケーション力や、個人競技で常に自分自身と向き合い続けて培った分析力、また、時には仲間のサポートに回ることで組織に貢献できる協調性も、高く評価されることが多いです。

体育会学生の就活が商社や金融業界に強い印象があるのも、無形商材の営業にそうした“人間力”が生かせるという側面があるからでしょう。


<企業が求める「変化に対応する能力」を、体育会学生は備えている>



体育会学生が企業に求められる理由は、"組織の変化に対応できる力を"持っているからです。

体育会では学生の入れ替わりやポジション変更によって個々の役割が次々と変わるため、常に変化に対応し、組織での自分の存在意義を考えることが必然的に求められます。また、組織の変化が起きたとき、チームや個人の問題に向き合い、試行錯誤を繰り返した回数・経験値が圧倒的に多いです。

体育会では勝利という明確な目標に向けて常にイノベーティブであることが求められます。こうした変化への対応や、革新的なことへの挑戦は、まさにこれからの企業が必要とするものだと思います。

<体育会学生が抱える課題とは>

体育会学生が企業から求められる理由が強力であるなら、どうして、一部の体育会学生は就活で苦戦するのでしょう。社会や企業から求められる要素がある一方で、彼ら特有の課題もあります。

<最大の課題は、コミュニティが狭くなりやすいこと>

体育会学生の弱みは、組織の中にとどまる時間が長いために"コミュニティが狭くなりがち"なことです。

練習、試合、授業、バイトという忙しさの中で毎日が完結してしまい、部外の組織やほかの就活生とも交流する機会がないため、情報量が少ないのです。

情報量の少なさは、体育会学生の就活における"視野の狭さ"に表れます。

例えば『先輩がいるから』と金融や商社ばかり訪問したり、単純に『自分にとって身近だったから』という理由でスポーツに直接関係する業界や食品業界を志望したり。表面だけを見て判断する傾向がありますし、業界全体や仕事内容、働き方については情報がないから深く考えない。ちょっともったいないしミスマッチも起きやすくなります。


このように体育会学生は企業や社会から求められる人材にも関わらず、情報量が少ないという理由だけで就職活動に苦戦して、希望の職業につけなかったりします。

そんな体育会学生である鹿屋体育大学の学生に手軽に情報を届け、手軽に情報を知ることが出来る媒体を作りたいという思いからこのプロジェクトを企画しました。


【このプロジェクトで実現したいこと】


①就職活動を終えた方または現在就業中の方の就活体験談を沢山集めたい! 
→沢山の人の就活体験談を集たいめることで学生の就活に対する様々な悩みを解決したいと思っております。

②沢山の先輩方の就職先を記載したい!
→沢山の人の就職先を知ることで新たな選択肢を見つける手助けをしたいと思っております。

③学生と就活体験談をくれた方を繋げたい!
→本誌を読んで学生が興味のある企業を見つけ、そこに務める方と繋がりSNS等や面談などで連絡を取ることで学生の就活やその企業への理解を深める手助けをしたいと思っております。
※学生が紹介を希望した場合、私を仲介して連絡先を伝えさせて頂きます。
※学生の紹介に対応するかは任意です。備考欄またはアンケート内で紹介してもよいかご回答ください。

<掲載内容>
1.リターンご購入頂いた方の就活体験記+お名前など
2.広告枠をご購入頂いた方の広告
3.鹿屋体育大学の卒業生30名の就活体験記
※鹿屋体育大学の卒業生には別途アンケートを実施しています。

<就活体験の収集方法>
リターンを購入頂いた方にアンケートフォームを送付させて頂きます。

<配布方法>
1.1~3年に電子書籍として配布
2.ゼミや部活を通して、冊子を直接配布
3.学内に設置

<発行部数>
600部を予定
※発行部数や販路は支援額に影響を受けます。


【このプロジェクトが成功したら】

 このプロジェクト成功した後は、発行部数を増やし鹿屋体育大学以外の大学にも本誌を配布したいと考えております。

・現在の配布を考えている大学
鹿児島大学、熊本大学など九州の国立大学への配布を考えております。

このプロジェクトはその第1段階で段階的に発行部数を増やし、配布する大学も増やしいく予定です。


【これまでの活動】


2020年10月頃に不用品回収事業を立ち上げる

2020年11月頃にオンライン自習室を立ち上げる
「study with me」24時間無料オンライン自習室
https://twitter.com/Studywi04299019

【リターンのご紹介】


①【ワンコイン応援プラン】500円
 お礼のメール

②【頑張れプラン】1000円
 本誌へのお名前掲載(ニックネーム可)+お礼のメール

※本誌への名前掲載について(希望する・希望しない)を記入し、希望する方は備考欄に掲載するお名前をご記入ください。

③【ガンバレ!もっと応援プラン】3000円
 本誌へのお名前(ニックネーム可)、お勤め先の情報(企業名、業種、職種、勤務地など)を掲載+直筆お礼の手紙

<あなたのお名前と企業名や業種を見て学生が興味を持つかも!>

※本誌への名前掲載について(希望する・希望しない)を記入し、希望する方は備考欄に掲載するお名前とお勤め先の情報(企業名、業種、職種、勤務地)をご記入ください。
※業種、職種、勤務地は任意です。
※学生の紹介について(対応できる・対応できない)を記入してください。

④【ガンバレ!もっともっと応援プラン】5000円
 ご自身の就活経験についてのインタビュー内容を掲載+お礼のメール

<学生があなたの就活体験を参考にして、就活を進められるかも!>
<学生の就活への悩みを解決する手助けが出来るかも!>

※頂いたメールアドレス宛にこちらで作成したアンケートフォームを送付いたします。
※匿名やニックネームでも掲載可能です。
※学生の紹介についてはアンケート内でご回答頂きます。

⑤【ガンバレ!もっともっともっと応援プラン】80000円
 ご自身の就活経験についてのインタビュー内容を掲載+お勤め先の企業についてのインタビュー内容を掲載+直筆のお礼

<あなたの就活体験のおかげで就活を成功させる学生が出てくるかも!>
<あなたの企業について知ることで、あなたの企業を志望する学生がいるかも!>
<学生の選択肢を広げる手助けが出来るかも!>

※頂いたメールアドレス宛にこちらで作成したアンケートフォームを送付いたします。
※匿名やニックネームでも掲載可能です。
※学生の紹介についてはアンケート内でご回答頂きます。

⑥【広告枠 1Pプラン】45,000円
 本誌に広告を掲載します!(A4 1P カラー)+直筆お礼の手紙
 自社のPRや事業紹介、インターン情報など掲載内容に制限はありません!

<学生にあなたの企業を認知させ、興味をもってもらえるかも!>
<選考情報や仕事内容を乗せれば、貴社を志望する学生が出てくるかも!>

⑦【広告枠  2Pプラン】85,000円
 本誌に広告を掲載します!(A4 2P カラー)+直筆お礼の手紙
 自社のPRや事業紹介、インターン情報など掲載内容に制限はありません!

<あなたの企業の情報を詳しく載せられるので、学生に深く知ってもらえるかも!>
<あなたの企業を深く知った上で、学生が志望してくれるかも!>


【資金の使い道】 

・フリーペーパーの印刷費
・お礼やリターンにかかる費用
・次のプロジェクトの費用

※本プロジェクトはAll-in方式です。目標金額を達成できなくとも、計画を実行し、リターンをお届けします。ただし、発行部数や販路は支援額に影響を受けます。

【実施スケジュール】

・支援の募集:公開~2021年2月5日
・アンケート締め切り:2021年2月7日

<広告購入の方>
・原稿作成(御社):申込み~2021年2月12日
・入稿締め切り:2021年2月12日

・見本誌完成:2021年2月15日(予定)
・配布開始、各所設置、リターン送付:2021年2月20日頃~


【最後に】

始まりは自分の身近な人、お世話になった人の役に立ちたい!という思いからでした。

大学の友人や就活生に話を聞いていく中で、コロナウイルスの影響で就活がうまく行かないのではないかという不安や、何も分からないという漠然とした悩みを抱えている学生が多くいました。

それらの悩みは外部と交流しづらく情報が集めづらい環境から来るものだと私も感じております。

実際にアンケートを実施し、私自身が先輩方の就活体験を読むと何だかエールをもらえたような気がし、とても力が湧いてきたのを鮮明に覚えております。


どうか鹿屋体育大生に皆様の就職活動や働いていく中で培った経験や知識を伝えることで、将来有望な学生の未来を作って行く手助をして頂けないでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
どうぞ、ご支援よろしくお願いします!


画像引用元
photoac

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/02/03 21:40

    既に集まっていた方の就活体験談をまとめ始めました!作成しながら頂いた言葉を拝見し、とても勇気を貰えています。就活体験談を届けて下さった皆様ありがとうございます!皆様の就活の成功体験、後輩へのアドバイスお持ちしています!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください