はじめに

毎日身をすり減らしながら新型コロナウイルスの患者の手当をされている医療従事者の方を目の当たりにします。社会に貢献したいという思いから医学部に進学した私たちですが、今、何もすることができず歯がゆい思いをしていました。そんな中で、なんとか私たちでもできることはないかと考え、大阪市立大学医学部1年生が「私たちに今できること」をテーマにチャリティーコンサートを開催することにしました。音楽にはひとの心を癒す力があると考えています。全国にいる早期医療体験プログラムOB・OGの医学生に全面協力を受け、コロナ禍で閉塞感のある社会に音楽を通して勇気と希望をお届けします。また、クラウドファンディングや募金を行い、医療従事者の方々に支援を行いたいと思います。是非ご賛同頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。



解決したい社会課題

昨年二月より世界各地で爆発的にCOVID-19が広がっています。緊急事態宣言が発令され、学校は休校もしくはオンラインとなり、日々の生活が一変した一年を経験しました。医療従事者の方は、防護服を身にまとい毎日感染のリスクにさらされながら患者さんの治療に当たっておられます。医療従事者ではない方も、自粛を求められ、これまで通りではない生活を強いられています。そこで、直接はまだ医療に携わっていない今だからこそできることを考え、音楽の力で社会に貢献しようと思い立ちました。コロナ禍で、人同士の繋がりが疎遠になっている中、海外での受賞歴もあるメンバーを含む私たちの演奏を通して、”繋がり”を感じて頂ければ幸いです。



このプロジェクトとその先について

「私たちに今できること」をしたい!という想いがこのコンサートを開催するきっかけとなりました。他大学の医学部に進学する医学生もこの想いに賛同してくれています。私たちは、このコンサートを継続し、他大学の方も巻き込みながら発展させていきたいと思っています。全国に「私たちに今できること」という行動が広まることを願っています。



応援メッセージ(協賛頂いている企業、学生)

2020年から続くコロナウィルス感染症によって日本のみならず世界は大きく様変わりしました。人々の生活は止まり世の中には閉塞感が漂いました。とりわけ医療現場への負担は、相当なものと感じております。今回のコンサートはそんな医療従事者の方達を中心とした幅広い人達への希望となる演奏会を将来の医療を担う若者達が、企画したイベントとの事で当社の基本理念である「encourage by music」(音楽で勇気を送る)に沿うものと理解しております。
そんな若者の皆さんにエールを送ります。

大東楽器株式会社 代表取締役社長

細川   晃平


将来は医師として医療に携わりたいと思う一方で、自分を含めて多くの医学生は崩壊しかけの医療に対して何もすることが出来ないことに対してもどかしさを感じています。その中で自発的に何かをしようと考え、活動することにはとても意義があることだと思います。全力で応援しています!!

兵庫医科大学 医学部医学科 2年

山田和輝



資金の使い道

コンサートを開催するにあたり必要な経費(約12万円)に使わせて頂きます。当クラウドファンディングへ頂いた支援金のうち、必要経費を差し引いた全ての支援金を用いて、コロナ治療に関わる物資を購入し、大阪看護協会様へ寄贈いたします。フラット式おむつ等を寄贈させて頂きます。
また、コンサート当日、終演後の会場にて、募金箱も設置します。ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

※寄贈先である大阪府看護協会様について(以下HPより)

人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、人々の健康な生活の実現に貢献することを使命として、1947年7月に1,431名の会員で発足し、組織改正を重ねながら2012年4月公益社団法人となり、現在では55,000名を超える会員を擁しています。
府民の皆さまによりよい看護を提供するために、看護職の質の向上に努め、府民の保健医療福祉の向上に貢献します。
新型コロナウイルスの長期化による社会全体の不安と閉塞感が看護職にもたらす負担は計り知れません。府民の皆さにおかれましては、さらに感染対策に留意され、医療従事者への支援をお願いいたします。当協会は看護職能団体として、昨年に引き続き新型コロナに対する事業の継続と、新たに地域における介護、福祉現場や中小規模の病院においての人材確保や感染予防対策への支援にも取り組んでまいります。今後とも看護職を支えると共に、府民の皆さまの笑顔と健康を守るために活動してまいりますのでよろしくお願い致します。

公益社団法人 大阪府看護協会  (osaka-kangokyokai.or.jp)
直接の看護協会様へのお問い合わせはご遠慮下さい。


※寄贈に向けたスケジュールについて

4月末日 CAMPFIRE様より集まった支援金の当団体への振り込み
5月上旬 フラット式おむつ等の購入(大阪市立大学生協より購入)
5月中旬 上記物資を大阪府看護協会様へ寄贈



リターン

1,000円

①メールでお礼のメッセージをお送りします。
②コンサート全編動画のYouTube限定公開リンクを添付します。

3,000円

①手書きメッセージカードをお送りします。
②コンサート全編動画のYouTube限定公開リンクを添付します。

10,000円

①手書きメッセージカードをお送りします。
②コンサート全編動画のYouTube限定公開リンクを添付します。
③支援者様のお名前をコンサート動画のエンディングに支援者代表として掲載いたします。(備考欄にて掲載の可否、ご希望のお名前をお知らせください。)

※コメントにて、今の生活についての境遇や、私たちへのメッセージを頂ければ、お礼のメッセージにてお返事を書かせて頂きます



実施スケジュール

3月15日 コンサート開催
4月下旬 リターン発送

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、コンサート、及びプロジェクトを実行し、リターンをお届けします。



本コンサート、チケット販売について

本コンサートは、3/15(月)に阿倍野区民センター小ホールにて開催します。
(開場:18:00 開演18:30)
3/8時点で大阪府下に緊急事態宣言が発令されている場合、無観客開催といたします。

本コンサートにご来場頂くにはチケット(無料)が必要です。完全事前予約制、先着順で以下のサイトにて入手頂けます。
※感染対策のため収容率50%で開催いたします。そのため最大収容人数は約150人となっております。

https://teket.jp/589/1814



最後に

最後までご覧下さり、ありがとうございます。コロナ禍の中、皆様の多くが、犠牲を伴いながら日常生活を送っていることと思います。一人ひとりの置かれている状況は異なりますが、私たちの奏でる音楽で、皆が一丸となってこの状況を乗り越える一助となることを願います。ご協力の程、お願いいたします。



メンバー・活動実績


代表 鍵野佑登  

第22回KOBE国際音楽コンクール優秀賞、神戸新聞社賞
第12回ベーテン音楽コンクール全国大会第二位
2018年交野フィルハーモニック交響楽団と共演
相愛ジュニアオーケストラの一員としてイタリア各地でコンサートに参加。コンサートマスターも経験

他 大阪市立大学医学部医学科一回生有志7名


曲目            

ー第1部ー
シューマン トッカータ
ショパン エチュードop.10-1
ドビュッシー 喜びの島
サンサーンス クラリネットソナタop.167 Ⅰ
ベートーベン スプリングソナタ
ショパン ボレロ
サラサーテ ツィゴイネルワイゼン
リスト ラカンパネラ

ー第2部ー
A Whole New World, Beauty and the Beast
タイスの瞑想曲
もののけ姫メドレー
情熱大陸
ラプソディインブルー(ピアノ連弾)
夢破れてfrom Les Misérables


F&Q

コンサートを見に行きたいのですが、チケットはどのように取得すればいいですか?
→本ページ上、「本コンサート、チケット販売」についての欄にあります、URLをクリックして頂ければチケットサイトを開くことができます。

無観客開催となった場合のチケットはどうなるのですか?
→申し訳ありませんが、当該チケットは無効とさせて頂きます。本クラウドファンディングでご支援頂ければ、後日、コンサートをYouTube(限定公開)にてご覧頂けます。

チケットが完売となっていました。どうにかしてチケットを手に入れることはできますか?
→申し訳ありませんが、チケットは先着順となっております。定員上限数がありますので追加のチケットを発行することはできません。本クラウドファンディングでご支援頂ければ、後日、コンサートをYouTube(限定公開)にてご覧頂けますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。


※写真撮影時のみマスクを外しています

  • 2021/02/20 12:33

    2/19(金)読売新聞の教育ネットワークのオンライン記事で、IMC活動についてと、読売新聞主催の早期医療体験プログラムに参加したことのあるIMCのメンバーについて取り上げて頂きました。詳細は以下のURLから閲覧できます。https://kyoiku.yomiuri.co.jp/iryou/gr...

  • 2021/02/19 00:04

    2/17(水)、読売新聞の夕刊の社会面にてIMCのコンサート活動についての記事を掲載して頂きました。コンサートまであと1ヶ月を切りましたが、引き続き本番に向けて頑張っていきたいと思います!

  • 2021/02/12 00:38

    2/10(水)にメンバーから3人が代表して寄付先である大阪府看護協会さんに訪問させて頂きました。会長様をはじめとし、たくさんの方々にお出迎えを頂き、活動の報告や話し合いを行いました。IMCにご協力していただけることとなりましたので、引き続き頑張っていきたいと思います!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください