福岡県でアジアンスーパーを運営しています、ウィジャヤ沙織です。
このページをご覧いただきまして、ありがとうございます。とても嬉しいです!

わたしとアディは、日本にいるイスラム教のみんながもっと便利に暮らせるようなお手伝いをするために立ち上がりました。自販機を通して、日本人のみなさんにはあまり知られていない、安全で健康なハラール食品を、日本のみなさんに広めるために活動しています。


アジアンスーパーで店長をしています、ウィジャヤ沙織です。子どもが生まれてから将来の日本や国際共生、多様性のある社会にしたいと願うようになり、自分に出来ることは何かを考えるようになりました。そして今回、アディとの出会いをきっかけに、このプロジェクトで前に一歩進もうとしています。

働くまで、「イスラム教ってよく分からないけれど、なんとなく良くないなー」というイメージでした。イスラム教徒のことをムスリムって言うんですが、お客さんの中にはたくさんのムスリムがいて、とてもチャーミングでフレンドリーな彼らと仲良くなっていきました。スーパーでは、東南アジアの美味しいご飯を地域のみなさんに広めるために、あれやこれやと奮闘しています。


僕は、インドネシア人のアディサプトラと言います。大学では、九州大学ムスリム学生協会の代表を務め、他文化との架け橋となるようなスポーツイベント、グルメフェスタ、イスラムセミナーやアラビア語教室などの活動も経験させて頂きました。
いろいろな国に住みましたが、日本には6年間住んでいて大好きな国です。大学で水素エネルギーシステムを研究していて、愛する家族達と福岡で生活しています。


■生活での問題点

 日本は、安全で、みなさん親切で、とても素晴らしい国だと思います。日本で6年間生活するなかで、ずっと日本に住みたいなと思うようになりました。しかし、日本に住み続けるためには、大変なことがあります。

僕たちは、食べ物や飲み物の原材料を確認し、食べても良いかをチェックするのですが、食べられるハラール食品やハラール 飲料が、なかなか見つかりません。ハラール食品は日本のスーパーにほとんど置いておらず、探すのにとても苦労しています。

■ムスリムの食の選択

ムスリムは、豚肉やゼラチンが食べられません。乳化剤も植物性のみしか食べられず、植物性か動物性かを確認するため、販売元に確認しているそうです。日本人にとって英語表記が分かりにくいように、ムスリムも原材料の日本語を解読し、食べられる食べられないを選別するのは大変みたいです。この写真を見てみてください。

ある大学内にある自販機の写真なのですが、ムスリムが食べられる商品は赤丸で囲ったこれだけです。しかも、商品の裏に書かれている原材料は、自販機では見られないので、最初から自販機で購入しないことも多々あるそうです。日本は自販機大国だと思うのですが、こんなに便利なツールを使えず、美味しい日本の食べ物を食べられないムスリムは、本当にもったいないと思いました。


■そもそもハラールって何だろう?
ハラールとは、「許された」という意味で、イスラム教徒はハラールである食べ物のみを口にすることができます。みなさんも知っているかもしれませんが、豚肉やアルコールを禁止されています。

■ハラール自販機が社会に与える影響

私たちが提案するハラール 自販機ですが、日本の社会を変えるきっかけになると考えています。超高齢化社会を迎えている日本において、他国の若者の力が必要になるのは容易に想像できます。今も日本中で、外国人の研究職や技能研修生などが活躍され、日本の社会を支えてくれているのです。ムスリムにフレンドリーになるというのは、将来の日本を作っていく事にもつながります。世界人口の4分の1を占めるムスリムが暮らしやすい環境に整えることで、将来の日本の担い手になってくれるのではないでしょうか。

■日本人にとって、ハラール 食品の利点とは?

ハラール自販機によって日本に住んでいる沢山のムスリムの生活が便利になるのは、とてもありがたいことです。そして、日本のムスリム人口が増えることで、日本の経済もプラスになるのではないかと思います。その他に、日本人にとって、どんなことがプラスになるかなと考えた時、ハラール食品は、健康的・清潔・安全・高品質・高栄養価であることがあげられます。これは、イスラム教の教えからきているのですが、こういった物しか僕たちは口にしません。例えばハラール牛ですが、イスラム教の法律によって決められた特別なルールで育てられ、加工された物のみハラールビーフと名乗ることが出来るのです。

■わたし達の期待する未来

僕たちは、ハラール 自販機を日本全国に広めたいです。自販機の便利さをムスリムのみんなに知ってもらい、ハラールマークが無いことで日本の食べ物を味わうチャンスの無かった、日本に住んでいる本当にたくさんのムスリムのみんなに、日本の美味しい食べ物を経験してもらいたいと思っています。そして、今までハラール 製品を食べる機会のなかった日本の友人に、ハラール の美味しいものを紹介したいです。

ムスリムは世界に19億人いて、それは世界人口の24.9%にもなります。言い換えると、4人に1人がハラルフードを必要としているのです。オリンピックを含めたインバウンドの際にも、ハラル自販機は役立つと考えます。またハラール自販機は、スーパーなどでの接触がなくなり密を回避するという点においてコロナ対策にもつながります。さらに、災害時の非常食としても、役立つものになるのではないでしょうか。

わたしたち日本人がハラールフードへ関心を持つことで、近い将来、メイドインジャパンのどの製品を見ても、ハラール マークが印刷されているのを望んでいます。そして、日本の美味しい食べ物を世界に広めていきたいと考えています。


ハラール自販機が、ムスリムのみなさんはもちろん、安心で健康的なハラール食品を日本のみなさんに知って頂くために一生懸命活動していきます。現状、神奈川県鎌倉市の駅前や福岡市内のランドマーク付近への設置が決定しています。今後は、都心だけではなく地方の研修生が多いエリアなどにも設置していきたいです。また、メンバーの皆様(ハラール自販機加盟店)にとって、より使いやすいシステムをつくるために、皆様からご支援頂いた資金を使わせていただきます。

設備費:約300万円(自販機購入や家賃など)
商品購入費:約50万円
広告宣伝費:約30万円
手数料:約53万円

上記の資金総額が約430万円のうち、まず88万円を目標にクラウドファンディングに挑戦していきます! 


3月上旬 HP開設
3月下旬 リターン発送開始
4月 全国に10台目設置
5月 正式にフランチャイズ発表

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

今回は、みなさんにハラール製品を楽しんでもらうべく、以下の商品をリターンに選びました。


リターンについては、ワクワクするような色々な内容を考えました。

自販機で販売予定のものもございますので、ご一読お願い致します。
特に、日本ではあまり馴染みのない「ルンダン」が入っている10000円以上のセットがオススメです!
スパイスさらさら系カレーに並ぶ、5年後のスタンダードになってるカレーだと思います✨

協力企業様は、以下になります。(五十音順)
Ani & Ivan様。
株式会社ピープル様。
太陽食品株式会社様。
ハナマザパン様。
PT. Bamboe Indonesia様。
ボンペックスジャパン様。
MAE PLOY様。

ご質問や、リクエスト等ありましたら、お気軽にメールにてご連絡ください。
info@nyonyamart.com
日本語、英語、インドネシア語に対応しています。

 私たちは、イスラーム法のルールにも考慮しながら、プロジェクトを進めていきます。
日本にお住まいのムスリムのみなさま、そして食を選択する大変さに遭遇したことのある日本のみなさま、一緒にこのハラル 自販機のネットワークを構築して、全てのコミュニティーが便利に生活していける日本になるよう、力を貸してくれたらと思います。

お問い合わせは以下へお願いします。

info@nyonyamart.com

よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください