ご挨拶

初めまして、皆様、奈良 元林院花街復興プロジェクト代表の芸妓 菊乃と申します。
この度、2020年は100年に一度の厄災「コロナ」のあおりを受け、第5回を迎える「ならまち花あかり」も、昨年12月に密やクラスターを考慮し、オンライン配信という形をとらせていただきました。おかげさまで新しい表現を皆様にお届けすることができ、ご好評をいただくことができました。

そこで、お届けできなかった皆様に私共スタッフと作り上げた作品をお届けするために、本編ではお届けできなかった様々な特典映像を新たに加えDVDと曾爾テラワキがプロデュースする楽曲ををおさめたCDをリリースさせていただきたくこのプロジェクトを立ち上げクラウドファンドに挑戦させていただきました。


このプロジェクトで実現したいこと

世界最古のSF小説「竹取物語」を古典や日本舞踊、邦楽、などにあまりなじみのない日本の方や海外の方にもにじみやすく私達の文化、芸術に触れていただくことを目的にここ数年取り組んできた演目の成長過程の作品をお届けしたい。そして、興味を持っていただければ幸いです。


プロジェクトをやろうと思った理由

もともと、「花あかり」というイベントは、昨年で5回目を迎え、私共のような弱小花街でも10年復興プロジェクトを続けてきたことにより、まだまだではありますが、少しづつ舞子も増えてきました。皆様の助けで、少しだけ未来がみえてきました。そんなかの100年に1度の厄災。
 ただ、泣いててもしょうがない。
何か皆様にお届けしたい。そして紡いでいきたい・・・
そんな思いからのオンライン配信。
その作品を皆様に届けたい。おおきに~。気張っていきまひょ。


これまでの活動

昨年は、緊急事態宣言や自粛、そんな中生まれた
「ならまち花あかりチャンネル」


資金の使い道

DVD作成費
CD作成費

スケジュール:

3年3月 クラウドファンディング終了(同時進行で製作開始)

3年4月 リターン発送


最後に

思うは招く!
あきらめなければ必ず夢はかなう!!
昨年はたった1本の花あかりでしたが、
来年こそはまたたくさんの花あかり実現できるよう精進いたします。よろしゅうお願い申します。

菊乃 菊愛 菊まめ きく浪
奈良元林院花街復興プロジェクトSTAFF一同



<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください