はじめに・ご挨拶

この度は弊社のプロジェクトにご興味を持っていただき誠にありがとうございます。

AI,IoT技術の輸入・ICTソリューションを手掛ける株式会社藤堂商事の藤堂夏輝と申します。

With/Afterコロナ時代にぴったりなサービス - グループライブ配信型コミュニティアプリ「pinpon」を企画しました。


プロジェクト背景

1970年代から80年代にかけて『モノ消費』時代に突入

人々は他人より新しい『モノ』や珍しい『モノ』を持つこと、所有に価値を見出しました。
そして、『モノ』が揃ってきた90年代頃から、他人より新しい『コト』や珍しい『コト』の体験が価値となる『コト消費』が活性化していきました。

さらに近年、『コト』の体験に留まらず、他人と一緒に生み出す『トキ』へ主体的に参加する点が従来の『コト消費』と異なってきました。

こうした事象に人が魅了されるのは、
「その時・その場でしか味わえない盛り上がりを楽しみたい」
という欲求が背景にあるからです。


2020年、新型コロナウイルスの影響でライブやイベントなどリアルな体験ができなくなり、「トキ消費のオンライン化」が加速しています。

アーティストの音楽ライブ配信に留まらす、同じ趣味・嗜好を持ったファンミーティング、
スポーツのリアルタイムオンライン指導、オンライン体験、オンラインツアーなどは
コロナ前と比較して増加しております。

これまでのオンラインイベントはほとんどチケットサイト+ZOOM+SNS集客になっており、
これらを一つプラットフォーム上で完結できる「pinpon」プロジェクトを始動しました。



pinponとは

決済・開催・集客をアプリ一つで完結! 
誰でも簡単に参加、開催できる小規模参加型オンラインイベントのプラットフォームです。
オンラインイベントの主催者は収益を得られ、
イベント参加者は事前の予約や決済なしにその場で決済が可能。

★どなたでも自由に配信ルームが作れるようになり、好きな人と好きなだけお話ができます。
★色んな配信ルームが開催されており、関係のない方でも興味があれば自由に配信ルーム内を視聴することができます。
★トーク中にMC(主催ユーザー)がオーディエンス(視聴ユーザー)をスピーカー(会話参加ユーザー)に誘う事ができ、複数人で同時に会話ができます。




コンセプト

pinpon名前の由来は、参加者がその時そこにいる主催者の「世界」に入る時の知らせ。
インターホンの音をイメージしています。

音声チャットやライブ配信が常識となる時代になり、
「ルームに参加していいんだろうか?」という不安や抵抗感も無くなった世の中になりました。
簡単な操作で友達と会話できる気楽さがあり、小規模イベントスペースのような主催者と客との距離もとても近く、
オーディエンスとスピーカーがどんどん入れ替わるライブのような楽しさもあるのが「pinpon」の魅力です。

製品・サービスの概要

複数人同時ライブチャットを利用できるオンラインイベントのプラットフォームです。

ユーザーは自由にトークルーム(公開型・非公開型)を作成して主催者になり、
参加費も自由設定できるので、
簡単に有料オンラインイベントを開催し収益を得ることが可能です。

また、開催中のトークルームを一覧する事ができ、興味があるイベントが見つかったら、
予約せずその場で参加費を支払い、イベントに参加ができます。

主催者によりトークルームが公開されていれば参加ではなく、視聴のみも可能ですので、
不特定多数のユーザーに見てもらえる事も可能となります。

トーク中でも他の参加メンバーと別ルームで1対1のビデオ通話ができたりと、
主催者の企画によって、様々な使い道が想定されます。
想定されるイベントとして、オンライン婚活、オンラインレッスン、ライブ配信など

また、オンラインイベント以外にも、
ファンクラブ、つぶやき投稿、MC検索・友達登録、Eコマースなどの機能も備えており、
遊び方はユーザー次第で色々な広がりをしていきます。

pinponの特長

1.    参加型オンラインイベント開催が可能

pinponは最大9人まで同時オンラインライブチャットができ、
一方的な映像配信だけでなく、双方向性を活かすことができます。
さらに、主催者がイベント参加者同士を1対1の個別ライブチャットルームに
移動させることも可能となります。

2.    気軽に参加が可能

ユーザーは、好きな時間に気軽にイベント参加ができます。

3.    集客への不安点解消

主催者は、トークルームを作成して参加者を待つだけなので、集客が面倒と考えている方、
集客力に不安がある方でも安心してイベント開催が可能です。

4.    参加費の設定が自由

トークルーム内の各主催者ご自身で参加費の設定ができ、
ユーザーもその場で決済(※)ができるので、有料イベントでもすぐに参加できます。
※アプリ専用通貨への両替が必要となります。

5.    視聴のみの参加も可能

ユーザーはオンラインイベントに参加だけではなくイベント視聴のみも可能。
それにより、主催者は不特定多数のユーザーに視聴してもらう事も可能となります。
※視聴可否は主催者による設定で変わります。




β版アプリの入手先

β版アプリは既にApp StoreとGoogle Playに登録済みです。ぜひダウンロードしてお試しください。





資金の使い道

開発は2020年夏から始まって、 現在自己資金でアプリの基幹システムの開発が完了しており、β版としてリリースしました。
今回ご支援頂いた資金はユーザー体験を向上のため、UIデザインと機能強化などの追加開発と宣伝に使わせて頂きます。

具体的には、
・アプリを使いやすくするためのUIデザイン組み込み費用
・配信内容を人の代わりにAIで識別し、違反行為を見つけて、自動的にトークルーム閉鎖や、違反ユーザーブロックを可能にするためのAI監視機能の開発費用
配信サーバー費用
・pinponを知っていただくための広告宣伝費用
・クラウドファンディング手数料
などを想定しています。

また、より多くの資金が集まった場合には、人材採用・運営力強化などでサービス改善を加速させたいと思います!


リターンについて

正式リリース後、6月中にpinponアプリ内、コインもしくはVIP会員権が付与されます。 

▼ pinponアプリ内コインのご利用用途:

・有料オンラインイベントの参加費
・投げ銭

▼ VIP会員権メリット:

・ 専用フィルター
・ VIPアイコン表示
・ 入室際の動画効果
・ VIPルーム入室権
・ 過去の足あと表示
・ 詳細情報閲覧権
・ 1V1ビデオ通話


金額とリターンを以下のように設定します。

<3,000円>

pinponアプリ内使用可能3,000コイン(3,600円相当分)

<5,000円>

pinponアプリ内使用可能5,000コイン(6000円相当分)

<8,000円>

pinponアプリ内年間VIP会員(12,000円相当分)

<10,000円>

pinponアプリ内使用可能10,000コイン(12,000円相当分)

<30,000円>

pinponアプリ内使用可能30,000コイン(36,000円相当分)

<100,000円>

pinponアプリ内使用可能100,000コイン(120,00円相当分)



実施スケジュール


2020年7月  プロジェクト企画、アプリ開発開始
2020年10月  α版テスト、公式HP制作
2021年1月  β版リリース、クラウドファンディング、宣伝活動、運営体制構築
2021年4月  正式版リリース、リターンを実施、宣伝活動
2021年7月  UIデザイン・組み込み、フィルター機能強化、AI監視システム実装
2021年10月  アニメフィルター機能導入


★本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、
計画を実行し、リターンをお届けします。


【企業情報】 

会社名 : 株式会社藤堂商事
代表者 : 藤堂 夏輝
設立日 : 2015年8月11日
主な事業: AI,IoT技術の輸入、ICTソリューション 、ライブ配信アプリ開発、 越境ECソリューション
所在地 : 〒104-0041 東京都中央区新富2-4-3 AXIS銀座東12F
ホームページ:https://todo-trading.co.jp/

【代表略歴】

藤堂 夏輝(とうどう なつき)
1983年生まれ、千葉工業大学情報工学部卒業
日本語・英語・中国語・広東語のマルチリンガル

2004年 大学在学中 海外向けVPNサーバーレンタル事業を起業
65台自作サーバーで30万人のユーザー数獲得達成

2008年 大学卒業後 WEB開発会社設立
ECサイト開発からWEBマーケティングまで幅広い事業を展開

2010年 インフルエンサーポータルサイト「ギャルブロ」と
O2O「ギャルブロスタジオ」を開設 NHKに取り上げられました

2012年 初めて日本国内でWechatの商用利用を提唱
観光庁のWechat公式アカウントの開設及び運営を任されました

2014年 香港に現地法人を設立し、
商品数2万点超えの香港初の日本化粧品越境EC「Cosme.hk」を開設・運営

2016年 同スキームで東南アジアに事業を拡大、
ベトナムにも越境EC「Tokyo Channel」を開設・運営

2017年 海外の最新AI及びIoT技術を駆使し、
日本での様々な分野へICTソリューションサービス開設

2020年 ライブ配信大国中国の開発チームと共同に、
日本初のグループライブ配信を用いた参加型のオンラインイベントに特化した
プラットフォーム「pinpon」アプリ を企画・開発

-------------------------------
※本文に掲載のアプリスクリーンショットは弊社デモ配信の使用権利を許可されたモデルもしくはフリー素材を使用しております。
※一部のイラストはフリー素材サイト『Frame illust』を使用しております。https://pinpon.host/

  • 2021/02/04 01:46

    pinponと流行りのclubhouseを比較してみました。遊び方は両方同じで、どちらもモデレーターによってルームを作成して待機、ユーザーは好きなタイミングで視聴者として入室、会話に興味がれば参加申請してみんなでトークします!大きな違いはpinponは低遅延ビデオ通信技術でタイムラグほとんど感...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください