〇はじめに

はじめまして!舞台上で大きな絵を踊りながら描くパフォーマンスをしています、ColorhythmRisa(カラリズムリサ)と申します。

私が出演する舞台を、2021年1月31日(日)18時30分より北九州芸術劇場にて無観客で行います。


劇場に集客して実施の予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響により無観客ライブに変更。

YouTubeでの無料配信に切り替えました。

こちらのチャンネル↓

https://youtube.com/channel/UCNskiFzn69JlqkfcTvbJOmg


私自身とても楽しみにしていただけに一時は落ち込みましたが、その分配信に力を入れようと心機一転。

第1部ペイント×ダンス、第2部ペイント×朗読という内容で、カラフルな色使いと大きな動きで楽しませながら物語を伝えます。


この珍しいペイントの舞台をもっと多くの方に見て頂きたい。

そして色鮮やかな絵を見て元気になって頂きたいです!


コロナに負けず開催したいと思います。

リターンもたくさん考えて準備しましたので、ご協力どうぞよろしくお願いいたします!



○ColorhythmRisaはどんな人?

「絵を描く過程」は面白い!

その面白さをもっとエンターテイメントに出来ないか?そんな思いから舞台上で絵を描く活動をしています。

美女と野獣のストーリーを表現。実際は30分で描き上げています。


北九州にある小倉城が再建された歴史を表現しています。こちらも実際は30分。


主に商業施設や学校、結婚式などのパーティーでパフォーマンスを行っています。NY発祥のアート大会の優勝経験もあります。


3年程前から自身で舞台を企画・演出もしています。ペイントをメインに、音楽、身体表現、物語を含んだ総合芸術として発信しています。


今回の公演であるColorhythm Paint Live「空」は、今までで一番の規模、内容となっています。


世界中で公演し、ペイントパフォーマンスの舞台といえばColorhythmRisa、というくらいになるのが目標です!

みなさんどうぞよろしくお願いいたします。



○このプロジェクトでやりたいこと、その理由
【なぜペイントパフォーマンス?】

20代前半、私は3年間中学校で美術を教えていました。

その時感じた「他教科との重要性の格差」。


なぜアートを学ぶの?なぜ絵を描いたり物を作ったりするの?

という生徒の疑問に上手く答えられず…。


「心を豊かにするため」

「世の中に問いに気づくため」

「コミュニケーションを円滑にするため」


などたくさん理由はありますが、中学生には伝わりにくい。

別に美術でなくてもいいじゃん、ってなる。


どうすれは美術の魅力が伝わるんだ…とたくさん悩みました。


結果、他教科と比べたときに美術に足りないものが


「役に立つかどうか」


だったんです。

中学生は現実的です。


「アートは自由!」

という概念でもちろん充分だし、その世界も必要です。

それで押し通す先生であっても良かった。


でも私の性格上、全くの自由だとどうして良いかわからない自分もいて。

「役に立つ美術って何なんだろ…」と考えるようになりました。


「デザイン」ではなく、「役に立つアート」。


「役に立つってことは、相手のことを十分理解して感謝されないといけない。

感謝されるってことは人の心を打つってことで…」


そんなことを考えながら行き着いたのが、ペイントパフォーマンスでした。


ColorhythmRisaのペイントパフォーマンスは抽象だけでなく具象も描くので「物語」を表現することが出来ます。


「物語」があるということは歴史を伝えたりメッセージを伝えることが出来る。

それこそ「アートで人の心を打つ」という私の理想の形でした。


心を打つには「印象に残す」ということが必要で、視覚的にインパクトがあるペイントは強いと考えています。

絵が大きくて描くスピードが早ければなおさらです。


そんなペイントの魅力を最大限に活かしながら社会の歴史やメッセージを伝えたい。


そして人の心を動かしたい!


それがColorhythmRisaのペイントパフォーマンスをする理由です。



【公演をSDGsと絡める】

今回の公演はSDGs Spiral Art Projectの森川妙さんと共同主催になります。

きっかけは森川さんからこんなお願いをされたことから始まりました。


「北九州公害克服の物語をRisaのパフォーマンスで伝えてほしい」


北九州は昔、工場からの汚染物質によって「ばい煙の空」「死の海」と呼ばれるほど公害が深刻な状況でした。


そこで立ち上がったのが婦人会の女性たち。

女性の発言力が低かった時代に企業や行政を説得し、青い空を取り戻したという歴史があります。

しかし、北九州のミュージアムでもその歴史が掲示されているのですが意外と知られていない現状があります。


この物語を演じることは、それこそ私の社会の役に立ちたいという目的に合致していてすぐに引き受けました。

多くの方にこの歴史を知ってほしい、そして環境問題を考えるきっかけになればと考えています。


この演目に関しては歴史の最低限の情報が必要だと考え、朗読家の坂根啓子さんと共に演じます。



【本格的なダンスとの共演】

北九州公害克服の歴史のような真面目な内容もあれば、華やかな内容にも挑戦したいという気持ちがあり、ダンサーとのコラボレーションも企画しています。


新体操経験があり演技も出来るダンサー彩香を筆頭に、9名のダンサーが出演します。


テーマは「不思議の国のアリス」。

衣装も本格的に揃え、ミュージカルのような構成のショーに挑みます。



【しかしコロナが…】

そんな矢先、北九州芸術劇場がある福岡県で、新型コロナウイルス拡大防止のための緊急事態宣言が発令されました。(2021年1月13日)

全国的にも感染者が過去最高を更新し続けており、歯止めのきかない状況です。

積極的に集客出来る状況でないことは確かで、SDGsの観点からもお客様やスタッフにもしもの事があったら…と開催をどうするか悩みました。


延期なのか…

人数制限して実施か…

完全無観客で配信のみか………


この3択の中から選ばなければならない状況でした。



【無観客公演で挑戦】

共同主催の森川さんとも話し合い大変悩みましたが、

お客様やスタッフの健康を第一に考えて無観客で開催することに決めました。


どれだけ集客出来るかわからない状態より

「無観客でやる!」

と決めてしまった方が配信に力を入れることが出来ると判断しました。


この課題をチャンスに変えて…

多くの方に最高のパフォーマンスを楽しんでいただこうと決意。

配信でも面白いと思って頂ける公演を届けます!


ColorhythmRisa、完全無観客・オンライン公演の初挑戦です。

ぜひ見守って頂けると嬉しいです!



○資金の使い方

・会場代

・音響、照明代

・配信代

・演者出演料

・写真撮影代

・衣装代

その他雑費


以上に使わせて頂きます。


今回の舞台は合計80万円ほど必要になります。

まずは目標を30万円に設定し、ネクストゴール50万円、80万円とします。

必要な経費を上回った支援金は、今後の活動の運営費として大切に使わせて頂きます。



○おわりに

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

無観客・オンライン配信のみに変更、決断したことをプラスに変えて、必ず舞台を成功させます!


ご支援頂くことでライブ配信の内容を更にブラッシュアップし、配信用に構成も変えます。

一人でも多くの方に感動と勇気を届けられるよう、私たちの挑戦を見届けてください。


どうぞ応援よろしくお願いいたします!



○ColorhythmRisaプロフィール

ペイントパフォーマーとして活動中。中学校美術講師の経験を経て、ダンスやバンド活動など様々なステージ経験をヒントに「ペイント×身体表現×音楽×物語」というパフォーマンスの形を作りあげる。年齢、国籍問わず観ることの出来るこの唯一無二のパフォーマンスを、日本全国をはじめNYなど海外にも発信。ペイントの新たな可能性を模索している。

NY発祥の大会「Art Battle Japan」や蛯名健一主催「Like the BEST!」で優勝。「嵐にしやがれ」などメディアにも出演。

HP  http://colorhythm.main.jp/

  • 2021/02/01 14:16

    昨日、無事に舞台を終えました!応援してくださった方々、本当にありがとうございました…!アーカイブこちらですhttps://youtu.be/lHzpKfZv5Foリターンについても順次ご連絡させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください