はじめに・ご挨拶

こんにちは。

ご覧いただき、ありがとうございます!

レーシングライダーの石塚健(いしづか たけし)と申します。

埼玉県出身の25歳。レース歴は約20年になります。

子どもの頃から、ロードレースというサーキットでのオートバイレース競技を行っており、現在はその世界選手権である「MotoGP」を目指し、日々活動しています。

その足がかりとして、2019年シーズンから「FIM CEV REPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」という、ヨーロッパを舞台に開催されるシリーズ戦への挑戦を開始しました。


ここのプロジェクトに取り組む訳

これまで、応援してくださる沢山のスポンサー様、ファン・サポーターの皆様に支えられてレース活動を続け、ここまで夢を追いかけてきましたが、現在、僕のレース人生で過去にない、非常に苦しい状況に陥っています。

昨年のヨーロッパ選手権の、自身2年目となるシーズンが開幕するはずだった同じタイミングで、世界中をコロナという疫病が覆いました。

世界は日々深刻さを増し、様々なことが困難になっていき、現在多くの人たちの報われなかった努力と時間、想いが溢れています。

そんな多くの人達の、叶えたかった夢、目標が、挑戦すらさせてもらえず無情にも潰えていくニュースを、何度目に耳にしたか分かりません。

僕はこれっぽっちも他人事には思えず、自分にも降りかかるコロナの影響と戦い、なんとか昨シーズンを走りきりました。

そんな日々を送るなかで、僕のなかにある想いが芽生えました。


『自分だけの想いだけではなく、自分以外の誰かの報われなかった努力、時間、全ての想いを乗せて、一緒に戦うことはできないか』と。


僕自身も沢山の方に応援していただいて、期待していただいているにも関わらず、ヨーロッパでまだまだ納得のいく結果を残せていません。

2021年 CEV Moto2クラスで表彰台、優勝という結果を残し、2022年に世界選手権参戦という目標を応援してくださっているスポンサー様、ファンの皆様と共に叶えたい。 そして、多くの方の報われなかった気持ちも一緒に清算したい。

こんな世の中でも、僕が全力で走る事によって少しでも楽しんでもらいたい。そして、どんな状況にも諦めない勇気を持ってもらいたい。


絶対にコロナに負けない。


そんな想いを胸に、プロジェクト『NEVER GIVE UP‼ ~再びヨーロッパへの挑戦~』を開始させていただきます。

僕の参戦しているヨーロッパ選手権に一年間参戦するためにかかる費用はとても莫大で、マシンやタイヤ、パーツ代を含む契約金が約1400万円、サーキットを転戦する為の渡航費、滞在費を合わせて約200万円、総額約1600万円という費用が必要で、その全てを実費でまかなわなくてはなりません。

当然のことながら、サポートして頂いている企業様、ファンの皆様も同様に、このコロナ禍により厳しい現実と戦われている状況ではあると思います。

しかし現状、皆様のサポートによってレースに参戦できている僕にとっては、夢を追うことどころか、レーサーとしてのキャリア継続も危ぶまれてしまっている状態です。

ここで諦められない。

やっとの思いで参戦を開始したヨーロッパ選手権、全てを犠牲にし、人生を賭ける想いでここまで続けてきました。

こんなところで、こんな理由で諦める事は出来ません。どうしてもここで挑戦を止めたくありません。

そこで、皆様にお願いがあります。

このプロジェクトで、2021年シーズンを共に戦って下さる、

『2021 石塚健オフィシャルスポンサー』を募集させてください!

どのリターンでも、ご支援いただいた全ての方が今シーズンの石塚健のオフィシャルスポンサーです。

皆様の想い、応援を胸に再び世界へ挑戦します。


オートバイレースの事などあまり知らないという方も沢山いると思います。

ですが、今回このプロジェクトで僕の事やオートバイレースを少しでも知っていただけたらとても嬉しいですし、僕の想いに共感していただき、応援したいと思ってくれた方は、是非ご支援いただけると嬉しいです!!


僕と一緒に夢を追いかけてください!

応援よろしくお願い致します!



レース戦歴

2005年 (9歳) 全日本ポケバイ選手権 各サーキットチャンピオン

2006・2007年 (10歳・11歳) ミニバイク選手権 チャンピオン

2013年 もてぎロードレース選手権 ST600クラスチャンピオン  (4戦全勝・コースレコード樹立)
      筑波ロードレース選手権 ST600クラス ランキング2位  (1勝・コースレコード樹立)

2014年 全日本ロードレース選手権 ST600クラス ランキング13位(デビュー3戦目で3位表彰台獲得)

2016年 全日本ロードレース選手権 J-GP2クラス ランキング5位
      FIM EWC 鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス優勝

2017年 全日本ロードレース選手権 J-GP2クラス ランキング7位(表彰台2回獲得)
      FIM EWC 鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス2位

2019年 FIM CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップ ベストリザルト11位
      FIM EWC 鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス優勝
      FIM EWC セパン8時間耐久ロードレース SSTクラス3位

2020年 FIM CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップ ベストリザルト8位 


2021シーズン活動予定

今シーズンは、昨シーズン同様 FIM CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップに、皆様から応援いただいた支援金を元に、フル参戦を目指します!

どこまで参戦できるかわからないのが正直なところですが、参戦するレース全て最大限力を発揮し、一戦一戦を大切に戦いたいと思います。

また、チャンスがあれば、鈴鹿8耐やその他国内外のレースにも参戦したいと考えています。


2021年レース活動スケジュール

FIM CEV REPSOL Moto2 European Championship

Rd.1   4月25日    ポルトガル エストリル

Rd.2   5月9日      スペイン バレンシア

Rd.3   6月13日    スペイン バルセロナ      

Rd.4   7月4日      ポルトガル ポルティマオ   

Rd.5   7月25日    スペイン アラゴン       

Rd.6   10月17日  スペイン ヘレス

Rd.7   11月7日    スペイン バレンシア                   


FIM 世界耐久選手権シリーズ
鈴鹿8時間耐久ロードレース

7月15日(木)~7月18日(日) 三重県 鈴鹿サーキット


MotoGPとは?

世界各国から選りすぐりトップライダーが集まるロードレースの世界最高峰で、(四輪レースで言えばF1に該当する)毎年3月にカタールで開幕し、11月の最終戦スペインまで全20戦が繰り広げられています。

最高峰のMotoGPクラス、中量級のMoto2クラス、軽量級のMoto3クラスが存在し、それぞれに世界タイトルがかけられています。

WEB▶:MotoGP


CEV REPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップとは?

私の参戦している CEV REPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップは、主にスペインで行われているロードレース選手権で、現在MotoGPへ参戦している多くのライダーを輩出したカテゴリーです。

現在は欧州各国、アジアからも多くの若手ライダーが参戦し、MotoGPへのステップアップを目指して戦い、世界への登竜門にもなっているレースです。

成績次第ではMotoGPの中量級クラス、Moto2クラスへのステップアップが見えてきます。 

WEB▶:FIM CEV REPSOL
YouTube▶ :FIM CEV REPSOL


⇩レース活動や普段の様子などは、公式ホームページや各SNSからチェックをよろしくお願いします♪

石塚健公式HP:http://takeshi-ishizuka.com/
Twitter :@Takeshi_0722
Facebookページ :@takeshiweb
Instagram :takeshi_0722
TikTok :@takeshi_722

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください