はじめに・ご挨拶

はじめまして

NPO法人さが環境推進センター 理事の上野です

僕は「使い捨て」の世の中にずっと疑問を感じていました

NPO法人さが環境推進センターと出会い、くらし塾を運営したり、エコプラザの委託運営をしたりと『さが環境推進センター』の活動を続けていけばいくほど使い捨てでは無い、持続可能な社会を実現したいと言う想いがどんどん強くなってきました。

※くらし塾は、ご家庭では使用しないけど、まだ使えるものなどを譲り受け、活用できる方への橋渡しをしているリユースショップになります。くらし塾は、まだまだ活用できる様々なものが集まってきます!

ガラスのコップや陶器の器

花瓶やガラスのオブジェなど等

着物やCDなんかも集まってくるんです!

これらのたくさんのモノを見た時に・・・・・やっぱり、もったいないから多くに人の手に渡ってほしいな~と常々考えていました。ここにあるものが上手く活用できて世の中に回っていけば、持続可能な循環型の社会に一歩近づくのではないかと・・・

※持続可能な社会とは
「地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会。」


佐賀市から委託を受けている、エコプラザでも同じ様に沢山の再利用が可能な物が眠っています。
眠っている物たちに光を当て、沢山の方に見て頂く場を提供したいと、NPO法人さが環境推進センターでは「使い捨てではなく、持続可能な社会を目指し」不用品の譲渡会や各種イベントを開催しています

NPO法人さが環境推進センターのスタッフ♪


そんな中、2020年の2月初めての「SAGA ECOART CONTEST 」を開催しました。

(1回目のSAGA ECOART CONTEST)

多くの方に「エコをアートで表現する」ことに関心を持っていただけました

(1回目のSAGA ECOART CONTEST 受賞者と共に)

2回目となる、2021年6月のイベントはもっと「エコ」を実現するために、不用品だったものをアートの力で、自分の手元に持っていたい、置いておきたいアート作品と思っていただけるようなアート作品制作を視野に入れたイベントにするため、頑張っています

皆様のご支援、よろしくお願いいたします



このプロジェクトで実現したいこと

◎「不用品」を「手元に置きたいアート作品」に生まれ変わらせたい 

SAGA ECOART CONTESTを開催して、不用品を使った作品を募集します

その作品の中から一般販売できるアイデアを見つけ、不用品からのアート作品制作に挑戦します

いつもなら捨てられて終わるゴミの命がアートの力で生まれ変わる

もう一度誰かの側で大切にされるアート作品としての命を吹き込まれる

そう考えただけで胸が熱くなります


お皿が照明器具に生まれ変わったり

新聞紙を溶かして像を作り古いジャケットで着飾らせたり

着物がバッグや服飾品に姿を変え、もう一度誰かのおしゃれの役に立ったり

割れたコップでも見方を変えれば、素敵な照明として生き返る!

新聞紙だってオブジェに変化してしまう!

イベントを開催することにより、いろんな人のアイデアとの出会いがあり

そのアイデア同士が化学変化を起こし

僕たち仲間だけでは思いつかないような新しいアイデアが生まれます

たくさんの人がコンテストに応募してくれればたくさんのアイデアが集まり、ゴミの命が救われます

自分たちだけではできないことをやるためにこのプロジェクトを立ち上げました

不用品と決めつけられたゴミをアートの力で生まれ変わらせるためにご協力をお願いします





プロジェクトをやろうと思った理由

さが環境推進センターで活動を始めて改めて感じたことは

「たくさんの人たちが環境やゴミについて啓発や活動を行っているけど、なかなか多くの人に伝わらないな」~と言う事でした

NPO法人さが環境推進センターは、佐賀市よりエコプラザの委託を受けてエコプラザの運営なども行っています。


佐賀市清掃工場にあるエコプラザの入口と内部
食器や衣類、再生家具などが並んでいます。

くらし塾にもエコプラザにも、モノがたくさんあふれています。

しかし、いまだに「エコプラザの存在を知りませんでした」と言われることも多く・・
「環境・ゴミ問題=自分の問題じゃないや」ってどこか遠い世界のことのように、自分の生活に関係がないと思っている人、もしくは興味のない人に伝えるのは難しいんだなと悩んでしました

そんな伝えるって難しいんだなと悩んでいる時に叔父から、これ知ってるか?ってプルタブバックを教えてもらいました

ゴミとして捨てられている空き缶のプルタブがバックに!!

しかも高級品として流通している!!

プルタブだけじゃなく、海岸に打ち上げられたビーチサンダルが色鮮やかなアニマルのオブジェに!

世界を見渡すと自由な発想やアイデアがあふれていて、感銘を受けました

デザインも素晴らしくアーティストの感性ってすごいんだなと感動しました

プルタブバックビーチサンダルアートサンダルアートFB

僕はある日、さが環境推進センターのメンバーに僕が感じた感動を伝えました「じゃ、佐賀でやってみようよ!アーティストの力を借りて、今まで環境やゴミ問題に興味がなかった人たちにも今までとは違う形で環境・ゴミの問題を届けよう!!!」

面白いね!と話をしてくれているメンバー数人で
話がまとまり、第1回目を開催することができました。


今回2回目を迎えるにあたり、このコンテストの揺ぎ無いないテーマとして、【次の世代に何を残すのか?何を残せるのか?】を掲げました。

僕たちが考える残したい未来は、循環型の社会です
SAGA ECOART CONTESTを開催することにより、循環型社会を実現するため、アイデアの原石を見つけたいのです。

そのためにこのプロジェクトをやろうと思いました


このページを見てくださった方が、次の世代に何を残したいのか考えるきっかけにしてくださり、僕たちのイベントに共感していただけたら、すごくすごくうれしいです。




これまでの活動

2005年~現在
リユース食器無料貸出し事業・おもちゃ病院運営・環境学習の為のエコツアー開催

2008年~現在
環境学習施設 佐賀市エコプラザの委託運営

2010年~現在
リユースショップくらし塾の運営

2011年~2017年
くらし塾売上の一部を、東日本大震災後の仙台へ毎月寄付を送る

2018年~
お片付け事業開始 (遺品整理や、出張お片付けなど)

2020年2月
SAGA ECOART CONTEST 1回目を開催


資金の使い道

イベント開催にあたり

会場費 300,000円

設備費 200,000円

賞金  300,000円

広報  400,000円

人件費 300,000円

合計 150万円が必要です

自己資金は50万円、協賛もお願いしています。自分たちでも資金集めを頑張っていきます。現時点でお願いしたい金額は60万円のご支援をお願いしたく、今回のプロジェクトを立ち上げました


リターンについて

今回のプロジェクトを実現するのあたり、リターン品について考えましたが、僕たちは商品やサービスを持っていません。そんな無謀なチャレンジですが、第1回目のECOART CONTESTでご協力いただいたアーティストさんや、イベントの開催場所である「Edaume art studio」さんの、アーティストの皆さんにご協力を頂けるようになりました。


アーティストからの応援メッセージ

◎ミヤザキケンスケさんより
「ゴミ」と呼ばれる不要品を使ってアート作品を作るのは、料理人が無人島の食材を使って料理を作るようなものかもしれない。いつもと違う発見や驚きがきっとそこにはあると思います。アートの存在意義を知る上でとても貴重なこの取り組みに、多くの人が賛同してくれることを願います。そして素晴らしい作品がたくさん生まれますように!


◎トミナガボンドさんより
「消費ばかりをして生きていないだろうか.....」利便性や文明の進化を求めるあまり目を背けがちな環境問題。私たちが未来に残すべきものは、真新しく創られるものや、感動的な作品ばかりではない。守るべきものも並行して創って行かなくてはならないはずだ。アートは心を豊かに耕すだけでなく、時に、命を宿すことも可能にするのかと、改めてアートの自由度の高さに感銘を受けます。保全と開発をつなぐ、当該プロジェクトを私は心から応援しています。


◎大串良平さんより
エコとアートを結ぶという難しいテーマを形にしようとされている。アーティストやそうでない方にも興味をもっていただいて、みんなでエコとは何かを考えるきっかけになるようなコンテストになってもらえることを願います。頑張ってください。


◎諸井謙司さんより
ecoとart、この二つのテーマを1つにまとめて形にすることはとても大変だと思います。
しかし、皆さんのart作品がecoについて考え、行動するきっかけになり、未来に繋がるかもしれません。このコンテストに応募される方そしてそれを鑑賞される方皆がecoについて考える、そんな催しになることを願います。


実施スケジュール

作品応募締切 :  2021年4月30日(金)

作品展示期間 :  2021年6月4日(金)~27(日)

※展示期間中は、日程は未定ですが歌やライブペイントなど等、各種イベントを開催予定しています。  

表彰式          :  2021年6月19日(土)

展示場所       :  旧枝梅酒造(佐賀市八戸1丁目2-32)


最後に

もし、このイベントが成功し、不用品がアート作品に生まれ変わったら、未来の子供たちへのプレゼントになる、そう信じて挑戦し続けています

次の世代へ残したいもの

皆さんは未来の子供たちに何を残したいですか?

僕は「持続可能な社会」を残したいです

僕のこんな夢を多くの方々に支えていただけたら、最高に幸せです

どうかよろしくお願いいたします


NPO法人さが環境推進センター

理事長:三原宏樹

TEL:080-1719⁻8490

mail:sagasuisin@yahoo.co.jp 



<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください