[私達は、情熱だけで立ち上がりました]

[想い]

どうしてもこのライブハウスを復活させたいと想い、情熱だけで立ち上がった、申請者の 店長・宮本文江(ニックネーム ウメちゃん)です。

ブルーグラスやカントリーミュージックに携わるミュージシャンの高齢化により、後に続く人たちが大変少ない状況です。このままでは、ライブハウスはもとより、この音楽文化も消失していく傾向です。そのため、私達が次の世代にきっちりとバトンタッチをすることが使命と考えています。

ライブハウスを存続させるということは、この音楽に興味をもった初心者の方や、大学でその音楽サークルをやっている学生達の発表の場を作り、次世代の育成につながるとても大切なことだと考えております。アメリカから入ったこの音楽文化を諸先輩達が日本で築きあげ、私達がバトンを受け取り、そして次の世代に渡していきます。

引継ぎにかかる諸経費に、傷んだ楽器の手入れや新しく購入しなければならないもの、店内修理等、どうしても資金が足りません。更にコロナ禍の状況を考えると、先行きがとても不安になります。どうか、皆さまのお力を貸してください。

この音楽を一度、皆さまに聴いて欲しいです。素晴らしい音楽です。

どうかライブハウス存続の為のお力添えをお願い致します。


[このプロジェクトで実現したいこと]

前オーナーのお人柄で、音楽的な繋がりだけでなく、彼に会いたいからと、遠方からここへ訪ねてくるというお客様も多数いらっしゃいました。その前オーナーもご高齢で、最近は体調も優れなく、そこへコロナという目に見えない脅威が現れ、昨年末に店を閉店しました。もっと沢山の方を感動させたいという気持ちを半ばに。

私達は、その彼のやりたかったことの維持だけでなく続きの物語を作りたいのです。カントリーやブルーグラス音楽の発展です。その基盤がここアビリーンにあり、発信基地にしたいのです。



[困っていること]

お店を引継ぐにあたり、お店の敷金・礼金の類や、機材の買取りにかかる費用はもちろん、意外なところにお金がかかります。

一例として、トイレのドアの開閉不良や、便座の破損修理、換気扇の強大な音による交換、エアコンのききが悪いために交換や増設等。特にコロナ禍を考慮すると換気、空気の入れ替えに関わるところはしっかりとしなければなりません。

更に置き楽器の不具合を確認。例えば、ウッドベースは音がビビってしまっています。高額修理16万円の見積りでした。他の楽器もコンディション不良が多く、修理だけで済まず新規購入も検討しなければなりません。

ここは、みんなの大好きな場所だから、空気の循環がしっかり出来ており、安全で快適な空間にしたいです。出来る範囲内での修理をするものの、経費がどんどんかさみます。

4月にはリニューアルオープンし、ライブを再開していく予定ですが、コロナ禍を考えると暫くの家賃を含めた運転資金も必要になります。


[具体的な資金の使い道]

ライブハウスABILENEを復活するための資金100万円をなんとかお願いします。

使用用途は、店舗契約の敷金・礼金の類や、機材・什器・楽器等の買取り費用をはじめ運用費用の一部に使わせてください。詳細は以下です。

・店舗契約に関する費用(保証金・家賃等)として

・前オーナーからの店内用品・機材の買取り費用 として     

・店舗修繕費用として

・店舗保有の楽器の整備費用及び購入費用として

・返礼品の原価として

・ホームページの新規作成費用として

・クラウドファンディング手数料として  その他


[カントリー&ブルーグラスとは]

 ABILENEは、日本では数少ないアメリカン・ミュージックであるブルーグラスやカントリー・ミュージックというジャンルを中心に取り扱うライブハウスです。ブルーグラスは大自然が似合う素朴な音楽ジャンル、電気を使わない楽器がほとんどです。ギターにベース、バンジョーにバイオリン(フィドル)にフラットマンドリン。主にこれらの楽器はを使って演奏したり歌ったりしています。

かたやカントリーと言えば、カウボーイハットにウェスタンシャツ、ジーンズにウェスタンブーツでビシッと決めたカッコイイ音楽ジャンル。エレキギターにエレキベース、ドラムにスチールギターなどで構成されており、とてもオシャレな感じがします。


[音楽ジャンル的な問題]

どちらも素敵な音楽なのですが、ハワイアン同様、携わる人達の高齢化により後を引き継ぐ人が本当に少ないことが問題です。このままだと消滅していく可能性があります。実際、多くの大学からこのジャンルのサークルが消滅しました。

この音楽を、少数ではありますが、一部の大学でサークル活動をしている人達もいます。また、最近練習を始めた若い人達もいます。そんな彼らの発表の場がなくなっています。諸先輩方が日本に根付かせた音楽文化が消失の危機を迎えています。


[ブルーグラス・カントリミュージックをもう少し知りたい方のために]

アメリカの音楽でブルーグラスは電気を使わない生音での楽器演奏で歌も楽器のみの楽曲もあります。アメリカの大草原が映し出されたならば、かかっているのはまず間違いなくブルーグラスではないでしょうか。その位大自然が似合う音楽です。

一方、カントリーミュージックもブルーグラスと近い音楽ジャンルではありますが、エレキ楽器やドラムスを使うなど大きな音のイメージです。概して、明るい音楽調ですが、恋愛や人生を考えさせられる、ハートに染み入る曲が沢山あります。

ここではブルーグラスで使う楽器のご紹介をさせていただきます。

[これまでの活動]

・営業許可に必要な、食品衛生管理者、防火防災管理者の資格取得

・営業許可に必要な書類等の取得

・自分たちで出来る、手作り範囲の店内整備

・ABILENEのロゴを作成。ABILENEの名前や伝統を引継ぎ、そこに我々の想いをのせて再出発する。

・ABILENEのテーマソング完成。ご来店者全員で歌い、一体感が出ると嬉しいです。

・新規ホームページ作成中 ライブ情報だけでなく、音楽ジャンルの解説、業界情報までを掲載予定。


[リターンについて]

・1000円コース:お礼状(感謝の気持ちを込めて送らせて頂きます)

・2000円コース:お礼状と店内ご飲食チケット2枚(1000円相当)

(チケットのデザインは変更の可能性がございます。)・5000円コース:お礼状と店内ご飲食チケット5枚(2500円相当)

(チケットのデザインは変更の可能性がございます。)・10000円コース:お礼状と店内ご飲食チケット10枚(5000円相当)

          またはお礼状とスタジオレンタル3時間


(チケットのデザインは変更の可能性がございます。)・20000円コース:お礼状と店内ご飲食チケット20枚(10000円相当)

         またはお礼状と店内ご飲食チケット10枚 とスタジオレンタル3時間 

(チケットのデザインは変更の可能性がございます。)・30000円コース:お礼状と店内ご飲食チケット30枚(15000円相当)

          またはお礼状とABILENEのホームページにて半年間の広告掲載

(チケットのデザインは変更の可能性がございます。)お一人様何口でも結構です。ハガキ又は封書にてお礼状をお送り致します。ハガキにはコース相当分のチケットの印刷がされておりますので、ご来店の際にお持ち頂き、ご利用下さい。500円毎に分かれており、ご利用毎に消印を押させて頂きます。封書の場合にはチケットを同封させていただきます。店内ご飲食チケットの有効期限は発行日より1年間とさせていただきます。

ステージで本番さながらの練習をして頂けます。[実施スケジュール]

店舗契約は完了。

1月2月で、ホームページの作成、楽器の整備や購入。

3月より店内の整備、リハーサル等を開始。

4月3日のリニューアルオープンを目指す。

(コロナにより変更の可能性がございます)


[最後に]

自分たちがご縁を頂き、多くの友人と音楽を共有できるきっかけになったABILENEを残したい。想いを同じくした仲間たちの応援メッセージも、我々の背中を大きく後押ししてくれました。お店を閉めなければいけなくなった当時よりもコロナの状況は厳しさを増しています。それでも、一人の力は小さくとも、みんなが集まればそれは大きな力になる。そう信じてただひたすらに歩を進めて参ります



皆様からのご支援お待ちしております。



LIVE & CAFE BAR ABILENE

〒532-0033 大阪府大阪市淀川区新高2丁目16-12

06-6399-5335  090-8643-4133

オーナー:園原裕將 

店長:宮本文江



<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/02/28 10:07

    ご報告目標達成!ご支援ありがとうございました!!多くの皆様にご支援ご協力を賜りました、アビリーンへのクラウドファンディング、2月27日をもちまして募集期間終了致しました。 おかげさまで、ご支援総額は1,026,000円、ご支援下さった人数は142名様と、多くの皆様にご支援を賜り、目標を達成する...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください