はじめに・ご挨拶

はじめまして。
バストを小さくする和装ブラをはじめ、少数派に寄り添うアンダーウェアを製造・販売しております、MAYA JAPAN 代表の山本超基(ヤマモトマサキ)と申します。
この度、着物業界や介護・医療関係従事者の皆さまのお声から誕生したランジェリー、花音(kanon)を発表することとなりました。

MAYA  JAPAN 代表 :山本超基

このプロジェクトで実現したいこと

男性が作ったランジェリー?
と不思議に思われるかも知れません。
弊社は元々、女性として生まれたけれど心が男性の方、いわゆるトランスジェンダー(性別違和)の方のために、「バストを小さくするアンダーウェア」の販売で事業を立ち上げました。しかし、そんなジェンダーレスな取り組みから派生し、バストが大きいことで悩まれている女性からもご支持をいただけるようになりました。そして、この度、本格的に女性用の機能性ランジェリーを作るに至りました。
弊社の強みはズバリ「わからない」ことだと思っております。
私は女性ではありません(トランスジェンダーでもありません)。しかし男性である私には女性の悩みが判らないからこそ、私見を挟むことなく、偏ることなく、素直に皆さんの意見を聞き入れながら問題解決に向き合ってこれたのではないかと思っております。これまでの商品と同様に、ヒアリングを重ね、幾度となくトライ&エラーを繰り返して完成させました。
このプロジェクトを立ち上げることによって、「バストがある」ことでお悩みの方に、より広く花音(kanon)を知って頂きたいと思っております。


プロジェクトをやろうと思った理由

ご存知のとおり、和装時に女性はサラシなどでバストを小さく補正し、いわゆる寸胴体型にして着付けます。帯の上にバストが乗ると気姿が美しくありませんし、胸元から着崩れる原因にもなるからです。
言わば“和装時の気姿を綺麗に見せる工夫“とは、「正面から見た時にバストが横へ広がらず、しかも帯の上に乗らないよう持ち上げ効果があり、さらにバストが前に突き出ないように適度に抑える」というもので、これはバストが大きくてお悩みの女性にとっては洋服においても同じことです。
2019年に弊社が発表した和装ブラ「むねつぼみ」は、着付け師さん・お着物ユーザー様をはじめ、バストの悩みを抱える多くの方々に喜んで頂きました。しかし、スポーツブラのようなシンプルさが良しとされる一方で、「同じような補正力でもっと可愛いデザインが欲しい」「ブラだけでなくショーツも欲しい」など、沢山のご意見と期待も頂戴してきました。
そんな折、介護・医療の現場でも、同じようにお困りの方が多いということを知りました。
それは、現場の制服はタイトなデザインのものが多く、身体のラインが出てしまう、ということ。何より、利用者様や患者様を抱き起こすときなどに、ご自身のバストが当たってしまうことが悩み、とのことでした。(人と近い距離でお仕事をされる方、例えば美容師さんやエステシャンの方、マッサージのお仕事をされる方にも当てはまるかも知れません。)
そんな皆さんのお悩みとご意見をしっかりとヒアリングし、弊社は問題解決のために試行錯誤を繰り返して参りました。そして、今回の商品開発にあたり、もっとも気を遣ったのが「機能性」と「デザイン性」の両立です。ランジェリーでもオシャレを楽しみたい女性のために、ブラとお揃いのショーツもセットアップでご用意しております。
少しでも沢山の人にこの花音(kanon)を知って頂きたいと考え、本プロジェクトを立ち上げました。
「仕事もプライベートもオシャレに自分らしく」そんなアクティブな“大人の女性“を演出します。

「胸元をスッキリさせて綺麗な気姿になりたい」というお悩み


「バストが患者様や利用者様に当たってしまう」という医療・介護の現場の悩み

これまでの活動

●2018年10月 
MAYA JAPAN創業。少数派に寄り添うアンダーウェアの製造・販売をミッションとし、主にトランスジェンダー(性別違和の方々)の方に向けて販売事業を開始。
~ECサイト中心の販売から卸業への販路も広がる。徐々に和装業界からお声掛けいただくようになる。~
●2019年9月
和装ブラ「むねつぼみ」発表。本格的に着物業界に参入。
『東京カジュアルキモノ展 2019』出展。
●2019年10月
『きものサローネ2019』出展。
●2020年5月
和装雑誌『こまものや七緒』に「むねつぼみ」掲載。
同誌オンラインショップにて販売開始。
●2020年6月
和装雑誌『七緒』(夏号)に「むねつぼみ」掲載。
●2020年9月
『東京カジュアルキモノ展 2020』出展。
●2020年10月
近鉄あべのハルカスにてPOP UP SHOP出展。
●2021年2月
大阪高島屋にてPOP UP SHOP出展。
●2021年3月
MAYA JAPAN主催の“ファッションから多様性を見つめる“ことを目的としたLGBTQ支援イベントとして、ダイバーシティなファッションショー&トークショー『KANSAI-ALLYMO 2021』をグランフロント大阪のナレッジシアターにて初開催。
朝日新聞(2021年2月28日付)、NHK(2021年3月7日放送)、 大阪日日新聞(2021年3月16日付)、繊研新聞(2021年3月10日付/4月2日付)など、複数メディアに取り上げられ、SDGsの課題のひとつである「ジェンダー平等」や、性差をなくした「ジェンダーフリー」への取り組みが注目を集める。
●2021年4月
大阪中之島グランキューブ大阪で開催されたカジュアルキモノイベント『大大阪キモノめーかんえぽっく2021』に出展ならびに実行委員を務める。

和装イベントや百貨店への出展の様子

弊社主催「KANSAI-ALLYMO 2021」の様子

繊研新聞 2021年4月2日付
「   繊研プラス https://senken.co.jp/  」


資金 の使い道


広報費、CAMPFIRE手数料


リターンについて

【商品説明】
~「機能性」と「デザイン性」を両立させたアクティブな大人のランジェリー~
アイボリーを基調とした上品なカラーにラグジュアリーなレースを仕様し、デザイン性と機能性を兼ね備えたアクティブな大人のランジェリーです。

●和装の胸元を綺麗に補正したい
●介護の時に胸が利用者様に当たってしまう
●細身の服が似合わない(生地をバストにもっていかれてしまう)
●視線が気になる
●太って見える
●ショーツのラインが気になる
そんな方におススメします!


花音(kanon)ブラ
●両脇からのカップパーツで可能な限りバストを内に寄せながら高さを抑えるパターンを採用しました。バストの高さをデコルテに逃してスッキリ細見え効果もアリ。サイドは深く脇肉もしっかりキャッチ。
●カップ内側は綿100%の天竺素材を使用し、縫い目が当たらない仕様。
●着脱しやすい前開きで、フロントジップアップを採用。
●肩紐は広めで、肌側に伸縮性のあるパワーネットを合わせた仕様。食い込みにくく“面”でサポートします。
●背面は少し広めのデザインで、伸縮性のあるパワーネットを使用し、しっかりサポート。ホックが無いので不快感を軽減。
●通常タイプ(M・L・LL)と、グラマーさん用のアンダー細っそりタイプ(MG・LG・LLG)があり、サイズも幅広く対応しています。

花音(kanon)ショーツ
●「和装ブラはあるけれど、ショーツとセットアップになっているオシャレなものが無い」というお着物ユーザー様の声を反映し、セットアップで楽しんで頂けるようショーツをお作りしました。
●「長時間イスに座ったあとに立ち上がると、ショーツのラインがクッキリと出るのが嫌」というお着物ユーザー様の声を受け、ラインが外に響きにくい総レースを採用。

【商品スペック】
~花音(kanon)ブラ~
●素材 : ナイロン・ポリウレタン・その他 (カップ肌側は綿100%)
●カラー : アイボリー
●フロントジップアップタイプ
●サイズ :
・M ( バスト 79〜87) (B70・C70対応)
・L (バスト 86〜94) (B75・C75対応)
・LL(バスト 93〜101) (B80・C80対応)
・MG(バスト 84〜93) (D70・E70・F70対応)
・LG (バスト 89〜98) (D75・E75・F75・F70・G70対応)
・LLG(バスト 94〜103) (D80・E80・F80・F75・G75対応)
●中国製

~花音(kanon)ショーツ~
●素材 : ナイロン・ポリウレタン・その他
●カラー : アイボリー
●サイズ :
・M(ヒップ 87~95)
・L (ヒップ 92~100)
・LL(ヒップ 97~105)
*ショーツに関しては、サイズが(M、L、LL)の3サイズのみとなります。ご了承下さい。
●中国製

*ご注文多数の場合にはお届けまで少しお時間をいただく場合がございます。
*下着のため、サイズ違いによる返品交換は出来ません。ご了承下さい。

【価格】
■花音 (kanon)ブラ&ショーツ 通常¥12,210→先行発売価格 ¥10,500(税込、送料込)
■花音(kanon)ブラ  通常¥7,920→先行販売価格 ¥7,000(税込、送料込)
■花音(kanon)ショーツ 通常¥4,290→先行販売価格 ¥3,500(税込、送料込)
*5月20日以降は通常価格での販売となります。

実施スケジュール

5月13日~5月19日


最後に

バストが大きくてお悩みの皆さんをはじめ、着付け師の皆さん、お着物ユーザーの皆さん、医療・介護関係者の皆さん・・・など。これまで弊社がご縁をいただきました沢山の方々からのご意見を反映し、花音(kanon)は誕生しました。
生産につきましては、某有名下着ブランドから発注を受ける日本のメーカー様に依頼。
デザインから縫製までを一貫生産(製造は中国の提携工場)でおこなうランジェリー専門の製造メーカー様にご協力頂きました。
これまで弊社が得意としてきた補正力に加え、デザイン性にもしっかりとこだわっております。
機能性とデザイン性の両方をバランス良く融合させた、アクティブで上品な大人のランジェリー花音(kanon) 。「バストがある」ことでお悩みの方に、少しでも寄り添える商品になればと思っております。
 ご支援よろしくお願い致します。

MAYA  JAPANはSDGs「ジェンダー平等」に取り組んでいます

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください