はじめに・ご挨拶

はじめましての方も、お久しぶりです!の方も、みなさま、こんにちは。
ドキュメンタリー映画『先祖になる』の主人公佐藤直志さんの生き様に感銘を受け、交流を深めている仙台自主上映会実行委員会代表の足立千佳子です。
2014年4月に仙台で自主上映会を実施してからまもなく7年。。。私は、今は宮城県登米市のNPO法人に所属して、相変わらず東日本大震災復興支援に関わっています。


今回、池谷監督から、「震災から10年。今回は『先祖になる』を地元・陸前高田で上映する!」と、お話を聞きました。話を聞くとすべて手弁当。むしろ、持ち出し?これは、乗りかかった船。私たち、仙台自主上映会実行委員会も再び集結し、上映会とトークショーのサポートをしなければ!!!
ということで、みなさまのご支援を賜りたく、再び立ち上がった次第です。

2014年、実行委員のみんなで総決起集会をしたときの一コマ@仙台


今回、今度は陸前高田での上映をサポートするよ!と連絡したら、実行委員のみんなから「合点承知!」と返事が。 みんな、ありがとう!!!


ドキュメンタリー映画『先祖になる』とは?
大ヒット作「蟻の兵隊」につづき”老人力”全開のガンコ親父を池谷薫監督が見つめたヒューマン・ドキュメンタリー

本作は、中国残留日本兵の悲劇を描いた傑作ドキュメンタリー「蟻の兵隊」が異例のロングラン・ヒットとなった池谷薫監督の最新作。震災からひと月後に陸前高田を訪れた撮影チームは、そこで佐藤直志というひとりの老人と運命的な出会いを果たす。復興への夢を語る彼の姿に見惚れた池谷は、前作に引きつづき孤軍奮闘する”ガンコ老人”を追うことを決意。寄り添うように撮影を重ね、困難に屈しない“日本人の底力”を描き出していく。撮影期間1年6カ月。東京~岩手往復の走行距離は5万キロに達した。頑強な肉体と茶目っ気たっぷりのユーモア。枯れた中にも残り香のように漂う男の色気。観るものをとりこにする主人公の姿は、戦争や災害から立ち直ってきた”日本人”とは何なのか、人が生きていくとはどういうことなのか、静かに語りかけてくる。

(Facebook・映画 『先祖になる』 最新情報より)


直志さんの元気に乾杯!「先祖になる」上映イベントを開催したい!

3月5日(金)~15日(月)
・オンライン上映会
3月13日(土)
・陸前高田での映画上映会
 &監督と、直志さん・剛さんのトークショー(オンライン配信&アーカイブ)

==============================================
東日本大震災から10年。津波で長男を亡くしながら、いち早く前を向き、自ら森で木を伐り元の場所に家を建て直した佐藤直志さん。上映会の翌日、直志さんは87歳の誕生日を迎えるが、なんと今もバリバリの現役で山仕事に励んでいる。

下の写真は陸前高田に昨年オープンした文化交流施設「まちの縁側」だが、柱や梁に地元の名産気仙スギを使ったこの建物は新国立競技場を手がけた隈研吾さんが設計した。そしてもうお分かりだろう。この見事な材木を伐り出したのは直志さんなのである。墓石と墓石の間に木を伐り倒せる超のつくスゴ技は今も健在なのだ。3月のトークではきっと皆さんに溢れんばかりの元気と勇気を与えてくれるだろう。

(Facebook・映画 『先祖になる』 最新情報より)

==============================================

2013年に公開された『先祖になる』は、東日本大震災で被災した直志さんの日常を追ったドキュメンタリー映画です・・・が・・・スクリーンの中の直志さんは、山で木を切り、自宅を再建。なんともチャーミングなお爺ちゃんなのです。またその直志さんを支える同じ町内会仲間の剛さんのダンディーなこと。
全国各地に、直志さんファン、剛さんファンが生まれました。

そんな全国各地のみなさんに、直志さん、剛さん、そして陸前高田の今をお伝えしたい。


直志さん、剛さんを知らない人にも、「東日本大震災後、こんなに力強く、実直に、そしてチャーミングに、復興を遂げた」二人の物語を知っていただき・・・そしてその話は、今もなお続く、陸前高田の今をやはりお伝えしたいのです。

そのための、トークショーオンライン配信の費用をご支援ください。


『先祖になる』と私のご縁

東日本大震災のあと、自営業の仕事がストップしてしまい途方にくれた私は、縁のあった宮城県登米市を拠点にしたボランティア団体のベースキャンプに参画することにしました。そこで津波被害の大きかった宮城県北部~岩手県の沿岸地域の様子を目の当たりにします。仙台の仲間から発信された情報を頼りに陸前高田へ足を運び、混沌とした状況の中で力強く生き抜こうとする大勢のみなさんと会い魂を揺さぶられるほどの衝撃を受けました。

東京から「被災地の現状を記録に残したい」と相談に訪れた池谷監督とボランティアベースキャンプで出会い、即座に陸前高田に行ってくれる様頼みます。監督と福居カメラマンが車中泊を続けながら陸前高田の様子を見聞きしている間、私も折りを見て陸前高田に通いました。

 そうしたある日「地元で花見が行われるらしい」という情報を監督から聞き、ともにその花見の会場となった成田山金剛寺に行きます。そこで、今回の映画の主人公となった佐藤直志さんが「津波は来たけれども、それでも桜は咲く」と集まった町の人達に語りかける光景に出会いました。監督は「あの人に話を聞いて見る!」と言って、そこで別れます。

それから1年半経った2012年10月。監督から「映画が出来ました」と完成試写会のご案内をいただきました。あの花見の日から、監督が見た陸前高田の様子。直志さんのユーモラス溢れる生き様。剛さんの心打つ実直な生き様。東北の私達の魂の一番強いところが表現されている映画だと、感銘を受け、映画が始まってから終わるまでずっと泣きっぱなしでした。

そしてエンドロールに私の名前が!

「あなたがいなければこの映画は生まれなかったでしょう?」と池谷監督の言葉。

『先祖になる』は、私にとっても自分の子どものような大切な宝物になりました。


・・・前置きが長くなりました。
そういうわけで、私の子どものような大切な映画『先祖になる』を、池谷監督が陸前高田で上映する!
そして、トークショーを通して、主人公の直志さん、剛さんが、相変わらず陸前高田で活躍している様子を全国のみなさんにお届けしたい!という監督の熱い思いに感銘をうけ、2014・仙台自主上映会実行委員会改め、2021・登米と宮城と陸前高田と全国をつなぐ先祖になる上映会応援団(通称ととと応援団)として、池谷監督のサポートをします!


これまでの活動

2014・仙台自主上映会実行委員会 では、ドキュメンタリー映画『先祖になる』の仙台での上映会の宣伝や、自主上映会を実施してきました。

2013年3月に実現した櫻井薬局セントラルさまでのロードショーを大いに盛り上げ、その後、ムービックス利府さまでのロードショーに多くのみなさまに足をお運びいただきました。

その後、全国各地での自主上映が始まり、仙台でも2013年8月に宮城学院女子大学さまでも公開講座として上映されています。

そして、2014年4月16日(水)午後・夜にせんだいメディアテークで自主上映会を開催、大勢のお客様に足をお運びいただきました。

2014年4月16日、映画上映会のあと、池谷監督、直志さん、剛さんを囲んで、打ち上げを。


資金の使い道(概算)

・映画上映と会場費 5万円
・トクショーオンライン配信、スタッフ人件費 10万円
・直志さん、剛さんトークショー出演謝金 5万円
・クラウドファンディング手数料 2万円
合計 22万円



リターンについて

ご支援いただいたみなさまには、
『先祖になる』のオンライン上映会&トークショーのチケットと
私が手掛けている、東日本大震災復興支援商品「編んだもんだら」各種、
それと、直志さんから直筆のグッズ(今、打ち合わせ中です)を、
リターンとしてご用意いたします!


実施スケジュール

再掲となりますが・・・

3月5日(金)~15日(月)
・オンライン上映会
3月13日(土)
・陸前高田での映画上映会
 &監督と、直志さん・剛さんのトークショー(オンライン配信&アーカイブ)

を実施いたします。

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

2011年3月11日。
私自身は、津波被害を受けたわけではありませんが、それでも あの日から、生活は激変しました。

無我夢中で、手探りの中で、毎日過ごしていた時に、
池谷監督と出会い、直志さんと出会い、
そして、直志さんが、自らの力で生活を再建した様子が映像として残っていること、
さらに、映画が出来たあとも、日々、直志さんと剛さんが陸前高田で、がんばっていること、
二人に、陸前高田に、、、そして東日本大震災の被災地に、
全国のみなさんが思いを寄せてくださっていること、とても有難いです。

東日本大震災以降も、全国で自然災害が多く発生しています。
この1年は、コロナ禍において、今まで経験したことのない困難を
日本中、世界中の人たちが過ごしています。

前が見えない、不安な今だからこそ、
もう一度、直志さん、剛さん、池谷監督に会って、この10年の話や、
陸前高田の今を、じっくりと聞いてみたいと思います。





<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/02/25 20:35

    クラウドファンディング、最終日。のこり4時間を切りました。この1か月。どきどきハラハラでした。・映画上映会をお知らせしたい。・この映画が出来た背景を知ってほしい。・いろんな人たちが、いろんな立場で、この10年間過ごしてきた。その時の符号をここで一度合わせてみたい・・・・・直志さん、剛さんの10...

  • 2021/02/25 12:57

    クラウドファンディング、のこり12時間を切りました。ホントにホントに、みなさまありがとうございます!遅くなりましたが・・・1万円のリターン商品に押す焼き印のイメージです。陸前高田で気仙大工の技術を継承する村上製材所さまが作ったコースターに、直志さんの文字を1文字ずつ入れます。剛さん曰く、「この...

  • 2021/02/24 12:05

    クラウドファンディング、のこり1日となりました。おかげさまで70名を超える方々からご支援をいただいております。最後の最後まで、一人でも多くの方に、上映&トークがあるよ!と、知っていただきたい!!!みなさま、SNSで、職場で、家庭で、お知り合いの方に広めてください。さて、そして・・・クラウドファ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください