重さ12.8kgで男性なら片手で持てる軽さ。車に乗せて使う用途にもおすすめです。

電動自転車はダサく、重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭したく、

プロジェクトをスタートさせました!


最新の3Dプリンター技術を駆使し、フレームの重さをわずか1.1kgまで軽減。

この軽さでありながら搭載されているバッテリーは大容量の7.0Ahのシートポストバッテリーで
70km以上の長距離走行可能です。
70kmというと、東京23区から湘南周辺まで余裕で行くことが可能です。
さらに折りたたみ機構もついており、折りたたんで持ち運びもできます。

耐久性を担保するため、これまで型式認定を取得しており、2回連続でクリアした実績があります。すでに他国で販売されており、日本国内よりも悪路の多い環境下でも、製品品質に問題なくご愛顧いただいております。


これまで電動自転車というと重たい、走行距離があるという印象が多くありました。
さらに電動自転車とわかるとダサいというイメージがありました。

実際これまでの折りたたみ電動アシスト自転車は重さ16~18kg台となり、さらに重さを軽くすると走行距離が短くなってしまうというデメリットがありました。

これまで私たちが販売してきた自転車の課題を解決すべく、私たちはカーボン素材に着目しました。

カーボンというと高額になりがちなイメージですが、弊社は最新の3Dプリント技術を活用し大幅なコストダウンに成功しました。

またカーボン素材を多用することで、フレームの重さを軽量化することに成功し、

・ワンタッチ約10秒3ステップにて折りたたみができるて押して運べる。

・7.0Ahバッテリーの搭載が可能となり70km以上の長距離移動にも使える。

・フレームの軽量化により、アシストを使わなくても普通の自転車より軽く走行することができます。

普段の走行時には使用せず、疲れてきた時や急な坂だけアシストを使いたいなど好きなタイミングだけアシストを使うことができ、環境にも優しく自身の運動にもなる一石二鳥の自転車を実現しました!


サイクリング中にバッテリーが切れたら困るというご要望も多く頂いており、

弊社では持ち運びしやすい予備バッテリーも開発しました。

VELMO Carbon-SSはシートポストバッテリーのみでも、約70km走行可能ですが、

このボトルタイプの予備バッテリーを利用することにより、

さらに7.0Ahのバッテリーがつく形となり、120km以上の走行が可能となります。

またこの予備バッテリーはスマホを充電することも可能で、

モバイルバッテリーとしても利用することができます。

出先でのサイクリングなどで、これまでのようにバッテリーを心配する必要はありません。


地味ですが上の写真のようにスマホの充電を行うこともできます!

地図を使ってスマホの充電が切れそうな時など自転車だけでなく、スマホの方も充電ができます。

(同時に充電はできません。)

※弊社女性スタッフが実際に使って走行してみました。坂道も含めた行程を走行した測定値です。弊社女性スタッフの場合、予備バッテリーを利用せず100km走行しました。(弊社の他車種実測値)

→他車種なのでここでは実際走行した動画URLだけ載せさせて頂きます。

ご興味がございましたら是非♪

URL:https://youtu.be/nym2v3GoY0o


運動したい!平地を自分の足で漕ぎたい!
アシスト電源OFFで走行しても、7段ギアと車体の軽さでスイスイ!

どんどんテクノロジーが進歩しても自転車本来の楽しみ方は残したい。そんなコンセプトの自転車ブランドです。

さらに…

ちょっと疲れた時、坂道がキツイ時など、

電動アシストを使うのを必要な時だけにすれば、バッテリー節約になり、長距離乗ることができます。

※アシスト比率については交通法基準内ですので、通常の自転車と同じように免許など必要ありません。


超軽量カーボンファイバーフレームとエレガントな外観。

一歩先を行く新しい電動自転車を生活に取り入れませんか?

私たちは、折りたたみ自転車のフレームにバッテリーをシートポストに納めるデザインをいち早く取り入れたメーカーです。これまでの販売していた自転車をさらにグレードアップさせました♪

※細かい仕様に関しては開発中のため変更の可能性がございます。

駐輪場がなかったり、盗難が心配という方も多いかと思います。

そんな方のために軽いだけではなく折りたたんで、押して運ぶこともできるよう開発しました。

駅やビルの中などで押して運ぶことができます。

※輪行袋など場所に応じては指定の搬送方法を取ってください。



carbon「C」は快適-comfortable- と 便利-convenient-。

VELMO Carbon-Cは、バイク全体の重量を減らすためにカーボンファイバーフレームのみを採用しています。他の部品は、より手頃な価格におさえるため、従来の自転車に使用されている素材を採用しています。

街乗りなど価格と軽さ。双方をいい塩梅で用いたい方はお勧めです。



Carbon「SS」はスポーティ-Sports- と 超軽量-Super light-。

VELMO Carbon-SSはCと比較し、ほとんどの部品(フレーム、シートポスト、ハンドルバー、ステム、チェーンホイール、さらにはモーターなど)に軽量素材を使用。これがバッテリーを含めて12.8kgの超軽量を達成した秘訣です。

スポーツ車としてガッツリ走行したい方にお勧めです。
フルカーボンなので軽量かつスポーティな走りをお楽しみ頂けます。




中長距離の移動の快適さを考え、20インチのタイヤを採用しました。





VELMO Carbon Cと Carbon SS の機能比較はこちら



日本の主要折りたたみ電動アシストブランドと比較してもこれだけ高機能!

軽いだけではなく、バッテリーも大容量な折りたたみ電動自転車はなかなかありません。


適正身長は 150cm〜195cm。

シートポストとステムの高さを調整できます。

男女ともにお使い頂けるようシートポストを幅広く調整することができます。

ご夫婦やカップルでのサイクリングでもオススメです。


素早く折り畳めるようわかりやすく、3ステップで折り畳めるようにしました。

サドル部分/ハンドル部分を持って、押して運ぶことができます。

VELMO Carbon-SS/Carbon-Cは3色ずつ選ぶことができます。

付属品

自転車本体に充電器、取扱説明書、保証書、工具、キックスタンド、泥除けが付属しています。

充電器は単体で追加購入できるので、1つを自宅に、もう1つをオフィスに置くなど、

工夫次第でさらに便利に♪




他社クラウドファンディングでは達成率600%を超えたブランドの第二弾!



しっかりとした品質を担保するため、これまで型式認定を取得しており、

2回連続でクリアした実績があります。

本製品は電波法に基づく「技術基準適合証明」を平成31年1月15日に取得しております。



2021年2月 プロジェクトスタート

2021年3月 プロジェクト終了予定

2021年6月 支援者の方々に順次発送予定

(世界的な自転車需要によりパーツの手配が厳しくなっており、

納期が遅れてしまう可能性がございます。予めご了承ください。)

2021年7月 発送完了予定

2021年8月以降 一般販売開始予定

電動アシスト自転車ですか?
 はい、こちら電動アシスト自転車となり、状況に応じて歩道を走行することが可能となります。

・どこにバッテリーがありますか?
シートポスト(サドル下部の棒の部分)に内臓しています。スタイリッシュなデザイン性が海外でも人気です。

・電動アシストが止まると動かなくなる?
万が一充電が切れても、普通の自転車として運転していただけます。そもそも車体が軽いので電動アシストを使わなくても楽々こげます♪アシストを使う場面が少なければ、充電の減りが少なくなります。

・バッテリーを外すことはできますか?
シートポストを車体から外して、家の中やオフィスで充電していただけます。シートポストを車体から外さず、直接プラグを挿して充電することも出来ます。

・カーボンを使用した折りたたみ式電動アシスト自転車なのに安すぎでは?
私たちは、部品調達・製造に豊富な経験があり、スタッフそれぞれが自転車を愛しています。「移動を自由にしたい」私たちの思いがビジネスパートナーの想いと合致し、工夫を重ねて価格を下げることに成功しました。安く作れる工場を知っている等の利益重視ビジネスではなく、プロ自転車整備士が品質を見極めて皆様にお届けします。

・免許は必要?最高速度は?
免許は不要です。通常の自転車と同じように使用できます。アシスト比率については交通法基準内であり、日本安全基準に則り、アシストが機能するのは時速24㎞までとなっています。

・自転車の耐荷重は何㎏ですか?
100㎏まで対応しています。荷物が多い時も前かごやキャリアを利用して移動できます。

・身長が低くても乗れますか?
身長150㎝~195㎝に対応しています。男女ともにお使い頂けるようシートポストとステムを幅広く調整することができます。工具なしで簡単に調整できるのもポイントです。

・どのように配達されますか?組み立ては簡単ですか?
プロ整備士が整備し、組み立ては最小限になる状態で箱に入れしっかり梱包した上お送りいたします。説明書を同封いたします。

・部品の買い替えは自転車屋さんでも対応してもらえるの?専用の部品が必要なの?
フレームは独自の研究を重ねオリジナルながらも、その他はユニバーサルスタンダードになっています。多くのスポーツバイクや街乗り自転車で使用されている部品と同じものなので、ホームセンターや町の自転車屋さんで交換可能です。

・保証について教えてください。
2年のインターナショナル保証がモーターに付いています。バッテリーの初期不良には、1年半の保証が付いています。消耗品(ペダル、チェーン、タイヤ、ライト、ブレーキパッドなどの)は、保証外となっておりますので、ご了承ください。購入から1年以内でしたら、修理費補償付き出張修理に伺います!(対応地域/関東一都3県+大阪)

・返品/返金はどうすればいいですか?
キャンプファイヤ利用規約をご確認ください。

・消費税/付加価値税および関税に関して教えてください。
リターン価格は消費税に加え追加価値税・関税を含む価格となります。

・前かごだけじゃなく、後ろにも荷物を積みたい

オプションでキャリアを選択できます。リターンの種類から選択ください。前後の泥除けは標準装備です。

・納期は短くならないですか?

現在世界的にパーツ入荷困難な状況のため、時間がかかっており、最長に設定させていただいております。


その他質問がありましたら

お気軽に問い合わせください!


<実行者紹介>

アベントゥーライフ株式会社 小杉好敬

1992年生まれ。学生時代より自転車だからこそ走れる路地裏や、新しい場所の発見など自転車に関心をもち、大学在学中に仲間と共に自転車での日本一周も実施。就職後も自転車ビジネスに従事し、自転車業界に携わっていた中で感じていた不便や課題感をITを使って解消することを目指しIT企業を経験後、2018年8月に独立。現在仲間12名と共に自転車の市場に新しい風を吹き込みたいとメンテナンス/自転車製造に携わっております。今後の展望はVELMOを購入くださった皆様同士をつなげるコミュニティ作りや、イベント開催なども視野に入れています。 


これまで、私自身学生時代などに自転車における日本一周など自転車による長旅を経験してきました。
その中で大きな課題は携帯電話の充電問題と重たい自転車で坂道を登らないといけない時など電動アイスト自転車だったらいいのにと考えていました。
その思いが原動力となり、この電動アシスト自転車のクラウドファンディングに至りました。
この自転車であれば長距離移動でも使うことができ、スマホにて地図を使っていても予備バッテリーと
セットでスマホの充電まででき他の電力まで賄うことができます。
アシストを効かせたくない時など好きなタイミングだけアシストを使って、これまで行けなかったようなより長距離の自転車旅行などをお楽しみ頂けたらと考えております。
自由な移動のお供に活用頂けますと幸いです。


【私たちができること】

昨今様々な形の自転車が発売され,お客様の選択肢が広がりました。

それにより大きなメリットが生まれた一方で、日本で違法に当たる自転車や整備するのに一般の方が持つ工具では作業ができない自転車なども多く見受けられるようになりました。その結果、多くに自転車店で中国製の自転車は修理しない、場合によっては見てもくれないという状態が生まれつつあります。

私たちはそこに危機感を感じ、アフターケアにも力を入れようとしております。

私たちが提案してきた枠組みは

・パーツは日本において汎用性の高いパーツをできるだけ使う。

・出張修理の枠組みを構築し、弊社が直接修理する形を目指す。

・東京近郊においては直接お届けを実施する。

・Line/メールによるアフターフォロー

・盗難補償/賠償責任保険付帯 詳しくはこちら

(クラウドファンディングにおいては「すぐ旅行セット」にのみ付帯されます。)

出張修理に関しては現在は関東が中心となってしまっており、他の地域のお客様にはご迷惑をおかけしている現状ではございますが今後大阪における拠点も計画しており、順次(来年度中)全国に枠組みを広げていきたいと考えております。

少ない人数にて精一杯試みておりますので、至らない部分がございましたらぜひ仰って頂けますと幸いです。

今後は弊社のコミュニティも作っていけたらと考えており、ぜひSNSもフォロー頂けますと嬉しいです!

instagram

またこれまでの取り組みを評価して頂き、日本トレンドリサーチがおこなった電動アシスト自転車ブランドについての調査において、折り畳み電動アシスト自転車を提供する弊社アベントゥーライフ株式会社(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:小杉 好敬)が、下記3項目で第1位を獲得しました。



今後も小さい会社ながらお客様が安心して自転車ライフを楽しめるよう、寄り添ったビジネスができるよう邁進して参りたいと考えておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。


【弊社の目指すべきビジョン】

弊社はメンテナンスプラットフォームを構築すべく2018年に設立した企業です。現在ラストワンマイル解決に向けて様々なモビリティやビジネスモデルが世界のみならず日本においてもスタートしております。

弊社は自社・他社自転車のメンテナンスのみならず、シェアサイクルのメンテナンスや自転車の販売・自転車関連IOT機器の開発など新しい取り組みを実施しております。

新しい時代のニーズに合った事業を今後も展開したいと考えており、メンバーを募集しております。

また多くのお客様に弊社のファンになっていただけるよう誠心誠意努めると共にコミュニティを形成していきたいと計画を進めております。

ぜひアベントゥーライフのことを覚えて頂き、応援していただけますと幸いです。

【資金の使い道】

基本的に弊社を応援してくださった方へのリターン準備に大切に使わせて頂きます。

またより安心なアフターフォローができるよう関東のみならず 、関西のお客様に向けたリアル店舗を開設したいと考えております。

店舗にて試乗や直接顔を合わせてお客様とコミュニケーションが取れたらと考えております。

支援者の方とお会いできることを楽しみにしております。

小杉 好敬


【リスク&チャレンジ】

現在工場とデザイン・仕様をできる限りいい状態でお届けしようと誠心誠意進めております。 しかしながら開発中の工程において、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。 また同時に現在コロナウイルス感染症より世界中での自転車需要が高まっており、パーツの手配が整わない状態が続いております。 そのため納期に関して大幅に遅れる可能性がございます。 場合によってはパーツの変更がある可能性がございます。 製造スケジュールにつきましては、現在プロジェクト成功を想定した数で調整しておりますが、想定を上回る応援購入の申込があった場合、製造工程上の都合や配送作業に伴う、止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。 類似品が発生する可能性があります。メンテナンス等はできない可能性がございますのでその点お気をつけくださいます様お願い申し上げます。


■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: アベントゥーライフ株式会社

○住所:東京都世田谷区羽根木1丁目3番2号 

○電話番号:03-3324-2279※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

○メールアドレス:info@aventulife.co.jp

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり

◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期:

各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法:

クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。


本ページにて使用中の画像や動画は、弊社に掲載権利があり、譲渡したものについては権利者から掲載許可とっております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください