▼まずは自己紹介させてください

はじめまして。早川雄大です。
 

現在、法政大学4年です。

 

 

就職活動を辞め、来年から新卒フリーランスとして生きていくので、いまはライティングを勉強したり、ブログで自分の考えを発信したりしています。

 

また、写真家としても活動をしており、写真で食べていくのが理想です。

 

ですが、まずは「自分の力で稼ぐ」ことを当面も目標としています。

 

 

 

 

▼このプロジェクトの概要 

現在、大学4年生。

新卒フリーランスを目指しているけど、自分にはスキルも実績もないし、フリーランスで稼いでいけるか毎日不安・・・・。

 

だから、9月に開催される「田舎フリーランス養成講座」に行って、フリーランスになる術を学びたい!!

 


でも、「田舎フリーランス養成講座」の参加費15万円が払えない!!!!!!!!!!

▼そもそも何で僕にお金がないのか 

キングコング西野さんをみなさんはご存知でしょう。

 

最もクラウドファンディングを駆使してお金を集めている日本人であり、このキャンプファイヤーでもお馴染みですよね。

 

そんな彼が先日

 

このようなクラウドファンディングを立ち上げました。

 

 

そのリターンに

 

「40万円で西野さんの独演会を主催する権利」があったんです。

 

かねてから西野さんのお金と信用の話や、これからの働き方・生き方についての考え方にとても共感していて、

もっと多くの人に彼の考えや意見を聞いてもらいたいと思っていました。

 

特に、学生。

 

これからの未来を生きる僕ら若い世代に是非とも西野さんの話を聞いて欲しいと思い。

 

ほぼ全財産である40万円を使い切って

 

この独演会の開催権を獲得しました。

 

具体的な日程は決まっていませんが、2018年の冬に都内で、50人程と小規模ではありますが、西野さんの独演会を開催します。

 

こんな思いで40万円で「キンコン西野さんの独演会開催権」を獲得した結果、ほぼ全財産を使い切ってしまいました。

 

現在、僕の生活は現在困窮を極めておりますが、何とかギリギリ生きています。

 

しかし9月に開催される「田舎フリーランス養成講座」の参加費15万円は持ってないのです。

 

▼なぜ大学4年生の僕が就活をやめたのか

理由はたった一つです。

 

「やりたいことが、やりたかったから」

 

僕のやりたいこととは写真です。

 

企業に入り毎日決められた時間で行動し、付き合いたくもない人とも付き合い、そうしていくうちの本当にやりたい写真に対しての情熱が失われていくのではないだろうか、という恐怖心から僕は企業で働くことをやめました。

 

こうやって言うと甘えのように聞こえますが、それだけ僕にとって写真は「全て」なのです。

 


▼フリーランスとして生きていくことを決めたきっかけ

今年の5月、就活をやめたのと同時にブログを始めました。

 

 

 

そこで様々な人のブログやSNSをみていくうちに本当に自分の力だけで稼いでいる人がいることに改めて気づくことができました。

 

彼らは特別な何かを持っているわけでもなく、自分の好きなことや得意なことを極め、発信し、それが誰かの価値になっ

ている。

 

その姿に自分を重ねた時に、もしかしたら自分にも極めることができて、誰かの価値になるものがあるのではないか。

 

自分にもできることがあるのではないかと思い、「フリーランス」を目指すようになりました。

 
▼そして「田舎フリーランス養成講座」に出会った

 

そうしてフリーランスへの興味が高まる中で出会ったのが、「田舎フリーランス養成講座」なのです。

 

 

「田舎フリーランス養成講座」では

1.独立における方向性づくり
2.フリーランス/独立に必要なスキル
3.田舎の環境で働く楽しさ/大変さ

この3つを学ぶことができます。

 

僕に何ができるのか、何をして人に価値を提供できるのかの道筋を描くこと、

WEBスキルや独立へ向けたスキルを手に入れられること、

環境にとらわれずに働くこと、がこの講座を通して獲得できると確信しています。

 

▼「田舎フリーランス養成講座」を終えてから

講座を終え、自分で稼ぐことができるようになった時、

今度は僕が価値を提供する番です。

 

今の僕と同じように、

好きなことで生きていきたい。でもどうやって稼いで行けば良いかわからない。

 

そんな学生に対して、僕がどのような経緯でフリーランスを目指したのか、何をして稼ぐことができたのか、新卒フリーランスって実際どうなのか。

 

これらを発信して、新卒フリーランスを目指している後輩の背中を押してあげます。

 

その時100人の学生が僕の言葉に心を動かされたなら

今回集める15万円が1500万円の価値となるはずです。

 


 ▼写真家、映像作家として活動している僕にできるリターンを考えてみました

まずは僕の作品をご覧ください

 

こんな写真や動画を撮ることができます。

 

僕がこのプロジェクトをやるからには、僕しかできないリターンをたくさんご用意いたしました。

 

直接お会いできるリターンが多いので、撮影と同時にお礼の言葉やエピソードを語ることができると思います。

 


▼最後に

このクラウドファンディングを行うにあたって、すでに応援してくださっている方が何人もいらっしゃいます。

 

本当に感謝感謝です。

 

周りが就活を終え、内定をもらい社会へ飛ぶ出す準備をしている姿を横目に

「あー何やってんだろ」って思うこともしばしばあります。

 

しかし、自分の決意、決断に自信を持ちたいんです。

 

こんな欲しかない僕ですが、もし少しでも「早川、頑張れ!」って思ってくださったら支援のほどよろしくお願いいたします。

 

また、お金での支援が難しい方、僕より若い学生で「あ、こんな人もいるんだ!面白いな!」って思ってくれた方、

ツイッターなどのでの応援メッセージだけでも涙ちょちょぎれるほど嬉しいので、お気軽に送っちゃってください。

 

最後になりますが、このクラウドファンディングは

これからもっともっと自由で好きなことで生きていくことのできる若者が増えるために、僕が実験台となって挑戦しようと言う覚悟のスタートです。

 


10年後にはみんなが好きなことで幸せに生きている社会を目指しています。

 

 

 

早川雄大

 

 


 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください