はじめに・ご挨拶

当ページをご覧頂きありがとうございます。


僕はファッション・音楽を中心にエンタメ総合事業を行っている

株式会社CheeekyKids 代表取締役の山口 凌汰と申します。


このプロジェクトは

新型コロナウィルスに誰もが苦しむ現状で

自分を犠牲に第一線でウィルスと戦っている医療従事者の方々

ドラゴンボールに出てくるキャラクター孫悟空の必殺技「元気玉」の様にみんなの思いを結集し、

大きな感謝の思いを届けるプロジェクトです。


どうか、

最後までご一読頂きあなたに出来る形でご協力をお願いします。


あなたが今、今日、明日、

買おうとした物、

行こうとした所、

何気なく使おうとしたお金、物、事をグッと堪えることで参加できるプロジェクトです。


今僕たちが何気なく

自分の生活を過ごせているのは

紛れも無く医療従事者の方々の存在があるからです。


一人でも多くの方にご参加頂き、

一人でも多くのありがとうを届けたいと思っております。




コロナ禍の状況で

以前と変わらずに生活できている人、

自分の生活を維持する事で精一杯の人、

それぞれ環境は違うと思います。


ですが、

唯一共通している事があります。

それは

"医療従事者の方々に支えられている"という事です。


自分の生活を守る為に

仕事に行かなければならない。

会いに行かなければならない。

買いに行かなければならない。


それぞれあると思います。


感染すると死に至る可能性のある新型コロナウィルス。


それでも外出してリスクを犯すことができるのは

「感染しても何とかなる。医療機関があるから。」

と誰もが心のどこかで思っているからだと僕は思います。


正直言うと、

僕も会社を経営する立場上、活動を止める事はできません。


アパレル業界も例外では無く

新型コロナウィルスの影響を受けています。


だからと言って

自分の為だけになりふり構わず活動し続けるのはどうなのか?


感染者数が増え続ける中でそう思うようになりました。


そこで

自分にできる事で医療従事者の方々へ

感謝の思いと行動を伝えるべく

アパレル業界の中でも特に苦しんでいる

生産業を動かして"物"という価値で活動資金を募り、

集まった金額から

"医療従事者の方々への支援活動""経営に苦しむ生産工場への救済措置"

一度で2つの支援が叶う当プロジェクトの実行を決意しました。





当社は2020年6月に設立したばかりの

力も実績も無い会社ですが、コロナ禍での支援活動実績があります。


それは

昨年の5月に始動したオリジナルマスク事業です。


この事業は

コロナ禍に苦しむ関係企業の救済措置をきっかけに

マスク不足に苦しむ人達に国内産の高品質なマスクを販売し、

コロナ禍で経営困難な生産工場にこのマスクの製造を依頼する事で

"マスク不足""生産工場の経営難"

1度で2つの問題解決に繋がる事業です。


この事業には

沢山の素敵な企業経営者の方、クリエイターの方にご協力頂き、

これまでに1万枚を超える販売数という成果と沢山の学びを得ることが出来ました。


この経験と仕組みが今回のプロジェクトの基盤になっています。







集めた資金は僕たちが責任を持って

本プロジェクト実行に使わせて頂きます。


50%は

このプロジェクトの返礼品となる(デザインTシャツ)の企画製作費に。

製作依頼はもちろんコロナ禍に苦しむ生産会社に依頼します。


残りの50%を

新型コロナウィルスと最前線で戦う医療従事者の方々への支援活動資金に。

*キャンプファイヤー、医療関係機関のルールに則り、

質の高い支援をする為に集まった金額に応じ、医療関係機関と打ち合わせの上

必要とされる支援活動を実施、逐一ご報告させて頂きます。


参加者、企画者全員がこのアクションを通して

医療従事者の方々へ感謝の思いを伝え、支援をする事ができ、

そのアクションに対する対価も受け取れる仕組みとなっています。




リターンについて


このプロジェクトは

支援金を募り、参加者へ返礼品を送り、医療機関への支援活動をするだけではなく、

"沢山のありがとう"も届けたいと思っております。


そこで、

より多くの方々に当企画に参加して頂く為に

リターンとなる返礼品のデザインを次の世代を担う学生の皆様にご依頼させて頂く事になりました。



プロジェクトを進行しながらデザインを募集、選考を行い、

ご支援頂いた方へお送り致します。

*デザインの選考は厳正かつ公平に行い、逐一活動報告ページからご報告させて頂きます。


その後

届いたこのTシャツを着用頂き、皆様から「ありがとう」の

メッセージビデオを各自撮影頂き、募集させて頂きます。


一定額以上の支援を頂いた方、企業様には

金額に応じた時間を設け、

メッセージビデオのメインとして使用させて頂きます。

*設けた時間は企業PRとしても使用する事が出来ます。


募集したメッセージビデオは1本のビデオに編集し、

動画共有サイトより公開、医療従事者の方々へ届けます。


Tシャツのみ

¥4,840


Tシャツ+動画尺(10秒)

¥11,000


Tシャツ+デザインに名前が入る(小)+(10秒)

¥50,000 *領収書発行できます。


Tシャツ+デザインに名前が入る(中)+(20秒) 

¥100,000 *領収書発行できます。


Tシャツ+デザインに名前が入る(大)+(1分以内自由) *2者限定

¥800,000 *領収書発行できます。


Tシャツ+デザインに名前が入る(メイン)+(1分以内自由) *1者限定

¥1,000,000 *領収書発行できます。


*「そこまでの支援はできないけど、協力したい。」

そんな方の為に¥1,100のリターンも用意しております。




実施スケジュール


プロジェクト進行中

逐一活動報告をさせて頂きます。


このプロジェクトに共感頂ける方には

常に拡散のご協力をお願い致します。


支援金募集開始

期間中

全国の服飾専門学生の皆様から返礼品デザインの募集

6月中旬

募集終了

6月下旬

返礼品デザインの選考・決定

7月初旬

返礼品の製作・発送

7月下旬

当プロジェクトに参加された方から

医療従事者へのメッセージビデオの募集・編集

8月中旬

メッセージビデオをYouTubeに公開

集まった支援金に応じた医療従事者への支援活動を参加者の皆様を代表して実施


最後まで覚悟と責任を持って運営致します。







このプロジェクトには沢山の可能性があります。


学生の皆様、PRの藤原慎太郎さん、当社 株式会社CheeekyKids。

普段では交わることの無い組み合わせで一つの目標を達成しようと集まりました。


この事から様々なチャンスに本企画では挑戦する事ができます。


まず初めに

Tシャツのデザインをお任せする服飾専門学生の皆様、

コロナ禍で本来の学生生活が出来ない中で自分のデザインが沢山の人のもとへ。

そしてそのデザインが医療従事者の方々への支援にも繋がります。


企画の進行次第では一つのムーブメントとなり、

一人の学生の作った作品が

想像もつかないくらい多くの方の目に止まる事だってありえます。


そして

PRの藤原慎太郎さん、

トレンドの移り変わりの激しいファッション業界で

PRの仕事をご自身の名前で活動されています。


今回はそのお力を借りて

一人でも多くの方に本企画を知って頂きたいと思っています。


各メディアはもちろん、芸能関係者へのアプローチも行います。


新型コロナウィルスの影響で

自分の身を守る事に気を取られ、閉鎖的になっている各業界が

この企画を通して手を取り合う事の大切さを再認識する機会にもなるかもしれません。


だからこそ、

今このページを今見ているあなたのご協力が必要なんです。

一人でも多くの方のご参加と拡散のご協力をよろしくお願い致します。




企画運営者から


私は主にファッションブランドのPR業務を仕事にし、フリーランスで活動している藤原慎太郎と申します。


この企画の発案者である山口氏が手掛けているブランド、AUI NITEのブランドPRも担当しています。


コロナウイルスで人々の生活が大きく変貌してから1年、毎日のよう耳にする“医療逼迫”という言葉。


そんな中でも常に最前線で未知のウイルスと闘ってくれている医療従事者の方達のニュース。


我々が今日も安心して生活できているのは紛れもなくこの方達のおかげです。


医療従事者の方への感謝の気持ちを伝える為に私達に何ができるのか?


それは自分達が仕事にしているファッションを通じてアクションを起こし感謝の気持ちを形に残し、伝えることが1番だと思いこのプロジェクトに参加しました。


 そして、ファッションを通じてこのプロジェクトを進行していくことで、コロナ禍で先行きが見えにくいアパレル業界で奮闘する方々、それを支援してくれる方々、このプロジェクトに関わった全ての人達の気持ちが少しでも明るく、前向きなものになって欲しい!

そのように思っています。


このプロジェクトに参加していただく一人一人の想いが大きな力になり、少しでも明るい未来を作り出す為に一人でも多くの方にご賛同いただけたらと思います。


ご協力、ご支援の程何卒よろしくお願いいたします。



企画発案者から


最後まで当ページをご覧頂きありがとうございます。

本企画の発案者 山口 凌汰です。

僕は、

自身のプロデュースするファッションブランドAUI NITEをメインに

デザイナー・スタイリスト・プランナーとして活動しています。


2020年の2月、

僕はまるで他人事の様に横浜港に停まるダイヤモンドプリンセス号の

ニュースを見ていたのを今でも覚えています。


それから1年が経ち、

世界の何もかもが変わり、

これまでの常識は変わり、

何気ない生活から仕事のスタイルまで沢山の変化がありました。


今このページを見ているあなたにも

少なからずあったと思います。


その中で変化に対応し、

「自分を守る為には?」

「新時代を生き抜く為には?」

という事ばかりに気を取られていました。


ですが、

上記のオリジナルマスク事業や、この1年の経験を通して

"自分達の為に"

"自分達だけで"

という思考ではなく

"みんなの為に"

"みんなで"

という時代や流行に関係なく大切な思考を改めて学ぶ事ができました。


今回のプロジェクトも

僕一人ではできることに限界がありますが

「医療従事者の方々へ感謝の思いを届け、力になりたい!!」

「1日でも早く日本を元気にしたい!!」

そう思う人達が1人でも多く力を合わせる事で

想像もつかない大きな力になるんじゃないかって思うんです。

だからこそ

目標を達成する為にこのページを見ているあなたの協力が必要なんです。


このプロジェクトが大きなムーブメントとなり、

ファッション業界を盛り上げ、医療従事者の方々への支援に繋がるよう

みなさまのご協力、ご支援をお願いいたします。





フライヤー設置協力店舗

Select Vintage Clothing Strato様

東京都渋谷区神宮前 3-20-5 INOUEビル1F

https://instagram.com/strato_01?igshid=1iu1t478oery2


Select Shop KinCrossWorld様

東京都渋谷区神宮前 1-15-3 平安ビル2F

https://instagram.com/kincrossworld?igshid=cskntblk74fm


このプロジェクトに賛同頂き、

拡散とご支援にご協力を頂いている店舗様です。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください