はじめにご挨拶

みなさん、こんにちは!

カメラ媒体を中心にモデル、フォトグラファー、ライターと幅広く活動しております、 いのうえのぞみと申します。

私が写真に魅了されてから四半世紀がすぎました。

今回、モデルとしての集大成として、いのうえのぞみ写真集制作クラウドファンディング プロジェクトを企画しました。


長文になりますが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。


○私と写真について ~写真映りで人生が変わったこと~

私は昔から引っ込み思案で人の後ろに隠れるタイプの子でしたが、中学生の頃、当時流行りだしたプリクラが私の人生を変えました。画面を見ながら顔を調整すれば、ベストな自分を写真に残せる!そう気付いたときは雷が走ったような衝撃でした。それ以降、どうすれば少しでも自分を良く見せれるかを自撮りをして研究する日々でした。

高校に入ってからはグラビアモデルや写真広告などのオーディションに参加するようになり、タレント業にもチャレンジし、少しづつ芸能のお仕事をさせていただけるようになりました。

そうしていくうちに将来も写真に携わる仕事がしたいと志すようになりました。


○私と写真について ~30才を過ぎてからモデル復帰~

その後、一旦芸能界とは離れていたのですが、30才を過ぎた頃から、どうしても写真集を出したい、またモデルとして写真に映りたいという気持ちが強くなり、モデル復帰。しかし、オーディションにいっても全くダメで、レッスンやバイトばかりの日々が2年間続きました。


復帰後、初めて受かったオーディションがポートレート撮影のセミナーモデルでした。このお仕事を通してカメラや撮影のことを知り、たくさんのカメラマンさんの撮影テクニックに触れることで、今度は自分も、もっと積極的に撮るほうもやってみたいと思うようになりました。そして、学生時代から研究してきたベストな写真の映り方などをまとめた本が、2018年に出版した「ちょっとしたコツで10倍かわいくみえるモテ写の教科書。(MdN)」です。


○もう一つのライフワーク、世界一周1人旅 ~冒険を写真に〜

モデルと平行して取り組んでいる私のライフワークが、世界一周の旅です。

高校生の時、初めてグラビアモデル撮影でベトナムに行って以来、世界の知らない場所に行き、そこに暮らす人々とふれあい、生命の躍動感を感じたい。それを写真に残したい。そんな夢を持つようになりました。


そして20才の時に一人でインドを旅したのを皮切りに、すべて自分で手配するバックパッカー旅でこれまで訪れたのは63カ国。2019年にエチオピアで撮った南部民族の方の写真は、APA(日本広告写真家協会)のコンテストで入選し、正会員にもなることができました。


もともと英語が苦手な上に、その英語すら通じないような場所が好きなのですが、そんな私にとって写真は唯一のコミュニケーションツールです。言葉が通じなくても、写真を通じてわかりあえるって、本当に素晴らしいことだと思います。


そんな世界一周旅の活動が認められて、最近はフォトライターとしてのお仕事もいただけるようになりました。世界には、行きたい場所がまだまだあります。ずっと続けていきたいし、ずっと続けていくと思います。


○画像データではなく写真プリントとして残したい

写真に写るのはほんの一瞬。

でも、それが見る人の心に届けば、その一瞬は永遠になります。

私たちはみんな心の中にそんな写真を持っているのではないでしょうか。

届かなかった初恋。

言えなかった言葉。

取り返しがつかない後悔。

自分だけに向けられていた最高の笑顔・・・

私たちの人生って、そんな何百枚何千枚の写真の積み重ねなのかもしれません。

そんな、大切な心の奥底にしまっている自分だけの風景を紙の上に焼き付けることができるから私は写真が好きです。

今、私は写真を撮るほう、そして撮られるほうとして、カメラを通した世界に夢中です。

ちょっとおおげさな言い方ですが、私の肉体がなくなったとしても写真は残ります。

デジタルが主流になり、無制限に写真が撮れる時代ですが

私は画像データではなく写真プリントとして形に残したいと思っています。


○写真集完成予想イメージ(仮)

現在、モノクロ作品集と私の欲望を詰め込んだ写真集の2冊セットの製作を考えています。

これらの写真集には、私の20年分の願いと、福島裕二さんとの夢が詰まっています。そこに、あなたも参加していただけないでしょうか。

完成品をお届けするだけでなく、一緒に撮影を学び、表現を創っていく機会になればと願っています。


○「いのうえのぞみ モノクロ作品集(仮)」

この作品集はモノクロのみで構成します。

唯一無二の情熱と技術で現代の写真シーンをリードする福島さんの表現するアートを世界中の人に知ってほしい、そんな想いをこめました。作品集としてリビングなどに飾れるイメージで制作します。

見る人の心が震える、福島裕二さんの感性を存分に堪能できる作品集になればと思います。


~なぜモノクロなのか~

モノクロは、よりシンプルに被写体へ集中でき、

見る人の想像力を掻き立て、光と影のグラデーションがグッと作品の世界に導いてくれます。

だから私はモノクロが好きです。

年齢を重ねた今だからこそできる表現を

福島裕二さんとのコラボレーションで

100年後も残るモノクロ作品集として制作したいと願っています。


○「いのうえのぞみ写真集(仮)」

この写真集は30才を過ぎてからモデル復帰し、諦めずにチャレンジしてきた7年間の集大成として、本当に自分が納得できる写真だけを好きなだけ、私自身がセレクトします。

イメージ図にもある通りボリュームが膨大になってしまうかもしれません…。

私がずっと願い続けた写真集。やりたかったことをすべて詰め込んだ写真集を制作したいです。


○今回撮影して頂くカメラマン 福島裕二さんについて

福島裕二さんの写真は人物撮影の究極だと思っています。

初めてお仕事でご一緒したのが2年前。

それから、とても光栄なことに作品撮りを続けて

写真展を5回も開催することができました。

その度に写真集として世に残したいという想いはつのっていきました。

カメラを通じて、ありのままのその人を全力で肯定してくれるような不思議なパワーを待つ方です。

『撮られた女性もその作品をみた女性もなぜか涙を流す』

『写真展会場に毎日、足を運んで作品を堪能する男性がいる』

『モデル本人よりもリアルな最高の瞬間を写し出す 』

福島さんの写真はこんなふうに称賛されていますが

私も作品撮りのあとに見せてもらう自分自身に毎回感動させてもらっています。

私のモデルとしての集大成を、福島裕二さんに撮影していただきたいと心から願っています。


○リターンについて

2冊の写真集はもちろん、撮影会、モノクロワークショップ、1日だけの写真展など皆様と一緒に楽しめるような参加型のリターンをたくさん用意させていただきました。

ご無理のない範囲で支援していただけたら嬉しいです。


▼FAQ

Q.目標金額に達したら、もう支援はできなくなりますか?
A.目標金額達成後も、支援終了時間まで支援ができます。
目標金額を超えた部分の支援につきましては、写真集制作費に使わせていただくだけでなく、支援いただいたリターンをより充実させることなどを予定しております。
支援後もぜひプロジェクトの拡散に、ぜひご協力ください!

Q.支援後のキャンセルやプランの変更はできますか?
A.サイトの仕様上、支援後のキャンセルやプランの変更はできません。

Q.イベントなど日程はいつになりますか?
A.日程については、現在調整中です。決まり次第、お知らせいたします。
イベント不参加等を理由にした支援キャンセルや返金等にはお応えできかねますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

Q.支援方法について
A.支払い方法には

・クレジットカード払い
・コンビニ払い
・銀行振込(Pay-easy)
・キャリア決済
・PayPal
・FamiPay
・PayPay

がございます。
システムの仕様上、ご支援頂く際のお支払方法が最終日前日 18時以降より制限され、

・クレジットカード
・キャリア決済
・PayPay

のみのご支援となります。

その他、クラウドファンディングに関わるご質問につきましては、
CAMPFIREヘルプページをご覧ください。
https://help.camp-fire.jp/hc/ja

<プロジェクトについて>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。

目標金額に満たない場合、支援は全てキャンセル・返金され、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

目標達成の際には、プロジェクトの実現に関わる費用及びリターンに関わる費用、CAMPFIREへの手数料などに使用されます。

  • 2021/03/19 12:00

    この度はいのうえのぞみ写真集プロジェクトへのご支援・応援誠にありがとうございます。本日は、いのうえのぞみさんのお誕生日です!おめでとうございます!!!現在支援総額は260万円突破、59%まで達成しております。目標達成まで残り40%ほどとなっておりますので、引き続きご支援お待ちしております!お誕...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください