信州渋温泉にある温泉宿「歴史の宿金具屋」の九代目にあたる西山和樹と申します。大学卒業の2001年より金具屋で宿の仕事をしております。現在「金具屋文化財巡り」を行い、ご宿泊の方に建物のご案内を毎日行っております。

プロジェクトご覧いただきありがとうございます。長文ですがお付き合いいただければと思います。


金具屋には昭和11年に建設された木造4階建ての客室棟「斉月楼」と建築面積200畳の木造「大広間」があり、文化庁の登録有形文化財に認定されています。現代では数少ない昭和の『擬洋風建築』とされ、さまざまな作品の資料や舞台としても使われてきました。

今、建築後85年を超え、修繕や維持管理に年間数百万ほどかかっております。文化財といっても行政からの金銭の支援はほとんどありません。旅館にとっての収入は基本的にお客様のご利用の宿泊料のみ。災害や感染症の影響ですぐに消えてしまう不安定なものです。そこで、宿泊料のみではなく、直接のご支援をいただくルートが考えられないものか、そしてその際にも、楽しいと思ってもらえるもの、また宿へ行きたいと思ってもらえるものはないかと考え、企画したものです。

どうぞよろしくお願いいたします。


いただいた支援金は、「斉月楼」「大広間」の修繕維持費に、また防災のための設備、備品などの購入に使用させていただきます。


・ご支援頂いた方の名入り(※)の千社札を製作、一年間、金具屋斉月楼に貼付します。(貼付の場所はリターン欄参照。細かい場所の指定はできません)

・貼付するサイズによって料金が異なります。

貼付したもの以外に、大・中・小を五枚ずつご自宅にお送りいたします。

※ご本人のお名前はもちろん、連名や団体名で記念品、プレゼントとしてもご活用いただけます。

金具屋斉月楼の一階廊下。ここには建設当初から千社札が無数に貼られておりました。これも旅の文化でしたが、このたび自由な貼付はご遠慮いただき、今後はご支援を頂いた方の札のみとさせていただきます。(歴史的に貴重なものは残してあります)

大・中・小のサイズ比較


札のデザインは金具屋に縁のある方々にご協力をいただきました。お好きなものをお選びいただけます。

デザインの一例。他にもございます。

ご協力いただいたみなさま

・A2WORK(音泉温楽等)
・藤田聡平(MYSHロゴデザイン)
・石井嘉穂(元SBCアナウンサー)
・ORICOO SUN(画家)
・吉山りさ(温泉モデル、温泉ソムリエ)
・MAJIO(絵描き)
・山下メロ(平成レトロ研究家)

(敬称略、順不同)

用紙は新・北斎(180kg)を使用し、しっかりとしたカード状の札となります


リターンの情報入力の【備考欄】に必ず名入れする文字をご記入ください

レイアウト1)短文(肩書、地名など)+短文(名前など)(おおむね各3文字程度まで)

レイアウト2)長文(おおむね10字程度まで)

のどちらかを選んでください。文字スタイルについてはリターン画像をご覧ください。

【注意事項】
●印刷の前にレイアウトの確認をしていただきますので、メールアドレスはお間違えないよう入力して下さい。プロジェクト終了(4月25日予定)後、1週間以上たってもメール連絡がない場合は、迷惑メールフォルダなどをご確認ください。
●個人名、連名、会社名、団体名も可能です
●ギフト用にご本人名とは別の名前も可能ですが、無関係な著名人や著作権にかかる名前は不可とさせていただきます(リターンでの設定は除く)。ギフト用に別のお名前で作成する場合は、備考欄にお名前の方とのご関係等をご記載下さい。
●公序良俗に反する文字については制作できません。

※千社札は支援の御礼となりますので、出来上がりによる返品・返金などには応じられませんのでご了承ください。


2020年、未曽有の新型感染症により、4月、5月には全国に緊急事態宣言が発出されました。ゴールデンウィークに真っ暗になった温泉街を見ると同時に、収入が一切なくなり、「お客様が来てくださらなければ、何一つできなくなるのか」と思い知った期間でした。とはいえ宿はテレワークや通信販売はできません。別の道を模索しなければならないと思ったきっかけでした。


これまで金具屋、渋温泉では、さまざまな方に温泉地の魅力を知ってももらうべく、音楽イベントやアートイベント、ゲームや漫画・アニメとのコラボなどを行ってきました。その中でたくさんのアーティスト、作家、デザイナーなどタレントのある方々と知り合い、親しくさせていただいております。その方々とイベントの時だけでなく、なにか一緒にできることはないかと思っていました。今回のリターンでは、そういった金具屋とゆかりのある方々にご協力いただき、千社札のデザインをしていただいております。


・2021年4月25日 募集終了 名入れデザイン確認

・2021年5月~ デザイン完成後、千社札(15枚)発送開始

・2021年6月~ 千社札掲示開始(2022年5月までの1年間)


新型コロナウイルスにより、多くの観光業、宿泊業が影響をうけました。これまでの人と人とのつながりがやむなく寸断されてしまいましたが、これを乗り越えるのはやはり人と人とのつながりだと思っています。できるだけ早く感染症の脅威がなくなることを願いながら、新たな時代となる今後に対応するべくさまざま取り組んでいきたいと思っております。今後も文化を伝える為に。

どうぞご協力お願い致します。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


※本文、リターン中の画像についてはすべて本人、所有者の許諾を得ております(画像内に著作表示のないものについてはすべて金具屋(西山和樹)撮影のもの)。このプロジェクトのシェア以外での使用・転載などはご遠慮ください。

※こちらのプロジェクトは1回のものではなく、定期的なプロジェクトとして行っていきます。

※千社札の貼付は登録有形文化財の建物に行われますが、千社札は文化財登録時点で多数ありました。その札を張り直すのは建物の姿の原状回復として扱われますので貼付に問題はありません。ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

※【重要】現在、千社札の寺社への貼付は禁止されている施設がほとんどです。ご自身の持ち物に貼られるとき以外は、必ず先方の許可をとって下さい。なお、貼付の際は、でんぷんのりなど剥がす際に落とすことのできるのりをご利用ください。最近は、出会った方が札の交換をして、朱印帳にはって楽しむというものだそうです。ご自由にご利用ください。

  • 2021/06/02 15:39

    金具屋館内への貼付が終了し、正式に金具屋千社札プロジェクト第1期の掲示期間、2021年6月1日を迎えました。斉月楼廊下の貼付の様子を撮影いたしましたのでご覧ください。ざっと駆け足での映像ですので、個々の判別は難しいかと思いますが、ぜひご覧になりに来ていただければと思います。なお、期間中どうして...

  • 2021/05/28 20:11

    金具屋千社札プロジェクトにご支援ありがとうございました。金具屋の西山です。本日無事、すべての札を館内に貼り終えました。廊下正面向きの太い部分に大の札と中の札、脇の細い部分に小の札をはっております。位置については、ご支援の早かった方から上の方から埋めていく形で行っておりますのでご了承ください。一...

  • 2021/05/27 18:32

    ご支援ありがとうございます。金具屋千社札プロジェクト、金具屋の西山です。本日、千社札の発送をすべて完了いたしました。数日内には、すべてのみなさまへの送付が完了いたします。万が一、届いていなかったり、札に破損などがあるようでしたらご連絡下さい。(一度、関東地域の大変な豪雨と発送が重なってしまった...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください