世界3大ライスと言えば、1つ目はカレーライス、2つ目はハヤシライスで、3つ目は?
この3つ目に名乗りを上げるべく立ち上がったのが、世田谷区千歳烏山生まれの『ちとかライス』!

はじめまして、『ちとかライス』です。

『ちとかライス』は、洋風食堂はしぐち亭のオリジナルメニュー。コラーゲンたっぷりの牛すじ、カプサイシンたっぷりの唐辛子オリジナルブレンド、粒マスタードが三位一体!他では食べられない味わいなのです。


はじめまして。わたしは洋風食堂はしぐち亭の店長、橋口潤二と申します。


はしぐち亭は世田谷区経堂にある洋食屋です。メニューはデミグラスソースから手作りの手ごねハンバーグを始め、オムライスやロールキャベツ、ポークジンジャーなど、どこか懐かしい洋食を心を込めてお出ししています。


わたしがこのプロジェクトで実現したいのは、

世界三大ライスの3つ目を、『ちとかライス』にする!

という野望です。それを何としても実現するために、このプロジェクトを立ち上げました。『ちとかライス』には、それだけのポテンシャルがある、とわたしは確信しています。

そして将来的には、カレーライスやハヤシライスと同じように、皆さんが家庭で作る料理になってほしいと思っています。“牛すじとマスタードと辛み成分”をベースに、自由に、自分たちのオリジナルの『ちとかライス』を作って楽しんでいただきたいです。


18歳の時に熊本から上京し、日本橋の洋食屋で働き始めました。いっとき料理から離れた時期もありましたが、今一度フランス料理のお店で修業を始めたのが23歳。いろいろなお店を回りましたが、人に使われるより自分でお店をやろうと思い、37歳で念願のお店を千歳烏山に構えたのです。看板から何から何まで手作りの、小さなお店でした。

デミグラスソースまで手作りのハンバーグに当時から力を入れており、連日たくさんのお客様に来ていただけたのですが、売れば売るほど経営が上手くいかなくて…。値段設定が安すぎたんですね。


何とかしなければ、と思いついたのが、デミグラスソースを作るときに出汁を取るのに使う牛すじを使って、ヒット商品を作ることでした。

試行錯誤の末にできたのが、牛すじに粒マスタードと唐辛子のブレンドを入れて煮込んだ『洋食屋さんのまかない丼』。喉にちょっと辛みを感じるぐらいのまろやかなデミグラスソースをベースに、粒マスタードとトマトの酸味、牛すじの旨味コラーゲン、唐辛子ブレンドの辛み成分が加わった、初めての味、食べたことのない味が出来上がったのです!


カレーライスと同じスタイルで提供したら、美味しい!と評判になりました。ただ一つ問題だったのが、「名前から味の想像ができない」ということ。お客様から「名前を変えた方がいいんじゃない?」と言われてその場で思いついたのが、千歳烏山の愛称“ちとから”に“ライス”を付けた、『ちとかライス』でした。辛いのが苦手な人が食べられないほどに辛いわけではない、という“ちと辛い”の意味も含まれていて、ちょうどいい!加えて、ちと辛いではもの足りない方には『ちゅうかライス』、もっと辛いのが好きな方には『げきかライス』もご用意しています。

はしぐち亭をオープンして2年目、はしぐち亭のオリジナルメニュー『ちとかライス』はこんなふうに誕生しました。そして12年経った今、お店は千歳烏山から経堂に移りましたが、『ちとかライス』は今や、はしぐち亭の看板メニューとなっています。


不思議なことに、これまで5年おきに『ちとかライス』を広めるきっかけが巡ってきています。
最初はオープンして5年目、新宿駅の西口広場で開催された三ツ星バザールというイベントに千歳烏山代表で出店することになり、お店の外で『ちとかライス』をお披露目することができました。2回目は10年目、ワールドビジネスサテライトに取材していただき、全国に『ちとかライス』を放送していただくことができたのです。
その後、はしぐち亭をメディアで取り上げていただける機会が増えてきました。ハンバーグは、あの”ハンバーグ師匠”のYoutubeにも登場しています!
2021年2月2日にアップされたのが、”【飯テロ】大師匠オススメのお取り寄せできるハンバーグを食べ比べしてみた【はしぐち亭・トロぶたジャンボハンバーグ】”!4分30秒あたりから、はしぐち亭のハンバーグが出てきます。ハンバーグ大師匠のはしぐち亭の思い出をぜひ、ご覧ください。

2021年1月26日にアップされたのが、”師匠と大師匠でハンバーグフォトコンテスト2020の当選者発表”です。11分55秒から、はしぐち亭を見つけた時のお二人のテンションをぜひ楽しんでください!


そして今年は14年目。15年目の飛躍に向けて、このクラウドファンディングは願ったりかなったりのタイミングです。世界三大ライスへ向けて事業展開していくための資金を集めるのと同時に、『ちとかライス』を全国に広めるまたとないチャンスだと思ったのです。


業務用の真空包装機、およびストッカーの購入費用に充てたいと考えています。
今の真空包装機は旧式のため、料理を10℃以下に冷ましてからでないと真空包装ができません。作ってからすぐに包装できないために時間的ロスが発生し、現在は通販のご注文を頂いても、すぐに対応はできない状況です。

作り立ての商品を真空包装し、ストッカー購入によりストックして置けるようになれば、空き時間に作り置きが可能になります。このように、今後ちとかライスを全国に広めるために不可欠な、通販のご注文に柔軟に対応するための機械を購入する予定です。

・業務用真空包装機および業務用ストッカー購入費用


何よりもぜひ、『ちとかライス』を食べてみてください!カレーライスと同様にご飯の上にかけてお召し上がりいただけば、「たしかに3大ライスに入ってもおかしくない」と思っていただける自信作です。牛すじとマスタードの渾然一体となった絶妙な美味しさをお楽しみください。カレーライス、ハヤシライスとセットで世界3大ライス食べ比べセットもご用意しています。


「あなたのメニューをお店で提供しませんか?」というリターンは、自分の考えたメニューをお客様にお出ししてみたいという方にピッタリ!新メニューの一部をわたしと一緒に考えていただき、完成したお料理を期間限定ではしぐち亭のメニューに追加いたします。お互いの夢をかなえられる、win-winのリターンです。


企業スポンサーになっていただいた企業様のお名前を掲載するリターンもご用意しました。『ちとかライス』が世界3大ライスになるための活動にご協力いただき、ありがとうございます!お客様が一番よく手に取るメニューブックに、お名前を掲載させていただきます。限定2企業様です!お見逃しなく!

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


2021年4月中旬 クラウドファンディング終了
2021年5月末~ 設備投資
2021年6月~  リターン順次発送
2021年6月~  スポンサー期間開始


わたしにできるのは、愛情をこめて料理を作ることだけです。『ちとかライス』を始め、はしぐち亭のお料理をご家族の皆様でわいわい笑顔で召し上がっていただいて、幸せを感じてもらえたら何より嬉しく思います。


ありがたいことに、はしぐち亭と『ちとかライス』は世田谷区を中心としたエリアの方に愛され、この新型コロナ過においても足しげく通っていただいています。でも、『ちとかライス』を世界3大ライスに加えるためには、より多くの方に、はしぐち亭と『ちとかライス』を知っていただくことが必要です。

このクラウドファンディングによって日本全国の皆様にはしぐち亭を知っていただき、『ちとかライス』を食べてみていただきたいのです。全国の皆様にご協力いただければ、『ちとかライス』は世界3大ライスの仲間入りへの第一歩を踏み出せるに違いありません。

コラーゲンたっぷりの牛すじ、カプサイシンたっぷりの唐辛子オリジナルブレンド、粒マスタードが三位一体となって味わえる新しい味、『ちとかライス』をぜひ食べてみてください!皆様の温かいご支援、どうぞよろしくお願いします。


ランチ&グルメ洋風食堂はしぐち亭
東京都世田谷区経堂1-11-13ウエダビルディング1階
小田急小田原線経堂駅南口から徒歩3分です。
皆様のお越しを心よりお待ちしています!


  • 2021/04/27 10:08

    プロジェクト終了まで残り2日となりました!ここ数日皆様からの支援が多数よせられており、感謝しかありません!目標達成まで95%となりました!あと2日!絶対に目標を達成したいと思います!!

  • 2021/04/26 13:20

    プロジェクトも残り3日となりました!「ちとかライス」を世界に広めるために始めた今回のプロジェクトで、ここまで多くの方に支援をいただき本当に感謝しかありません!目標額まであと少しのところにきました!最後まで頑張りたいと思います!

  • 2021/04/23 09:07

    プロジェクト終了まで残り6日となりました!まだプロジェクト達成はしておりませんが、これまで支援していただききました皆様を一緒に最後まで走り抜けたいと思います!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください