はじめに・ご挨拶

みなさんこんにちは!私たちは、山形県新庄市を中心に高校生はじめ約30名でLGBTQ+の周知活動をしている“しんじょう・レインボープロジェクト“です!

しんじょう・レインボープロジェクトは2019年から活動を開始しました。LGBTQ+の周知活動としてパネル展や山形県出身のタレントぺえさんのトークショーなどを始め数多くの活動を行ってきました。


このプロジェクトで実現したいこと

 次の世代の私たち高校生が、この地方の小さな町からみんながhappyな人生を歩んでいけるように性的マイノリティをはじめ、多様性を認め合い、受容できる新庄・最上地域を目指しています。


プロジェクトをやろうと思った理由

しんじょう・レインボープロジェクトの代表の大山心音(以下私)が、LGBTQ+の当事者としてまわりとは異質であると感じるなか、LGBTQ+に偏見を持っていてまわりに認められたいと強く望んでいました。LGBTQ+の当事者である自分とLGBTQ+へ偏見を持っている自分の両者は私の中で常に葛藤し、そのことでずっと苦しんできました。小さな頃からなぜ、男子、女子と分けられるのか、学校生活でも男女に分けられた出席番号や、男性が先という謎のルールも不思議で、制服もスカートではなくスラックスがいいと強く思っていた時期もありました。高校生になって初めてLGBTQ+について知り、私以外にも同じく悩んでいる人がいるということを知りました。私はたまたま、周りから勇気をもらいカミングアウトできましたが、自分のように生きづらさを抱え、悩んでいる高校生はまだまだたくさんいることが分かりました。自分は仲間に恵まれ理解してもらうことができましたが、地方ではまだまだ周知、認知されにくいのが現状です。日本では8%の確率でLGBTQ+の方がいると言われています。私はもっと多くの人たちに、ジェンダーの枠に囚われず多様性を認め、一人ひとりが住みやすい日本、地域にしていきたいと思ったのがきっかけです。


これまでの活動

①パネル展『しんじょうの高校生から世界へ愛を叫ぶ‼︎~LGBTQ+をともに考えよう~』

LGBTQ+とは?多様性について知ってもらうことを目的に実施

高校生がモデル、撮影者となり、アーティスティックな写真撮影にのぞみ、写真一つ一つにはメッセージを添え展示しました。見てもらった方からの感想はノートに書いてもらい、パネル展の改善点や応援など数多くのメッセージをいただき、着実にLGBTQ+が周知されていることとそれらのメッセージは私たちの原動力となりました。

期間:2019年7月~2020年7月

展示会場:県立図書館・市立図書館などの公共施設、高校などの9カ所


②アクティブ・ブック・ダイアローグ(未来型読書法によるミニ懇談会ワークショップ)

地域の大人の方と高校生、大学生、学校の先生を交えて読書と対話を行いました。LGBTQ+を題材にワークショップを行い、高校生と大人が多様性について学ぶことができました。使用図書の『先生と親のためのLGBTガイド~もしあなたがカミングアウトされたなら~』からお互いの立場を尊重しながら、LGBTQ+について共有・理解し、高校生ばかりでなく、地域や学校も多様性を受容でき、その輪を広げていかなければいけないと思いました。

日時:2019年11月16日

場所:新庄市立図書館

参加者:18名

③レインボーミーティングwithぺえさん@新庄vol.1

高校生を中心にLGBTQ+をともに考え、理解を深めることを目的に山形県出身のタレントのぺえさんをお招きし、トークショーを開催しました。多様性を受容できる社会を考え、両親をはじめとしてカミングアウトしたぺえさんとのディスカッションによりその輪を広げていきました。

日時:2019年12月15日

場所:新庄市民プラザ大ホール

参加者:高校生50名、小中大学専門学生17名、一般80名 計147名

その後の経過

・大人メンターの登録

新庄レインボープロジェクトの活動を理解し、メンター(助言者・支援者)となってこのプロジェクトを応援する大人の方が増えました。

メンター数:90名

メンターにはメンターバッチを進呈


・今まで性的マイノリティへの偏見を持ち、特別視していた高校生や大人に、正しい情報を伝え、まずは知ってもらうことができました。私たちプロジェクトメンバーもこれらの活動を通し、正しい情報をキャッチすることができたことで一人ひとりが当事者意識を持ち活動することができました。そして、地域の方々から応援してもらい、活動を支えてもらったことによって新たのコミュニティも形成することができました。


・マイプロジェクトアワード、コミュニティアクションチャレンジ100アワードなどでプレゼンテーションで振り返り

マイプロジェクトアワード2019年東北summitで特別賞『「私のゼミ」内定賞』を受賞

コミュニティアクションチャレンジ100アワードで『コミュニティアクション賞』、『日能研賞』を受賞

マイプロジェクトアワード

コミュニティアクションチャレンジ100アワード

資金の使い道

ご支援の資金の使い道は、返礼品の発送料・手数料を差し引き、残りの全額をパネル展リニューアルと返礼品の作成のために運転資金に充てさせていただきます。

前回のパネル展の反省点から今回は一味違ったパネル展を開催する予定です!



リターンについて

☆1000円:お礼のメッセージ

☆3000円:オリジナルクリアファイル、お礼のメッセージ

☆5000円:フォトブック、お礼のメッセージ

☆10000円:フォトブック×2、オリジナルクリアファイル、お礼のメッセージ

☆30000円:フォトブック×6、オリジナルクリアファイル×2、お礼のメッセージ

※お礼のメッセージ:メンバーからのメッセージが書いた色紙をメールの形で送ります。


実施スケジュール

☆第一回:2021年3月1日~2021年3月27日

達成金額によっては、他市町村での展示やパネルの増刷を実施します。

山形県新庄市新庄駅ゆめりあ「花と緑の交流広場」で2019年7月に行ったパネル展から、さらに規模を拡大して展示します。(下記の写真)

2019/7 パネル展


最後に

ここまでお読みくださり、誠にありがとうございます。


高校生中心に当事者意識を持ち、一人ひとりが少しでも社会を良くしようと行動しています。

私たちの行動が誰かの支えになる事を願ってこれからも活動を頑張っていきます。

一緒に、誰もがhappyに暮らせる社会を目指しましょう!


どうか応援のほど、よろしくお願い申し上げます。



<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/02/28 20:42

    遂に、明日からゆめりあで写真展『私たちは特別じゃない!』が開催されます!今日は、その準備を行いました。約10人でキャプションをパネルにする作業から展示のレイアウトをして実際に有孔パネルに飾る作業まで行いました。一枚一枚、小関さんと相談しながら飾る位置や順番を工夫し、インパクトがありつつ、伝える...

  • 2021/02/23 20:12

    本日で、大体パネルは完成しました!前回まで作ったのも合わせて、約70枚ほどになりました。前回のパネル展より3倍ほどのパネルの量で、当日どうなるか楽しみです!3/1〜新庄駅ゆめりあで展示会を行っているのでぜひ皆さんお越しくださいね!

  • 2021/02/21 12:00

    今日は、パネルを製作する作業を行いました!雪の里情報館や高校で撮った写真を印刷し、パネルにする作業を今日から開始しました。今日は、約50枚のパネルを完成させることができ、明日からは色々なサイズのパネルを製作する予定です!メンバーのみなさんがとてもパネルを作るのがうまく、午前中のみの製作だったの...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください