はじめに

このプロジェクトをご覧いただいてありがとうございます。ジュニア・グローバル・フォーラム実行委員会の関と申します。私たちジュニア・グローバル・フォーラム実行委員会は、一般社団法人アジア太平洋教育イノベーション連合会と、公益財団法人国際青少年研修協会が協働して、組織を作った実行委員会となります。子ども達の国際交流を目的として、45年間に渡り活動を行ってきました。


このプロジェクトで実現したいこと

2020年に全世界を揺るがした新型コロナウイルスにより、国際間の交流が大きく阻害される事態が引き起りました。他国の留学や訪問は著しく影響を受け、渡航ができない国やロックダウンにより入国ができない国もあります。この状況では、交流をしたい子ども達の時機を逸してしまう事態となります。交流の芽を摘み取らないためにも、テクノロジーの力を活用して、交流ができる場所を守りたいと考えて、ジュニア・グローバル・フォーラムを起ち上げることになりました。

年に1~2回を目標に、各国の子ども達が集い、共通のテーマで等身大の意見交換ができる場所を作っていきたいと考えています。1回の開催で、4~8か国から30人前後のスピーカーに参加をいただき、オンラインシンポジウムの形で、その場に集ったみんなが視聴できる場とします。


プロジェクトをやろうと思った理由

どの地域に住んでいても世界に関わる課題が増えてきています。紛争や政治、飢餓問題、水問題、環境破壊や気候変動など、一地域だけでなく大きな地域、国、地球規模で考える必要がある問題が山積みとなっています。国連からSDG'sの17項目が提示され、世界を上げて解決のために対話を重ねようというとこころで、世界的な新型コロナウイルスの脅威があり、世界との対話をする機会が損なわれてしまいました。私たちが45年間に渡り、手を取り合ってきた交流先も、都市がロックダウンされて交流ができなくなったり、経営そのものがひっ迫して活動の維持が著しく困難な状況にあります。

対面が無理であれば、オンラインで交流の機会を持ちたいと考えて、交流ができる場所を守りたいとこの企画を起ち上げました。 

【第1回 ジュニア・グローバル・フォーラム】
  実施日:2021年3月16日 14時~15時30分
  使用アプリケーション:テンセントミーティング(予定)
  司会者:山下匡(麻布大学教授)
  参加者:日本・アジア太平洋圏の小学3年~中学3年生(現在調整中)
  テーマ:withコロナの時代
  フォーラムは、どなたでもご覧いただけます。
日本との時差もありますので、リアルタイムで参加できる国から、現在の学校や町の様子、コロナで変わったこと、新たに見つかったつながりなどをテーマに則して、話していきます。時差の関係で参加できない国についても、映像を送っていただき、みんなで見ます。ニュースでもなかなか報じない、マクロな視点での「イマ」を話しあいたいと思っています。


これまでの活動

11月上旬頃に企画の原案を企画し、下旬頃、アジア・太平洋地区において教育活動をサポートしている一般社団法人アジア太平洋教育イノベーション連合会と連携し、実行委員会を起ち上げることになりました。緊急事態宣言下にも、話し合いを継続して、実施に向けて計画を進めています。

12月下旬に、茨城県猿島郡境町から、教育委員会のご協力をいただき、小学校6年生のクラスが参加してくれることになりました。また、同じく12月下旬に、サイパン市から子ども達が映像参加をしてくれることとなりました(時差の関係で、映像での参加)。現在も複数の地域、国の参加を調整しています。


資金の使い道

みなさんからいただいた資金については、ジュニア・グローバル・フォーラムの実施に向けて、各国とのコンタクトや各市町村への広報費用、視聴者の募集を行う広報費、オンラインで使用する機器等の準備費用、映像の編集費用、司会進行者の委託費用などに充てさせていただきます。多くの方に認知してもらえるように、チラシの配布やSNSでの告知を積極的に実施したいと考えています。


リターンについて

リターンについては、オンラインでの視聴、実施報告書の送付をさせていただきます。


実施スケジュール

2月上旬 CAMPFIRE上に掲載、各市町村教育委員会にチラシ配布、協賛企業の募集
2月中~下旬 発表者との打ち合わせ、進行内容の確認、司会者との打ち合わせ
3月上旬 映像制作、リハーサル等
3月16日 ジュニア・グローバル・フォーラム実施
4月中旬 実施内容を編集したものをYoutubeにて公開・事業報告書の作成、送付


最後に

「子ども達の交流活動を止めたくない」、子ども達が世界と対話できる場所を守ることが、私たち大人としての使命だと確信しています。ジュニア・グローバル・フォーラムは、そのうちの1つの手段ではありますが、全力で交流できる場所を創り上げます。みなさんの支援こそが、そのための一歩を作っていただくものになります。みなさんのご支援をお願いします。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


◆税制優遇について
ジュニア・グローバル・フォーラムは「公益財団法人国際青少年研修協会」が事務局として実行します。公益法人として認定されていますが、このクラウドファンディングを支援することで、支援者が税制優遇を受けることはありません。

  • 2021/03/17 15:35

    実施内容が新聞に掲載されました南海日日新聞・奄美新聞にて、参加された久志小中学校の記事が掲載されています。ご覧ください。http://www.nankainn.com/education/%e4%b9%85%e5%bf%97%e5%b0%8f%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e7%94%9...

  • 2021/03/15 12:51

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/03/05 11:03

    【動画の編集開始】各地から動画をいただきました。順に編集作業を開始しています。みなさんの住んでいる町や生活が少しずつ伝わる動画になっていますので、私たちもしっかりと内容が伝わるように進めていきたいと思っています。【実施前最後の定例実行委員会】実施に向けて、前実行委員での会議を実施しました。スピ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください