◼︎はじめに

これは、今年2月に渋谷のギャラリーで行われる「はず」だった私たちの展示会『東京迷子』のご案内のハガキ(DM)です。

私たち早稲田大学空間映像研究ゼミナールは2013年から毎年、自分たちの1年間の研究の集大成として展示を行なってきました。

多種多様な興味を持つゼミ生にとって、ゼミは自分達の興味や関心を研究、表現を通し「試す場」であり展示会は私たちの1年間が大学の外で「試される」大事な場所でした。

緊急事態宣言を受け、今まで当たり前だった展示が開催できなくなってしまった今年。

こんな年に何ができるか考え私たちは皆様に「展示のデリバリー」をすることを決めました。  

私たち大学生が1年考えた「新しい挑戦」にご支援頂ければ幸いです。


◼︎早稲田大学空間映像研究ゼミナール(佐藤ゼミ)について 

改めまして、こんにちは。
はじめまして。
私たちは早稲田大学社会科学部空間映像研究ゼミナール(佐藤ゼミ)です。

(写真は今年度のゼミの様子です。佐藤ゼミは5月中旬の授業開始に先立って4月上旬からこのように画面越しに集まってました。)


本ゼミでは私たちの生きる都市や生活空間を対象に、写真や映像の表現手法を用い、調査研究を行なっています。


3、4年生は自分の興味・関心をそれぞれの個人研究での形で表現し、
(これは3年生のゼミ有志が作った本年度のゼミのプロジェクトムービーです。)




2年生は主に「毎日写真」という活動で、半年間それぞれの日常を1日10枚以上の写真におさめ続けてきました。


興味関心もバラバラな私たちの研究なのですが、どれも「現代の都市空間・生活空間や人々を研究・表現し、後世に伝える」という点で共通しています。


例年は1年間の研究の集大成として都内ギャラリーでの展示活動(研究発表会)を行なっています。昨年2月の展示会の様子

来場者の方とコミュニケーションを取る大切な場でした。そして今年も2月11日~14日、渋谷のギャラリーLE DECOで展示会「東京迷子」を開催予定でした。

そのコンセプトは以下のようなものでした。

ですが、この展示会は猛威を振るうウイルスの影響を受け、残念ながら開催することができなくなってしまいました。


◼︎展示のデリバリーとは

そこで私たちは、変わり果てた都市での生活と展示ができなくなったまでのプロセスを、もがきながらも歩んできた足跡として後世へ残し、皆様にお届けすることに決めました。


それが箱詰めされた「展示のデリバリー」です。


今回はこの展示でお見せするはずだった研究、感じてもらいたかった思い、そして空間そのものとコミュニケーションをぎゅっと1つの箱に詰め「今年しかできない形」で表現することにしました。


◼︎このプロジェクトで実現したいこと

展示を箱詰めした「デリバリー」の形で表現することで実現したいことは大きく3つあります。(本当は語りつくせないほどあるので、オンラインイベントの際にまたお話しさせてください。)


これは私たち空間映像研究ゼミの1つの使命でもあると感じています。

「この時代の都市や生活を記録し残すこと」が我々の大きなテーマであるとすれば、今こそ、この1年間を形として残さねばならないのではないでしょうか。


これを皆様にお届けすること。私たちはみんなどこかで「オンラインのコミュニケーション・コンテンツ」に対する物足りなさを感じていました。

リアルの体験やコミュニケーションをどうにか今年も届けられないかと考えた結果、会えないなら、届ければいいという結論に至りました。

箱に入った展示物を広げていただくこと、そして展示していただくことで、ご自宅に展示空間の空気感をお伝えしたいです。


できないことだらけの今年だったからこそ、いつもだったらやろうとしないようなことに挑戦することにしました。

いつもの展示が「できない」ことがきっかけで始まったプロジェクトですが、遠くの人にも届けられる、いつでも見返せるなど「できる」こともたくさんあります。

私たちの新しい挑戦が、この1年間で多くの挑戦を断念せざるを得なかった誰かの背中を押すきっかけになれたらいいなと願っております。


-展示のデリバリーの内容

◼︎箱の内容物

・「東京迷子」全体パンフレット

ご挨拶、展示概要、そしてこのボックスの楽しみ方について記載しております。

・迷子放浪記セット

この激動の1年間を我々大学生がどのように過ごしていたのか。ゼミ生から集めた写真やエピソードを、2020年の出来事と共に振り返ります。

※展示会場において、幅約6mの壁にでかでかと年表を作る予定でした。そのため、デリバリー化にあたり要素を分けて詰めております。単体でもセットでも楽しんで頂けます。

①全体放浪記 A1ウォールペーパー

私たちがどのような瞬間を切り取っていたのか。ゼミ生から集めた膨大な写真から象徴的なものを抜粋、時系列に沿って貼ったウォールペーパーです。是非壁に貼って展示空間を作っていただきたいです。

②個人放浪記 

ゼミ生一人一人が選んだ特に印象的であった写真と、その写真にまつわるエピソード、2020年に関するお話を記しています。

・ポストカードセット

2年生が「毎日写真」の取り組みを通じて仕上げていた写真集より、各自選りすぐりの1枚を集めてセットにしています。

・ゼミ生24人分の個人研究セット

3、4年生がそれぞれの自由な興味・関心に基づいて設定したテーマやプロジェクトについて、紙媒体でまとめています。
(※研究人数は変更する場合がございます。ご了承くださいませ。)


・個人研究に準じた付録

    個人研究が紙には収まりきらなかった学生は付録をつけています。
    付録の一例:ポストカード、ガチャガチャ

・スペシャルサンクスシート
 1000円以上のご支援を頂いた方のお名前を記載いたします。

また、アンケートも同封しておりますのでゼミ生に感想や叱咤激励などをお送り頂けますと幸いです。


◼︎リターン

①500円コース

・お礼のメール

・ゼミ生からのありがとう動画

ご支援頂いた感謝の気持ちをお伝えさせてください!


②1,000円コース

・お礼のメール

・ゼミ生からのありがとう動画

・スペシャルサンクスシートにお名前の記入

箱の内容物の1つであるスペシャルサンクスシートに「一緒に展示を作り上げてくださった一人」としてお名前を印字させて頂きます。


③1,500円コース

・お礼のメール

・ゼミ生からのありがとう動画

・スペシャルサンクスシートにお名前の記入

箱の内容物の1つであるスペシャルサンクスシートに「一緒に展示を作り上げてくださった一人」としてお名前を印字させて頂きます。

・オリジナルマスキングテープ

展示会オリジナルロゴを印字したマスキングテープをお送りさせていただきます。(※画像はイメージです)


④3,000円コース

・お礼のメール

・ゼミ生からのありがとう動画

・スペシャルサンクスシートにお名前の記入

箱の内容物の1つであるスペシャルサンクスシートに「一緒に展示を作り上げてくださった一人」としてお名前を印字させて頂きます。

・オリジナルマスキングテープ

展示会オリジナルロゴを印字したマスキングテープをお送りさせていただきます。

・あなたの質問に答えます!

「あなたが大学生に質問したいこと」に対してゼミ生5人が答えたものを、選べる報告(レポートorお手紙or音声ファイル)の形にしてお返しいたします!大学生に聞きたいことや調査したいことがある方はぜひご活用ください。
(※リターン概要欄またはメッセージにご記入の上お返しいたします。3月上旬までに質問内容のご連絡がない場合はご対応できませんのでご了承ください。)


⑤5,000円コース

・お礼のメール

・ゼミ生からのありがとう動画

・スペシャルサンクスシートにお名前の記入

箱の内容物の1つであるスペシャルサンクスシートに「一緒に展示を作り上げてくださった一人」としてお名前を印字させて頂きます。

・オリジナルマスキングテープ

展示会オリジナルロゴを印字したマスキングテープをお送りさせていただきます。

・展示BOX

実際の展示BOXをデリバリーいたします。独り占めできる展示空間をお楽しみください。


⑥30,000円コース※限定5口!!!

・お礼のメール

・ゼミ生からのありがとう動画

・スペシャルサンクスシートにお名前の記入

箱の内容物の1つであるスペシャルサンクスシートに「一緒に展示を作り上げてくださった一人」としてお名前を印字させて頂きます。

・オリジナルマスキングテープ

展示会オリジナルロゴを印字したマスキングテープをお送りさせていただきます。

・展示BOX

実際の展示BOXをデリバリーいたします。独り占めできる展示空間をお楽しみください。

・出張展示

あなたの元へ出向き、今回お届けしている箱の中身を中心にその日限り・あなたのための出張展示を行います!(場所は関東近郊に限らせていただきます。ご了承ください。)

※移動費用(交通費・車両費用など)はこの金額に含まれますので、別途請求することはありません。宿泊はせずに日帰りで行います。

※時期や場所、伺う人数につきましては新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた上、4〜5月の実施を中心にご相談いただければと考えております。また、出張展示の様子はゼミの記録のため動画を撮らせていただきたいと考えております。

イメージは以下の通りです。


◼︎スケジュール

2021年

 3月7日 クラウドファンディング終了

 3月上旬 リターン順次発送開始

 3月中旬 オンラインイベントの開催

(ご参加自由、作り手の思いやあなたのフィードバックをやり取りしたいと考えております。)

 4月−5月 出張展示


◼︎資金の使い道

皆さんにご支援いただいた資金は以下の使い道で活用させていただこうと思っております。

ボックス費用      約20万円

印刷費          約65万円

送料            約20万円

基本的に自己資金をベースに制作しておりますが、それだけでは多額の赤字となってしまうために、皆様にその一部をご支援いただきたく思っております。

また、金額は現時点での目安であり多少の変更がある可能性があります。


◼︎教員より

大学生たちは、この1年間耐えてきました。
しかしめげることなく、新しい展示の形を提示すべく、力を注いでいます。
「今だからこそ表現できること」へのご支援をどうぞよろしくお願いします。
(早稲田大学空間映像研究ゼミナール/担当教員・佐藤洋一)


◼︎さいごに

思えば、昨年2月に行なった2019年度展示会の直後から新型コロナウイルスの流行は始まっていました。

4月の緊急事態宣言の発令を受け生活は一変。延期が重なった新学期、授業はすべてオンライン化され、友達に会うことはおろか大学に入ることすらできないという状況が続きました。そしてゼミ生同士のコミュニケーションも難しい中で、今自分たちにできることは何か、私たちは例年「やることが当たり前」のように感じていた研究成果発表の場としての展示会の意義を考え直し始めました。


展示会は、私たち一人一人にとって様々な意味を持っていました。準備や制作過程が成長の機会であること、自分の興味や関心を突き詰め表現する場であること、研究のゴールとしての自身のモチベーションをあげる機会として、また個人の作品づくりだけでない全体空間づくりができる機会として、そして展示を見てくださる方とのコミュニケーションの機会であること。加えて今回は、この一年社会から隔離されているようにも感じた大学生の生活を発信したいという強い思いがありました。

何より私たちは、この時代に負けず「今を今としてかたちに残す必要性」があると感じ、今年度も展示会の開催を決意しました。そして昨年度1フロアだった会場を2フロアに拡大し、感染対策に配慮した展示を行おうと、今年2月11日~14日の展示会へ向けて準備を進めてきました。


そんな中先月発令された、2回目の緊急事態宣言。開催できるかもしれない未来に賭けて、そのまま準備を進める案や延期する案もありましたが、私たちの展示における「今を今としてかたちに残す必要性」という考えに立ち返り、私たちは今確実に展示会を行うための、新たな手法を模索し始めました。

当然考えられるのは「展示会のオンライン化」です。授業や友人との交流、就活をはじめこの1年間たくさんの場がオンライン化されてきました。便利さがある一方で、オンラインでは代替しきれないものがあるということも強く感じていました。

どうにかして、非対面でありながら私たちの作る展示空間を共有する方法はないだろうか。この2つの考えから生まれたのが、お届け先に展示空間を作るという発想、つまりは「展示のデリバリー」でした。


展示は必要至急ではないかもしれません。しかしこの取り組みにより、時が止まってしまったようにも感じる2020年を私たち自身「意味のあった過去」にできると考えています。実展示ができないから生まれたアイデアではありますが、今まで展示会に来ることができなかった遠方の方にも見てもらえる、場所や時間にとらわれず展示空間をお届け先で好きに楽しんでもらえるという、新しい展示の可能性にわくわくもしています。

箱の中には、今だからこそ表現できるこの1年間の集大成を詰めています。長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。どうか私たちのこの思いを届けるために、ご支援のほどご協力お願いいたします。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください