はじめに

新型コロナウイルスにより身体、精神共に大変辛い思いをされている方々に心よりお見舞い申し上げます。1日も早く終息を迎える事を祈っております。

初めまして岩田将吾と申します。

現在、五島の病院で看護師として働いています。

患者・ご家族に対して『1日でも多く 1秒でも長く 人生に笑顔を!』をモットーに日々の業務に取り組んでいます。

今後、訪問マッサージ事業所と療養支援事業所を併設し、在宅で【療養されている方】や【療養を支えているご家族】へ安心安楽な療養を提供したいと思っております。


訪問マッサージにより療養者やご家族に癒しの時間を提供

・通院が困難な療養者を対象に、ご自宅へ訪問してマッサージを提供します。身体的な機能の維持・向上だけでなく、スキンシップやボディタッチにより安心感や安らぎを与える事が出来ます。

外出が難しいご家族にもマッサージを行うことができ、介護による疲労の回復やリラックスできる時間を提供します。


要望に応じた看護プラン、幅広い場面で看護ケアを提供

・困った時や不安な時の相談窓口になり、希望に応じて訪問してバイタルサインの測定、症状観察、ケアを行います。

・認知症の方や身体的機能の低下がある方の外出(買い物、散歩、通院など)への付き添いや送迎を行います。

・ご家族が安心して外出できるよう、外出中の療養者の見守りやケアを行います。

・諦めていた旅行や冠婚葬祭への出席などの希望に対して、付き添い、送迎、症状観察、看護ケアを行います。

・病院や施設での付き添いを代行し、ご家族の休息時間を確保します。

・入院中、専任の看護師として希望に応じた看護サービスを行います。

などなど

今まで諦めていたこと、頼めなかったこと、療養者やご家族の様々なご要望に応じて看護サービスを提供します。


プロジェクトをやろうと思った理由

脳梗塞後遺症のある祖父の介護を支えたく、五島へ引っ越し、一緒に住むためにバリアフリーの自宅を建て、2013年~2019年まで家族の立場で在宅療養の実際を経験しました。祖父は人に世話はされたくないと言う思いがあり、訪問看護や介護、ヘルパー、デイサービスなどは一切受け付けませんでした。しかし、マッサージ師と勘違いしていた訪問リハビリだけは唯一利用してくれました。

他にも同じような考えの方がいるのではないかと思い、訪問マッサージを在宅療養へ介入する入口として活用できるのではないかと考えて、事業の計画に至りました。療養者やご家族の身体的・精神的な癒しにも繋げることができ、在宅をより安楽な療養場所へできるのではないかと考えています。


看護師として働いている臨床現場では病院のシステム、マンパワー、制約などにより患者・ご家族へ提供できるケアに限界が生じてしまいます。患者・ご家族の希望があり、医療者がいくら希望を叶えたいと強く願っても組織の決まりで叶えられないことがたくさんあります。

『外出して桜が見たい』

『もう1回、1日でも半日でも良いから家で過ごしたい』

『孫の結婚式に出たい』

『髪の毛だけは毎日洗いたい』

などたくさんの希望や想いに耳を傾けてきましたが、実現できたのは多くはありません。病院のシステム以外にも医療資源、移動手段、体調管理、独居、家族の不安、家族が遠方にしかいないなど様々な理由が障壁となります。

「家にも看護師がいたらねー」

独居の方、不安のある患者・ご家族からよく耳にする言葉でした。

もっと看護師を自由に利用してもらうことはできないか、様々なご要望や場面で看護ケアを提供できるようにしたい。そんな想いから療養支援事業所を立ち上げ、プライベート看護サービスを提供する事業の計画に至りました。


諦めなくて良い。何でも相談できる。安心安楽な療養、より充実した療養へ繋げることができると考えています。


資金の使い道

・福祉車両の購入:約100万

・事務所内の設備、備品の購入:約30万(感染対策、感染防護具、バイタルサインセット、パソコン、コピー機など)

・給料等初期運営費:約40万

・CANPFIREへ支払う手数料:支援金の17%


リターンについて

・長崎県五島市にある『民泊 華』への

 宿泊割引券(30~50%OFF)

  または

 宿泊提供(1~5泊)

※リターン掲載されている宿泊割引券、宿泊提供の有効期限が1年間となっているものがありますが、新型コロナウイルスの状況を考慮して有効期限は3年間とします。


実施スケジュール

2021年1月 島内の地域包括センターケアマネージャー事務所、訪問看護ステーションに当事業所の概要や開設について説明・挨拶済(島内に新型コロナ流行のため文書、パンフレットなどの郵送)

2021年6月 現在の職場を退職、新型コロナの状況をみながら、各関係事業所へ挨拶回り

2021年7月 運営開始を考えています。

※開業前も宣伝活動を兼ねてボランティアで依頼を受け付けております。


最後に

離島は高齢化率が高く、医療機関や施設も限られているため、在宅で老老介護をしている方が多くいます。公共交通機関も限られていることやご家族が島外に住まれていることも多く、外出や通院したくてもできない方が多くいます。今後、さらに高齢化率が上がることが予測され、多様的なサービスにより在宅での療養を充実させる必要があると考えています。

皆様のお力を借りて、離島の在宅をより安心安楽な療養の場へしていきたいと思います。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/03/04 09:00

    3月3日 グループホームを訪ねました。進行性の疾患のため、2月頃から歩行困難になっている。本人のリハビリに対する意欲が強いため、介入してほしい。と診療所の看護師、グループホームの施設長より依頼がありました。施設を訪ねると施設の方と利用者様が車イスで出迎えてくれました。とても穏やかな表情の方です...

  • 2021/02/21 20:25

    M氏 80代 女性 独居(本人の許可のもと、掲載しております。)元々、元気で畑の草取りや野菜を作ったりされていましたが、入院をきっかけに筋力低下による歩行のふらつきがみられました。退院後はバランスを崩して転倒したり、今まで行えていた買い物やお墓参りに行くことが困難になり、自宅にこもる生活となっ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください