はじめまして
kobayashisyokudou です
このページをご覧いただきありがとうございます。

私共「小林食堂」は

五反田で近隣にお住まいの方やお勤めの方にご愛顧いただき、本年の1月5日に同じく五反田で‟鶏白湯のおでんと自然派ワイン”の姉妹店「小林屋」をオープン致しました。しかしその翌々日2度目の緊急事態宣言が発令される事になりました。


小林食堂が辿ってきた道のり

「小林食堂」は、オーナーシェフ小林大輔が腕を振るうフレンチとイタリアンの技法を用いて和のエッセンスを盛り込む料理と、気の置けないサービスで肩ひじ張らず食事ができるレストランとして年齢層を問わず連日多くのお客様にご来店頂き、常に活気ある店として営業してまいりました。しかしコロナ禍の第一次緊急事態宣言発令以降ランチタイムの営業成績は落ち込み、特にディナータイムは来客のない日が週に何日もあるという大打撃を被ることになります。この危機を打開するため、代表の小林が発起人となり有志の7店舗で五反田テイクアウトマップを作成し始動、テイクアウト事業に参入した企業のプロモーションにいち早く対応するなどして例年通りといかないまでも減益を多少なりとも食い止めるに至りました

生ウニのペペロンチーニ

魚介のパエリア鍋









新店舗のコンセプトをめぐる逡巡

第一次緊急事態宣言終了後、夏の終わりごろから営業成績も少しずつ回復し始め、ここをチャンスと捉えた私達は長年の懸案だった新店舗オープンに向けて準備をし始めます。最終的に‟おでんと自然派ワイン”の店が出来上がるのですが、実は初めからそれを目指していた訳ではありませんでした。当初私達は今後飲食店だけの業態で運営していくことの厳しさを想定し、テイクアウトの大量仕込みに対応できるセントラルキッチン機能とデリカテッセンを併せ持つ店舗をオープンさせようと考えていましたし、その他に幾つものアイデアが浮かんでは立ち消えて行きました。


ナチュール(自然派)へ

なぜ、‟セントラルキッチンとデリ”から‟おでんと自然派ワイン”という全く脈絡のない展開になったのかと自問していくと、それはコロナ禍をきっかけにスタッフ全員の皮膚感覚が向かわせたものだとしか言いようがありません。ヨーロッパでオーガニックやビオが大きな流れとなったきっかけは1980年代後半から猛威を振った狂牛病が原因だと言われています。一方日本ではヨーロッパ的お洒落なライフスタイルを取り入れたい気取った人達の振る舞いというネガティブな見方も勿論あります。しかし、得体の知れないウイルスが蔓延する今、かつてのヨーロッパのように人為的、化学合成的なものに対する不安が人々の無意識を覆っているのが実際のところなのではないでしょうか?そして私達は身体に入って行くものは極力自然なものを(それはワインに限らず食材に関しても )という選択に辿りつきます。鹿児島坊ノ岬 田中水産から届く魚

高知四万十町 桐島農園の野菜










「小林屋」オープンとレッドゾーン

当初は2020年の12月中旬オープンを目指していたものの店の方向性が固まってからの準備期間が短く、ようやく2021年1月5日に「小林屋」の開店にこぎ着けます。カウンター8席だけの小じんまりした店で‟おでん”というお一人様が短時間でサクッとご利用して頂ける利便性の良さから期待以上の滑り出しとなりました。しかし噂されていたようにオープン翌々日に第二次緊急事態宣言が発令されます。その影響は新店より本隊の「小林食堂」に重くのしかかってきます。20時閉店という要請でディナーの売上が全く見込めない上、新店舗オープンの為に借り入れたお金もあります。第一次緊急事態宣言期間をどうにか切り抜けたテイクアウトも生き残りを賭けた多くの飲食店と新規参入業者で入れ食い状態になり昨年春と比べて数分の一程度の売上にしか届きません。そして第二次非常事態宣言は恐れていた1ヶ月延長、その後再延長へと突入します。


待ち受ける第二次緊急事態宣言終了後

今、飲食業に携わる者たちは緊急事態宣言下をどうにか切り抜ければ先が見えて来るに違いないという微かな希望のもと耐える日々を送っています。ですが果たして本当にそうなるのでしょうか?スケジュール通りに事が進めば3月21日に非常事態宣言の延期も終了します。例年であれば3月、4月は歓送迎会、新卒入社等々イベントがめじろ押しで、飲食店はそれに合わせた宴会プランを打ち出してかき入れ時の様相を呈するのですが、今年は(もしかしたら今後ずっと)そうならない予感がします。コロナが与えた日常の変化は人々の慣習を変えるレベルにまで至っていると思えて仕方ありません。例えばリモートワークの結果、何故皆が同じ時間に出社して同じオフィスで仕事をしなければいけないのか?とか、ここ数年来ずっと言われ続けて来た若い人は会社の飲み会に参加したがらないとか言ったことが、「一部の人が」とか「若い人が」ではなくて50代、60代の企業の中枢にいる人達の意識も変化させてしまったのではないか?というふうに思えて来るのです。


求められる変化、次へのステージへ

新しい生活様式が人々の行動を変えてしまうのであれば、迎え入れる私達飲食店もそれに伴い変わって行かなくては成り立ちません。飲食店利用動機の優先順位は会社や組織よりも個人の好みや志向へと劇的にシフトして行くとして、千差万別な志向に対応する店舗を作るのは至難の業と言わざるを得ません。そこで私達は不用意に間口を広げるのではなく、今までの培った強味に加え核となる新しいコンセプトのもとに始動する選択をしました。「小林屋」が選んだ「より自然なものへ」というテーマを両店舗の大きな指針として掲げ、「小林食堂」を自然派ワインを核にしたワインレストランとして確立する目標のもと新しいスタートを切ります。


リターンのご紹介

一口1万円のご支援を頂いた方に全てのボトルワインを50%offの価格でお飲みいただける特典をご用意致しました。こちらは2021年12月の最終営業日までご利用いただけます。期間中何度でも、一度のご来店で何本であっても適用させて頂きます。ボトルワインを飲んで頂ければ頂けるほどお得なリターンだと自負しております。

尚、この特典はご支援いただいたご本人様が同席していらっしゃる場合で「小林食堂」に限定させて頂きます。


資金の使い道

皆様からお預かりしたご支援金は、「小林食堂」の運営費用と「小林屋」出店の借入金に充当させて頂きます。また私達の目標設定を越えたご支援を頂いた場合にはワインレストランと名乗るに相応しい備品の購入や、皆様がより快適にご利用いただけるよう内装や設備の充実にあてさせて頂きます。



最後に

この度私共がクラウドファンディングを始めるのは、ただ今を切り抜けたいというだけではなく次のステージへレベルアップする為のお力添えを得たいという思いからです。「小林食堂」はより多くの美味しさと安らぎを皆様に与えられるチームへと成長していけるよう一層の努力を重ねて参ります。どうぞよろしくお願い致します。

小林食堂

 東京都品川区東五反田5-21-6池田山コープ1階

 TEL 03-3443-4520

営業時間

 ランチ11:30~15:00(LO14:00)

 ディナー17:00~22:30(LO21:00)*非常事態宣言終了後の通常営業

定休日 

 日曜祝日と第一月曜



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください