はじめまして、増田紳吾です。私は、関西大学総合情報学部の二回生です。つい1年ほど前までは、部活動に励みながら学生生活を送っていました。

しかし新型コロナウイルス感染拡大を受けて、大学はオンライン授業へと切り替わり、部活動やアルバイトも様々な面で自粛を余儀なくされ、友達とも今までのように会うことができなくなったことで、心に穴が空いたような日々を過ごしていました。

今、自分ができることは何なのか。

そのことを突き詰めているうちに、学生だけの力でクラウドファンディングのプラットフォームを立ち上げたいと考えるようになりました。元々、自分自身もクラウドファンディングに挑戦しており、掲載側として利用していましたが、自分のように「何か新しいことにチャレンジしたい。」と考える学生をサポートする側になりたいという気持ちが芽生え始めました。

学生の頃に挑戦したいことがあっても、行動に移せないことがほとんどだと思います。

実際、私自身がそうでした。
なので、少しでも挑戦できる場を提供することで夢や挑戦を諦めなくていいようにしたい。
その一つの行動でこれからの人生が大きく変わり、自信にもつながると思います。

空回りの自信でもいいから一つのきっかけとなるようにこのプラットフォームを利用してもらいたい。

利益より学生のよりどころ勇気のもらえる場所挑戦したいと思える場所になればいい。

クラウドファンディングのためだけのプラットフォームというより、学生たちのきっかけとなるプラットフォームにしていきたいと考えています。


「鶴の恩返し」は、プロジェクト掲載者が学生に限定されたクラウドファンディングサイトです。
プロジェクト掲載者のみではなく、サイトの運営も学生たちで行う様にし、学生たちの叶えたい夢・挑戦への第一歩を応援します。

プロジェクトの掲載は学生個人またはゼミやサークルなどのチームに限定されますが、支援に関してはどなたでも支援者になることができます。

金銭を通じた応援・サポート・購入をすることで、魅力的な恩返しを受けることができるといったクラウドファンディングサービスです。


鶴の恩返しでは、学生たちのこんな夢や目標を応援します!

●自主制作の映画を撮りたい

●〇〇について研究や実験をしたい。器具購入のための支援がほしい

●オリジナルブランドを立ち上げ、ECショップを展開したい

●若者たちが社会や政治について学び、語れる場所をつくりたい

     などなど・・・。
プロジェクトイメージ

【For 学生】

■問い合わせのツールにLINE@を導入。

LINE@対応イメージ

「鶴の恩返し」アカウントでのやり取りを通じて、スムーズな問い合わせに対応。
メールのような堅苦しい文章は不要で、学生からは気軽に問い合わせてもらうことができます。


■学生だけが集まったプラットフォームなので、プロジェクトが埋もれることがない。

他社のクラウドファンディングサイトでは、企業などがタッグを組んでプロジェクトが掲載されていることも多く、規模の小さなプロジェクトは埋もれてしまうことがあります。しかし、「鶴の恩返し」は掲載者を学生のみに限定しているので、そういった不安を解消することができます。


■様々な方面からアドバイスを受けられる

学校が主体となるゼミコンテスト等とは異なり、学外の方や専門的な知識のある方からのアドバイスを受けることができるため、自分の夢をより高めていくことができます。


【For 支援者】

■学生ならではの若い柔軟な発想を見たり聞いたりすることができる。

既存の枠にとらわれないクリエイティブな発想や、未来を担う若い世代の夢を応援することができます。


OB・OGが出身校の後輩を直接応援することができる。

サイトのトップページで参加大学一覧を見ることができ、リンク先へ飛べば参加大学ごとのプロジェクトを応援することができます。

一般的な同窓会への寄付などとは異なり、応援したい学生本人へ直接支援を届けることが可能です。


1.世の中への恩返し

2.学生の「やりたい」と思う気持ちをサポート

3.学生が社会を動かす

4.学生と共に若い世代の柔軟な考え方や、ユニークな発想を生み出す原点とする

5.そのアイデアなどに賛同することで、より良い世の中をつくる


システム開発およびデザインのための費用:約30万円 

インシステムの修正費用:約10万円 

リターン製作費・送料:約5万円    

運営および管理費の一部:約5万円                                                        (CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料含) などに使用致します。


■お礼メール:2,000円

■鶴の恩返しロゴピンバッジ:3,000円

■鶴の恩返しロゴ入りマスク:5,000円

■新規登録の際、アカウントに星マークがつく特別仕様+ロゴピンバッチ:10,000円

■新規登録の際、アカウントに星マークがつく特別仕様+ロゴ入りマスク:15,000円

■クラウドファンディングサイト「鶴の恩返し」ページに名前(HN可)を掲載:20,000円

■クラウドファンディングサイト「鶴の恩返し」に名前(HN可)を掲載+ロゴ入りTシャツ:30,000円


【製品仕様】

■ピンバッジ
サイズ:直径約2cm

■マスク
サイズ:
 M サイズ 丈:約14cm、総巾:約9.5cm、耳:約1cm
 Lサイズ 丈:約15cm、総巾:約10.5cm、耳:約1cm
カラー:ホワイト
素材:ポリエステル50%、キュプラ20%、綿10%、アクリル10%、ナイロン10%
・ポリエステルはエンジェロンシルバー使用
 http://www.san-etsu.jp/product/angelon/silver.pdf
生産国:日本

■Tシャツ
サイズ:
 Mサイズ:着丈71.5cm、身幅51.0cm、袖丈23.5cm、肩幅35.5cm
 Lサイズ:着丈72.0cm、身幅56.0cm、袖丈24.5cm、肩幅43.5cm
カラー:ホワイト
素材:ポリエステル100%

■画像はイメージです。実物とは異なる場合がございます。



>>>>2020年

4月 
クラウドファンディングサイトにて寄附型のプロジェクトを初掲載

6月 
クラウドファンディングの経験から新たなプラットフォーム立ち上げを目指す

10月 
「鶴の恩返し」構想を立てる

12月
株式会社NiMiL へ「鶴の恩返し」アプリケーション作成を依頼

オンラインミーティングの様子

>>>>2021年

2月    
キャンプファイヤーにて 「鶴の恩返し」プロジェクトを進める

4月初 
キャンプファイヤーにてプロジェクト掲載開始 ~4月29日終了

5月初 
「鶴の恩返し」サイトプレオープン

6月中 
テスト配信などを経て、サイトを本格的に始動させる

6月中~末 
本プロジェクトのリターンを発送

■サイトオープンに関しては開発事情により始動が前後する事も御座います。


株式会社NiMiL


2020年12月設立。〈Life is Simple〉を掲げて学生3人で立ち上げ、自社サービスの展開をメインにWeb制作、Webシステム開発などの事業も展開。

クラウドファンディングサイト「鶴の恩返し」は、Vue.jsを用いたSPAで開発しました。 

PLJ INTERNATIONAL LTD.は、
元々、大手アパレルブランドの商品を受託し、国内、海外でOEM生産をしておりました。
今までのノウハウを活かし、2020年から商品づくりにチャンレンジをしています。
2020年よりクラウドファンディング事業部を開始し、
色々なクラウドファンディングサイトに出展もさせて頂きました。
今回 学生さんのパワーを感じさせていただき
プロジェクトの協力をさせて頂くようになりました。

学生さんの新しい感覚や、アイディアを形にできるプラットフォーム作成に、
応援のほど、よろしくお願いします。

「鶴の恩返し」という名前は、『社会への恩返し、社会貢献』といった言葉から生まれました。私たちは、経済や世の中など様々な場所で社会からの恩恵を受けています。お世話になったその恩を自分たちのチカラで返し、貢献したいという思いからこの名前をつけました。

まだまだコロナウイルスにより不安な毎日が続いていますが、このクラウドファンディングサイトが学生たちにとって一筋の光となれば幸いです。

応援よろしくお願いいたします!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

 ※予告なくデザイン・仕様は一部変更になる可能性もございます。

 ※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。

 ※ご支援後のご支援者様都合によるキャンセルや返金は受付いたしませんのでご理解下さい。 

  • 2021/04/30 07:32

    チャレンジさせて頂いておりましたプロジェクト【学生向けのクラウドファンディングプラットフォームを立ち上げたい 鶴の恩返し】ですが4月29日にて終了となりました。ご支援頂き誠に有難う御座いました。 【鶴の恩返し】のプラットフォーム作りを進めてまいります。沢山の学生さん達に知って頂きクラウドファン...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください