最近はオンラインショップや量販店で様々な防災バックを見かけるようになりました。
たくさんの防災グッツが搭載されており頼もしい「備え」になると思います。

しかし、既存の防災バックでは「大きすぎて玄関に備えるのが難しい」と感じたり、「玄関が狭くなるので防災バックを置くのは避けたい」といった方がいらっしゃるのではないでしょうか。

anytime carryの防災バックはこういった悩みを解消し、いざという時の備えを無理なく叶えます。






強力磁石が搭載された防災バックです。スチール製のドアに強力に張付きます。
取り外しも簡単。いざという時すぐ持ち出せます。









防災バック本体は600g。
非常に軽く、容易に持ち運びできます。
災害時はガラスや瓦礫が散乱して危険です。避難時、防災バックが邪魔にならないよう軽量であることは重要です。



内蔵したショルダーストラップを取り付ければショルダーバックになります。



anytime carryの防災バックは玄関以外にも様々な場所に設置可能。






【フルパック】
anytime carryが厳選した15種の防災グッツを搭載する「15種フルパック」。
避難行動、避難所生活で必要になる防災グッツを搭載しています。



災害発生直後は避難所も混乱しておりすぐに食料の配給が行えない場合も。そのため食料と水を搭載。長期保存可能。


避難中にトイレを利用することは非常に難しいです。そのために携帯用の簡易トイレは必須。また避難所では多くの人が密集するため感染症対策の衛生用品も必要です。


現代のライフラインであるスマホ。災害時は情報収集や安否確認で利用します。そのためモバイルバッテリーは必須です。乾電池式の充電器を搭載。うっかりモバイルバッテリーの充電忘れを回避するために乾電池式をチョイス。3in1ケーブルであらゆる機種のスマホに対応。災害時の停電に備えヘッドライトも搭載。


【9種パック】
他にも9種の防災グッツに限定した「9種パック」、自身で防災グッツをフルカスタマイズするための防災バック単品の取り扱い始めております。


食料・飲料水、衛生用品、ヘッドライトなどをバランスよく搭載しています。最低限必要なモノを厳選しました。


搭載する防災グッツは人により必要なモノが大きく変わります。性別・年齢・居住地域の気候など。ご自身に適した防災グッツを用意することが大切です。一からご自身で防災グッツをカスタマイズして防災バックに詰めることもご検討ください。



カラー:グレー(SNOW FLAKE FABLIC)
素材 :EVA樹脂、ネオジウム磁石
サイズ:34cm×25cm×8cm
重量 :600g

防災バックの素材はEVA樹脂というプラスチック素材のひとつ。燃やしてもダイオキシンが発生しない環境に優しい素材です。リサイクルも容易でエコ素材として知られています。軽量なことに加えて柔軟性も高いので手になじみ、持ち運びやすくなっています。



レアアースの一つで最も磁力の強い磁石です。この磁石のおかげでスチールドアにしっかり張付きます。強力なのでスマホなどの電子製品は防災バックに入れないでください。







「ドアに張付く 防災バック」の【単品】、9種の防災グッツセットの【9種パック 】、15種の防災グッツセットの【15種フルパック】の3種類用意いたしました。

それぞれ限定数量の特別価格にてご提供させていただきます。


当プロジェクトページをご覧いただき誠にありがとうございます。anytime carryのfounder田尻です。

我々anytime carryのミッションは、現代のライフスタイルに合った防災スタイルをデザインし適切な防災備蓄のサポートすることです。  防災に関わるリサーチ、デザインや設計の開発も自ら行っております。

この「ドアに張付く 防災バック」の開発に至るまでのストーリーをご紹介させていただきたいと思います。

過去の苦い経験

私は8年間ほど東南アジアで生活し、カンボジア・プノンペンでは飲食店を営んでいました。

雨季には、バケツをひっくり返したような大雨の毎日。道路が冠水することは日常茶飯事でした。

※店舗近くの道路の写真です。この日は雨量が少なく、車のタイヤが半分浸かる程度。近所の子供たちが水遊びしています。 

例外なく、私のお店も何度も洪水に見舞われました。冠水した回数はゆうに10回を超えます。洪水のたびに営業設備に深刻なダメージを受け、何度も設備の買い替えに悩まされました。

※雨が止んだ後の店舗近くの道路。 

時には冠水した店内で、水を避けるためテーブルによじ登り、ろうそくの明かりを頼りに夜を明かすことも。

いつ洪水が起こるのかと、不安に駆られる毎日を送っていたのは苦い経験です。日本で災害を見るたびに思い出してしまいます。

最終的には、残念ながら度重なる洪水のダメージからお店をたたむことを余儀なくされました。悔しい気持ちでいっぱいでした。

その後は知人の誘いでシンガポールに移住。準備期間を経てお店を再スタートしようとした矢先、新型コロナウイルスの影響でそれどころではない状況に。やむなく一度日本に帰ることを決断しました。

日本で頻発する災害に直面

帰国するやいなや、熊本の豪雨による洪水、岐阜の洪水。日本で頻発する災害を目の当たりにしました。

何万という人が被災し、苦しんだこと。これから起きるかもしれない災害に、多くの人が不安を抱きながら日々を過ごしているかと思うと心が痛みます。

過去の自分を見ているようでした。海外で一人暮らしする中での被災。周りに頼れる人もおらず、毎日不安に駆られて生活していたことを。

南海トラフや相模トラフ地震。これから先、起こるかもしれない大災害。私も愛知県に住んでおりますが、この地域に住む方たちの不安は並大抵のものではないはずです。

私に何かできないだろうか。少しでもみんなの不安を解消したい。と考え始めるようになりました。

防災バックの開発を始める

そんな中見つけたキーワードが「備え」から生まれる「安心」です。

防災への備えを万全にすること、準備ができているという確信を持つことで「不安が解消されるはず…!」という考えを持ちました。

そこで、防災バックの開発をスタート。

幸いなことに、たくさんの自治体やNPOの取り組みのおかげで一般世帯では防災備蓄が進んでいる。

一方で都会に暮らす一人暮らしの人たちはそうではありませんでした。コミュニティとのかかわりが少ないことが原因で、防災備蓄に対する意識改革が進んでいなかったのです。

さらに従来の防災バックでは、ワンルームアパートのライフスタイルにはあまり受け入れられていませんでした。設置スペースの問題、機能性、デザイン性など、ニーズに合わなかったようです。

ライフスタイルに合った防災バックの開発が一人暮らし世帯への防災備蓄普及のカギを握ると、私は確信しました。必要と感じてもらえれば、きっと一人暮らしの防災備蓄も進み、結果として災害への不安が和らぐでしょう。

本当に必要とされるものを

都会の一人暮らしのライフスタイルから見えてきたものは、小さなワンルームのアパート。モノを置くスペースが限られており、防災バックを置けるだけのスペースがない場合が多い。

そこで開発したのが玄関のドアに磁力で張り付く防災バックです。スペースがなくても設置でき、いつでもすぐ持ち出せる利便性を備えています。

さらに現代のインテリアに調和するデザインを採用。デザインも「安全」と「安心」を実現させるためには大事な要素です。

このように現代のライフスタイルを研究し、カタチにしていく。

そして防災備蓄の普及を進めることでひとりでも多くの人が不安なく過ごせる社会を作ること。これがanytime carryに込められた思い。そして挑戦です。



【本製品についての注意事項】

(必ずご確認ください)

・本製品はスチール製ドアにのみ、設置いただけます。その他の材質のドアは別途、市販の粘着式フックをご購入ください。

・本製品はネオジウム磁石を搭載しており、磁力によりスチール製のドアにくっつき固定する仕様となっております。そのためスチール製のドア以外(木製、ガラス製、石膏性、樹脂製、アルミニウム製など)には設置することができません。

・スチール製のドアでも一部くっつかない場合があります(スチール製ドアの表面が凸凹である場合、防錆などの特殊表面加工している場合など)。ご購入いただく前に必ずご自宅の玄関ドアを確認ください(磁石を用い、自宅の玄関ドアに張り付くか確認)。

・スチール製の玄関ドア以外でご利用いただく場合、市販の粘着式のフックをお求めください(耐荷重3㎏以上推奨)。なお、粘着テープを設置場所に直接貼り付けることになりますので粘着テープをはがす際跡が残ったり、ドアの表面塗装がはがれる等の問題が起こる可能性があります。テープ跡などの汚れ、ドアの表面塗装のはがれ等のドアへのダメージ、粘着フックが本製品の重さに耐えられず粘着フックが外れてしまう等の問題に関して弊社は一切責任を負いかねます。

・防災バック上蓋の内側が磁石の厚みで膨れ上がってしまいます。品質上問題ありません。

・本製品は搭載の磁石を用いスチール製扉にくっつけることを目的としております。本目的以外で使用すると事故の原因となりますのでおやめください。

・本製品は強力な磁気を帯びたネオジウム磁石を搭載しております。心臓ペースメーカーなどの電子医療機器などを利用している方は、本製品を利用しないでください。また、大変危険のため、心臓ペースメーカーを使用している人に本製品を近づけないでください。

・スマートフォン、パソコン、USBメモリなど電子機器に近づけないでください。故障の原因となります。

・玄関ドアの結露によりドアと防災バッグの接地面が濡れてしまうことがあります。定期的に取り外し防災バッグを完全に乾かしてください。ドアの湿りを乾いた布で拭い、乾いた状態で防災バッグを設置してください。濡れたまま設置していると色移りの原因になります。

・ボディ及びプラスチック部品は、直射日光や仕様・保管状況により、色あせが生じることがあります。

・汚れたときは乾いた布で軽く拭いてください。

以上の注意事項につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【特定商取引法に基づく表記】

◯ 販売事業者名: anytime carry
◯ 事業者の所在地:〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅二丁目34番17号セントラル名古屋1101号
◯ 事業者の連絡先:Tel: 07083295733  メール: info@anytimecarry.com

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にCAMPFIREのシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American
 Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。万が一、お届けした製品に不良箇所がございましたら、製品到着から7営業日以内にご連絡をお願い致します。送料・手数料などすべて弊社負担にて交換させていただきます。 「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。製品到着から7営業日を過ぎますと交換・返品・返金・キャンセルいたしかねますのでご注意ください。


【 リスク&チャレンジ】

※万が一、お届けした製品に不良箇所がございましたら、製品到着から7営業日以内にご連絡をお願い致します。製品を交換させていただきます。

※製品の使用感は個人によって異なります。このため、使用感が理由での返品・交換は承りかねます。

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合、配送作業等により出荷時期が遅れる場合がございます。

※一部写真とは異なるブランド・メーカーの防災グッツが搭載される場合がございます。 

※以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2021/04/26 14:28

    皆様、「ドアに張付く防災バック」プロジェクトにご支援いただき誠にありがとうございました。当初目指していた目標を大きく超えて達成することができました!!ここまでたくさんの方々から応援いただけたこと、そしてなによりもこの防災バッグを必要と感じていただけたこと、うれしく思います。この結果を励みに、さ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください