はじめに・ご挨拶

沖縄県出身の

ゆーかーぶしゅーと申します。

絵を描く事が大好きで

保育士として数十年、、、、

キラキラ輝いている子ども達が大好きで

子ども達の成長に日々感動し

幸せな日々を過ごして参りました。

そして、昨年の冬

私の大好きな家族にとって

壮絶な経験を絵本にしました。



このプロジェクトで実現したいこと

自作絵本「ありがとうめいじん」を

出版社へ自費出版依頼し

支援者へ絵本を提供したいです。

また、各保育施設・学校などで

読み聞かせを考えています。



プロジェクトをやろうと思った理由

2019年12月

私達家族にとって

壮絶な経験をしました。

ずっと、ずっと、ずっと

甥っ子の奇跡を信じて

家族で看病してきました。


2020年6月

かわいい甥っ子が

闘病の末、他界しました。。。


急な事で

気持ちの整理もつかないままでしたが

今まで頑張ってきた

甥っ子の生きた証

弟夫婦のこれからの人生を思うと

何か形に残してあげたいと思い

絵本を作りました。

その際に、家族の強い要望で

この絵本を形にして出版し

色々な人たちに読んでもらいたい

という願いを叶えたいです。


絵本の内容はすべて実話です。

その中でも、甥っ子の話し方や

伝えたいだろう事を

そのままに描きました。

いつでも「ありがとう」と言う言葉が

素直にでてくる心優しい子でした。



同じ年頃のお子さんを持つ親御さんや

子どもに関わるすべての方々。

未来ある子ども達。

同じ境遇にある方々にも

読んでいただけたらと思っています。


子どもは成長していくのが

当たり前だと思っていました。

当たり前が当たり前でなくなる

現実を受け止めるには、

まだまだ難しいかもしれません。


家族のありがたさ

生きているありがたさ

これまで支えてくれた人達のありがたさ

を教えてくれた、甥っ子が大好きです。


甥っ子の為、家族の為、感謝の気持ち

を忘れずにこれからも生きていきたい

と思います。


最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

※甥っ子の写真や名前など家族の許可を得て掲載しています。



これまでの活動

自分で製本した絵本を家族に

プレゼントしました。



資金の使い道

絵本製本・出版資金

クラウドファンディング手数料

リターン品の送料など



リターンについて

製本された絵本を提供いたします。

(自作のありがとう帯をつけて)



実施スケジュール

4月 出版社に製本出版依頼

6月 製本され次第、絵本を提供



最後に

可愛い甥っ子の生きた証。

今を生きる全ての人々に

届きますように。

「当たり前のことなんてひとつもない」


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/02/28 12:08

    始めて10日目。昨日の夜遅くに100%を達成することができました!!ご支援頂いた皆様ありがとうございます。100%達成しましたが残り40日程ありますが、まだご支援頂けるようですのでご協力よろしくお願いします。ご支援金は絵本出版費用や増販費宣伝費やリターン絵本費等すべてを絵本出版関連に使用します...

  • 2021/02/27 20:25

    始めて10日目。数多くのご支援のお陰で90%を達成しております。まさかこんなに早い段階で達成できている事に感謝申し上げます。できるだけ早くご支援者様には絵本をお届けしたいと思い出版に向け準備を始めている所です!甥っ子のりんとも喜んでくれているかな?!絵本が大好きだったりんと。「えほんかして〜」...

  • 2021/02/23 13:40

    プロジェクトを始めて5日目。多くの支援者様からご支援を頂き50%以上を達成しています。その度に、応援メッセージを頂くのですが甥っ子に関わって頂いた県内外の医療従事者の皆様からもご連絡を頂き、家族より深く感謝申し上げます。医療従事者の皆様には大変お世話になり皆様の手厚い医療、看護、ケア(心遣い)...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください