■EAZY(イージー) オールインワンウォッシュとは?

 1. デリケートゾーンケア、ボディソープ、洗顔料、ハンドソープがこれ1本。

 2.ゆらぎがちな女性のことを想ったローズマリー、マンダリン、オレンジのアロマの香り

 3.肌に優しい使用感にこだわった洗浄剤やpH値を採用

 4.使うほどに自分の肌が好きになってほしいから。植物由来の保湿成分や整肌成分を贅沢に配合

 5.泡で出てくるフォームタイプ。洗いたい部位をプッシュ回数で調整

 6.従来のフェミニンケアのイメージを変えたスタイリッシュなデザイン。

 7.化粧品コスメブランドを手がけ、ブランドの立ち上げまで行った化粧品の専門家であり、オタクの代表が試作を繰り返して作り上げたプロダクト


■ブランド立ち上げのきっかけ

最近、「フェミニンケア」「フェムテック」はTVや雑誌で見るけど、どんなケアをしたらいいのだろう?また年齢のせいか、婦人科系の不調やケアが気になる。と考えたことはありませんか?

体にいい情報や美容情報、商品は世の中にたくさん溢れています。でも仕事や子育て、介護などライフイベントで忙しい女性は本当に自分のお肌に合った商品を探すのにも負担を感じる方が多いはずです。

特にフェミニンケアとなると人にも聞きづらいし婦人科にも行けない、生理用品を買うのも恥ずかしい思いをしている女性は多いと思います。

そんな課題に着目して生まれた、女性の思いを叶えるブランド「EAZY」(イージー)
第一弾は、いつものボディソープに置き換えるだけでフェミニンケアができる洗浄料です。


■EAZY オールインワンウォッシュ

普段のボディソープと置き換えるだけでデリケートゾーンケアが始められる!
また肌に優しく洗い上げるボディソープ、ハンドソープ、洗顔料としても使えるオールインワン洗浄料。

 EAZY オールインワンウォッシュ〈洗浄料〉 280ml

 ※全身ケアとして約1ヶ月分/デリケートゾーンケア・洗顔料・ハンドソープとして約3ヶ月分



    1. <特長>
    2. 1.肌の1番センシティブな部分のデリケートゾーンから発想した、全身洗浄料
  1.  フェミニンケアソープ、ボディソープ、洗顔料、ハンドソープ4つがこれ1本で完了。
  2.  使い分ける煩雑さ、買いに行く手間をなくすことができます。 

    1. 2.フェミニンケアにもボディケアにも使用できるpH値での弱酸性
  3.  肌を優しく洗いながら清潔に保ち、全身使えるpH値に設計しました。
  4.  
  5. 3.ゆらぎがちな女性のことを想ったアロマ精油を厳選

  ローズマリー、マンダリン、オレンジ精油配合で爽やかで心地よい甘い香り。合成香料不使用。


 ※参考※女性の4つの周期


  1. 4.肌環境を考慮した乳酸菌配合

  乳酸菌エキス(乳酸桿菌溶解質) ※()は表示名称。


  1. 5.使うほどに自分の肌が好きになってほしい想いを込め、植物由来の保湿成分と肌コンディショニング成分を贅沢に配合

  ※()は表示名称。

  ※イメージ


  • 6.肌に優しい使い心地を目指した、こだわり処方。防腐剤、アルコール、鉱物油、合成香料、着色料フリー
  • <全成分>
  •  水、BG、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ペンチレングリコール、PEG-60水添ヒマシ油、キサンタンガム、1,2-ヘキサンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ラウロイルアスパラギン酸Na、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ果皮油、ローズマリー葉油、クエン酸、デキストリン、乳酸桿菌溶解質、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ダイズ種子エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、メマツヨイグサ種子エキス

  •  ※ほのかな黄色の洗浄料となっていますが原料そのものの色です。
  •   天然由来成分が配合しているため変色する場合がありますが、品質には問題ございません。 

7.肌を健全に保つ、優しい使用感にこだわった洗浄剤採用ときめ細かな泡

 ヤシ油由来の、肌に優しい使用感にこだわった洗浄剤を採用。

 肌トラブルの元になる洗い残しゼロを目指したスピーディーな泡切れ。

 かぶれの原因である肌のムレに着目。しっとりしているのにさらさらな洗いあがりの肌を目指しました。


  1. 8.泡で出てくるフォームタイプで泡立て不要。洗いたい部位をプッシュ回数で調整

 ※目安の1回分使用量:

   ・デリケートゾーンケア…1~2プッシュ

   ・洗顔料…2~3プッシュ

   ・ボディソープ…10プッシュ

   ・ハンドソープ…1~2プッシュ


  1. 9.デリケートゾーンにも使える日本製

  安心のMADE IN JAPAN。国内大手の製造工場様と協力して製造。



■突然起きた、デリケートゾーントラブルの話

あれは、ある日叔母と街を歩いているときのことでした。

横にいた叔母が急に「痛い!」と叫ぶとともに、うずくまってしまったのです。

そして続けて、「何か飛び出してきてる!」と。私は戸惑いました。

それでも激痛にゆがむ叔母が病院に行くと、そこで下された診断が『子宮脱』。

叔母が「何か飛び出してくる!」と言っていた「何か」とは、子宮そのものだったのです。

子宮が飛び出す。こんな怖いことがあるんだとびっくりしました。 

あとで調べてみると、この『子宮脱』は4人に1人がかかる病気であることがわかりました。

こんなにも怖い病気が4人に1人という高確率で!? しかもそんなメジャーな病気なのに、まったく知られていないことに恐怖しました。

また、友人の話ですが、その方は仕事の忙しさにかまけて生理不順を無視した結果、子どもを産めない体になってしまったのです。これは働く女性にとって、誰もが当てはまるかもかもしれないこと。

そこからフェミニンケアに興味を持ち、こう考えるようになりました。毎日の健康な生活と自分の体への心配りで何かが変わるかもしれない。より女性らしい生活を送る手助けをしたいと。


■あまり知られていない〝膣環境の正しい整えかた〟

「膣環境を正しくととのえる」とは、膣まわりを正しい方法で清潔にすること。

「デリケートゾーンをしっかり丁寧に洗えばいいのでは?」と思うでしょう。私もそうでした。

しかし、しっかり洗えば洗う程、何だかヒリヒリする。

調べるとデリケートゾーンを洗うには肌への優しさを目指した洗浄剤やpH値など、洗うものから見直す必要があったのです。



■すべての頑張っている忙しい女性へ!ゆらぎに負けない体を

デリケートゾーンケアが大事なのはわかっていても、面倒なのが難点でした。

世の中にはすでにデリケートゾーンソープは色々なブランドから販売されています。

そのブランドの中から何が自分に合っているか選ばないといけない手間。

そしてデリケートゾーンソープを買ったとしたら世の中の女性は更にボディソープにハンドソープ、洗顔料も使い分けて日々、4つもの商品を買って使わなくてはいけません。

これでは日々、面倒になりますよね。

そこでオールインワンだったら、忙しい女性でも簡単に使い続けられるのでは?と考えました。


また従来のフェミニンケアのパッケージはというと、どれもピンクかパステルカラーのものばかり。

そんななかEAZYは、まるで高級ホテルのアメニティで置いてありそうなスタイリッシュなデザインにしました。バスルームに黒く輝く気品。ビジュアルで心がアガることも、デイリーケアには必要なことと考えます。

特に30代・40代は肌の変化を感じやすいけれど、ライフイベントで忙しい世代。

まず手軽に洗うものを変えてみることが、デリケートゾーンケアの第一歩です。



■開発者

株式会社FESTEEM(フェスティーム) 代表取締役 齋藤早紀子

デリケートゾーンケアの大切さに気づいたのは自身の婦人科系の不調から。

アラフォーになり生理周期が不規則になったり、デリケートゾーンの痛みで寝れなくなることが増えてきました。最初は何の知識もなく、しっかり洗えば問題ないと思い、ボディソープで丁寧に洗ったところ、逆にヒリヒリしみてしまいました。

痛みに耐えきれず病院に行くと、先生から「ただしっかり洗うことがいいわけではない」ということを教えてもらったのです。

そこでとにかく、様々な洗うものや保湿ケア製品を試し、自分の肌に合ったものを見つけたことで、快適に過ごすことができました。

このような経験や、また知り合いにも膀胱炎や膣カンジダ、子宮筋腫など、オープンに話さないだけで人知れず不調を抱えながら働いている現実に、何か化粧品で助けることはできないか考えるきっかけになりました。

そしてゆらぎがちな女性が日々仕事や子育て、介護など様々な役割を持ちながら頑張っている日本の女性が、負担にならず簡単に使える製品を提案したいと思いました。

これまで国内の大手化粧品メーカーなどで10年以上、スキンケアやボディケアなど様々な商品企画やブランドの立ち上げなどを経験してきまして女性ならではの肌悩みに寄り添った化粧品を作ってきた実績を持っています。この経験を活かし今回も悩みに寄り添い、処方にこだわった製品が完成しました。


 この「EAZY(イージー)」のブランド名は、より「EASY(簡単に)」「LAZY(気軽に)」デリケートゾーンケアを始められるブランドという想いを込めて名付けています。

 また製品を販売するだけを事業の目標としておらず、女性のエンパワーメント事業につながる仕組みを検討しています。

コロナ禍により、女性の貧困から自殺率が上がっています。

その背景の1つに、子育てや家庭の事情で非正規雇用が多く雇用が不安定なこと、賃金の男女格差など様々な社会問題が挙げられます。

近年、SDGs(持続可能な開発目標)のGoal No.5(目標5)の、ジェンダー平等を達成し、全ての女性・少女のエンパワーメントを図る目標から、日本のジェンダーギャップが注目されています。

                  

 自社では製品を販売するだけでなくエンパワーメント事業にも取り組みたいと考えています。

 会社名であるFESTEEM(フェスティーム)は、Female(女性の)とESTEEM(自己肯定感)を組み合わせた造語で、女性が美容やフェムテック製品で自分に自信を持ち、自分らしく社会でも活躍するお手伝いをしたいと考えています。

■資金の使い道

 製品開発やプロモーション費用に使用予定です。

 また女性のゆらぎに合わせた第二弾の製品「EAZY オールインワンウォッシュの香り別展開の製品開発に使用予定です。


■スケジュール

 9月上旬に順次発送予定です。


  <All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください