目次

◎実行委員長 自己紹介

◎全国同時竹あかり点灯『みんなの想火』とは?

◎全国で竹あかりを灯す意味

◎オリンピック開催前夜、7/22が本番当日!

◎みなさんのお家でも“想火”を灯しませんか?

◎サムライ・サポーターからのメッセージ

◎応援メッセージ

◎資金の使い道

◎終わりに


◎実行委員長 自己紹介

はじめまして。『みんなの想火』実行委員長のイケダ チカオです!
大学時代に「竹あかり」と出会い、仲間と共に起業、
そこから15年以上、全国各地でまちの人と共に竹あかりを制作し共にあかりを灯してきました。

竹あかり総合プロデュース『ちかけん』のチカ(チカオ:左)と、ケン(ケンシ:右)

まちの人と一緒に竹を切って竹に穴をあけ、みんなで作った竹あかりをまちに飾り、その土地にしかない“風景”と“物語”を創る。その過程が人々の意識に変化を与え、結果、まちが活性化している様子を目の当たりにしてきました。

僕らは竹灯籠のことを「竹あかり」と呼んでいます。

それは、僕らが各地で見てきた竹灯籠に、単に照明としての「灯籠」というだけでなく、人やまちの魅力や可能性を引き出し、多くの出会いを生む、まちづくりの基点となる役割があると実感したからです。
竹あかりは、灯籠の枠を超えた希望の灯火になると信じています。

生えすぎてしまった竹を切り、穴をあけ、まちを彩り、土に還す。
竹あかりはただ美しいだけでない循環型社会を表現するアートです(作品:カナエリア)


◎全国同時竹あかり点灯『みんなの想火』とは?

2020年、全国で竹あかりを同時に灯すプロジェクト『みんなの想火』は始まりました。

「自分のまちは自分でともす」そんな意志のある全都道府県のリーダーたち。
僕らはその仲間を「サムライ」と呼び、47都道府県から募集をし、全国のサムライたちと、去年、オリンピック開幕予定であった日の前夜、7/23に全国で同時に竹あかりを灯しました。

当日は、全国で点灯している様子をオンラインイベントで配信し、また、「日本から希望のあかりを世界に届ける」ためのヒントとなるようなトークイベントも実施しました。

全国で竹あかりを点灯している様子をオンラインで配信しました

昨年の『みんなの想火』で開催したトークイベント

今年も、オリンピック開幕予定日の前夜7月22日に『みんなの想火』を開催します。
今年は日本を越えて世界のサムライにも声をかけていく予定です。

『みんなの想火』開催のための費用の一部を皆さまにご協力いただきたく、
また、みなさまにもこのプロジェクトの仲間となっていただきたくクラウドファンディングに挑戦します。応援いただけたら嬉しいです。



◎全国で竹あかりを灯す意味

なぜ全国で同時に灯す必要があるのか?と聞かれたときに、「自分たちのまちは自分たちで灯す」意志が全国で繋がる事で、そのまちで灯される一灯がそれ以上の灯りを放つ瞬間があるからと答えています。

ある時は 311の追悼の為に 全国のサムライ達から 東北に竹あかりが送られたり、ある時は県を越えて 共に事業が生まれたり。それは地域の1つのおまつりでは生まれなかったものだと思います。

そういった地域を盛り上げる意志のある人たちが地域を越えて繋がる事で、アイデアや想いは加速度を持って伝播し地域を盛り上げ、さらには地域を越えて他の地域の盛り上げに繋がります。

3月11日、宮城県の野蒜に全国から集まった追悼の竹あかり

そして 地域を越えたコミュニティは有事の際にも有効に作用しました。

僕が所属するちかけんの拠点の熊本では近年、地震や水害の災害で多くの被害が出てる場所です。全国との繋がる仲間が多くの物資を足りない場所に送ってくれたり、コロナ渦で県外ボランティアが入れない中で行うローカルボランティアの有償化の為のクラウドファンディングでも2000万円以上の応援を頂く事が出来ました。その結果、本当に多くの困ってるいる人に手を差し伸べる事が出来ました。

時として、自分と自分の地域を自分達だけでは守れきれない時があります。意志を持った繋がりは こういった状況をも打破する力を持っています。

熊本豪雨水害の際は全国の仲間が資金面や物資等で力を貸してくれました

沢山の方に支えていただいた熊本水害支援の活動はジャパンレジリエンスアワードも受賞しました

竹あかりを通し、全国が今一度深く強くつながっていくことを願います。
この繋がりが地域に様々なポジティブな効果を生んでいく事を確信しています。
ぜひ、まだ見ぬ仲間も含めて 今年も全国で竹あかりを灯したいです。



◎オリンピック前夜7/22が本番当日!

今年も、東京オリンピックが開幕予定日の前夜、7月22日に『みんなの想火』を実施します!
今年は全国47都道府県のサムライ、そして世界のサムライたちが故郷を想いながら竹あかりを灯してくれます。
世界中で、想いのこもった聖なるあかりが灯されることは、きっと世界の未来を灯すことになると信じています。

今、世界のSBNR(Spiritual But Not Religion=無宗教型スピリチュアル層)が日本に注目しています。
八百万の神を大切にする日本の精神が、世界の“宗教”という枠をゆるめ、世界の固定観念を溶かし、世界平和の一翼を担う。
世界からそんな期待が寄せられる中、竹あかりはその役割を果たせる和のメッセージそのものです。

世界中で点灯している様子は今年もオンラインで配信。
世界で活躍される方をお招きしながら、未来を灯すヒントになるようなトークイベントも実施予定です。

<トークゲスト決定!>

世界から見た日本の持つ力の価値について、世界で作品を創っている小橋さん、小松さんにお話しを聞いていきます。
トークゲストはこれからまた増えていく予定ですので、決定次第ご報告いたします。

小橋賢児(Kenji Kohashi) 
The Human Miracle株式会社 
代表取締役/クリエイティブディレクター

1979年東京都生まれ。88年に俳優デビューし、数多くのドラマに出演後、2007年に芸能活動を休止。『ULTRA JAPAN』のクリエイティブディレクターや『STAR ISLAND』の総合プロデューサーを歴任。500機のドローンを使用した夜空のスペクタルショー『CONTACT』でJACEイベントアワード最優秀賞の経済産業大臣賞を受賞。「Hi-NODE(ハイノード)」の企画アドバイザーを務め、都市開発や地方創生に携わる。2020年7月に完全ノンアルコールバー「0% NON ALCOHOL EXPERIENCE」、2021年1月に新時代のリトリートラウンジ「UNBORN(アンボーン)」をオープン。

小松美羽(Miwa Komatsu)
現代アーティスト

AWARDS
2019年 VR作品が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、 イギリスのレインダンス映画祭にノミネート
2018年 北京の「Tian Gala 2017」にて Young Artist of the Year を受賞 2016年 ニューヨークのワールドトレードセンターに「The Origin of Life」 が常設展示される
2015年 大英博物館が有田焼の狛犬「天地の守護獣」を永久所蔵
2015年 RHS チェルシーフラワーショー2015においてゴールドメダルを受賞 2014年 出雲大社「新・風土記」を所蔵
2013年 PRIX CANSON 2013においてWorld BEST39にノミネート
2005年 女子美術大学 優秀作品賞

豊かな自然環境での生き物たちとの触れ合い、その死を間近で看取るという 幼少期からの経験が独自の死生観を形成。死の美しさを志向した表現へと至る。 女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。20歳の頃の作品 『四十九日』は、際立つ技巧と作風で賞賛されプロへの道を切り開く。 銅版画からスタートし、近年ではアクリル画、有田焼などに制作領域を拡大。 パフォーマンス性に秀でた力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。国際的な評価は高く、国内外での個展やグループ展に加え、様々な分野でのコラボレーションなど、世界中で公開ライブペインティングも行っている。


◎みなさんのお家でも“想火”を灯しませんか?

「みんなの想火当日、家で竹あかりを灯したい」そんな声を多数いただいたため、お家で気軽に竹あかりを灯していただけるリターンをご準備しました!

スマホで照らせる手のひらサイズの竹あかり『竹灯籠 竹千代物語(市松模様の巻)』。
ぜひ一緒に"想火"を灯しましょう!

イベント当日はもちろん、その後もオブジェとして活用いただけます。


◎サムライ・サポーターからのメッセージ

KIBOTCHA (貴凛庁株式会社)代表取締  
三井紀代子

宮城県東松島市野蒜にある防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA(キボッチャ)」。代表を務めるのは三井紀代子さん。2020年10月には全国の竹あかり作家の集う「なないろの芸術祭」を開催。世界的サンドアーティストである保坂俊彦氏制作の砂像と竹あかりのコラボレーションが実現した。作品の設置された体育館跡地は人々が津波で亡くなり、遺体安置所としても使用された「悲しみの象徴」の場。作品が設置されたことで「昼と夜に手を合わせ、心を寄せる場」となった。
三井さんは2021年、みんなの想火全体の運営と宮城県のサムライのサポートを行う。
「竹あかりは人々の心を照らして希望を届け、共感の輪を広げてくれます。その様子を見ていると自分自身も頑張れる気がするんです。」




◎応援メッセージ


◎資金の使い道

『みんなの想火』にかかる経費の一部をクラウドファンディングにて皆様に応援いただけますと幸いです。ご支援いただいた資金は主に下記のために使用させていただきます。

▼全国サムライへのサポート費用・・計450万円
・サムライへの技術指導費
・移動交通費
・事務局経費

▼想火リレー開催費・・計150万円

▼PR費用・・計200万円
・ホームページ制作
・キービジュアル制作
・イメージ動画制作
・チラシ制作

▼7/22 オンラインイベントに向けて・・計150万円
・会場費
・設備レンタル費用
・ゲスト謝金

▼リターン経費・・計100万円
・竹あかり制作費等

合計経費 1050万円


◎終わりに

「竹あかりを通し 世界平和の一翼を担います」

全ての手を合わせ祈りの瞬間に心の中で言葉にするのはこれのみです。

今世は竹あかりに捧げます。真っ直ぐに進みます。

力を貸してください。よろしくお願いします。

竹あかり演出家 池田親生

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください