「Pocket Scan(ポケットスキャン)」はその名の通りポケットに収まるほどコンパクトなスキャナーです。これほどまでにコンパクトでありながらA3サイズまでのスキャンが可能です。もちろんカラーでスキャンし、スキャンデータは簡単にPDFデータ化が実施できます。

プロジェクト本文

▼Kickstarterで6500万円を超える出資を集めた「Pocket Scan」

業務用スキャナーなどを手掛ける会社「Dacuda」が作成したこの「Pocket Scan」は、Kickstarterで4500人以上の人から、トータル6500万円以上の支援を集めて製品化が実現しました。

今回は国内では未発売であったこの「Pocket Scan」を、日本展開するためのプロジェクトです。

 

 

▼Pocket Scanとは?

ポケットスキャンは世界で最も小さい無線スキャナーの一つで、名刺よりほんの少し大きいくらいの大きさで、重量も一般的なスマートフォンよりすごく軽いくらいです。

ポケットスキャンは、コンパクトで、賢く、信じられないほど使いやすいく、PC、Mac、iPad、タブレット、iPhoneと共にどこにでも持ち歩ける完璧なお供です。
もちろんカラーでスキャン、データは簡単に修正やPDFデータ化が可能です。

先ずは何でもスキャンしてみましょう。従来のスキャナーでは大きすぎてスキャンできないようなものでも大丈夫。ポケットスキャンだけの特許取得のリアルタイム画像処理ソフトにより、きれいなスキャンができ、文字も表も、編集可能なコンテンツに早変わり。

ポケットスキャンは、どこでも使えます。
そしてアイディアの数だけ応用が可能です。

 

 

※大型の写真もスキャン可能!

 

 

※スキャンしたデータは直ぐに読み込み

 

※ワードで編集も

 

※効率よく仕事を進められます

 

※グラフもスキャン

 

※気になったら何でもスキャン 

 

※写真をデジカメでデータ化(左)するよりポケットスキャンでスキャン(右)したほうが断然キレイ!

 

▼僅か100gの超軽量でストレスのないポータブルを実現

重さはたった100g。それは常に持ち歩いているスマートフォンより随分軽いことを意味しています。ビジネスバッグに入れて持ち運んでも全くストレスを感じない、それが「Pocket Scan(ポケットスキャン)」です。またバッテリー内蔵で電源アダプターなども持ち歩く必要はありませんし、仮に充電が必要な場合にもMicroUSB充電可能です。小型で超軽量、これこそが本来あるべきポータブルスキャナーの形です。

 

 

▼優れものの専用アプリではOCR機能も搭載。さらには翻訳機能も。
専用のアプリはもちろんスマホ・タブレットに対応。トリミングや各種補正などはもちろん、OCR機能によりスキャンした文字のデータ化も可能です。さらには翻訳機能も搭載しており、英文の書面を読み取って日本語翻訳も簡単に行えます。

 

 

▼Pocket Scanの特長

1) 僅か100gの超軽量設計
(2) バッテリー内蔵で完全ワイヤレス使用可能
(3) 小型なのにA3サイズまでスキャン可能

 

 

▼仕様・スペックについて

外形寸法(本体) W: 30 × D: 100 × H:50 mm
重量(本体) 約100g
通信 Bluetooth
電源 バッテリー内蔵 MicroUSB充電型
アプリ iOS、Android、Windows、MacOS
販売予定価格:25,980円(税込)

▼Dacudaのご紹介

Dacudaは2009年にスイスで設立された企業です。
同社は設立時よりコンピュータービジョンスキャンの新たな方法を創造し続け、現在までに様々な製品をリリースしています。

 

▼資金の使い道

今回はPocket Scanの日本での展開に伴い、 ローカライズにかかる費用や国内でのPRの資金として利用させていただきます。

 

▼リターンについて

◎Pocket Scan
すべて販売予定価格よりもお得な価格になっていますが、先着限定でさらにお得に手に入れることができます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください