初めまして、カメラマンの武藤 裕也と申します。

この度、ひとつの想いを抱える中で様々なご縁をいただき、本プロジェクトを立ち上げさせていただく運びとなりました。

それはタイトルにある通り、「遊牧民が育てた天然皮革のカメラストラップ・撮影アイテムを適正価格で販売したい!」というものです。

このプロジェクトが成功することで現地モンゴルに正しく経済が流れ、以下2つの価値が実現します。

・伝統的なモンゴルの文化を守る。
・貴重な資源とその価値を守る。

大きな価値があるプロジェクトではないでしょうか?


今でも人口の約20%が遊牧民のモンゴル

みなさんは、モンゴルにどういったイメージをお持ちでしょうか。

昨今、近代化が目覚ましいモンゴルですが、歴史と伝統を残す現地においては、今でも人口の約20%は遊牧民です。

日本の4倍もの広大な土地には多くの家畜(牛・馬・ヤギ・羊・ラクダ)が放牧されており、どこに行ってもその姿が見られます。

現在も家畜からとれる肉を主食とし、革製品は伝統衣装日用品として身近に使われており、まさに自然の循環と生活の全てに溶け込んだ姿がそこにはあります。


続く経済格差、貧困の問題

そんなモンゴルですが、2000年前後は経済が不安定となり、「マンホールチルドレン」と呼ばれる子供たちが街に溢れかえりました。冬になればマイナス30度、世界一の極寒地で寒さをしのぐため、マンホールで過ごす子供たちが3000人を超えるという悲惨な現状でした。

それから20年、現在はモンゴル全体的な経済的数値は向上したものの、貧富の差が大きくなったことも事実です。首都ウランバートルの中心部では高級車が走る一方、20分も郊外へ走れば、今でも崩壊寸前の家に住んでいる人たちがいます。

この問題は解決できないものなのでしょうか。

左上:ウランバートル郊外の住宅
右上:お祝いにプレゼントされていた高級車


モンゴルレザーと生産現場の現状

このような現状を何とかしたいと、私たちは調査を進める中で、ひとつの事実を知りました。
それはモンゴルレザーを取り巻く現地の状況です。

冬はマイナス30~40℃まで冷え込む環境、そんな中で育つ家畜の革は、とても丈夫できめ細かい高品質なものとなります。実際に世界的に有名なヨーロッパ製のブランド品においても利用されるほどです。

本来であれば自国の富となるはずのモンゴルレザーですが、高価品となる過程においては中国やヨーロッパ諸国に一旦原革を安く買い取られ、海外ブランドとして市場に出回るため、当のモンゴルはレザー産業で豊かになる機会を失っています。

なぜこのようなことが起こるのか。
それはひとえに、モンゴルに「産業力」が無いことが最大の原因です。
(産業力=デザイン力・ブランド力・鞣し技術・生産力、等)

実際、モンゴルのデパートに行くと、ひとフロア全体が様々な革製品で溢れるほど資源は豊富なのですが、デザイン等の観点から購買意欲が湧きにくいものばかりです。

このままモンゴルレザーが国内経済に対し助力にならなければ、やがては長年大切にされてきた伝統的文化が衰退の一途をたどってしまいます。

ゲルの前に積まれる羊革
(盗まれても構わないという意識で屋外に放置されている)

モンゴルレザーを活路に

これら「中抜き」といえるような現状を改善するため、我々がこれまでに培ってきた経験を活かし、現地でデザインやブランディングを助力することで、モンゴル国内のみにおいて生産と販売を直結した体制を構築します。

また、次世代のビジネスモデルである「D2C(Direct to Consumer)」組み入れることで、本プロジェクトをより加速させ、より強固なものとしていきます。
(顧客との関係構築に優位性を発揮するD2Cにおいて、製品のデザイン公募なども展開予定。)

それらはモンゴルレザーとしてブランドとなります。
そうすることで現地モンゴルの方々が革を日常的に使う生活、並びに商品として売る文化は残した上で、豊かさも実現することが出来ます。

「D2C(Direct to Consumer)」を組み入れ、本プロジェクトをより加速させる 


魚を渡す支援ではなく、釣り竿と技術を伝える支援を

NPO法人などが途上国に学校や図書館を作る活動を目にすることがあると思います。そういった支援は一度作ったら終わりでなく、施設維持のために金銭的な支援を続ける必要があります。

私にそのような資金力はありませんが、本プロジェクトの生産モデルを実現出来れば、それらは成長し、その過程で雇用は生まれ、現地の人々は産業力を養うことが出来ます。そうなれば必然的に現地が抱える根本的な問題(技術不足による搾取)が取り除かれ、やがて正しい形でモンゴル国内にが流れ、文化も守られていきます。 



新型コロナウイルスの対応

2020年3月11日、世界中を襲ったパンデミックは、当然モンゴルも例外ではありませんでした。
モンゴルでは渡航者に対する入国制限をはじめとするハードロックダウンをいち早く2020年2月28日から開始、もちろん経済的影響は大きくモンゴル現地の革製を扱う工房は解散が相次ぎます。
(2020年実質GDP成長率:・2019年:+5.3% ・2020年:マイナス7.3% )

日本貿易振興機構(JETRO)より


少しでも力になりたいと、今回の製品はメインの職を失った職人さんたちへ直接個々に制作を依頼していますが、物資の国際便は制限と緩和を繰り返しており、ようやく最低限の販売体制が整うようになったという状況です。

2021年2月上旬に3ヵ月間ぶりの国際便が届きましたが、次回作のサンプルはいつ届くか分からない程にまで影響を受けています。


最後に

ブランド名は『MONGOO』です。

・「MONGOO」:MON=モンゴルの意、GOO=モンゴル語で"美 "

・「MONGO」:モンゴル語で"銀"や"通貨"

また、カメラアイテムを軸とするブランドの象徴として、最後の文字「O」は135フィルムのパトローネをモチーフにしています。


 モンゴルの伝統文化が守られること、そしてモンゴルレザーが世界中の人々に愛され、現地の皆さんが豊かになってほしいという想いを込めました。


---

MONGOO製品について

【リターン.1】カメラストラップ

■MONGOOカメラストラップの特徴■

1.シンプルでありながら強度を確保。

フルサイズ一眼レフカメラ+標準ズームレンズ(約1.5kg)を支える強度を確保しながらも、軽量な質感で操作を妨げない。

2.天然皮革ならではの高級感を演出。

表革は丈夫な牛革、裏革は羊革を採用し、柔らかい肌触りが特徴。特に羊革は国内では珍しく、使うほどに色あいが落ち着きます。


●スタンダードタイプ

左右のベルトで数センチの長さを調整ができます。

カメラ方向は細く、首部分に向かって幅のある設計のため、カメラ操作を妨げることなく、しっかりと高重量のカメラを支えられます。


<カメラ取り付け>

カメラ取り付け部分は平ベルトタイプスリット型です。(Canon 一眼レフEOSシリーズ等)


<サイズ> 端から端まで

●100cm:目安として身長150~165cm前後の方・歩く時にカメラをバタつかせたくない等

●110cm:目安として身長160~175cm前後の方・斜めがけすることが多い場合

※湿度・使い方で若干長さは変化します。

※リターンの説明欄を合わせてご覧ください。


●編み込みタイプ

編み込みデザインのワンポイントアクセントを加えました。

若干伸び縮みするデザインでクッション性があります。

大部分を継ぎ目のない一本革で作られており、資源が潤沢にあるモンゴル革を生かした設計。

(1本丸ごとを贅沢に1枚革から作られた製品は、国内において比較的高値で販売されています)


<カメラ取り付け>

カメラ取り付け部分はクラシカルなデザインに採用されている丸型アイレットタイプです。


<サイズ> カメラ本体の取り付け部分間

100cm:目安として身長150~165cm前後の方・歩く時にカメラをバタつかせたくない等

110cm:目安として身長160~175cm前後の方・斜めがけすることが多い場合

※湿度・使い方で若干長さの変化があります。

※リターンの説明欄を合わせてご覧ください。

※ 色はブラウン・ブラックです。


【リターン.2】製品名:バリンタグ(カメララップ)

~遊牧民は知人のゲルに訪問する際など、自分の飲み物用コップをバリンタグと言われる布に包み携帯する風習があることから発想したカメラアイテムです~


■MONGOOバリンタグの特徴■

1.ボリューム感のある天然皮革仕様

贅沢に使われた重厚な天然皮革がデリケートなカメラをしっかりと保護。

これで包むことで普段使いのバッグにそのまま収納できますので、海外旅行では盗難に遭いがちな専用のカメラバッグを持ち歩かずにすみます。


2.カメラを固定する長めの紐

紐の長さは約60cmあり、2~3重に巻き付けることが出来ます。

また、お好みの長さにカットしてもご利用いただけます。


<サイズ>

Mサイズ:コンパクトカメラ ~ ミラーレスカメラ等 約45×45cm

Lサイズ:中型~フルサイズレンズ交換式カメラ等 約65×50cm

カメラストラップの長さ選びはお使いのものを基準にできますが、風呂敷状のバリンタグはサイズ感が分からない可能性があります。以下、使用例をご参考にお選びください。

※リターンの説明欄を合わせてご覧ください。

Mサイズ例:コニカ C35(フィルムカメラ)

Mサイズ例:Canon EOS M3 + EF-S15-45mm/3.5-6.3(ミラーレスカメラ)

Lサイズ例:一眼レフ(Canon F-1)+単焦点レンズ

Lサイズ例:Canon 5D mark4 + EF24-105/4(ぎりぎり入らないかも?)

Lサイズ例:ハッセルブラッド500CM + プラナー80mm(C)

Lサイズ例:Mamiya7Ⅱ + N65mm/4


MONGOOのこだわり

【素材へのこだわり】

現状、カメラストラップの市場では多くのフェイクレザーが出回っています。

PUレザー:質感を天然皮革に似せた人工素材。本革より耐久性に劣り、経年劣化による加水分解で荒れる。

PVCレザー:質感を天然皮革に似せた人工素材。水に強い一方通気性はない。

是非本物の品質をご利用いただくべく、今回のプロジェクトで採用するのは100%現地モンゴルの天然皮革のみです。


【品質へのこだわり】

今回、様々な素材でサンプルを作る中で、"クロム鞣し"という結論に至りました。

こちらは100年前にドイツで開発されたものを採用しており、他の製法に比べ、変色・変化が少ないので最小限のメンテナンスで長く使うことができます。


<"鞣し"とは>

革を柔らかくし、また乾燥の硬化を防ぐための専用技法。

腐敗防止の効果もあり、鞣しを経て"皮"は"革"となります。

 

【商品開発の経緯と共通理念】

ストラップ開発の段階では、様々な備品を収納できたり、各調整を同時に行えるマルチツールを作ろうとしていました。私自身もいちカメラマンとしてそれは率直な希望でしたが、機能を詰め込むほど、逆に不便になっていくことに気付きます。

それは現地モンゴルの遊牧民たちの生活スタイルとは真逆の結果でした。彼らはシンプルな生活様式だからこそ、移動式の住居(ゲル)に住めるのです。

その事実は今回のストラップにおいても通じるものがあり、機能面・デザイン面においてシンプルである方が操作にかさばらず、ストラップとしてスマートに機能すること発見します。

商品開発は矛盾する両極の落とし込みをどこにするのか、それを探す禅問答のようでもあり、その答えが今回のストラップ・バリンタグ(カメララップ)です。


Special thanks

アウラ舎 様(@AURA_sya)
穴田結海 様(@anada_umi)
いがりな 様(@_IgaRina)
池谷友秀 様(@TomohideIkeya)
門谷優 様(The 3rd Eye Chakra)
佐伯春樺 様(@s_35_h)
shige 様(@shigecats)
しふぉん 様(@shiifoncake)
久留嶋帆 様(@w_elle_k)
くもまる 様(@DSK4184)
橋本ゆき 様(@yuki_12hsm)
新納翔 様(@nerorism)
森本祥司 様(@morimotoshoji)
レイジー 様(@CPHK15 ) 五十音順


MONGOO SNS

今後の活動報告・イベントセール情報を発信します。
Instagram(@mongoo_leather)
Twitter(@MONGOO_leather)
Facebook(@MONGOOleather)


名称:MONGOO
代表者:武藤 裕也
広報:CLAIRE(@Clairefilmphoto)
TEL:080-7697-3036
Email:mongooleather@gmail.com

  • 2021/04/02 12:32

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/03/29 22:26

    昨晩、盛況の内にクラウドファンディング期間が終了しました!ご支援金額は当初の目標額の約350%を達成しました。長らく温めていたプロジェクトでしたが、こうして幸先の良いスタートを切れたこと、多くの方に知っていただく機会となったことが何よりの糧です。ご支援の気持ちをしっかりと受け止めて、今後のMO...

  • 2021/03/28 18:36

    さてクラウドファンディング いよいよ最終日となりました。ここまで、目標の300%を超えてのご支援をいただき誠にありがとうございます!あたたかい応援のお気持ち、しっかり受け止めています。日付が変わるまでの間も無くの時間ですが、これまで支援を迷われていた方や、すでにご支援いただいた方にも、プロジェ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください