Ladies & Gentlemen !! Boys & Girls !!

初めまして!! 私は現在、埼玉県久喜市でアメリカンレストラン

WILLIAMS The Brooklyn Restaurant (ウィリアムズ ブルックリン レストラン)を営んでおります。

代表の進藤慶大(シンドウ ヨシヒロ)と申します。

コロナ禍にも関わらず、日頃より沢山のお客様に当店をご利用頂き・テイクアウト・ウーバーイーツにてご注文き、誠にありがとうございます。

WILLIAMS 代表
進藤慶大 《シンドウヨシヒロ 》
去年より全世界でも多大な影響がでているコロナウィルス何を考えようにも!企画しようにも!踏み出した足場のぐらつきを見ながらの状況に左右され、存続の危機すら感じる毎日。そんな状況下の中、コンセプトの掘り下げを行う事を決意致しました。


どんな雨風が吹こうとも倒れない根をはった樹木のように、こんな時だからこそ地下深くまで掘り下げる事が自分自身への起爆剤となり、それに伴いスタッフやお客様、地域への貢献となる事を願って今回のプロジェクトを発足しました!

まずは私自身が考えるクラフトビールを通じて伝えたい事をお店のご紹介含め、以下よりご説明させて頂きます。お読み頂き少しでも共感して頂ければ嬉しいです。


〚WILLIAMS〛 THE BROOKLYN RESTAURENT
埼玉県久喜市久喜中央1-3-14


アメリカは東海岸、世界の中心とも言える名高きNEW YORK (MANHATTAN)より地下鉄で数分、
ブルックリンに位置するWILLIAMSBURG(ウィリアムズバーグ)がお店のコンセプトとなっています。店名もWILLIAMSBURGから。


それほど私が魅了されているウィリアムズバーグってどこ

あまり聞いた事もない、ウィリアムズバーグっていったいどんなとこ

なぜウィリアムズバーグなの?


少しばかりご説明を。



マンハッタンよりイースト川を渡ってすぐ!日本でも耳にする事の多いBROOKLYN(ブルックリン)に位置するウィリアムズバーグ。

1800年代よりイースト川沿いには砂糖精製工場、醸造所、造船所など、レンガ造りの工場が集結しており、時の流れにより廃業したレンガ造りの工場をそのまま利用してレストラン、ファッション、アートなどの一見工場とは関連性のないような業種が参入、今では川沿いのみならず、ブッシュウィックグリーンポイントなどのウィリアムズバーグ内各地で斬新な内容と若者の創造性に魅了された施設が建ち並び、いつの間にか世界各国から人があつまるコミュニティーエリアとして注目を浴びるスポットとなりました。

BUSHWICK ブッシュウィック

GREENPOINT グリーンポイント

私自身が20代前半の頃、音楽の夢を追ってブルックリンを拠点に活動しておりました。

その中で肌で感じた独特な空気感や街を歩く人たちの立ち振る舞い、なによりもウィリアムズバーグを造り上げている、彼らのジャンルレスな思考力に感銘を受けました。

(実際にあるウィリアムズバーグ内に店を構える創造性豊かなお店)

▪︎若手無名アーティストの作品グッズのみを取り揃えるお店

▪︎スケートボードを取り揃えるお花屋さん

▪︎BROOKLYNでサーフショップ

▪︎ボーリング場の音楽会場

一見関係性の無いようなジャンルを様々な観点から上手く融合させ、新しいジャンルを作り出せるのが
ウィリアムズバーグの一つの魅力と言えると思います!そんな私が大好きな場所(ウィリアムズバーグ)の深みを体感して頂きたく(レストランだけど飲食店)ではない空間造り、一歩店内に足を踏み入れるとそこにはウィリアムズバーグにいるように錯覚される空気感、国内でもリアルに体験できるようなお店造りをスタッフ一同目指しております。

実際、WILLIAMSでも定期的に開催しているカルチャーイベントの〚BROOKLYN NIGHT〛では音楽・アート・ライフスタイルなどをテーマとしたイベントで市内の気の知れた仲間達から市外・県外からも沢山の方にご来店頂きジャンルレスな空間を楽しんで頂いております。

国内外からゲストを招いて企画している
過去に開催された《BROOKLYN NIGHT》フライヤー

海外で活躍するDJのプレーを目の前で!

ビューティー&バーバーを主体としたカルチャーイベント

食とは直接的に関係性のないようなその場の空気感は日常の生活のちょっとしたスパイスとして活躍し日々のやる気にも繋がると思います。意外な組み合わせが気づいたら癖になり、いつのまにか日常となり無いと物足りない物となり、生活の一部としてこの場所、ウィリアムズを成長させていきたいと思っております。

私が住んでいる埼玉県久喜市では地元中学生向け《国際親善交流事業》の一貫として姉妹都市、アメリカ オレゴン州ローズバーグへの国際留学が進められており、私自身も中学校2年生の時に初めてアメリカへと渡りました。

*地元中学生とのバスケット交流*
2002年
本人(奥右から2番目)

滞在中、ホームステイ先のご家族と夕飯の買い出しへ大きなスーパーマーケットへ、そこでどっさりと陳列されていたアメリカンクラフトビールのラベルに目を惹かれ、配色、ユーモアセンス、もちろん中身がビールとは理解していなかったものの、これを作りたい!と思って帰国した記憶があります。

一言にクラフトビールとは言えども、一種のアルコール飲料としてだけではなく季節に応じた《味・色味》はもちろん、アーティストの感性を活かした《ラベルデザイン・形状》ジャンルレスな《音楽・アパレル》などとの融合、目からまず入った情報をインプットしてそのバックボーンや中身へ進んで行く事が沢山あると思います。

みなさんも経験がありませんか?

輸入品のみならず、買ってきた商品のラベルの可愛さかっこよさになぜか部屋に飾ってしまう。と言う現象。

中身を目的として購入した物も見方を変えれば気づく事もあり、その商品が目的としていない使い方を、別の使い方として利用している事が多々あると思います。その背景にはその形状にあった色味や、配色、デザインを手がけた人のコンセプトや背景までもが施された物だからだと思います。

私たちが製造するクラフトビールを元に新しい発見新しい使い方新しい人との繋がりが生まれるきっかけになって欲しい、尚且つその人が持つ価値観や世界観、クラフトビールを一つのツールとして表現をする場であって欲しい。ただ単純に美味しいビールを作ります!では無く!可能性を最大限に引き出した周知の仕方で様々な情報を知って頂けるツールになると思っています。 


私自身、あまり好んでビールを飲む方ではありませんでしたが、20代の頃にアメリカに居たきっかけからそこで口にしたビールに驚きを感じました。ハイアルコールなのにジュースのような飲み口、原料であるルト(麦)、ホップ、ビール酵母を匠に操りここまで日本のビールとはかけ離れた物にできる魅力に飲み込まれました。尚且つ、ビール酵母は生き物なので温度管理や湿度管理、ビールのスタイルに合った物を選定する事によって動きを操る奥深さ、経験が物を言う職種ですが日々勉強していくうちにあのビールを作りたい!こんな物を作ってみたい!と言う気持ちが先行していました。

10代で(ラベルのデザイン性、配色、)ユーモアセンスに感銘を受け、20代で(味の可能性、クラフトビールの奥深さ)味覚に魅了され、30代の今、この挑戦に挑もうと決心致しました。

中学校2年生で初めてクラフトビールと出会い、あのきっかけから18年経った今、100%実行の確証が無い中でも挑戦できる事にワクワクしております。


私自身、やると決めたら後先考えず突き進む性格で幾度とスタッフのみんなをあっちへこっちへ引っ張り回して来ました。

その中でも文句一つ言わずついて来てくれているスタッフも、御来店頂いたお客様に満足した接客、ご説明ができるようにと一緒にクラフトビールの勉強や醸造研修にも参加してくれて、士気を高めてくれています。

*スタッフ醸造場見学*
北千住(さかづきブルワリー様) 

*醸造*
〚西川口グローブリューハウス様〛
私の経験を元に落とし込んで来た店内の装飾なども気づいたらスタッフみんなが手がけた物で溢れており、日々スタッフのみんなに支えられている事に実感が湧いております。

だからこそ、

「あの子の特技をもっと伝えたい!」

「あの子の夢を応援したい!」

書面上の契約で繋がった関係で無く、それ以上に深みのある関係性を気づけるように、懸命に働いてくれているスタッフ達から気付かされた部分も沢山あり、スタッフみんなで作り上げて来たWILLIAMS なのだと気付かされています。

だからこそ今回のリターンの中でこんな設定も作ってみました!

オープニングスタッフでもあり、前職で某大手デザイン会社に務めていた〚MIKI〛を筆頭にWILLIAMS らしいデザインを作り上げました!

WILLIAMSの内装、外装の絵は全て彼女が手がけたもの
〚スタッフMIKI〛
キャンプファイヤー限定ラベルビールは彼女を筆頭にしたプロジェクト


スタッフ一人一人のフォントが入った限定ラベル
《ブルックリンを代表する映画監督の代表作をイメージ》



■埼玉県東部民間企業初の醸造場設置

■WILLIAMSBURGらしさを兼ね備えたWILLIAMSらしいクラフトビールの製造

(地域色)(発信力)(集客性)(話題性)

■ジャンルレスなコラボ開発

■現レストランとのフードペアリング(新商品開発)


今回のプロジェクトである自社での醸造場計画が成功した暁には〚自社製造のクラフトビール〛のリターンはもちろん、お手元に頂いた方々1人1人がご満足頂けるよう、喜んで頂けるようにWILLIAMSらしい内容を考えました。私自身がアパレルに携わっていた経験からスタッフ含めみんなの手でプリントを施したt-シャツやキャンプファイヤー限定ビール、企業様向けリターンなどもございます。


4/10-5/30 〚クラウドファンディング実施〛

6月〚株式会社WILLIAMS設立〛〚借入〛〚設備準備〛

7月〚醸造場工事着工〛〚醸造場設備海外発注〛

8月〚返礼品OEMビール製造〛

9月〚返礼品OEMビール発送〛〚醸造免許申請〛 

3月〚醸造免許取得予定〛〚返礼品自社ビール製造〛

4月〚返礼品自社ビール発送〛


カリフォルニア出身(BJ)左
イギリス出身(JOE)真ん中
 

WILLIAMSを通じて出会った彼らはプライベートでもビールを飲みながら騒ぐメンバー。お互いの子供達の年齢も近い事から家族でもお店に遊びに来てくれる気さくな彼ら!特に左のBJは日本に来る前はカリフォルニアでハンバーガーショップの店長、ホームブルワーとしても豊富な知識がある事からWILLIAMS BREWERYのサポートをしてくれます!2人を代表してBJから応援メッセージを貰いました。

■I've known Shindo for many years and through many of his business projects. His approach to each one is based on passion and a drive to innovate and make things better. As a California native with home-brewing experience as well as a passion for great beer, I'm excited to work with Shindo and help the Williams brand grow in new and exciting ways! 

Your Friends 〚BJ〛

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


WILLIAMS CRAFT 研究会会長
顧客様代表〚のぐっちゃん〛

彼とはお客様のとしての出会いでしたが(クラフトビール)を通じて一気に距離が縮まり今では〚WILLIAMSクラフト研究会 会長〛の肩書までに成長。自身でも都内や地方で開催されている醸造研修、醸造セミナーにも積極的に参加して今やクラフトビールを誰よりも愛するがゆえにWILLIAMS BREWERYのサポート役としても抜擢!そんな彼からも応援コメントを頂きました!

■初めてwilliamsに行ったとき、「あっ!ここの空間居心地いいな!」と思ったそのときから足繁く通っています。この場所で飲むビール、食べる食事、聴く音楽、話すスタッフとの会話、どれをとっても心地よさを感じます。また、ここでより多くのビールに出会い、ビールの奥深さを知ることもできました。今後ここで作られるビールがより多くの人を心地よくして、その人の人生に寄り添い、1人でも多くの人とこの場所で出会えることを期待しています。

williamsで飲むクラフトビールをこよなく愛する野口より

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


Mexican Kitchen BARBA《KOHEI》1988年産まれの同い年オーナー〚KOHEI〛彼との出会いは飲食店では無く畑違いの〚アパレル業界〛!彼が古着屋の店長をやっている頃、同じ職種で私自身も久喜市内でお店を経営しており、切磋琢磨した戦友でもあり大切な仲間。今は飲食関連で同じ職種でもジャンルの違う(メキシカンキッチン)バルバのお店を運営しているKOHEIからメッセージを貰いました。

■Williamsのオーナーであるヨシくんとの出会いはお互いにまだ飲食店を始める前のこと、彼は埼玉県久喜市でアパレルショップを経営し、私は茨城県古河市の古着屋の店長として同じ業界で働いていました。出会いはヨシくんが私の勤めていた古着屋に来た時です。少しギラっとした雰囲気の彼は私に『久喜でお店をやっていて、同世代で繋がりながら頑張りたい』と言った後、握手をしたことを強烈に覚えています。右手がピリピリと痺れるほどの熱い握手だったと思います。それから気づけば5年以上たった今、彼は久喜で料理も美味しく、こだわったセレクトのクラフトビールが楽しめるアメリカンダイナー(Williams)を経営。私も古河でメキシカンレストラン(Mexican Kitchen バルバ)を経営している。一言に偶然では片付けられない同じ道を歩む同い年の同志。彼の行動力と熱い思いに応援メッセージとして微力ながら協力させていただきます。Williamsの新しい事業であるWilliams Brewery!友達の作る、美味しいビールが飲める日を楽しみにしています。

是非たくさんの応援をよろしくお願い致します。

Mexican Kitchen バルバ 代表〚岩井 航平〛

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


株式会社CAFE FUJINUMA
代表取締役社長〚藤沼英介〛

栃木県2店舗、茨城県1店舗、現在も自社ビルの改築に携わり留まる事を知らない彼も同じく1988年産まれの同い年オーナー!株式会社CAFE FUJINUMA 代表取締役社長〚藤沼英介〛

同い年とは思えない程の知識や行動力、嫉妬すら覚える経営力にいつも驚かされる存在の彼からも応援メッセージを貰いました。

■同い年、同じ感覚、同じ価値観をもって活躍している同志!!ただひたすら真面目に生きてきた僕とは違い、アウトローな感性も持っているヨシくんからは、いつもいい刺激をもらってます!めちゃくちゃかっこいい店作ってるし、味のセンスも抜群だから、ビール作らせても絶対間違いないでしょう!!きっと、ヨシくんらしく、エッジの効いたことしちゃうんだろうなー!うちのコーヒーを使ったビールも作ってね!心から楽しみにしてます!応援してます!!皆様も久喜のニューヒーロー誕生に是非ご支援宜しくお願いします!

株式会社Cafe FUJINUMA〚代表取締役社長 藤沼英介〛

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


J:COM埼玉県央局(局長・高田康二兄貴)

最後に応援メッセージを頂いたのは私自身の心のよりどころ、仕事の相談やプライベートまで色々と親身になって聞いてくれる、言わば兄貴的存在!年齢が一回り以上も上、尚且つ大手会社の役員の肩書まで持った人にも関わらず柔らかい表情でいつも出迎えてくれる神戸出身の湘南サーファー!

J:COM埼玉県央局(局長・高田康二兄貴)


■進藤さんとの出会いは1年半前に友人の紹介で行った「WILLIAMS BROOKLYN RESTAURANT」での事でした。埼玉県は久喜市というどちらかというと都会からは離れた落ち着いた雰囲気の街に、突然現れる「アメリカか???」と思えるようなお店です。恐る恐るお店に入ると、これまたオシャレな店主が登場!街とのギャップに驚きながら店主(進藤さん)と色んな話で盛り上がった事を思い出します。私は奥様と喧嘩をし、もやもやしながらWILLIAMSへお酒を飲みに行った時の事です。進藤さんに「離婚になるかも。。。」と相談し、いろんな話を聞いていただき、決断したのは「そうだ、クラフトビールを持ち帰って奥さんに飲ませてあげよう!」という流れになり親身に進藤さんは沢山あるクラフトビールの中から何種類かをおススメいただき、奥様へプレゼント!結果、全て解決し、今ではラブラブな生活が取り戻せました(笑)

そんな私の友人が本気で取り組む「クラフトビール」!心から応援しますし、是非みなさまにも進藤さんの本気を見てもらいたいと思い応援メッセージを書きました。人良し、腕良し、志良し!こんな進藤さんのプロジェクトをみなさま一緒に応援頂けないでしょうか!!!!!!!!!

J:COM埼玉県央局(局長・高田康二)


以上5名の大事な友人からの応援メッセージを紹介させて頂きました。

全て紹介仕切れないのが残念ですが、他にも沢山の方々からメッセージを頂きました。店内にてご飲食頂いたお客様からも(SNS見ました。応援してますね。)とお声かけ頂いたり、直接DMを頂いたりと私自身のガソリンとなる沢山のお言葉を頂いております。本当にありがとうございます。


単純に美味しいクラフトビールを作りたい!それには多大な資金がかかります!お金を集めます!では無く!おいしいビールを作るのは大前提としてクラフトビールと言うジャンルの可能性を最大限に引き出し、地元(久喜市)への貢献はもちろん市外、県外からも足を運んで頂けるような場所にしたい、尚且つこのコロナ禍の中、経営者として削ると言う努力を広げるに変えて、新しく知って頂いた沢山の方々との新しい出会いや楽しさを共有できる場所にしたいと思っております。私自身、学歴も無ければ年齢も若くまだまだ勉強段階ではありますが自分の持っている何かを使って誰かの笑顔が生まれるように、一人でも多くの方を幸せに出来ればと思っております。

長くなりましたが最後までお読み頂きありがとうございました。

ご支援のほどよろしくお願い致します。

- LOTS OF LAUGH - WILIAMS

【実店舗情報】

【WILLIAMS Brooklyn Restaurant】

346-0001 埼玉県久喜市久喜中央1-3-14

0480-53-8983


本プロジェクトは西川口グローブリューハウス様との共同起案により、酒類のリターン製造・販売を行います。

《酒類販売管理者標識》

《酒類製造許可》

埼玉県西川口税務署

平成31年3月20日

ネイバー&ブラザーズ株式会社《GLOW BREW HOUSE》


<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください