Airwheel Z5はたった15秒でコンパクトに折りたたみできるキックボード。それにハイパワー電動モーターを搭載した最新鋭のスマートスクーターです。 今回は原付バイクとして街中の車道を走れる仕様にアレンジして登場しました。様々な場面での活躍をご紹介します!ぜひご支援ください。

プロジェクト本文

バスや電車にもラクラク持込乗車♪ 降りてから目的地まで道路をスイスイ

Airwheel Z5はコンパクトに簡単折り畳みできるキックボードと電動モーターを搭載したハイブリッドスマートスクーターです。
今回日本の交通法規に則した安全具を装備し、キャンプファイヤー特別ジャパンオーソライズドEditionとしてご紹介させて頂きます。
スマートなスタイルのキックボードとハイパワー電動スクーターを掛け合わせたZ5は現代の生活シーンでも違和感なく様々な場面で活躍できる近未来型スマートスクーターです。



 

ドライバーなどツールは一切不要な考え抜かれた設計でストレスなく車体を折りたたみめます。車体重量はわずか13kg!一般的なエンジン式原付スクーター(70kg)の約1/5なんですよ!

でも重いモノはやっぱり苦手!って方にも軽々とハンドキャリー出来るよう、今回の企画では特別に専用キャリーケースを製作してお付けします。

*ビデオで使用してるキャリーケースは試用サンプルです。募集期間中に活動報告としてケースの細かな仕様を報告させて頂く予定です。これに入れればバスや電車にラクラクそのまま持ち込めます。
 

100%電動エネルギーを動力としているので、とても静かで排気ガスも出ないクリーンなスクーター。搭載しているバッテリーは162.8whの大容量LG製リチウムイオン電池。家庭用100vコンセントに充電アダプターを差し込むだけで、1回2-3時間ほどで満充電にでき、その際の電気代も10円以下という高効率な節約型です。
最高時速は20km/時、急こう配な15度の坂道をグングン力強く登っていきます。
航続距離は、運転される方の体重や道程の坂道にもよりますが、70kgの人が平坦な道を満充電から走りだし20kmは走りきれる事を確認しております。
バッテリーにはスマートフォンを充電しながらの移動を可能にする「USBポート」も設置致しました。




Z5専用のAPP(Android,iOS両方あり)をBlueToothでアクセスすると、スピードメーター、最高時速設定、走行時間、バッテリー残容量、モーター出力情報など細かな車体情報をAPP上に表示してくれます。

 


●バックミラー
●ブレーキ操作に連動したブレーキライト(制動灯)
●20m前方を明るく照らす強力LEDヘッドランプ(前照灯)
●手元でバッテリー残量を3段階で表示するインジケーター+シンプルでスマートなアクセルスロット


通勤、通学などで歩いて10分の所って1km未満の距離ってご存知でした?「ほんの10km先の所にありますよ!」っていう場所でも2時間近く歩かないといけない事になるんです。
バスに乗って行こうかしら?都合よくすぐ来てくれたら良いけど…Z5はそんな時に威力を発揮します!

しかも、エンジン式の原付スクーターは重すぎて電車やバスに持込むなんて到底ムリ、タクシーのトランクに積むなんて(*_*; (*_*;
Z5は重量13kg(原付スクーターの約1/5)、折りたたむと85cm×20cm×40cmに収まります。



簡単に自動車のトランクに収まるので、遠くへのお出かけの時にも一緒に連れて行ける!公園の遊歩道や草原などを颯爽と風を切ってLongドライブを楽しんだりするのもおすすめです。

 

 

※ご購入いただく上で必ずご留意事項を確認の上ご承認ください※

特に①、②に関する申請ですが基本即日取得できる簡単な手続きです。よく読んで頂き準備を整えてから申請をしてください

 ①車両ナンバー登録の仕方について
Z5スクーターが手元に届いた後に、軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請(ナンバー登録)を必ず行ってください。基本的に即日交付される簡単な手続きです。各市町村役場の税務、税政関連の部署にて申請します。市町村役場で交付される「軽自動車税申告(報告)兼標識交付申請書」に必要事項を記入、印鑑(認印)、身分証明書(免許証・保険証など)を持参します。以下のリンクページに詳しく説明してますので必ずご覧ください


 

②自賠責保険への加入が必須です
ご利用頂くにあたって自賠責保険への加入も必要となります。ナンバー登録時に役場でナンバープレートと共にもらえる標識交付証明書を持って、契約期間に応じた保険料を日本国内の大手コンビニチェーン店にてお支払い頂くことで、即日、簡単に自賠責保険にご加入いただけます。以下のリンクページに詳しく説明してますので必ずご覧ください

 

③ヘルメットの着用が必須です
自転車モード、電動スクーターモード、ハイブリッドモードに関わらず、原付1種扱いになりますので、ヘルメットの着用が常時必須となります。

➃免許の携帯が必須です
この車を一般公道で運転するには、第一種原動機付自転車を運転することができる免許携帯が必要です。

⑤車道を走る必要があります
Z5スクーターは見た目はキックボードに近いですが、公道において、法律上は常に「原付スクーター」として扱われます。したがって、歩道の走行は禁止されておりますので、車道をご通行ください。

 

 


 

 

 

カラーバリエーション

 
技術アドバイザーとして懇意な付合いがある㈱赤松工業(兵庫県)とこのプロジェクトをきっかけにアフターメンテナンス提携を結ぶことになりました。
大規模な設備製作から微細な弱電装置まで幅広くモノ作りに精通したアカマツグループが万一の不具合に対しても対応してしていく体制を整えました。

 

 

私たち㈱UNITS はインターネットショッピングモールを中心に様々なショップ展開をしております。我々は劇的な技術進化の波中にあるパーソナルモビリティ(パソモビ)商品に注目し、レジャーカテゴリにあるアクティビティ商品として日本のモビリティファンへ紹介する先駆者として名乗りをあげました。
その事業ブランド名はTeamPMB(チームパソモビ)と名付け試乗会や展示会を行っています。今回キャンプファイヤーへのプロジェクトを公開するにあたりパソモビ業界において世界的な大手、Airwheel®社との強力なパートナーシップを築き上げ、日本の公道走行に必要な安全装具を装備したスマートスクーターZ5を特別仕様で生産する事に至りました。日本初のZ5ジャパンオーソライズドEditionが登場します。

 





【追記】 平成29年8月23日
この度、いくつか保安基準上の懸念の指摘がございましたので、改めて確認と調査をさせていただきました。その結果、いくつか仕様が代わる項目がございましたので、そちらについてお知らせをさせていただきます。

 

・方向指示器について
御使用者様の安全確保に必要な装具ですので取り付けをいたします。
進捗や仕様についても活動報告にてお知らせいたします。


・座席について
座席(サドル)がついているような写真がございましたが、当商品はサドルはついておりません。誤解を生むような画像を掲載してしまいましたことを、お詫びし訂正いたします。

・番号灯について
今後、基準に適合した番号灯の取り付けをいたします。進捗や仕様についても活動報告にてお知らせいたします。

・警音器について
当社が取り付けているものが基準を満たす警音器ではなかったため、仕様を変更いたします。進捗については活動報告にてお知らせいたします。

・制動装置について
基準を満たすブレーキが一系統のみであったため、追加で一系統取り付けいたします。仕様と進捗については活動報告にてお知らせいたします。

 

以上、今後もより一層安全で良い商品を皆様にご提供できるよう、努力してまいる所存でございます。

なお、この度の変更によりご支援額の設定が増減するような事はありません。

ぜひ引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください