はじめまして。和歌山県出身、スケートボードのパークという種目をしています、四十住さくらです。2021年3月に19歳の誕生日を迎えます。

 

スケートボードで「パーク」と言われても、皆さんにとってあまり聞きなれない種目かもしれませんが、パークは、障害物を利用しトリックを披露するストリートと並び、スケートボードとして、東京五輪の新種目に採用されている競技で、お椀状のコース上でいかに高さ、スピード、スタイル、難易度の高い技など決められるかを競う採点種目です。



このパーク種目で、私は2018年に開催された日本選手権、アジア大会、世界選手権の3大会でそれぞれ優勝し、すべてで「初代女王」になることができました。今は、世界で一握りの選手しかできない大技を武器に、五輪で結果を残せるように、より一層、日々の練習に力を入れています。


私がこれまで世界を転戦する中で目に飛び込んできたのは、世界各地の環境によって、スケートボード文化に驚くほど大きな差があることでした。選手にとってとても大事なボードも、上達を目指そうと良いものを選ぼうとしても、国によっては手が届かない値段になっている事実がある…ということもこういった面から知りました。


スケートボードはとても楽しいスポーツです。だからこそ、今よりもっと気軽で世界のもっと多くの人がその魅力を実感し、より純粋に競技に向き合える環境が必要だと感じています。その実現のために、私ができることはと考えたのが、今回のプロジェクト『スケートボードを世界のみんなに届けたい!』です。ご賛同いただける皆様からのご支援をよろしくお願いします!

私が競技を始めたのは、小学6年の時。最初は、13歳年上の大好きなお兄ちゃん・麗以八(れいや)と一緒に遊ぶため、スケートボードに乗り始めたのがきっかけでした。

(スケボーを始めた頃の四十住さくら)

ボードに乗れるようになると、その後はとにかくお兄ちゃんに褒めてもらいたくて、お兄ちゃんにもらったスケートボードで必死に練習を続けました。そんなスケボーにのめり込む姿を見た両親は家の庭を専用練習場に改造してくれ、その期待に応えるように私もより頑張って練習しました。そういった生活を続けていくうちにレベルが上達し、遂には学校が終わると、より良い練習場を求め、母に大阪や神戸、時には三重まで車で毎日送り迎えをしてもらう生活に変わりました。夜遅くまで練習する生活をしていたので、親子で車中泊し、日が昇るとそのまま学校へ向かうこともありました。


そういった家族も支えがあって、ずっと競技に熱中することができていた私に中学3年生の時、大きな目標ができました。東京五輪の新競技にスケートボードが採用されたんです。2016年には全日本レディースで優勝。翌年には海外に挑戦しVans Park Series Asian Championshipで3位に入賞。そして、2018年の日本選手権、アジア大会、世界選手権でも優勝に繋げることができ、3つの大きな大会で、「初代女王」を手にすることができ、私自身もどんどん自信がついていきました。

(2018年アジア大会 金メダル)

(2018年世界選手権 優勝)


残すは五輪での「初代女王」!去年は11月、老舗酒造会社・吉村秀雄商店さんに倉庫を無償提供していただき完成したプライベート練習場「サクラパーク」もできたので、ここからライバルたちとの差を広げて、必ずいい成績を残して、ずっと献身的にサポートしてくれた家族に恩返しをすることが今の明確な目標です。


選手として、大会で結果を残したいという気持ちはいつも強くありますが、一方で、スケートボードにハマったひとりとしてあるのが、この魅力を多くの人に知ってもらいたいという思いです。

これまで私が競技を通して世界を転戦し、いろんな国の選手たちを見てきた中で、強く印象に残っていることがあります。それは、日本・アメリカ・ヨーロッパなどのスケボー先進国と東南アジアなどの国の選手との差が驚くほど大きいことでした。

世界大会で東南アジアに行った時も、ドーハに行った時も、同じゲームに出場しているのに、国によって選手のレベルは歴然で、2018年のアジア大会でジャカルタに遠征に行った時にもこれと同じことを感じました。

その原因の一つに道具がありました。そのような国ではまだまだスケートボードは高価な物で、国のトップ選手でも大会では、見るからに良いボードを使っていないほどです。この状況を見て、まだまだスケートボード文化は世界で発展しきっていないんだということを強く肌で感じました。私自身も最近になってわかったことですが、私が競技に熱中していたことで、当時、支えてくれていた四十住家の家計は苦しかったことを知りました。

日本で競技をする私でさえ、スケートボードを続けるうえで費用がかかる中、国によってはずっと厳しい状況下でいる人、用具を買うどころではない人も多いことは簡単に想像がつきます。それでも、そういった人に、こんなに楽しいスポーツをもっと世界中のみんなに伝えたい。そして、大会でも、世界の選手たちと環境の違いによる差を取り払った“技と技のぶつかり合い”をしてみたいという想いが芽生えました。

今後、そんな風に少しでも近づいていければいいなと、小さい活動かもしれませんが、本プロジェクトはその第一歩です。プロジェクトネームは、『Go around project』にしました。これは、私がヨーロッパ、アジア、南米、アメリカなどをまわった中で、経済やスケボー文化の後進国の現状を変えたいと強く感じていることから、心を込めて名付けたものです。今回は、東南アジアで暮らす人たちに普段の生活では手が届かないような良いスケートボードを30枚送ってあげることを目指します。このプロジェクトをきっかけに、スケボーの楽しさを知ってもらうことはもちろんのこと、コロナが終息して、私がまた世界中を回った時、いつかこのボードを使い、スケボーの魅力を知ってくれた子どもたちとも交流できれば、こんなに嬉しいことはありません。この先、応援してくださる皆さんと私、そして、スケートボードで遊ぶまだ見ぬ子どもたちの笑顔がひとつになれる、そんな明るい未来を願っています。


今回クラウドファンディングで集まった資金は、以下に充てさせていただきます。

・ボード購入費+配送費
・リターン費
・CAMPFIRE手数料
・その他諸経費


----------------------------------------------------
第一生命では、入力いただいた内容を以下の業務などに活用します。
● 関連会社・提携会社を含む各種商品・サービスの案内・提供
● 第一生命の業務に関する情報提供・運営管理
※ 各種商品・サービスの詳細は、こちらでご覧いただけます。
https://www.dai-ichi-life.co.jp/personal_date/index.html

-----------------------------------------------------


私も、世界の中で日本人が活躍することで国内でもスケートボードに興味を持ってもらえるよう、世界の人たちがもっと日本に目を向けてもらえるように頑張ります!そして、このプロジェクトでも皆様とともに、スケートボードを通して世界を明るくできればと思っています!ご支援のほど、よろしくお願いいたします!



スケートボード(パーク)/四十住さくら(よそずみ さくら)

●出身:和歌山県岩出市
●生年月日:2002年3月15日
●所属:株式会社ベンヌ
●身長:159cm
●趣味:スケートボード
●特技:スケートボード、折り紙
●息抜き: YouTubeでスケートボードの動画を見ること
●主な戦績:
 2016年 全日本レディース優勝
 2018年 全日本選手権優勝
 2018年 アジア大会金メダル
 2018年 世界選手権優勝
 2019年 Vans Women's Pro Tour World Championships優勝


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください