はじめに・ご挨拶

ご覧いただきありがとうございます。合同会社加賀温泉です。

私たちは、観光協会、商店街、行政、その他、加賀温泉郷に関わるさまざまな組織の調整の場となって、加賀温泉郷の活性化のための活動を、まちづくりの観点から総合的に企画・調整し、その実現を図るまちづくり会社です。

はじめに、石川県にある加賀温泉郷のご説明をします。「山中」「山代」「片山津」「粟津」 の4つの温泉で構成されている、1300年もの長い長い歴史を持つ温泉郷です。

松尾芭蕉や与謝野晶子、谷崎潤一郎、北大路魯山人など、誰もが知る文化人や芸術家に愛されてきました。歴史を重ねてきたからこそ伝統のおもてなしや、流れてきた時を味わえる旅館がたくさんあります。

日本三名山のひとつとして名高い「霊峰白山」の恵みにより育まれた温泉は、それぞれの温泉地によって異なるロケーションと効能を持ち、何度来ても飽きることがありません。

たとえば、片山津の総湯は周囲をぐるりと柴山潟に囲まれ、水と溶け合うような感覚を味わえます。一方で山代温泉の象徴でもある古総湯では、ステンドグラスのような美しい九谷焼のタイルがもたらす、温泉の神様がそこにいるように感じられるどこか非現実的な空間で、昔ながらの「湯あみ」スタイルでじっくりと温泉そのものを楽しめます。

もちろん旅行といえば、美味しいグルメも欠かせません。日本海の新鮮なカニやエビ、地酒。九谷焼や山中塗の美しい器で味わう食事は、五感をまるごと満たしてくれます。最近では地元の食材を活かした「加賀パフェ」をさまざまなお店が独自のスタイルで作り上げ、人気を集めています。


「遊びに来てください」と言いたいのに言えない現状と、加賀温泉郷がやってきたこと

<画像提供/葉渡莉>


しかし、2020年に発生した新型コロナウイルス感染症の影響で、お客さんの数は激減。加賀温泉郷は先が見えない状態が続いているのが正直なところです。温泉郷は、ときに寂しさを覚えるほどに静かな日々が続いています。

加賀温泉郷は、心まで温まり、体の中から日頃のストレスやモヤモヤをリセットできるような気持ちの良い温泉や美味しい食事、素晴らしい景観をはじめとした、リフレッシュにぴったりな場所。何かと落ち込むことが多い時期だからこそ、皆さんの体と心を癒すべく「遊びに来て元気になっていってください!」……と、本当であれば言いたいところですが、なかなか気軽にお誘いすることができない状態が続いています。

コロナ禍で誘客ができない中何ができるかを考えて、2020年7月には旅館や地域を広く支援できるECサイト『かいねや加賀』を立ち上げ、行き場を失った多くの地域のお店にお金が回るようにお手伝いを始めました。

全国の方が、今購入すると未来にお得に使える宿泊券や飲食券。旬の味覚を味わえるお取り寄せグルメ。職人が手がける伝統工芸品。さまざまな加賀温泉郷にまつわる商品を購入して、おうちでゆっくりと楽しむことができます。

特に、未来に泊まれる宿泊チケット「みらい宿泊券」は、旅館など宿泊施設の宿泊料を前払いで購入することで、宿泊施設にとっては直接的な支援になり、買う人にとっては少しお得に泊まることができるもの。お互いにとって良いことがあるように、仕組みを整えました。


加賀温泉郷は、この温泉地をもっとたくさんの人に知ってもらい愛してもらえるように、これまでにもさまざまなチャレンジを行ってきました。

たとえば、2011年からは「レディー・カガ」と銘打ち、加賀温泉の旅館やお店で実際に働く女性を起用した観光キャンペーンを行っています。

2012年からは、温泉と音楽の融合をテーマに「加賀温泉郷フェス」をスタート。当初は温泉近くの湖畔公園で開催していましたが、2016年から会場をプロが選ぶ旅館100選にも認定された名門旅館「瑠璃光」を貸し切って何か所もステージを作り「旅館でフェスをする」という、他にはない試みを開始しました。2020年は開催を見送りましたが「今年はフェスがなくて寂しかったので泊まりに来ました」というお客さんの声もいただき、とても嬉しかったです。

<画像提供/瑠璃光>


さらに2018年からはモーニング娘。の加賀楓さんに加賀温泉郷の観光大使を務めていただいたことをきっかけに、これまで加賀温泉郷に来たことがなかった多くのモーニング娘。ファンの方に足を運んでいただけるようになりました。「今はなかなか行きたくても行けないけれど、加賀温泉郷のために何かがしたい」という声を多くいただき、かいねや加賀では加賀さんのファンの方に少しでも喜んでいただけるようにオリジナルグッズ販売にも力を入れています。


石川県内や北陸地方の人のみならず、日本全国の方に加賀温泉郷を愛してもらえることは、本当にありがたいことです。いつも本当に、あたたかい応援をいただきありがとうございます。


とはいえ、やはり「お客さんに来てくださいと言えない」今の加賀温泉郷は、近年かつてない危機を迎えています。存続の危機と言っても過言ではありません。

新型コロナウイルスの影響を受け、緊急事態宣言下の昨年春はほとんどの旅館が休館していました。2020年10月・11月には「Go To トラベル」効果で、前年の売り上げを上回る施設もありました。しかし、冬以降の感染再拡大を受け、再び休館や、休業日を設ける旅館が相次いでいます。平日は営業せず、お客さんが見込める土日のみ営業している旅館も少なくありません。休館中に従業員の研修を強化し、次にお客様が増える時期に備えて力を蓄えている旅館もあります。この状況を耐え抜いて生きています。

それでも正直申し上げて、みなさんが今行きたいと思っているあの場所は、次に行ったときにはないかもしれません。それが今の実情です。



加賀温泉郷を愛してくださる方と一緒に、歴史を未来に繋げていくために

そこでこのたび、クラウドファンディングに挑戦することを決めました。

どうか、私たち加賀温泉郷の未来を一緒に作っていただけないでしょうか。

皆さまからお預かりした支援金は、合同会社加賀温泉が責任を持って、加賀温泉郷を未来へ繋げていくための活動などに惜しみなく使用させていただきます。

たとえば、「かいねや加賀」では、もっと皆さんに喜んでいただけるような商品を開発し、お届けしていきたいと考えています。オリジナルグッズはもちろん、自宅にいながら旅館を再現できるようなオンラインツアーのような体験の仕組みを作り「旅館のお取り寄せ」を実現すること。

現地では、映画の上映会やアート、ワークショップなどのミニイベントを少しずつ再開していくこと。

オンラインで全国どこからでも参加可能なものも、温泉郷に来たからこそ参加できるものも、どちらの方にとっても楽しめるようなものをどんどん行っていきます。このような状況ですから、もっと気軽にひとり旅を楽しみたいという方を応援できるようなプランも考えていきたいです。

どんなことをやっていこうか、どうしたら加賀温泉郷を愛してくださっているたくさんの方に喜んでいただけるか、そしてもっとたくさんの方に楽しんでいただけるか…。こんなときだからこそ、頭をひねって考え続けています。

今回ご支援いただいた方には、実現の際には真っ先にご報告させていただきます。

(これは、2018年夏の写真です。またいつか、このくらい多くの人で加賀温泉郷が賑わってくれる日を、心から願っています)


加賀温泉郷で、楓の木の植樹祭を行いたい

さらにはこのような危機を乗り越え、未来へ長くみなさまとのご縁が繋がっていく象徴として、現在加賀温泉郷の観光大使を務めていただいているモーニング娘。’21の加賀楓さんの名前にちなみ、楓の木の植樹祭を考えています。

今の状況を乗り越えて、何年後、そして何十年後に、訪れるたびにどんどん育っていく楓の木を眺めながら「こんなこともあったよね」と友人同士の思い出話や、ご家族との話題のきっかけになったら……。加賀温泉郷がそうやって長く愛していただける場所になったら、これほど嬉しいことはありません。

その他にもこちらのクラウドファンディングで集まった資金をもとに、より加賀温泉郷の魅力を多くの方に知ってもらえるように、パンフレットやポスターの撮影・新ビジュアル制作を行ったり、みなさんに「絶対に行きたい」と思っていただけるようなイベント開催をしたり、さまざまな運営資金にあてさせていただきます。

みなさんの応援が直接加賀温泉郷の力になります。一緒に今の危機を乗り越え、加賀温泉郷の今を、そして未来を作っていきましょう。




最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

状況が良くなっていくのが数か月先なのか、それとも年単位で先なのか。なかなか未来が見えない中、これを読んでくださったあなたにクラウドファンディングを通していただく支援が、本当に大きな支えになります。また、追っていくつかのリターンを追加する予定です。お伝えできる状況になり次第、またご報告させていただきます。

加賀は、引力です。いつか状況が落ち着いたときに、加賀温泉郷で笑顔でお会いできることを心から願っています。どうかお互いに笑顔で、お会いしましょう。一緒に加賀を、盛り上げていきましょう。

その日を迎えるために、みなさまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

<画像提供/瑠璃光>

是非またいつか、癒されに遊びに来てくださいね。



<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

*いただいた資金の一部はクラウドファンディング手数料にもあてさせていただきます。


リターンにまつわる補足

<みらい宿泊券・みらい飲食券について>


「みらい宿泊券」「みらい飲食券」は、未来に使える宿泊・飲食チケット(金券)のこと。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、休業や営業自粛を余儀なくされた加賀温泉郷の宿泊施設や飲食店を応援するため、宿泊代・飲食代を先払いでいただく支援プロジェクトです。

いつか加賀温泉郷へお越しいただいた日にご利用ください。かいねや加賀に加盟する下記の宿泊施設・飲食店でお使いいただけます。

チケット使用可能期間は2021年12月1日〜2022年11月30日の1年間です。

【みらい宿泊券加盟宿泊施設】

瑠璃光(山代温泉)
葉渡莉(山代温泉)
ホテルききょう(山代温泉)
湖畔の宿森本(片山津温泉)
吉田屋山王閣(山代温泉)
森の栖 リゾート&スパ(山代温泉)
すゞや今日楼(山中温泉)

※施設によって金額は異なります。

【みらい飲食券加盟店】

play
べんがらや
Asian Dining&Bar DaFu
焼肉MaDa
しもつね菓子店
割烹河口
加賀フルーツランド
まちカフェ
割烹もりもと
喫茶みちくさ
すだに酒店。
辻酒販
かがの湯ぷりん


*ご購入から半年を目安にご利用いただくこととなっておりましたが、緊急事態宣言の延長、GoToトラベルの延期などにより、ご利用期限を1年に延長させていただきました。
*各店の休業日、利用条件の詳細などはご利用前にご確認ください。
*加盟店は予告なく変わることがございますので、ご利用になる前にご確認されることをおすすめいたします。
*他のサービス券との併用はいたしかねますのでご了承ください。
*参加店舗であれば除外サービスなく利用可能です。


■ 特定商取引法に関する記載
●販売事業者名: 合同会社加賀温泉
● 事業者の住所/所在地:
〒922-0243 石川県加賀市山代温泉北部3-70
● 事業者の電話番号:
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください