はじめに・ご挨拶

このページを訪れてくださり、ありがとうございます!

あなたは、着物がお好きな方でしょうか。それともチョコレート?
あるいはエクアドルに思い入れや関係のある方でしょうか。



私たちは、日本とエクアドルが外交関係樹立100周年を迎えた2018年に、日本の方にエクアドルのことを知ってもらおうと結成したグループ「Ama la vida(アマ・ラ・ビーダ)」(スペイン語で「生(命)を愛する」という意味で、エクアドル政府のキャッチフレーズでもあります)の3人です。

エクアドルKIMONOプロジェクト A ma la vida 

なんと100年前にエクアドルに渡った日本人の中には、1000円札でお馴染みの野口英世博士がいらっしゃって、1000円札の写真は、エクアドルの最大都市グアヤキルで当時撮られたものだそうです。あまりエクアドルを知らない方にとっても少し身近に感じてもらえるのではないかと思います。





さて、『KIMONOプロジェクト』という活動を、ご存じでしょうか。全世界の国や地域をモチーフにした着物を制作するという、壮大なプロジェクトで、2020年、213全ての国や地域に1着ずつの着物が完成し、公開されました。

「KIMONO プロジェクト〜Imagine one world〜」

私たちが、エクアドルのKIMONOを初めて見たのは、2019年、駐日エクアドル大使よりエクアドルの独立記念日の式典に招待されたときでした。そのときの衝撃と感動は、今でも忘れられません。振袖と帯という日本の伝統文化に、エクアドルという遠く離れた異国の地にある「4つの世界」が見事に表現され、会場に飾られていたのです。

【4つの世界】

「エクアドルには4つの世界がある」。これはエクアドルを紹介するときによく使われる言葉です。日本よりも小さな国土面積に、アマゾンの熱帯雨林地方、雪を被ったアンデスの高山地方、ビーチが広がる海岸地帯、そしてガラパゴス諸島。この4つそれぞれの地域で、気候も、季節も、風習も、言語も、文化も、人も全て異なり、とても一言で「エクアドルはこんな国」とは言えないのです。(地域によって学校の入学の時期も違います!)

逆に言うと、とても「おいしい」国とも言えます。1国で4国分楽しめる。ちょっと移動する毎に、別の国を訪れたような変化があり、その風景から目を離せなくなります。そしてそんな世界が、エクアドルのKIMONOの中に凝縮されて、表現されているのです!


「おいしい」といえば、カカオ発祥の地として知られているエクアドルですが、素晴らしい質のカカオが採れる産地はこの4つのうちの、海岸地帯とアマゾン地帯になります。

【エクアドルのKIMONOについて】

右から、アマゾン熱帯地域、アンデス高山地域、海岸地域(海洋)、そして左上にガラパゴス諸島が表現されています。

この着物を制作された作家の赤地暁さんは、東京のエクアドル大使館にバルベリス駐日大使を訪問して、エクアドルという国について深くお聞きになり、この着物のデザインに着手されたとのこと。行かれたことがない国を、着物という1枚のキャンバスに描かれ、それを伝統技術をもって作り上げるのには、相当の熟練した技とイマジネーション、さらにはプレッシャーやご苦労があったのではないかと思います。

エクアドルのKIMONO制作者

赤地 暁 Satoru Akaji

加賀友禅統工芸士   赤地暁染色画工房 主宰
1960年 金沢市生まれ 
2013年 第39回 加賀友禅新作競技会「石川県知事賞」受賞
2020年 第62回 伝統加賀友禅工芸展「銅賞」受賞
     など、数々の賞を受賞


花鳥風月と四季折々の豊かな自然をコンセプトに、「着る人をより美しくするキモノ」を理想として、新しい構図と彩色を常に追求されています。 


バルベリス駐日大使と赤地さん








ファウンダーの高倉さんと共にエクアドルの情報を調べていらっしゃいます。







出来上がった着物は、まさに日本とエクアドルを最高に美しく繋げる「架け橋」となっていました。エクアドルの多様で緻密な自然の美しさと繊細な着物という文化が、見事に組み合わさり、火山、ゾウガメやイグアナ、クジラ・・・など一見着物と合いそうにないものが、作品の上に乗ると不思議と違和感なく感じられました。そしてモデルさんに着てもらって、一層良く馴染み、まるで日本とエクアドルの文化が融合して溶けた感覚さえ感じることができました。

モデルはエクアドル人のソランジさん(美しいキモノ撮影日に奥野撮影)


ガラパゴス諸島の島がゾウガメの甲羅に見立てられています。そして分かりづらいですが、写真の左下には、ウミイグアナの姿も表現されています。
波やしぶきの表現も、海の色の濃淡もとても素敵です。





袖の反対側には、やはりガラパゴス諸島に自生するウチワサボテンと、陸上生態系の頂点にいる固有種ガラパゴスノスリが、赤道下の太陽の光と共に描かれています。










エクアドルには、富士山よりも高い山が20以上あります。赤道直下なのに、万年雪をかぶり、中には「南米の富士」とも言われる、富士山にそっくりの山もあるんです!


ご存じ方も多いと思いますが、地球は赤道方向に楕円になっており、エクアドルの最高峰チンボラッソ山(6310m)は、世界一高いエベレストよりも、地球の中心から山頂までの距離が長い…つまり地球上で最も太陽に近い場所、としても知られています。
また、カトレア(洋ラン)の原産国でもあるエクアドル。着物を着たときに、ちょうど正面に来る位置に、大きなカトレアが華やかに描かれています。


キトから見えた「コトパクシ山」


【太陽と世界の中心】

4つの世界にかかるのは、着物の右肩から降りそそぐ太陽の光です。エクアドルはスペイン語で「赤道」という意味で、世界で最も赤道に近い首都がエクアドルのキト(Quito)です。キトの近郊には「世界の真ん中」という名の赤道記念碑があり、赤道を挟んで、南と北を足で跨ぐこともできます!


「世界の真ん中」があり、「太陽に一番近い」場所があり、そして「赤道」という名の「エクアドル」。このエクアドルを象徴する赤道下の太陽をも、KIMONOの中に取り入れ表現された、赤地さんのセンスと技巧に心から尊敬の意を表したいです。




【帯もお忘れなく】

最後にどうしてもお伝えしたいのは、エクアドルの「金」が表現された帯です。南米大陸の西部で栄えたインカ帝国がスペインに征服されたとき、スペインの方は、インカ帝国第2の都市だったキトを、キリスト教布教の拠点に据え、金をふんだんに使用した教会を多数建設しました。

この金は当時のエクアドルで採れたもので、まさに「エルドラド(黄金郷)」ならではの装飾ですが、スペイン人の権威の象徴にもなりました。
これらの教会群は、ガラパゴス諸島と同じ1978年に、最初の世界遺産として登録されています。この教会群の中で、金箔の量が最も多く、南アメリカで最も美しい教会と言われる「ラ・コンパーニャ教会」の金の装飾をイメージされ、これに日本伝統の模様(華文)を組み合わせて創られたのが、エクアドルのKIMONOの帯です。

琥珀色の壁の色を金の濃淡で表現し、格調高い華文柄を創意工夫のもとに制作した手織の作品。地組織にもさまざまな金属糸を用いることで複雑な質感を醸し出し、教会の持つ威厳を損なわないよう配色は、華美にならないよう工夫が凝らされています。 金という華やかな中に、日本の落ち着いた文様が合わさり、とても美しく、そしてエクアドルらしさもあり、また着物とも良く合った帯で、振袖と帯の組み合わせによって、自然美と歴史の融合さえも表現されているのです。

OBI制作者
西陣まいづる Nishijin-Maizuru
明治40年創業。美しく魅力的な織物を作り続けること。世間でお役に立ち、必要とされる織物を作り続けること。志を強く持ち、謙虚に学び、時代の変化に対応した織物を続けていくことをポリシーに「ものづくり」をされています。


【一番大切なのは、やっぱり「人」】

最後にここで、エクアドルのKIMONOに唯一表現されていない、エクアドル最大の魅力をお伝えします。それは私たちをいつも温かく受け入れてくれる太陽のようなエクアドルの人々です。でも表現されていなくていいのです。なぜなら着物は人が着ることで受け継がれるからです。このKIMONOは日本とエクアドルの「人」によって継承され、今後も両国の人々により守られていきます。


【人生は、うれしい!美味しい!楽しい!の連続だ】

さて、私たち3人は、エクアドルの固有種アリバカカオをレイズトレード(讃井)、アマゾン熱帯雨林の先住民アチュアル族と連携した社会変革(鳥谷部)、ガラパゴス諸島の保全活動の支援 (奥野)を通じて、日本とエクアドルを繋ぐ活動をしてきました。それぞれがエクアドルの魅力に取り憑かれ、この「うれしい!美味しい!楽しい!」という幸せが詰まった「命を愛する」国を、日本の皆さんに紹介したい、という強い気持ちに動かされてきました。そしてこのKIMONOは、そんな日本とエクアドルを繋いできた私たちにとって、これまで築いてきた両国間の友好や絆を体現してくれたものです。

さらには、これまでエクアドルと日本と繋いでくださってきた先人達の足跡や功績、努力やご苦労の結果として、2つの国の文化の融合という形で表されたものでもあります。

日本の皆さんにこの着物を紹介して、もっとエクアドルを知ってもらいたい。
エクアドルの皆さんにこの着物を紹介して、もっと日本の文化を知ってもらいたい。

これから続いていく次の100年に向けて、野口英世さんの写真のように、「100年前の着物だよ」と両国で語ってもらえるような存在にしたい。日本とエクアドルの友好の証として。

エクアドルは南米の中でも小さな国で、ペルーやブラジルのような大きな日系社会もなく、エクアドルに住む日本人も、日本に住むエクアドル人も数百人程しかいません。旅行に行かれた方はいらっしゃるかもしれませんが、深く関わる方は多くなく、日本での知名度は「ガラパゴス諸島」くらいでしょうか。でもこんなに魅力の詰まった、素晴らしい国なのです。

そしてこのプロジェクトのリターンは、そんなエクアドルの魅力が詰まったものと、作家さんの作品を選びました。沢山の太陽を浴びて栽培されたカカオから作られたチョコレートと、世界遺産の地で栽培されたガラパゴスのコーヒー、正絹で織られた日本の伝統柄のマスクなど、皆さんにぜひ1度試して頂きたいものです。

【皆さんにお願いしたい支援】

皆さんにお願いしたいのは、この日本とエクアドルの「架け橋」となる、エクアドルのKIMONOの制作費200万円のうちの一部です。200万円という額は、各国一律の制作費で、振袖の制作が100万円、帯の制作が50万円、その他小物類が50万円。ほぼ全額が制作者の方に支払われることになります。着物のことをご存じでなくても、世界でたった一つのオリジナルの最高級の着物として、決して高すぎる金額ではないことは分かって頂けると思います。

エクアドルのKIMONOの資金はまだ集まっておらず、制作者の方にとっては、ご自身が作ったKIMONOが受け入れられていないのではないかと、もしかしたら不安に思われているかもしれません。素晴らしい国の、素晴らしい着物を作ってくださった制作者の方に、資金が集まったことを、一日も早くご報告できればと思っています。

エクアドルを、そしてエクアドルのものを愛する皆さんのお力を、どうか貸してください。
私たちは、このKIMONOを使って、次に続く100年に向け、両国の絆を紡ぐ活動をします。

これまでの活動

◆2018年10月12日~17日
日エクアドル外交樹立100周年に ”カフェ・スロー” でエクアドルweekを開催しました。エクアドルの音楽や美味しい食べ物、アマゾンの映画自主上映、ガラパゴスの写真展などを行いました。


エクアドルの4つの気候を代表して、それぞれの活動や課題、これからを語ったエクアドルトークショー(左から讃井・鳥谷部・宇野(NPO法人アジア太平洋資料センター)・奥野)





◆2019年9月30日
アルゼンチン音楽同好会主宰のCena de Amor (エクアドルの夕べ)にて
着物の展示をさせていただきました。
エクアドル音楽の代表で、文化大使として世界的に活躍するバンドSISAY(シサイ)のチャリティーディナーショーが行われました。







◆2019年10月
奥野玉紀が和楽庵さんに取材された内容が「美しいキモノ」2019年冬号に掲載されました。
美しいキモノ2019年冬号PR誌より抜粋

◆2019年12月

在日エクアドル大使公邸にて、バルベリス大使、ご家族と。
お嬢さんにエクアドルのKIMONOを着用していただきました。

素敵に着こなしてくださっています。






きものが大好きでエクアドルから留学をしているニコルさん(左端)。大使ご家族の着物は彼女が着付けてくれました。







◆2020年10月16日~18日

「2020着物に世界を映す」展覧会
京都市京セラ美術館にて213枚の着物と帯を展示

KIMONOプロジェクト発起人、高倉慶応氏と
福岡県久留米市で呉服屋「蝶屋」 を営んでおられる高倉氏より、プロジェクトにかける想いを伺っているうちに、エクアドルとの文化交流に活用したいという想いと、日本の伝統技術の継承や発展にも貢献したいと思いました。




◆2021年3月31日
クラウドファンディングスタートしました。

エクアドル大使館にクラウドファンディング開始の報告と、KIMONO図録をお届けしました。







◆2021年4月9日
元駐エクアドル日本大使 小瀧徹様より応援メッセージをいただきました。

日本とエクアドルの友好は、これまで関係を築いてくださってきた多くの方により支えられてきました。
最近では、2018年の外交100周年を記念しての各種行事を通じ一段と関係を深めることができました。
また今度は、この素晴らしい着物が日本とエクアドルの架け橋となって、更なる関係の構築に寄与することを願ってやみません。



資金の使い道

着物の製作費は合計200万円です。
(内訳:着物代100万円 帯代50万円 仕立・小物代50万円)
今回は、まずそのうちの150万円を集めさせていただきます。
(リターンの費用・送料、CAMPFIREさんへの手数料他事務費用を含みます。)

リターンについて

すぐに応援コース(1,000円)
 お礼のメール、個人情報の記入が必要なく、すぐに応援できるコースです。 
KIMONOプロジェクト応援コース(1,000円)お礼のメール
KIMONOプロジェクト応援コース(3,000円)お礼のメール、HPにお名前掲載
チョコで応援コースA (5,000円)お礼のお葉書、2,000円相当のチョコレート、HPにお名前掲載
KIMONOプロジェクトポストカードで応援コース(10,000円)お礼のお葉書、HPにお名前掲載
チョコで応援コースB(10,000円)お礼のお葉書、5,000円相当のチョコレート、HPにお名前掲載
『アチュアルの夢』DVDを見て応援コース(10,000円)お礼のお葉書、アチュアルの夢DVD(3,888円)、HPにお名前掲載
ガラパゴスコーヒーで応援コース (10,000円)お礼のお葉書、ガラパゴスコーヒー150g、HPにお名前掲載
西陣まいづるさん特製の夏マスクで応援コース=紺色=(10000円)
 マスク、お礼のポストカード、HPにお名前掲載
 ※マスク素材:絹100%(マスク部分)、ワイアー(樹脂)ナイロン、ポリウレタン(ゴム)
 色:紺、サイズ:M、生産国:日本製
◆西陣まいづるさん特製の夏マスクで応援コース=ブルーグレー=(10000円)
 マスク、お礼のポストカード、HPにお名前掲載
 ※マスク素材:絹100%(マスク部分)、ワイアー(樹脂)ナイロン、ポリウレタン(ゴム)
 色:ブルーグレー、サイズ:M、生産国:日本製
KIMONOプロジェクト-グアヤキルコース(30,000円)お礼のお葉書、福袋グアヤキルセット、HPにお名前掲載
KIMONOプロジェクト-キトコース(50,000円)お礼のお葉書、福袋キトセット、HPにお名前掲載

マスクで応援コースが充実しました。
◆【限定1点のみ】赤地暁さん直筆の特製マスクで応援コース=猫= (5000円)   
 ※マスク、お礼のポストカード
 マスク 素材:ポリエステル92%、ポリウレタン8%  
 色:白  サイズ:M  生産国:日本製 ・お礼のポストカード
◆【限定1点のみ】赤地暁さん直筆の特製マスクで応援コース=歌舞伎= (5000円)   
 マスク、お礼のポストカード
 ※マスク 素材:ポリエステル92%、ポリウレタン8%  
 色:白  サイズ:M  生産国:日本製 ・お礼のポストカード
◆【限定1点のみ】赤地暁さん直筆の特製マスクで応援コース=波= (5000円)   
 
マスク、お礼のポストカード
 ※マスク 素材:ポリエステル92%、ポリウレタン8%  
 色:白  サイズ:M  生産国:日本製 ・お礼のポストカード
◆【限定1点のみ】赤地暁さん直筆の特製マスクで応援コース=蘭= (5000円)   
 
マスク、お礼のポストカード
 ※マスク 素材:ポリエステル92%、ポリウレタン8%  
 色:白  サイズ:M  生産国:日本製 ・お礼のポストカード 
西陣まいづるさん特製の夏マスクで応援コース=紺色=(5000円)
 マスク、お礼のポストカード
 ※マスク素材:絹100%(マスク部分)、ワイアー(樹脂)ナイロン、ポリウレタン(ゴム)
 色:紺、サイズ:M、生産国:日本製
西陣まいづるさん特製の夏マスクで応援コース=ブルーグレー=(5000円)
 
マスク、お礼のポストカード
 ※マスク素材:絹100%(マスク部分)、ワイアー(樹脂)ナイロン、ポリウレタン(ゴム)
 色:ブルーグレー、サイズ:M、生産国:日本製

実施スケジュール

2021年3月31日  クラウドファンディング開始
2021年5月31日  クラウドファンディング完了
2021年6月1日~順次 リターンの発送

最後に

ここまでお読みくださってありがとうございます。

私たちが取り組む課題は、単にKIMONOの制作費が集まれば良い、というものではありません。なぜならKIMONOを作っただけで両国が繋がるわけではないからです。これまで私たちが、守り育ててきた両国を繋ぐ物─カカオや自然、民族や文化などと同様に、このエクアドルのKIMONOを守り活用し、これを媒介にした、様々な出会いやご縁により、両国の友好関係を一層強固にすることがこのプロジェクトの目的です。

アンデス地方に昔から伝えられてきた話に「はちどりのひとしずく」という物語があります。
それはこんなお話です。

森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」

出典:「ハチドリのひとしずく」 辻 信一監修 光文社刊 2005年

これまで、多くの方の「ひとしずく」で日本とエクアドルは繋がってきました。未来に続くこの関係を、ぜひあなたのひとしずくで応援してください。


エクアドルKIMONOプロジェクトA ma la Vida メンバー一同


プロジェクトメンバー紹介

讃井里佳子(さぬいりかこ)博多生まれ東京都在住
株式会社パートナーズ・ジャパンYAMATE 代表

福岡大学にて運動生理学を学び、健康づくりのための運動を指導する。
「健康=運動、心、食」をテーマにコーチング、スロージョギング🄬、10分ランチフィットネス🄬の普及を行う。
2012年にエクアドルのアリバカカオに出逢い、アリバカカオの素晴らしさを知ってもらうためと、種の保存に貢献したいと「ノエルベルデ」チョコレート、カカオ豆、製菓材料の輸入卸小売販売を行う。好奇心に枠はなく、知りたがりや、「よろこび」のきっかけづくりや。
2019年4月講談社+α新書「らくらくスロージョギング運動」発刊


鳥谷部 愛(とりやべ あい)
東京都生まれ、久米島在住
早稲田大学卒
Earthwisdom Japan 代表

社会で活躍する人材を育成したいと人材開発コンサルティング会社に勤務。
2013 年にリン・ツイストの書籍『ソウル・オブ・マネー』に出会い、現代の資本主義社会が欠乏のストーリーから動いているということを実感。
NPO 法人セブン・ジェネレーションズの活動の源になっているエクアドルの先住民アチュアル族を訪ねた映画「アチュアルの夢」のプロジェクトリーダー、アースウィズダム・ジャパン代表としてエクアドルツアーのリーダーを務める。
2020年、熱帯雨林のある地域でより持続可能な生き方をするため、夫、3人の子どもと沖縄県・久米島へ移住。学校教育に関わりながらアマゾン熱帯雨林とつながる活動を続けている。


奥野 玉紀(おくの たまき)
東京都生まれ、八王子在住
NPO法人日本ガラパゴスの会(JAGA) 理事・事務局長 

1992年、異文化交流プログラムでエクアドルに1年留学。
2005年、日本人研究者らと、ガラパゴスの保全を支援する団体(JAGA)を設立。
チャールズ・ダーウィン財団(CDF)で国際ボランティアスタッフとしても活動している。
ガラパゴスの保全を日本から支援すると共に、日本国内では、書籍やTV番組の監修、講演活動などを通じてガラパゴスの情報を発信したり、子どもたちへ科学や自然、環境について話をしたりする活動を行う。
同じ世界遺産小笠原諸島(&管轄の東京都)とガラパゴスを繋ぐ事業も実施。
4人の子育てをしながら地域で子ども支援活動も行っている。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/05/06 22:37

    フェイスブックライブVol.16は在日エクアドル人会SEKIDO JAPON代表のフレディ アルミホスさんでした。子どものころに夢に日の丸が 出てきていたというお話はしびれました。魂は日本人のフレディさん、「私の顔から消えないのは笑顔と夢」だと・・・素敵な夢をお持ちです。日本人の勤勉さとエクア...

  • 2021/05/05 22:52

    フェイスブックライブVol.15はBIZEN中南米美術館館長の森下矢須之さんでした。大変濃い内容でしたね。最古の文化がエクアドルにあったとは!今日ペッカリーファンが増えたことと思います。アーカイブご視聴になれます。こちらからどうぞ↓↓↓エクアドルKIMONOプロジェクト明日6日の午後8時30分...

  • 2021/05/05 22:43

    みなさまからのご支援のおかげで、5月5日本日102名、50%に達成いたしました。本当にありがとうございます。あと50%です。大変厚かましいお願いですが、みなさまのお知り合いの方に更なるお声掛けいただけませんでしょうか?引き続きクラウドファンディングの応援よろしくお願いいたします。 エクアドルK...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください