-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

追記(2021/4/19)

皆様、いつも応援していただきありがとうございます。
おかげさまで、本日目標金額である500万円を達成することが出来ました!
本当にありがとうございます!

クラウドファンディング終了まで、残り5日あります。
追加でご支援いただいた費用は技術実証機本体の開発費用(数億円)に充てさせていただきます。
残り期間も引き続き応援していただけますと幸いです。

東北そして日本の経済に宇宙産業で貢献していけるよう、変わらず精進して参ります。
これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


2011年3月11日
当時中学1年生だった私は突然の巨大地震に唖然とし、その光景を眺めることしかできませんでした。

しかし、今は違います。
東日本大震災から10年が経ち、23歳になった私には東北のためになんとしても成し遂げたいことがあります。

それは、

東北の経済を宇宙で活性化させ、東北へ恩返しすることです。


申し遅れました!
東北大学発宇宙スタートアップ株式会社ElevationSpace 代表の小林です。

経歴
小林 稜平
株式会社ElevationSpace 代表取締役 / CEO
1997年12月 秋田生まれ。秋田高専在学中に宇宙建築に出会い人生が変わる。卒業後、東北大学に編入学し建築学と宇宙工学を専攻。大学在学中には人工衛星開発プロジェクトや次世代宇宙建築物の研究に従事し、宇宙建築において国内1位、世界2位を獲得。また、Tohoku Space Communityを立上げ、東北を宇宙で活性化させることを目指し活動。宇宙ベンチャーを含む複数社でのインターンを経て、株式会社ElevationSpaceを起業。経済産業省 / JETROが主催する始動 Next Innovator等各種プログラム・コンテスト等で受賞。


ElevationSpaceは、誰もが宇宙で生活できる世界を創り、人の未来を豊かにすることを目指している東北大学発の宇宙スタートアップです。吉田・桒原研究室でこれまで開発してきた10機以上の小型人工衛星の知見を活かし、人工衛星内で実験や製造等を行うことのできる小型宇宙利用・回収プラットフォーム ELS-Rを開発しています。


ElevationSpaceは現在開発している技術実証機に東北の名産品を載せて打ち上げることを計画しています。本クラウドファンディングは、 技術実証機への搭載費用 500万円 を集めることを目標にしています。東北の名産品を載せて打上げ、その商品化まで支援していきます!
一緒に東北を宇宙で盛り上げませんか?


少し長くなってしまいますが、
東北の宇宙分野における果てしない可能性とElevationSpaceとしての使命を語らせてください!



目次

・東北のこれからの10年は宇宙産業だ!
・ElevationSpaceとは?
・技術実証プロジェクト
・一緒に東北の名産品を宇宙に飛ばしたい!
・リターン内容
・最後に


▼東北の現在

課題先進国と呼ばれる日本の中でも東北はより課題にあふれています。

出典:仙台市資料


しかし、東北は変わってきています!

東北のハブとなる仙台市が「日本一起業しやすいまち」を目指し、起業支援センターの開設や地方最大の起業家の祭典「SENDAI for Startups!」などを行い、5年間で開業件数が約6倍、平成26年度の新規開業率は福岡市に次いで2位という結果になっています!

画像:SENDAI for Startups! 2021の様子


東北は大きな社会課題を抱えながらも、東日本大震災からの10年で急成長を遂げました!

そして、これからの10年、より成長していくためには既存の産業ではなく、
新たな産業である宇宙産業が重要だと私は考えています。


▼東北の宇宙ポテンシャル

東北と宇宙と聞いてピンとくる方は少ないかもしれません。
しかし、実はかなりのポテンシャルがあるんです!


他にも銀河鉄道の夜や七夕などの文化的なつながりもあったりと、ものすごい可能性があります!

しかし、東北人はアピール下手なんです・・・
なのであまり認知されていませんし、各組織がばらばらになっていました。


そこで、2年ほど前に立ち上げた団体がTohoku Space Communityです。
この団体では、東北と宇宙のかかわりを全国に発信するため、様々なイベント実施や東北の宇宙好きが交流するための場づくりを行っていました。

画像:東北宇宙飲みの様子


そして、2021年3月13日には東北最大級の宇宙カンファレンス TOHOKU Space Conference 2021を実施するまで活動が大きくなりました!


▼ElevationSpaceの使命

Tohoku Space Communityの小林として、これまで東北の宇宙ポテンシャルの発信とコミュニティづくりに取り組んできました。
おかげさまで最近は東北かなり宇宙分野熱いよね!盛り上がってるよね!と言われるようになりました。


そして次のステップは産業で活性化させることです。
株式会社ElevationSpaceは東北に本社をおいて事業を行うことで、東北の経済に貢献していき、東北を宇宙産業で盛り上げていくことに取り組んでいきます!


ここで、今更感がありますが、ElevationSpaceの説明をさせてください!


▼会社概要

ElevationSpaceは2021年2月3日に設立された東北大学発ベンチャーです。


共同創業者で取締役 / CTOである東北大学 桒原准教授の研究室は、これまで人工衛星を10機以上開発し、運用した経験がある小型衛星開発においてトップクラスの研究室です。


写真:RISESAT


現在は、社会人や学生メンバーも入れて10名程度のチームで活動しています。


▼国際宇宙ステーションISSの未来

私たちが着目したものは国際宇宙ステーション ISSです。
この宇宙ステーションは高度約400kmを秒速7kmで飛行している有人宇宙施設で、サッカー場ほどの大きさがあります。

この宇宙ステーションでは、基礎科学的な実験から創薬などの産業利用まで幅広く利用されています。例えば乳がんの薬づくりに重要となるタンパク質の結晶が宇宙ステーションを使って研究されているんです。

画像:国際宇宙ステーション ISS


しかし、
この宇宙ステーションは構造寿命などの関係から2028年ごろの運用終了が示唆されています


そこで、ElevationSpaceは小型人工衛星内で宇宙実験や製造を行い、地球に再突入し回収するサービス「小型宇宙利用・回収プラットフォーム ELS-R」を開発しています。

画像:ELS-Rイメージ


▼小型宇宙利用・回収プラットフォーム ELS-R

ELS-Rは宇宙実験や製造において最も適したプラットフォームです。
宇宙ステーションのような大型のプラットフォームでは、利用できる頻度は半年に一回程度と非常に少ないです。一方、ELS-Rは小型衛星であるため、一機当たりの価格は低く、利用頻度が格段に上がります。また、実験等に特化しているため、宇宙にいる期間や衛星内の環境が適したものになっています。


サービスの流れ


利用ターゲット

ISSで行われている宇宙実験だけでなく、高機能材料の製造やエンターテイメントなどに利用することが出来ます。特に地球上では作れない高機能材料の製造は非常に期待されており、宇宙実験からスタートし、宇宙工場としての利用を目指します。


▼受賞歴

・仙台市 / 01Booster主催 Tohoku Growth Accelerator 2020 WeWork賞
・経済産業省 / 日本貿易振興機構主催 始動 Next Innovator 2020 シリコンバレー選抜
・東北大学ビジネスプランコンテスト Vol.4 準優秀賞、第一生命保険賞
・NEDO Technology Commercialization Program (TCP) 採択


▼サービス実現のために

ElevationSpaceのサービスを提供するためには、重要な技術があります。

それは地球再突入技術です。

通常、人工衛星は大気圏で燃え尽きますが、私たちのサービスは宇宙で実験や製造したものを持って帰ってくる必要があるため、燃え尽きずに、狙った場所に正確に落とす技術が重要になります。


現在、地球再突入技術を獲得するための技術実証機を開発しています!


画像:技術実証機イメージ


この技術実証機では、大気圏で燃え尽きずに太平洋に着水することを目指しています。
(回収に関しては現在検討中)


▼開発スケジュール(予定)


EM(エンジニアリングモデル):試験等に用いる機体
FM(フライトモデル):宇宙へ行く機体


上記は予定であり、前後する可能性があります。ご了承ください。


現在開発中の技術実証機には空きスペースが少しあります。
そこで、そのスペースに東北の名産品を載せることを計画しています!

持っていくだけでなく、その後のマーケティングの部分の支援も行い、
その名産品を使って東北をさらに盛り上げていきます!

搭載物は現在検討中ですので、意見大募集です!
載せたい物がある方は info@elevation-space.com までご連絡ください!



しかし、その搭載には荷物を載せる分の費用がかかります。
その搭載費用は約500万円

そこで、クラウドファンディングを行おうと決意しました!


ここまで読んでくれたあなたに大切なお願いがあります。

私たちの挑戦に力を貸していただけないでしょうか?
私たちと一緒に、東北を盛り上げませんか?

どうかよろしくお願いいたします。


※搭載費用には、調整費用や打ち上げ後のマーケティング支援の費用を含めています。
※衛星開発には数億円の費用がかかります。
 その費用は投資家からの出資や銀行などからの借り入れ等にて賄う予定です。


・お礼のメッセージ(PDF):2021/6リターン予定

ElevationSpaceメンバー一同が心を込めて買いたお礼のメッセージを、PDFデータでお送りいたします!


・HPへの名前掲載:2021/6リターン予定

あなたのお名前をお礼のメッセージとともに公式ホームページに掲載します!
なお、現在HPのアップデートを計画しておりますので、お楽しみに!

※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
※お子様など、ご本人様以外のお名前でも問題ございません。
※ニックネームでも問題ございませんが、不適切と判断した場合は修正をお願いする場合があります。
※お名前は全角文字で6字以内、半角文字で12字以内とさせていただきます。
※掲載期間は技術実証プロジェクト終了(2023年12月予定) までとさせていただきます。


・限定動画(半年に1回程度):2021/6リターン開始予定

開発の進捗などに関する数分程度の限定動画を半年に一回ほどお送りいたします!
開発が身近に感じられること間違いなし!


・報告書(PDF):2023/12リターン予定

技術実証プロジェクトの報告書を、PDFデータでお送りいたします!
衛星の写真や開発の様子なども含まれています。


・衛星にお名前搭乗券(衛星に名前を載せる権利+スペシャル搭乗券(画像)):2022/3リターン予定

HPに掲載する名前と同じお名前を、人工衛星に搭載するマイクロフィルムに焼き付けて宇宙に飛ばします!
また、お名前が宇宙に行った証として名前記載のスペシャル搭乗券を画像データでお送りします!

※衛星に載せた文字を肉眼で確認することは出来ませんので、ご了承ください。
※技術実証機のデザインは最新版にブラッシュアップされたものに差し替えます。
※デザインは現時点でのイメージです。変更する可能性がありますのでご了承ください。


・衛星にお名前&メッセージ搭乗券(衛星に名前&メッセージを載せる権利+スペシャル搭乗券(画像)) :2022/3リターン予定

人工衛星に搭載するマイクロフィルムにお名前だけでなく、メッセージも焼き付けて宇宙に飛ばします!
また、お名前とメッセージが宇宙に行った証として名前記載のスペシャル搭乗券を画像データでお送りします!

※メッセージは全角の場合50文字以内、半角の場合100文字以内でお願いします。
※不適切と判断した場合は修正をお願いする場合があります。
※ご支援確定時にご記入いただきますメールアドレス宛に、後日、メッセージの入力フォームをお送りいたします。正確なメールアドレスを入力し、「@elevation-space.com」ドメインからのメールを受信できるようご設定ください。フォームにご回答いただけない場合はメッセージを搭載することができませんので、必ずご回答ください。
※技術実証機のデザインは最新版にブラッシュアップされたものに差し替えます。
※デザインは現時点でのイメージです。変更する可能性がありますのでご了承ください。


・ステッカー(2種類)&フェイスタオル:2022/3リターン予定

ElevationSpaceオリジナルのステッカーとフェイスタオルです!
ステッカーはロゴバージョンと技術実証プロジェクトバージョンの2種類をお送りいたします!

※技術実証機のデザインは最新版にブラッシュアップされたものに差し替えます。
※デザインは現時点でのイメージです。変更する可能性がありますのでご了承ください。


・人工衛星のかけら:2023/3リターン予定

衛星開発に使った部品等を砕いた人工衛星のかけら(5cm角程度)をお送りします!
宇宙をぜひ近くに感じてみてください!

※宇宙に行ったものではありませんので、ご注意ください。


・衛星開発現場招待券(試験+開発現場):2022/3リターン予定

普段は入れない人工衛星の試験と開発現場を見学することが出来ます!
数量限定のため、お早めにお申し込みください!

場所は宮城県仙台市を予定しております。

※詳細は個別に連絡させていただきます。
※交通費・宿泊費等は自費でお願いいたします。


・CEO・CTOと話せるオンラインイベント参加券(一回当たり2時間、10人程度):2021/9リターン予定

オンラインでCEO・CTOと話せる限定イベントを開催します!
一回当たり2時間、10人程度で行う予定です。

※zoomを使用する予定です。
※詳細は個別に連絡させていただきます。


・衛星内部に落書き出来る権利:2023/3リターン予定

実際に宇宙へ飛んでいく人工衛星内部に落書き出来ます!
また、衛星開発の後半に記入していただくため、宇宙へ行く前の衛星を直接見ることもできます!
数量限定のため、お早めにお申し込みください!

一人当たり10cm×10cmくらいの広さに落書きしてもらう予定です。
場所は宮城県仙台市での開催を想定しています。

※落書きの場所や色などは選べません。
※衛星に危害を加えると判断した場合には、落書きをお断りさせていただくこともございます。
※交通費・宿泊費等は自費でお願いいたします。
※詳細は個別に連絡させていただきます。


・衛星の金属製ミニチュアモデル:2022/6リターン予定

技術実証機の金属製ミニチュアモデル(5cm角程度)をお渡しします!
数量限定のため、お早めにお申し込みください!

※技術実証機のデザインは最新版にブラッシュアップされたものに差し替えます。 


・ElevationSpace 東北応援パートナー企業認定(HP掲載、イベント共催権):2021/6リターン予定

東北をElevationSpaceとともに盛り上げていくパートナー企業「東北応援パートナー企業」に認定します!
HPへの社名、ロゴ、メッセージ掲載とElevationSpaceとのイベント共催の権利が含まれています。
共に東北を盛り上げていきましょう!

※対象は、東北を応援したい・盛り上げたいという意思のある企業のみとなっております。
※趣旨にそぐなわない企業だと判断した場合は、お断りさせていただく場合があります。その際は全額返金致します。
※ご支援時に記入いただきますメールアドレスに掲載内容などをお伺いさせていただきます。
※掲載期間は技術実証プロジェクト終了(2023年12月予定) までとさせていただきます。
※ご不明点がある場合は、 info@elevation-space.com までご連絡ください。


私たちは本気で東北のこれからの10年は宇宙産業が重要だと考えています。
そして東北にはそのポテンシャルがあります。
私たちElevationSpaceは東北から宇宙を目指し事業を行い、
東北ひいては日本の経済を宇宙産業で盛り上げていきます。


東北から宇宙へ
株式会社ElevationSpace 代表取締役 / CEO 小林 稜平


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/26 09:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/04/22 18:00

    日ノ樹本社での内田社長との写真こんにちは。ElevationSpace代表の小林です。この度、ElevationSpace東北応援パートナーが1社決まりました!!!その企業は株式会社日ノ樹様です。なお、東北応援パートナーはエンスペース株式会社に続き2社目になります。株式会社日ノ樹は1955年の...

  • 2021/04/21 18:22

    こんにちは!ElevationSpaceの小林です。いつもご支援していただき本当にありがとうございます。本クラウドファウンディング終了まで残り3日となりました。本クラウドファンディングの目標金額は達成しましたが、人工衛星自体の開発には数億円の費用がかかってきます。そのため、残り期間もご支援して...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください