【3月17日追記】

ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございます。
予想以上の反響、暖かいご支援のおかげで目標を達成することができました!!!

今回の写真展のテーマ「piece of colors」を世界の海にまで広げた僕の集大成的な写真展を東京でも開催!セカンドゴールに挑戦します!!!!いやっ1人でもやります!!

次のゴールは100万円、でもこの暖かい人たちが集まったダイビングの世界では達成できると信じています。引き続きどうぞ宜しくお願い致します!!


まだ見たことない世界を見てみたい。

海の魅力を写真、映像、文章、ガイドなどあるゆるアプローチで伝える
UnderWaterCreator茂野優太と申します。

僕がダイビングを始めて魅了され、移住までした駿河湾に面した西伊豆の海。
駿河湾の海の美しさを、ちょっと海の中を覗くだけでこんな素晴らしい世界があることを伝えたい。
そう思って本プロジェクトを立ち上げました。

・このプロジェクトで実現したいこと

・もっと多くのダイバーに駿河湾の魅力を知って欲しい。
・ダイビングをしていない方にも海の中の美しさを伝えたい。

キレイな海というと沖縄や南の島を想像する人が多いでしょう。
たぶん伊豆半島を想像する人はほとんどいないと思います。

しかし伊豆の海には豊かな四季があり水中にも明確に春夏秋冬があります。
同じ海でも潜る時期によって全く異なる表情を魅せるんです。

他にも黒潮の影響を受けることもあれば、
日本海側からの冷たい海流が入ることもある。
他にも日本一深い駿河湾から深海魚が上がってきたり、
何が起こるかわからない、ここにしかない魅力があります。

もちろん僕はこの海でライセンスを取り、この海に魅了され、この海に移住しました。
僕の贔屓目はあるかもれしれません。

それでも今まで世界、日本中の海を潜って来て戻ってくる海はやはり西伊豆・駿河湾の海なんです。

そんな「駿河湾をテーマにした写真展」ぜひみなさんのお力で一緒に盛り上げて下さい!!


・水中写真にこだわる理由



僕は映像を撮ったり文章を書いたりしてますが、なぜ1番水中写真にこだわるのか、
僕が水中写真家を志したキッカケをお話させてください。

水中写真が好きになったのは学生時代。

大学1年生の時、伊豆半島の大瀬崎にてライセンスを取得しました。
少し緊張しながらライセンス取得に踏み切ったのを覚えています。

しかし初めて海に顔をつけた瞬間、ダイビングの虜に。

水中で呼吸をする感動、水中の非日常的な感覚に一瞬で心奪われました。
ライセンスを取ったその日に、大瀬崎のオーナーに頼み込んで大瀬崎でタンクチャージのアルバイトをさせてもらうことに!

ダイビングにハマってからはとにかく節約の日々。
ダイビングをするために朝から晩までバイトをし、大学には毎日おにぎりを持って通っていたのが懐かしいです。
友達の遊びも断って、ひらすら海に通っていました。

食費を削ってまでダイビングをしていたので体重が5キロも減ったのも懐かしい。
(食費を削ってでも潜るのは今でもあまり変わってませんが。)

ふと思い返してみると、
もともと小さい頃から生き物が大好きでした。
小学校の頃は魚やカニが大好きで、父には磯遊びや釣りに連れて行ってくれとねだって泣いたりして、かなり苦労させていたようです。

銀行に就職し、ダイビングから遠ざかる。

さて、そんな海が大好きで学生時代は潜り倒していた僕ですが、ダイビングはずっと続けて来ていたわけではありません。

そこはふつうの大学生。

ふつうに就職活動をし、ふつうに地方銀行に就職しました。

銀行員時代は法人の営業を担当していました。
会社にお金を貸したり、ビジネスマッチングをしたり会社に関わることはなんでもやっていました。
大体最初はうまく行くもので新しい仕事はすごく楽しくて充実してました。

が、しかし・・・
段々と積み重なる書類の山や、営業成績、ノルマに追われ毎日毎日、目の前の仕事に追われる日々になりました。

満員電車に揺られ通勤し、怒られながら働いて、終わる頃には友達との飲みに行く元気もないくらいぐったり、休日も家で眠るだけで、そしてまた月曜日に。

そんな生活をしているうちに自分自身を見失い、すごく悩んでいた時期がありました。

あの頃は本当に辛かった。

 

ただ、そんな辛かった時期に僕を救ってくれたのが......

”たった1枚の水中写真”でした。

疲れ果てた会社でのお昼休みに
何気なくみたSNSのタイムラインに流れてきた水中写真。

今となっては誰のものかも、わからない写真です。
けど、その写真を見た瞬間に僕はダイビングを、海を大好きだったことを思い出しました。

それと同時に、なんだか優しい気持ちになり、
もう1度仕事を頑張れる気持ちになりました。

思い返せば・・・
学生時代にダイビングを始めたきっかけというのもサークルに誘ってくれた友人の見せてくれた1枚の水中写真でした。

その時、僕は本気で思いました。

「写真には人を勇気づける力がある」

僕の写真で誰かの人生を少しでもハッピーにしたい。
何か辛いことが嫌なことがあった時、ほっこりしてもらいたい。

そこで大好きな海をないわりとする水中写真家になることに決心しました。

・ご支援いただいたお金の使い道

◎写真展に展示する作品のプリント代
予算によってプリントも展示枚数や大きさ、素材の選択肢を広げることができます。

◎4Kモニターの購入費用
写真だけでは伝わらない水中のリズム感やワクワク感を表現するため映像を流すモニターを書いたい。

◎写真展の搬入や設営費

◎今後のフォトグラファーとしての撮影費
基本的に以上3つに費用を使わせて頂きますが、もし余剰が出た場合は支援者の方にアンケートをとった上で次の撮影地のダイビング費用に当てたいと考えています。
候補地:トカラ列島、北海道積丹半島、知床羅臼、屋久島

→支援者の方にはスケジュールをお伝えします。希望の方は一緒に行きましょう。

・リターンについて

【1000円】

駿河湾の魅力を表現したポストカード3枚!
→全64枚の中から3枚を厳選してお届けします。

備考欄に「ふんわり」とか「ワイド」「カッコいい」などザックリ記入頂ければ、
僕の独断と偏見でチョイスします!

【3000円】

今回の写真展に展示した全写真を収録したフォトブックを作り、お届けします。
駿河湾の春夏秋冬、爆発力、カラフルさ、今すぐ潜りたくなる作品集にしあげます。

限定50冊まで。
クラウドファンディングの支援者様、もしくは会場に足を運んで頂いた方の限定です。

【3500円】

ZOOMを利用してマンツーマンのオンラインフォト相談会を行います!
写真の撮り方はもちろん、フォトレタッチ、おすすめの撮影機材、ダイビングの悩み、ダイビングを仕事にするって?
などご自由に相談してください。

使い方としては
①ダイビング行く前日にオンラインセミナー
②どこかへ潜りに行く
③撮った写真のレタッチ講座

など複数購入して組み合わせて頂くのもオススメです。

【35000円】

大瀬崎にて最大2名様までのマンツーマンフォトセミナー
<平日限定>

5月〜7月の平日を利用して最大2名様までの超少人数のフォトセミナーを開催させて頂きます。
ご希望者にはナイトロックスタンクを利用して思う存分水中撮影を楽しんで下さい。
普段は一切ガイドはしない僕ですが大好きな大瀬崎の海を僕の目線で楽しんで撮って欲しいという思いからガイドもさせて頂きます。
カメラがない方も一眼からコンデジまでお貸しすることも出来ます。

ただ一緒に潜りたいという方も大歓迎!!
複数日の希望も大歓迎です。日程は申し込み頂いた方のご都合に合わせて最大限調整させて頂きます。

※現地集合、もしくは伊豆長岡駅までの送迎は無料で行います。
それ以外の場所ご希望の方は相談ください。

【80000円】

写真展で展示した作品をお届けします!
世界で1点もの。ご購入頂いた作品は再販しません。
限定1名様までのプレミアムな作品。

ご自宅まで僕が行き感謝の意を伝えお届けさせて頂きます。
(東京から3時間以内の場所限定)
それ以外の場所に関しては直接直筆の手紙とオンラインで感謝の意を伝えさせて頂きます。

実施スケジュール

4月7日〜5月30日まで三島スカイウォークにて写真展を開催!!

【ポストカード&フォトブック】

3月中旬にポストカード&フォトブックを制作。
4月1日に発送開始。

【オンラインフォトセミナー】
ご支援頂いた方から順に開始。
3月上旬〜6月末まで。
時間帯は朝8時〜夜10時までのご希望の時間1時間。

【大瀬崎のフォトセミナー】
ご支援頂いた方から順に開始。
3月上旬〜7月末までの平日1日。

どうしても都合が合わなかった方に関しては9月〜12月への延長も可能。
※毎月1回のように複数日ご支援頂ける方は要相談いただければ、年間を通したプランも検討します。

最後に

海の素晴らしさ、ダイビングの楽しさ、心を動かすことの大切さ。
この気持ちを伝えたくて10年間伊豆の海に世界の海に潜ってきました。

自分には才能がないんじゃないか悩む日もありました。

周りの人に笑われたり、「そんなに必死にならなくても」とか
「真面目すぎて面白くない」と言われたこともあります。

でも、そんなことどうでもいい。

そう思って踏みとどまれたのは、
いつも応援してくれる方々、そしてこの素晴らしい海のおかげです。

今年で僕は30歳になります。
ただただ修行にあけくれた自分本意の20代、そして30代は誰かの心を動かせる。
感動させられる人になります。

そのはじめとして、この写真展、クラウドファンディングがキッカケになればと思います。

まだ見たことない世界を一緒に見に行こう。


UnderWarterCreator
茂野優太

公式HP:https://shigenoyuta.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/yuta3822/
Facebook:https://www.facebook.com/shigeno.yuta
Twitter:https://twitter.com/yuta3822
note:https://note.com/yuta3822


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: 合同会社すぐもぐ
◯ 事業者の所在地:〒157-0064 東京都世田谷区給田3-34-1ライオンズマンション千歳烏山105
◯ 事業者の連絡先:Tel: 090-6001-3858 メール:shigeno@sugumogu.com
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:
各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2021/03/16 15:01

    「西伊豆の海の美しさを伝える写真展を成功させたい!」に、ご支援いただいたパトロンの皆さま。本当にありがとうございます!本当に多くの方に支援して頂けて嬉しいです。皆さまの期待に添えれるよう、死ぬ気で頑張ります!そして皆様のご支援のおかげ印刷にこだわることができ、納得いく点数、クオリティで作品作り...

  • 2021/03/16 13:54

    「西伊豆の海の美しさを伝える写真展を成功させたい!」に、ご支援いただいたパトロンの皆さま。本当にありがとうございます!本当に多くの方に支援して頂けて嬉しいです。皆さまの期待に添えれるよう、死ぬ気で頑張ります!どうぞこれからも宜しくお願い致します!!写真展のポスターが完成しました!テーマは「pi...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください