おかげさまで公開3日目で目標金額に到達しました!有難うございます!
感謝の気持ちを込めてリターンを2色追加します!

多くの方々のご支援・サポートのおかげでなんと公開3日目にして目標金額に到達することが出来ました。有難うございました!

こんなに早く多くのご支援をいただけたことで「これはモンスターオンスTシャツをより多くの方々に着てもらえるチャンスなのかも」と思い、リターンとなるTシャツを2色追加することにいたしました。

カラーはグレーとベージュです。

カラー:グレー


カラー:ベージュ

もともとこの2色はクラウドファンディングが終了した後に自社のオンラインストアやお取り扱い店舗さんで販売しようと思って準備していたものなのでMサイズのサンプルしか作っておらず、画像がMサイズのものしかありません。

もちろんお届けするサイズについてはS,M,L,2Lからお選びいただけますので、サイズの比較につきましては当初のリターンであるチャコールとネイビーの画像をご参考にしていただけるとあり難く思います。

よろしくお願いします!

(以上、ここまでが追加情報です)


はじめに・ご挨拶

はじめまして!

大阪府東大阪市の糸メーカー エップヤーン有限会社と申します。当社はニット製品の型崩れを防ぐゼロトルク撚糸という技術を確立し、2000年の創業以来21年に渡って国内外の大手アパレルに高品質な工業用ニット糸をご提供してきました。そして2017年『モノズキ達に最高の着心地を!』というコンセプトを掲げて頑丈で着心地抜群のTシャツをご提供するブランド東大阪繊維研究所をスタートしました。


このプロジェクトで実現したいこと 

仕事、遊び、大人になった今こそ自分を魅力的にみせたい場面は多いはず。そこでこの「モンスターオンスTシャツ」をお勧めします。13.5オンスという超重量級の生地で頑丈さを極めつつ機能性とカッコよさを追求した自信作です。

今世界中で地球環境に配慮するサスティナビリティ(持続可能性)の意識が高まっています。

私たちにも何か出来ないかと真剣に考えた結果「とてつもなく頑丈でカッコいいTシャツを作ればいつまでも続くカッコよさ、つまり「カッコよさの持続可能性」を生み出せるはず。これも大事な社会貢献だ」という考えに至りました。

カッコいい服を着れば気分が上がるし自信も持てる。出来るだけ長くそれを楽しんでもらうために頑丈なTシャツを作ることが私たちの使命だ!と考えて『モンスターオンスTシャツ』を作りました。

『モンスターオンスTシャツ』がカッコよさの持続可能性を生み出せる理由は7つ

1.超重量級13.5オンスの極厚生地
2.ゼロトルク撚糸が型崩れを防ぐ
3.様々な耐久性能のデータを取得
4.オリジナルのコットンで柔らかな肌触り
5.両脇に大きな
ポケット
6.シンプルなデザイン
7.糸・生地・縫製、全て日本製

せっかくなら最高の素材と技術で究極の1枚を作りたいという思いをひたすら詰め込んだので、工場泣かせのめちゃくちゃわがままなTシャツ作りだったかもしれません。しかしその結果手に取った誰もが「ここまでやるのか」と驚くようなTシャツが出来上がりました。


今回のご支援に対するリターンとなるTシャツについて

まずは今回のご支援のリターンとなる私たちのTシャツをご覧ください!





サイズ別画像

ネイビー Sサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg)


ネイビー Mサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg) 


ネイビー Lサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg) 


ネイビー 2Lサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg) 


チャコール Sサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg)


チャコール Mサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg) 


チャコール Lサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg)


チャコール 2Lサイズ (着用者 身長:172cm 体重:69kg)

サイズ一覧表

各パーツサイズの単位はcm(センチメートル)です。


実施スケジュール

2021年5月15日~6月25日 クラウドファンディング公開
2021年7月 生産開始
2021年9月 製品お届け


ではここから『モンスターオンスTシャツ』がカッコよさの持続可能性を生み出せる7つの理由について詳しく書いていきます!


一般的に1平方ヤードあたり7オンス以上の重さの生地がヘビーオンスと呼ばれます。それに対して今回の生地はなんと13.5オンス!この重量感はもはやヘビーオンスという既存のカテゴリーには収まらないと考え、モンスターオンスという独自の階級で呼ぶことにしました。極厚の生地が体型を隠してくれるので、華奢な体型に自信が持てない人もお腹周りが気になりだした人もカッコよく見せてくれます。

左は当社従来品のヘビーオンスTシャツで右がモンスターオンスTシャツ、どちらもMサイズです。ボリューム感は一目瞭然です。

肩周りの空間を広めに取って動きやすさを重視したデザインにしてあるので、極厚の生地にもかかわらず着てしまうと重さを感じません。

商品にはこちらのタグが付きます


ニット製品のゆがみや縮みの主な原因は糸の紡績時に加えられたひねりの力=トルクです。ロトルク撚糸は糸を撚り合せてトルクを止める技術です。ゼロトルク撚糸には基本の計算式がありますがそれはあくまでも目安にしかならず、トルクを正確にコントロールするには実際の糸で何度も試験する必要があります。当社はこの技術を確立するため過去21年間に18,500回を超える試験を積み重ねてきました

この地道な努力が頑丈な『モンスターオンスTシャツ』を生み出したのです。

撚り合わせていない糸(紡績されただけの糸)
強いねじれの力=トルクを持っています
これが服の型崩れの原因になります


撚り合わせの回数が足りない糸は右にねじれます


撚り合わせの回数が多すぎる糸は左にねじれます


ゼロトルク撚糸の糸はねじれずに安定しています
ねじれない糸で作ったTシャツは型崩れしません

今回『モンスターオンスTシャツ』の頑丈さを検証するために、一般財団法人ボーケン品質評価機構に様々な検査を依頼しました。


一般的にあまり知られていないこの「破裂強さ」という言葉。簡単に言うと布の破れにくさを表していて「衣料品の一般的な目安値は、薄地編物で300kPa以上、厚地編物で400kPa以上」(カケンテストセンターのサイトより引用)が最低限必要なスペックとされています。

それに対しモンスターオンスの生地のデータはなんと1500kPa以上!。モンスターオンスの生地がまさに怪物級に頑丈であるということが数値で示されたわけです。
試験の内容についてはボーケンのウェブサイトのリンクを貼っておきますのでご参照ください。
破裂強さの試験

衣類にふれた炎がどのくらい燃え広がりやすいかを調べるフラッシュテストを同じくボーケンで実施しました。テスト結果は表面フラッシュなし!この生地に炎があたっても燃え広がることは無いという試験データが取得できました。

試験方法の詳しい内容についてはボーケンさんのサイトのリンクを張っておきますのでそちらをご参照ください。
防炎性(表面フラッシュ)に関する試験
表面フラッシュ試験動画


 

生地が針金などに引っ掛かかって糸が表面に浮き出るひきつれ現象のことをスナッグといいます。スナッグの起きやすさを調べる試験について結果は縦横ともに最高評価の5級!モンスターオンスの生地は少々引っかいても糸の引きつれがおきません!

こちらも詳しい試験内容についてボーケンさんのサイトのリンクを貼っておきます。
スナッグに関する試験


紫外線(UV)のカット率はなんと99.9%以上!説明の余地はないですね、紫外線はほぼ遮断します。

こちらもボーケンさんのサイトを貼っておきます。
紫外線遮蔽率に関する試験
 


その他に自社でも独自の試験を行ってみました。

一見すると合成画像に見える上の写真、実際にグラインダーでステンレスを削った火の粉を当てています。結果はもちろん無傷です。さらに焼いた炭を直接押し当てるという過酷な試験もしてみました。

バーベキューやミニコンロなど屋外で調理するためには炭火が基本ですが、時々火の粉が跳ねてしまうのが困りもの。けれども『モンスターオンスTシャツ』なら安心です。ちょっとくらいの火の粉ではビクともしません。

このように『モンスターオンスTシャツ』の頑丈さが様々なデータで証明されました。特筆すべきはこの生地に特殊な加工を一切施していないという点です。ひたすら厚手に編むことで生地に多くの機能性を持たせました。特殊な加工を施していないので何度洗濯しても機能性が変わる心配はありません。


いくら頑丈なTシャツでも肌ざわりがイマイチだと何度も着たいとは思いませんよね。『モンスターオンスTシャツ』にはペルー産の柔らかな超長綿「デルセロ種」とコシのある中綿「アスペロ種」をブレンドした当社オリジナルの糸を使用しています。2種類の原料を組み合わせてしなやかでボリュームのある生地に仕立てました。長く着ていただくために肌触りの良さには絶対妥協できないので原料のブレンドから徹底的にこだわりました。


今回の『モンスターオンスTシャツ』には両脇に大きなポケットが付いています。このポケットにも13.5オンスの頑丈な生地を使用しているので、多少の重さのものを入れてもダラっと伸びたりしません。スマートフォンやカードケースはもちろん、スパナやドライバーなど少し重めのものでも問題なく収納できてとても便利です。


2Lサイズのポケットのみ、某国内メーカーのあのパンが収納可能なサイズになっています。


かなり個性の強いTシャツですがデザインは非常にシンプルなので着るシチュエーションを選びません。極厚の生地がストレートなラインをキープしてくれるので、華奢な体型でもお腹周りが気になる人でもカバーしてくれます。カラーはナチュラルなトーンのメランジなので綿パンやジーンズなど、どんなコーディネイトにも合わせやすいです。

カラーはネイビー、チャコールの2色をご用意しました。

カラー:Navy


カラー:Charcoal

トップ染めという手法を用いてメランジに染めているので色が褪せてからもヴィンテージ風な味わいを楽しめます。長く愛用していただくほどに表情を変えていく様をお楽しみ下さい。


東大阪繊維研究所のTシャツ用の糸は基本的に自社の設備で製造しますが、今回は長引くコロナウイルスの影響で仕事が減ってしまった外部の撚糸工場さんと分業して製造しました。

開発段階の糸作りは全て社内設備で行いました。

本生産の襟パーツ用の糸など小さな部品に使用する糸も社内で作っています。

出来上がった製品の検品や品質管理、出荷などは全て自社のスタッフで行います。

社内にはTシャツの販売スペース「東大阪繊維研究所 works & store」があります。クラウドファンディング公開中はこちらの店舗にサンプルを展示しておりますので、ご来店いただいて実物を見ていただくこともできます。


モンスターオンスTシャツを生み出すために必要な技術であるゼロトルク撚糸には何度も品質試験が必要なので、そのために職人さんの一日を潰すこともあります。

「ここまで準備したのにまた試験か?」「これじゃあ仕事にならんよ」

時おり職人さんの言葉使いが荒くなることもありますが、モノづくりに妥協したくないという思いから結局最後まで試験につきあってくれます。信頼関係があるからこそぶつかり合えます。

いつもの作業の中にあるちょっとした違和感を見逃さないよう、常に自分の手の感覚で確認します。

「何年やってても仕事に向かうときはいつも不安がある」とのことで、真夜中にふと目が覚めて自分の仕事に間違いがないか現場に確認しに行くこともあるそうです。キャリアにおごることなく目の前の仕事に責任を持って取り組むことは当たり前でいてとても難しいはずです。ときには楽をしたいと思うこともあるでしょう。しかし良いモノを作らなければ安心も得られません。楽して得なしですね。

「次の仕事は何だ~」

どんなときも前向きで気力充実。本当に頼りになる存在です。


Tシャツとしては極めて厚手の生地作りを依頼した今回の仕事にも嫌な顔一つせず機械の限界まで度を詰めて編んでくれました。

「針も折れず、キズも無く編めましたよ」「機械は変な音で回ってたけどね」

こちらがギョッとするようなことを屈託のない笑顔で話されていたのがとても印象的でした。


糸にも機械にも個性があるので相性をしっかりと見極めながら作業します。


実際に出来上がったTシャツを見てもらったところ、これまた笑顔で

「すごいのが出来ましたねー。これ夏用?」

そうです(モノズキ専用ではありますが 笑)これ夏用なんです。ご自身で編まれた生地の製品を見ることはあまりないとのことで、編んだご本人も頑丈な仕上がりに驚いていました。

社長さんと少し打ち合わせして早速現場に入ると私たちのTシャツの試作がスタートしていました。熟練の職人さんの仕事はテンポが良く見ていているだけでワクワクします。

工場の社長さんと職人さんが口をそろえておっしゃった

「良いモノに仕上げるための秘訣は手間隙をかけることでしかない」

という心強い言葉が印象的でした。ほんの数センチの糸端が悪影響を及ぼしかねませんし、ちょっとした手間を減らすことで不良品が生まれるかもしれない。そうならないためには手間をかけるしかない。

最高の着心地は手間を惜しまない職人さんたちの姿勢に支えられています。

モンスターオンスTシャツを裁断する一枚裁断機。隙間なく配置することで生地を無駄なく使うことができます。

苦労をおかけしている襟パーツの縫製。最も生地が重なる箇所なので針が折れてしまわないよう速度を調整し慎重に進めていきます。

様々なミシンを使い分けて手間を惜しまず作業されている様子を拝見していると頭が下がる思いです。1着仕上がるまでの一連の流れを見せてくださった職人さんが終わって一言

「この生地は肩がポキポキなるのよ」

今回の生地がめちゃくちゃ重いのでTシャツが完成に近づくほど作業が過酷になる、ということをユーモアたっぷりに話してくれました。


プロジェクトをやろうと思った理由

日々Tシャツ作りに励んでいるなかでモノづくりに偏りすぎないように、着ていただく方々のご意見を聞く機会をもっと持ちたいと感じています。今回『モンスターオンスTシャツ』という自信作が出来たことでその思いがより強くなりました。クラウドファンディングを通じて私たちが気づかない使い勝手のことや、もっとこんなモノが欲しいという声をお聞かせいただければ嬉しいです。


資金の使い道について

ご支援いただいた資金はさらに丈夫で長持ちするTシャツ作りの開発資金に充てたいと考えています。たとえば「世代を超えて使うというなら、汚れや匂いが気になるな。。。」というご意見があればより強い洗剤で洗ってもビクともしない生地を作る必要があります。今回ご支援いただいた皆様から色んなアイデアをいただいて次の「受け継ぐTシャツ」作りに繋げたいと考えています。かつて着物やスーツがそうであったように、またお兄ちゃんから弟へお下がりが受け継がれていくようにTシャツが誰かの想いを乗せて次の誰かに手渡されていく。そんなTシャツ作りに皆さまにも参加していただき、ご協力をいただければ嬉しく思います。

最後に
私たちが皆さまと共有したい想いと、目指すサステナビリティへの取り組み

私たちがいつも考えているのは「モノが溢れた時代だからこそ、長く大切にしたくなるモノを届けたい」ということです。

ひたすらに頑丈で着心地の良いTシャツを追求するのはデニムや皮製品のように経年による進化をTシャツでも楽しんでもらいたいからで、その人の生活スタイルが表れる汚れや色褪せていく様を進化であると思えるのは、モノが生活に馴染んだときの調和こそ美しいと考えているからです。

近年ファッション業界では地球環境に配慮することが大きなテーマとなっていて、私たちもサスティナビリティを重要な課題として事業活動を行っています。

サスティナビリティを表現する言葉には「オーガニック」「エシカル」「フェアトレード」などがありますが、これらの言葉は安易に使うと虚飾や矛盾が混ざってしまように感じることがあります。たとえばオーガニックコットンで作られた大量の製品が売れ残って廃棄処分される、というようなことはアパレル業界でもしばしばおきています。

私たちの考えるサスティナビリティはいたってシンプルです。

モノを大切にする。
そのために大切にしてもらえるモノをつくる。

これなら嘘の無い取り組みができるし、私たちの培ってきた技術と経験で社会や皆様に貢献ができるはず。ゼロトルク糸で丈夫な生地を目指したことや、ベーシックで使いやすい色、形を揃えたこと、日本国内の信頼できる工場さんに染色、撚糸、編み立て、縫製全てをお願いしたこと、そのどれもが「大切にしてもらえるモノをつくる」ために欠かせないことでした。

手に取ったときに「大切にしよう!」手離すときに「長い間お疲れさんでした。」そう言っていただくことこそが私たちが目指すサステナビリティであると信じています。

東大阪繊維研究所
エップヤーン有限会社
代表取締役 筒井利彦


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

特定商取引法に関する記載
販売事業者名: エップヤーン有限会社
事業者の所在地:〒578-0984大阪府東大阪市菱江2-3-32
事業者の連絡先:Tel: 072-968-8615 メール: hofi@eppyarn.co.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
 ※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2021/06/01 11:29

    おかげさまで東大阪繊維研究所にとってはじめてのクラウドファンディングは公開後早々に目標とする支援金額に到達することが出来ました。ご支援いただいている皆様、サイトのシェアなどを通じて応援していただいている皆様有難うございます。想像していたよりも多くの反響をいただいているので、せっかくならこの機会...

  • 2021/05/29 09:00

    5月28日発売の『Lightning』7月号に東大阪繊維研究所の取材記事を掲載していただきました!モンスターオンスTシャツのことや糸作りのことなど、私たちのブランドを形作る色んなことを分かりやすく文章にまとめていただいているので、ぜひ読んでください!記事が掲載されているのは「2021年の気分は...

  • 2021/05/28 15:39

    クラウドファンディングを公開してからちょうど2週間が経ちました。期間中、当社の直営店舗にお越しいただいたお客様の中には私たちがクラウドファンディングに挑戦中であることをご存知の方もあり、中には「モンスターオンスの実物が見たくて来た」とおっしゃる方もおられます。お客様が手に取られる瞬間を見たいの...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください