■ごあいさつ

はじめまして、作曲家の山内雅弘です。
このページをご覧いただきありがとうございます。

このたび私は、2021年6月5日(土)に、東京文化会館において作曲個展を開催することにしました。

私は今まで、40年以上にわたり作曲をしてきましたが、昨年には還暦も迎えたこともあり、これまでの作曲活動のひとつの節目として作品個展を開催しようと思い立ちました。
私にとってはこれが初めての個展です。


このプロジェクトで実現したいこと

個展を開催するにあたって、最初から決めていたことがありました。

それは、今回発表する曲全てを新作とすることです。
個展というと、ふつうは旧作と新作とで構成されることが多いのですが、今回はあえて全ての曲を新作とすることにしました。

これはかなり大変なことで、私自身、実現が可能か迷った時期もありました。
しかし、今現在の私の創作のあり方を知って頂くためにも、全曲初演という形にこだわり、挑戦してみようと決心したわけです。

全曲初演ということで、作曲するだけでも大変なことなのですが、今回は演奏会へ向けた業務のほとんどを自分一人で行うことにしました。

また、当然ながら、演奏会にかかる経費は全て自己負担となります。
特に、今回はいろいろな楽器編成の作品を作ろうと考えましたので、ご協力頂く演奏家は13人にもなり、出演料も大きく膨らむことになりました。

その他にも、会場費、印刷費、録音費など様々な経費を加えると、演奏会を開催するためには総額150万以上の経費が必要となります。
これは、個人の出費としてはかなりな高額といえます。

そこで、クラウドファンディングでみなさまのご支援を賜れればと考えたわけです。


個展のチラシ(表面)                                                                          (裏面)

■これまでの活動

もう少し、私自身のことをお話ししたいと思います。

私は現代音楽の作曲家です。
現代音楽といってもピンとこない方も多いと思いますし、難解で不快な音がする音楽と思っている方も多く、実際、なかなか支持を得られにくいタイプの音楽だと思います。

私はそのような現代音楽を中心に作曲を続けてきたわけですが、特にこの10年はオーケストラ曲の作曲に没頭してきました。
2014年にはオーケストラ作品4曲を収録したオーケストラ作品集CDもリリースしました。

https://www.amazon.co.jp/山内雅弘-オーケストラ作品集/dp/B00M72KBNA
http://www.kojimarokuon.com/disc/ALCD99.html


オーケストラ曲のいくつかはYou Tube にアップしていますので、すぐにでもお聴きになることができます。
それを聴いて頂ければ「ああ、このような曲を書いているのだな」と大体の作風がお分かりになることと思います。

基本的には楽器の特殊奏法も多用した、かなり現代的なスタイルの作品となっています。

SPANDA〜ヴィブラフォンとオーケストラのための (2018)

管弦楽のための協奏曲 (2012)


ちなみに、2006年の全日本吹奏楽コンクール課題曲に選ばれた「架空の伝説のための前奏曲」、そして、これまでに手掛けた30本近いCM音楽のひとつで、コナミのゲーム「幻想水滸伝」のCM音楽として作曲された「予感」などもYou Tubeでお聴きになれます。

この2曲は、ある意味、私にとってのヒット曲といえるくらい多くの方に聴いて頂けた作品です。
ただ、これらの曲は課題曲という目的であったり、CM音楽としての依頼の趣旨から聴きやすい音楽となっており、それは本来の私の作風ではありません。

もちろん、そのような曲の作曲もとても楽しいのですが、今回の個展の曲は依頼ではなく、全て自らの自発的な意志で書いていますので、今私自身がいちばん書いてみたいと思った曲が揃ったといえます。

その結果、やはりどの曲も、いわゆる現代音楽的で難解な曲想になってしまったと思いますが、それが今の私のありのままの作風ということでお聴き頂ければ幸いです。


山内雅弘 プロフィール

1960年仙台市生まれ。1986年東京芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。クルーズ国際ピアノ会議作曲コンクール第1位、シルクロード管弦楽作曲コンクール入賞、日本交響楽振興財団作曲賞入選(第17回、第23回)、文化庁舞台芸術創作奨励賞(合唱組曲)。第16回朝日作曲賞を吹奏楽、合唱曲の両部門で同時受賞。受賞作品は2006年度の全日本吹奏楽コンクール、全日本合唱コンクールの課題曲となる。第2回東京佼成ウインドオーケストラ作曲コンクール第1位、第21回芥川作曲賞を受賞。第27回芥川作曲賞選考委員、第89回日本音楽コンクール作曲部門審査員、朝日作曲賞(吹奏楽)審査員を歴任。作曲を本間雅夫、北村昭、八村義夫、南弘明、松村禎三、黛敏郎の各氏に師事。東京芸術大学作曲科非常勤講師、東京コンセルヴァトワール尚美講師などを経て、現在、東京学芸大学教授。日本現代音楽協会理事、(一社)日本作曲家協議会副会長。オーケストラ・プロジェクト代表
主要作品に、架空の伝説のための前奏曲、宙の形象―ピアノとオーケストラのための、管弦楽のための協奏曲、宙の記憶―オーケストラのための、主題の無いパッサカリア―オーケストラのための、女声合唱組曲「十四行のうた」(全音楽譜出版社)、女声合唱組曲「天使のいろいろ」(カワイ出版)、男声合唱とピアノのための「蛙の交響〜草野心平の詩による」、「合言葉」(教育芸術社)などがある。2014年9月にはオーケストラ作品集CDをリリース(ALCD-99)
公式サイト https://masahiro-official.jimdofree.com
ツイッター https://twitter.com/compMY
フェイスブック https://www.facebook.com/yama756912


この企画について

今回の演奏会の詳細は以下のようになっています。

演奏会名 山内雅弘 作曲個展 (Masahiro Yamauchi Composition Exhibition)
日時 2021年6月5日(土) 13:30開場 14:00開演
場所 東京文化会館小ホール

曲目  (全曲初演)
・虚無の構造 〜 2本のフルートとコントラバスのための〜        
・OBOE Concerto !
・弦楽四重奏曲第1番「Reflexion」
・……そして、虚空へ 〜クラリネット・ソロのための〜 
・螺旋の記憶 Ⅱ〜2つのヴィオラのための〜
・差異について 〜トイ・ピアノとヴィブラフォンのための〜
・忘却のリトルネッロ 〜6人の奏者のための〜

出演
馬場 武蔵 (指揮) 多久 潤一朗 (フルート) 間部 令子 (フルート) 荒木奏美 (オーボエ)
岩瀬 龍太 (クラリネット) 鈴木俊哉 (リコーダー) 松岡 麻衣子 (ヴァイオリン)
甲斐 史子 (ヴァイオリン、ヴィオラ) 安達 真理 (ヴィオラ) 山澤 慧 (チェロ)
佐藤 洋嗣 (コントラバス) 大須賀 かおり (ピアノ、トイ・ピアノ) 會田 瑞樹 (打楽器)

全席自由 3,000円
主催 山内雅弘作曲個展実行委員会  協賛 医療法人 葵鐘会
助成 公益財団法人 野村財団
後援 日本現代音楽協会、日本作曲家協議会

チケット販売 東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
e+(イープラス) https://eplus.jp
チケットぴあ 0570-02-9999 http://pia.jp [ Pコード 192-521]


■今回参加してくださる演奏家の皆さん

曲は演奏して頂かなくては聴衆の耳には届きません。
作曲家の想いが伝わるかどうかは演奏家のお力にかかっています。

今回演奏して頂く演奏家の方々はみな第一線で活躍しておられる優れた演奏家たちです。 
特に現代音楽にも熱心に取り組んでおられる方々です。

演奏家の皆さんを、簡単にですがご紹介させていただきます。

會田瑞樹 (パーカッション)
1988年宮城県仙台市生まれ。宮城県仙台第二高等学校を経て武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。日本現代音楽協会主催「競楽Ⅸ」第二位入賞しデビュー。これまでに200作品以上の新作初演を手がけ、国内外で多数の公演に出演している。3枚のアルバムはレコード芸術特選盤などを獲得し高い評価を得た。第10回JFC作曲賞入選を得るなど作曲家としてもその頭角を現している。ホームページ・http://mizukiaita.tabigeinin.com

松岡麻衣子 (ヴァイオリン)
桐朋女子高等学校音楽科を経て同大学音楽学部演奏学科卒業、同大学研究科修了。IEMA (フランクフルト音楽・舞台芸術大学)にて研鑽を積む。在独中にアンサンブル・インターフェース、アンサンブル・リネアのヴァイオリニストを務める他、アンサ ンブル・モデルン、 アンサンブル・レゾナンツ等の演奏会に出演。2014年現代音楽演奏コンクー ル「競楽XI」2位。現在、フィディアス・トリオ、green room players奏者。


甲斐史子 (ヴァイオリン・ヴィオラ)
桐朋学園音楽大学卒業、同大学研究科修了。現代音楽演奏コンクール〈競楽Ⅴ〉第1位入賞(DUO ROSCOとして)第12回朝日現代音楽賞受賞。2003年度青山バロックザール賞受賞。ドイツ・ダルムシュタットにて、クライニヒシュタイナー賞受賞。アンサンブル・ノマド メンバーとして、第3回佐治敬三賞受賞。国内外の音楽祭に出演、数々の初演、録音を行っている。神奈川県立弥栄高等学校、東京藝術大学非常勤講師


安達真理 (ヴィオラ)
現在東京を拠点に、ソリスト、室内楽奏者として活躍するほか、国内オーケストラへも客演首席奏者として多数出演している。東京、ウィーン、ローザンヌにてクラシック音楽の研鑽を積み、2013年からインスブルック交響楽団にて副首席奏者を2年間務めた。近年は、クラシック音楽にとどまらず、現代音楽、そしてポップミュージックまで、ジャンルを問わず積極的に活動の幅を広げている。オフィシャルサイトhttps://www.mariadachi.com/

山澤慧 (チェロ)
東京芸術大学附属高校、同大学を経て、同大学院を修了。第2回秋吉台音楽コンクールチェロ部門第1位、第11回現代音楽演奏コンクール"競楽XI"第1位、第24回朝日現代音楽賞受賞。音川健二、藤沢俊樹、河野文昭、西谷牧人、鈴木秀美、山崎伸子の各氏に師事。文化庁新進芸術家海外研修生として、フランクフルトにてM.Kasper氏に師事。藝大フィルハーモニア管弦楽団首席チェロ奏者、千葉交響楽団契約首席チェロ奏者。


鈴木俊哉 (リコーダー)
アムステルダム音楽院卒業。リコーダーを花岡和生、ハウヴェに師事。ファーニホウ、細川俊夫、シャリーノ等の作曲家と共同作業をおこない、彼等の作品を初演する。ウィーンモデルン、パリの秋、武生等の音楽祭に参加。アムステルダム音楽院、ウィーン国立音楽大学等でゲスト講師として教える。東京都交響楽団等と共演。クラーニッヒシュタイナー音楽賞、中島健蔵音楽賞、佐治敬三賞を受賞。エリザベト音楽大学リコーダー特別講師。



多久潤一朗 (フルート)
無数の特殊奏法、民族楽器の奏法を駆使し自作自演を軸に活動中。東京藝術大学在学時より現代音楽を中心に活動を始め、国内外の作曲家の新作初演を多数手がける。また自身がリーダーを務める次世代型フルートトリオ『マグナムトリオ』はイギリスやカナダ、ロシア、韓国他様々な国の音楽祭からオファーを受け招待公演を行なっている。Ensemble Contemporary α、Ensemble FOVEメンバー。


間部令子 (フルート)
桐朋学園大学、カリフォルニア芸術大学(CalArts)修士課程、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)博士課程現代音楽演奏学科修了。J・テニー、R・レイノルズなど著名な作曲家のソロ初演の他、新鋭作曲家の紹介に努め、演奏録音が欧州各地の音楽祭や音楽教育機関で取り上げられる。現代音楽演奏コンクール競楽Ⅶ第一位、第16回朝日現代音楽賞受賞。2020年香港コンポーザーズギルドの依頼で演奏動画を発表。


岩瀬龍太 (クラリネット)
桐朋学園大学卒業。ベルギーのアントワープ王立音楽院とモンス王立音楽院にて、ワル タ ー・ブイケンス、ロナルド・ヴァン・スパンドンクの両氏に師事。これまでに、ピエト ロ・アルジェ ント国際室内楽コンクール第1位。マルコ・フィオリンド国際室内楽コン クール第3位。パドヴァ 国際室内楽コンクール第3位。夏期国際音楽アカデミー(ウィーン) においてバルトーク賞を受 賞。ウィーンモデルン現代音楽祭をはじめ数々の音楽祭に招聘 される。

佐藤洋嗣 (コントラバス)
高校時代はエレクトリック・ベースを演奏し、卒業後コントラバスの魅力に触れ、転向。2006年東京音楽大学卒業。現在は室内楽、オーケストラ、アルゼンチン・タンゴなどを下から支えつつ、コントラバスの新しい可能性を探りながら演奏している。アンサンブル・ノマドのメンバー。バンドジャーナル誌に於いてワンポイントレッスンを連載。これまでに4回のリサイタルを開催。将来が大変嘱望されている若手ベーシストの一人として注目を浴びている。

荒木奏美 (オーボエ)
2015年(21歳)より東京交響楽団首席奏者。第11回国際オーボエコンクール・軽井沢でアジア勢初の第1位・聴衆賞。第27回出光音楽賞受賞。オーボエの巨匠H.ホリガー、M.ブルグ等とも共演。各地でソロ・室内楽と幅広く活動している。Ensemble FOVE、反田恭平率いるJapan Nationai Orchestraメンバー。東京藝大を首席卒業後、同修士課程終了。


馬場武蔵 (指揮)
ベルリン音大、フランクフルト芸大に学ぶ。18/19年度アンサンブルモデルンアカデミー奨学生。これまでにアンサンブルモデルン、ラインランド=プファルツ州立管、ブレーマーハーフェンフィル、ノイブランデンブルグフィル、デッサウ・アンハルトフィル他多数を指揮。ベルリン・メルツムジーク、クラングシュプーレン、インパルス、ガウデアムス、ヴィッテン新室内音楽祭などに出演。16年アイスラー現代音楽賞。ドイツ在住。

大須賀かおり (ピアノ・トイピアノ)
桐朋学園大学・同アンサンブルディプロマコース修了。日本室内楽コンクール第2位。ヴァイオリン甲斐史子とのデュオ・ROSCOとして現代音楽演奏コンクール競楽V優勝、第12回朝日現代音楽賞受賞、青山バロックザール賞受賞。これまでに5枚のアルバム、楽譜集をリリースし、初演作品は300曲を超える。桐朋学園芸術短期大学・東京成徳短期大学・弥栄高校芸術科非常勤講師、日仏現代音楽協会、日本・フィンランド新音楽協会各会員


以上のような素晴らしい演奏家の共演で、純粋に器楽のアンサンブルの楽しみも味わって頂けることと思います。
私自身も、自分の曲がどのように演奏されるのか、今から楽しみでなりません。


■資金の使い道

指揮者、演奏者の出演料、会場費、チラシやプログラムの印刷費、雑誌広告などの広報費、録音費、クラウドファンディング手数料、その他コンサートの運営に必要な経費として使わせていただきます。


■リターンについて

◎お礼状

全てのご支援に対するリターンです。

演奏会終了後に感謝の気持ちを込めたお礼状をお送りします。
コースによって、お礼状pdfをメールでお送りする、お礼状の手紙を郵送するといった違いがあります。

※提供時期は2021年6月です。

◎当日配布のプログラムにお名前を掲載

全てのご支援に対するリターンです。

ご支援頂いたことに感謝するため、またそのことを他の方にお知らせするために、当日配布のプログラムにお名前を掲載させて頂きます。

※お申し込み時に必ず備考欄にお名前をご記入ください。
※お名前のご記入がない場合は、CAMPFIREにて使用されているハンドルネームを使用させて頂きますのでご了承ください。
※また特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする場合がありますのでご注意ください。

◎招待券

ご支援の金額により、1名様分、2名様分と異なります。

2名様分の招待につきましては、ぜひともご家族、ご友人をお誘いの上、新作が生まれる瞬間を目撃しにいらして下さい。

※全て自由席で、お好きな席にお座り頂けます。

※チケットは当日会場でのお渡しになります。会場入り口に専用ブースを設けておりますので、そちらまでお越しください。

◎当日の録音をご提供(音声ファイルかCDのいずれかを選択)

7000円以上のご支援頂いた方へのリターンです。

演奏された全ての曲を収録した録音をご提供いたします。

※音声ファイルかCDのいずれかをお選び頂けます。
※お申し込み時に備考欄に「音声ファイル希望」「CD希望」のようにご記入ください。
※音声ファイルは演奏会終了後に音源のダウンロードリンクをお知らせいたしますので、ダウンロードしてお楽しみください。
CDは音源をCD-Rにコピーしたものを郵送いたします。

※いずれも提供時期は2021年6月です。

◎プログラムをご提供 

7000円のご支援に対するリターンです。プログラムを演奏会終了後に郵送させて頂きます。

※発送時期は2021年6月です。

◎作品のスコアpdfをご提供

ご希望の作品のスコアをご提供いたします。
スコアは曲のいわば設計図です。どうしたらこのような音がするのか、といった秘密が分かります。

※10000円のご支援では1曲、15000円のご支援では3曲、20000円のご支援では4曲、30000円のご支援では6曲をお選び頂けます。

※どの曲を希望されるかは、演奏会終了後にメールにて確認させて頂きます。
ダウンロードリンクをお知らせいたしますので、ダウンロードしてお楽しみください。

※提供時期は2021年6月です。

◎山内雅弘オーケストラ作品集CDをご提供 

20000円以上ご支援頂いた方へのリターンです。

※発送時期は2021年6月です。

当日演奏会終了後の打ち上げへのご招待

50000円のご支援頂いた方へのリターンです。

演奏会終了後の打ち上げにご招待いたします。気軽な雰囲気の中で作曲者や演奏者とお話しができます。

※場所は未定です。詳細についてはクラウドファンディング終了後、別途ご連絡いたします。
※打ち上げの費用はリターン料金に含まれています。




■実施にむけて

3月現在、個展で発表する曲のほとんどは完成しました。
昨年の4月から作曲を始め、今年の2月までの間に、なんと7曲を並行して作曲するという、私にとってもこれまでにない作業となりました。
あとは、招待状の作成、発送、当日のプログラム制作、雑誌広告の手続きなどの作業があり、本番の10日くらい前から、いよいよ曲のリハーサルも始まります。

       今回も使います‼ 珍しい打楽器の数々!

       完成したスコアです。やがて現実の音になる瞬間を待っています。 

■最後に

よくベートーヴェンの曲も、生まれた時は現代音楽という言葉がありますが、これから世に出ようとしている今回の曲は文字通りの現代音楽です。
ただ、それらがベートーヴェンの曲のように未来にわたって残っていくかは分かりません。

未来に残ることが叶わなくても、まさに今、新作が生まれる瞬間を、できるだけ多くの方々に立ち会って頂き見届けて頂くことができれば、作曲者にとってこの上ない喜びです。

ぜひ、私の音楽が今生まれる瞬間を見届けてください!

そして、私自身としては、今回の個展が、創作の新たなステージに入るためのきっかけとなればと願っています。

そのためにも、ぜひ、この個展を成功させたいと思っています!

この個展を成功させるためにも、皆さんの応援を切に必要としています!
どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします!


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/28 20:44

    現在、演奏会の招待券以外のリターンを発送準備中です。当初は6月末までに発送を完了する予定でおりましたが、当日の録音について、多少編集の必要が出てまいりましたので、そのために作業が予定より遅れております。お待たせして大変申し訳ございませんが、7月10日までにはお届けできるよう作業を進めております...

  • 2021/06/06 16:58

    昨日、山内雅弘作曲個展が、無事に終了いたしました。これもクラウドファンディングでご支援下さった皆さまのお陰です。本当にありがとうございました。改めて心から感謝申し上げます。今回の演奏会は緊急事態宣言の期間中となってしまったため、開催自体に不安を感じる時期もありましたが、何とか無事に開催すること...

  • 2021/06/02 07:19

    山内雅弘作曲個展、緊急事態宣言の期間中となってしまいますが、予定通り、6月5日(土)の14時から東京文化会館小ホールにて開催いたします。演奏会に向けて、すでにリハーサルが始まっています。(写真は弦楽四重奏曲のリハーサル風景)どの曲もかなりの難曲なのですが、演奏者の皆さんの熱心な取り組みのお陰で...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください