はじめに・ご挨拶

初めまして。

香川県で保護猫カフェ「CATLOAF」をしています増田と申します。

昨年、会社を辞め6月にお店をOpenしました。

店内の様子です。

それまでは保護活動などほとんどした事も無かったので、譲渡などはせずに自分の出来る範囲で保護した子達の猫カフェを作ろうと考えてましたが、保護や引き取りの依頼があまりにも多く譲渡型の猫カフェに切り替えました。

中には「保護猫カフェしてるんだったら猫を引き取って当たり前」くらいの感じで連絡してくる人も多くいましたが。

最近引き取った子達の動画です。

現在は、保健所からや飼育放棄など色々な理由で保護した子達が30匹ほどいて里親さん募集しています。


このプロジェクトで実現したいこと

サンちゃんの門脈シャントを治療し優しい里親さんまで届けたいです。

現在、FIP治療中の子もおり門脈シャントの手術代も高額になる為ご支援、ご協力を頂けますと幸いです。


プロジェクトをやろうと思った理由

サンちゃんは2020年6月保健所に

親子で収容されていました。

成猫は収容されるとすぐ殺処分対象らしいのですが子供がいるので保留されていたそうです。

兄弟もいたのですが来てすぐに体調が悪くなり亡くなってしまいました。

サンちゃんも体調がとても変わりやすく元気に走り回ってたかと思えば急にグッタリしていて、病院ではFIPなども疑われて検査もしましたが原因も分からずでした。

月齢の割に体は小柄です。 

11月16日、去勢手術の術前検査で肝臓の数値がとても悪くこのまま手術すると麻酔から覚めない可能性が高いと言われ「門脈シャント」の可能性を告げられました。

11月16日血液検査結果

門脈シャントとは

肝臓で無毒化されるはずの毒素や老廃物が、余分にできた血管(シャント)により全身に巡ってしまう病気です。

©️子猫のへや

進行すると肝性脳症を起こし、よだれ、ふらつきが起こったり重症化すると俳個行動、疫撃発作、昏睡状態が起こり、最悪死に至ります。

血管(シャント)の場所によっては手術も出来ない可能性もあるみたいです。

猫の門脈シャントは珍しいらしく寿命はもっても3年くらいで、いずれ脳か肝臓が駄目になって亡くなってしまうとの事でした。

11月25日血液検査結果

朝の食事前は元気なのですが食後に急にぐったりして、よだれをたらしてり、いつも仲の良いお母さんにも唸ったりしていました。

呼吸が荒くよだれも出ています

1月28日、専門の機器が揃ってる病院で検査をしてもらう事に。

検査の結果、やはり「門脈シャント」と診断されました。

画像からは、門脈が後大静脈にシャントしている、という診断になるそうです。
今後は食事療法と、手術後の発作を抑える薬を1ヶ月間投薬しその後、手術する事となりました。


3月5日、門脈シャント血管を縛る手術が無事に終わりました。

シャント血管はかなり太かったみたいです。

傷口はかなり大きく、術後は今まであった血管を縛ってしまったので発作が起こりやすいそうです。

しばらくは様子を見る為入院になります。

これまでの活動

現在、サンちゃんは退院してお店で薬を飲みながら発作がおきないかの経過観察中です。

詳しいお店の様子はInstagramやYouTubeでOpenする前から現在までの保護してから里親さんが決まるまでもご覧頂けます。

Instagram https://www.instagram.com/catcafe_loaf/

YouTube https://youtu.be/UKE4Yzsq8r4


現在、里親さん募集中の子達です。

里親さんの決まった子達です。


FIP治療中の子もいます。


資金の使い道

全てサンちゃんに使った治療費に充てさせて頂きます。

検査代 111,348円(4,840円+106,508円)

手術代 308,702円(3月5日実施)

キャンプファイヤー手数料(10%) 42,000円

合計 460,000円

11月16日検査代

1月28日検査代
3月5日手術、入院代(3月11日支払い)

リターンについて

目標に達していない場合でも治療は実施し、リターン品をお届けいたします。

リターン品は、お礼のメールやサンちゃんの画像、お店で使える無料チケットなど予定しています。

無料チケットの有効期間は2022年7月末日までとなります。

無料チケットはメール、もしくはLINE公式アカウントよりLINEで送付します。


実施スケジュール

令和2年11月16日 去勢手術前の血液検査で肝数値の異常を発見。肝門脈シャントの疑い。

令和2年11月25日 肝門脈シャントの可能性を調べる為に、絶食時と食後のお写真でのアンモニアの数値を調べる血液検査。

令和3年1月28日 専門の病院で血液凝固検査、X線検査、CT造影検査を実施。

結果、「肝門脈シャント」の診断を受ける。

令和3年3月5日 門脈シャントの血管を縛る手術の実施。そのままてんかんが出ないか見る為入院。

令和3年3月11日 退院。

2、3ヶ月間はてんかんの薬を飲ませながら定期的に通院予定。

最後に

最後までお読み頂き有難うございます!

サンちゃんのは小さい頃に兄弟を亡くし、お母さんが大事に育ててくれた子です。

門脈シャントの治療をし、出来ればお母さんと一緒に大事にして頂ける里親さんまで届けたいと思います!


保護猫カフェCATLOAF(キャットローフ)

香川県高松市片原町1-36 MTビル2、3階

087-887-2751

営業時間

平日 11:30〜20:00 受付19時

土日祝11:00〜20:00 受付18時

料金 30分600円 以降15分毎に250円

※入場は靴下着用でお願いします。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください