はじめに・ご挨拶

はじめまして、長谷川愛です。長い間タイでフィールドワーク(長期の海外体験学習)に参加する日本の大学生たちのお世話をしていました。いまは帰国して大阪で多文化共生教育に携わっています。


このプロジェクトで実現したいこと

『大学生のための海外フィールドワーク ―プログラム・コーディネーターの手引き― 』という本を自費出版するための出版費用を募るプロジェクトです。

カバーデザイン(予定)

・A5判 288ページ(予定)

・定価 2,200円+税


プロジェクトをやろうと思った理由

京都精華大学で企画された海外フィールドワークプログラムは、タイで14年間実施されました。毎年、たくさんの現地の方々にご協力頂き、学生たちは半年間も異文化の中で体験を通して深く学んで帰国し、現在は卒業してそれぞれの道を歩んでいます。タイでの学びは学生たちの人生を揺さぶるほどの影響をあたえ、その学習の成果は市民性を育むとてもユニークなものでした。

プログラムの様子をご覧になった多くの大学関係者より、同様のプログラムを勤務校で実施したいのでノウハウを教えてほしいとのご相談を受けることが度々ありました。そこで、タイで学んだ卒業生を追跡調査し、人生にどのような影響をもたらしたのか、またそんな深い学びを生む教育プログラム/授業カリキュラムのつくりかた・ノウハウを、ひろく関心ある方々にお伝えする必要を感じて、このたび一冊の本にまとめて出版することにしました。


これまでの活動

タイで学生たちは、チェンマイ大学で講義を受けつつ、農村や山岳民族の村、メコン川をゆくラオスへの船旅、泰緬鉄道への旅からタイの文化や社会について理解を深め、そして日本と自分自身とのつながりを学びました。また、各自の個人研究としてNGOボランティア、有機農業、象使いの訓練、ムエタイ、お寺に出家など実に多彩でユニークな体験を通して深く探究する力を育みました。
標高1600m 山岳地帯   カレン族の村の小学校で勉強を教える学生
Photo by 卒業生

村に滞在してカレン族のお母さんに伝統の機織りを習う学生
Photo by 卒業生

タイ僧侶の生活について研究するため出家した学生の得度式
Photo by 卒業生

チェンマイ大学に戻りフィールドでの学びを振り返る学生たち
Photo by 長谷川

そんな学生たちの学びを「視える化」して出版するために、このたび18万字におよぶ原稿を完成させ、大阪梅田にある清風堂書店の編集者さんとすでに初校チェックなど進めています。本に活用する資料や当時の貴重な写真は、卒業生たちのご協力でいまどんどん集まってきています。

リターン商品についても、当時学生たちがお世話になったタイのストリートチルドレンを支援するNGOのスタッフさんたちに、この企画の主旨をお話しご協力を仰ぎました。このクラウドファンディングが本の出版にとどまらず、いまコロナ禍で生きるのも精一杯の子ども・若者たちのサポートに少しでもなれればと願い、計画を進めてきました。


資金の使い道

集めた資金は、以下の項目のために大切に使わせていただきます。

・書籍500部の出版費用

・リターン商品(クラフト)の購入費用

・リターン商品の発送料

・クラウドファンディング手数料やご報告にかかる諸経費


リターンについて

① 書籍

『大学生のための海外フィールドワーク ―プログラム・コーディネーターの手引き―』(定価2,200円+税) 

当プロジェクト企画者の長谷川が筆者です。

※清風堂書店よりリターン品として販売許可取得済み。

 ●本書の目次


 ●本書の特色

本文「はじめに」より一部抜粋


②クラフト

タイのストリートチルドレンが作ったかわいらしいクラフトです!財団経由で子ども・若者の生活費用に当てられます。

※スマートフォンの場合、画面一番下までスクロールするとリターン品の詳細をご覧いただけます。


☆説明します☆彡

北タイ・チェンマイ県とチェンラーイ県で暮らす主にアカ族の子ども・若者たちが職業訓練の一環としてつくったクラフトです。現地NGO「アーサー・パッタナー・デック財団」と「バーン・クルーナム財団」で自立支援をうける子ども・若者たちは、多くが無国籍。もともとミャンマーの村に住んでいましたが、貧困や暴力から逃れるためタイ側に物乞いをしながら移住してきました。

財団での活動風景 財団Facebookより(掲載許可取得済み)

財団での支援から卒業して自立しようとがんばっていた子ども・若者たちがいま、コロナ禍で食べるものも住むところも失いかけ、またホームレスに陥りそうになっています。さらに追い打ちをかけるように、祖国ミャンマーではクーデターが起こり、抗議デモでは負傷者も増えてきています。子ども・若者たちは行き場のない状況です。

 私もコロナ禍で出版費用の捻出がむずかしいのですが、自分の出版だけに終わらせず、このクラウドファンディング「CAMPFIRE」を通じて、私も学生たちもたくさんの貴重な学びをもらった子ども・若者たちに微力ながらなにかお返しできるのでは…。これはまさに「三方良し‼」と思いたち、クラフトをリターン商品にさせていただきました。流通も困難な状況下ですが、長年子ども・若者たちを支援しておられる方々にご協力いただき、クラフト品を現地から買い取りました! 

ミシンの使い方を教え合う少女 財団Facebookより(掲載許可取得済み)


実施スケジュール

・2月:【本】初校チェック、資料と写真選び、出版社に原稿返却(済み)

・3月:【本】2校チェック、カバーデザイン作成

     【CAMPFIRE】企画書作成・審査、支援者へのご連絡、リターン商品の準備

・4月:【本】3校チェック、印刷

           【CAMPFIRE】公開・実施

・5月:書籍完成予定

・6月:出版社への支払い、リターン商品発送とご報告


最後に

コロナ禍で人とのつながりを大切に感じる今、海外での体験学習「フィールドワーク」の価値を改めて感じます。特に大学生はキャンパスでの対面授業も友達との楽しいキャンパスライフも失われていた1年間でした。海外に留学する予定だった学生もキャンセルを余儀なくされました。

「フィールドワーク」は異文化に身をおき、現地の人とのつながりのなかで体験を通して社会や文化を学ぶ手法です。ウィズ/アフター・コロナ時代に、プログラムや授業カリキュラムづくりに携わる方々や大学生にとって、これまでの私の実践事例がヒントになれれば幸いです。書籍出版の具現化を応援しながら、タイ-ミャンマーのはざまで懸命に生きる子ども・若者たちへのサポートにもなりたい‼ そんなみなさまからのお力添えをどうかよろしくお願いいたします。

なお、タイへ送るクラフト合計金額は私より個々にリターン商品発送とあわせて、また私個人のFacebook、そしてこちらCAMPFIREのプロジェクトページでも、ご報告させていただきます。

アートセラピーとしてバディクをつくる子どもたち 財団Facebookより(掲載許可取得済み)

★以下、関連団体のホームページ等もご参照ください。

●「ドーデック・ギャラリー」(チェンマイ県)※日本語フェイスブック

下記2財団の子ども・若者(財団を卒業した元ストリートチルドレンを含む)が作るクラフトの販売店。

https://www.facebook.com/dordekgallery/?ref=page_internal

●「アーサー・パッタナー・デック財団」(チェンマイ県)

http://vcdf.moo.jp/

●「バーン・クルーナム財団」(チェンラーイ県)※タイ語フェイスブック

こちらはアーサー・パッタナー・デック財団の姉妹グループです。

https://m.facebook.com/pages/category/Local-Service/มูลนิธิบ้านครูน้ำ-111927994007367/


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください