はじめに・ご挨拶 

御支援していただく皆様はじめまして。

去年は

第一弾 “コロナの影響で契約買い取り見送り!オーガニック高糖度とうもろこしを助けて”をコンセプトにクラウドファンディングをさせていただき、

更に、第二弾“コロナを乗り越える為、オーガニックとうもろこしと野菜達を助けて下さい !”をコンセプトに第2弾を企画させていただき

今年に入っても、尚も続く、このコロナによる影響で見通しつかない事から

既に、第一弾、

【幸せを運ぶ】35000本の超高糖度・北海道産有機とうもろこしコロナから助けて

を企画し沢山の御支援、暖かいお言葉いただきました。

正直、去年はクラウドファンディングを始めるときには、こんな個人の私のプロジェクトに賛同してくれる方はいるのだろうか?

もし、どなたにも興味を示してもらえなかったら、植えてしまった35,000本のとうもろこし、何処にも出してあげられない、眠れなく悩む日々が続きました。

しかし、去年もそうでしたが、今年も第1弾では、驚くほどのご支援者が私を助けてくれたのです。

今回も支援者464人、3,335,200円のご支援をいただくことが出来ました。

皆様が支援してくださったからこそ、今年の自分があると思っております。

心より感謝致します。


私は北海道で有機JAS認証のオーガニックとうもろこし、他、野菜達を育てております。

小さな男の子のママです。(何でも沢山食べる子で大きく、病気なくスクスク育っています)

私の畑で栽培している、とうもろこし他、野菜は全て有機JAS認証圃場で栽培している、

オーガニック野菜になります。

汗だくになり、土と戯れながら、地面を這い蹲りながら、毎日楽しく、笑顔で、人生を謳歌しながら野菜を作らさせてもらっています。

それでも

昨年からのコロナの第三波、第四波の影響で、世の中の経済は止まったままで、

動く気配もありません。

経済が止まっても、野菜づくりをやめるわけにはいかないのです

人の体は、その人の食べたもので出来ている

人が、今日も1日頑張ろうと思えるのは、身体がきちんとした栄養を摂取し、蓄えている身体

だからこそ、心がそう動くのだと私は思うのです。

だから、オーガニックの野菜を作り続けたい。

しかしそう思っても、そんな綺麗事言っても、


コロナの影響は去年にも増して、まだまだ続き、契約栽培のオーガニックとうもろこしも、野菜達も、今年も行き場を失っているのが現状なのです。

弱音を吐いてしまえば、小さな農家では考えることは、毎年、野菜は順調に売れるか・堆肥・肥料代、人件費、資材代、輸送費、他にも様々な出費はどう捻出しようかと、実際のところは目先の事ばかりで、毎日が戦いで、夢を描く暇もないのです。


それでも、私には夢があります。


見失いそうになり、諦めかける事もありますが、その夢を諦めたくないのです。

やっとの思いで乗り切った去年ですが、

ゆっくり出来るはずの冬の冬眠期間の11月から4月までの間も

刻々と悪化するコロナの長引く現状

ご支援者の方に助けていただいたのに、全く先が見えない

そんな思いで、悩みながら年の瀬を迎え、

1月に入り、3月になると第四波の到来

肥料、堆肥の準備をしなくてはならないのに先が見えない

やっぱり無理なんじゃないか、小さな私の力では、

折角、皆さまにご支援いただいたのにと、心が折れかけました。


しかし、悩むたびに、去年支援していただいたお客様の顔やお手紙、メールでの支援の言葉が

思い出され、未来へ繋げるとオーガニック野菜作り繋げると約束したんだと、踏みとどまっている状態です。

去年もですが、今年もどう足掻いても自分だけの力ではどうにもならない、だからこそ、お力を借りたいのです。

ご支援いただく皆様がこの野菜を食べて少しでも笑顔になれるよう、幸せが舞い込んでくるよう、支援して良かったと思えるようなそんな野菜を今年も作ります。

どうぞ、よろしくお願い致します。


このプロジェクトで実現したいこと

今回、第1弾で設定させていただいた目標金額500万のうち

第1弾では

約300万ほどの支援を集めることが出来ました。

しかし、今年乗り切る為には、やはり設定させていただいた500万が必要で

後、200万ほど、再度、第二弾で支援者にご協力を仰がなくてはいけない状況なのです。

前回のプロジェクトでもお話しさせていただきましたが、この支援金の3分の1が輸送費に消えてしまいます。

このプロジェクトで皆様にご協力いただいた資金で、

まずは

今年・来年の

肥料代・種代・人件費・輸送費・資材代にあてさせていただきます。

後は、CAMPFIRE への手数料のお支払いにも使わさせていただきます。

更に、持続可能な世の中にする為、無駄を無くしたい、廃棄を極力無くしたいと思い

複数の加工品を作ろうと思います。

オーガニック野菜を作ると、慣行栽培に比べると、肥料の面からも、病害虫の面からも、

規格外の野菜が多く出てしまいます。

通常では、規格外として、安価な値段で買っていただくのが流れですが、


規格外とは、誰が決めたのでしょう?


虫の食われてないもの、形の揃ったもの、色鮮やかなもの、

見栄えだけが重視されるようになり

それ以外のものは規格外と名づけられるようになったのです。

私個人の意見ですが

それはおかしいと思うのです。

規格外でも、オーガニックのエネルギーのある土で育てられている、その野菜達に付加価値をきちんとつけて、きちんとした評価のもと、買ってほしい、食べてほしいと思うのです。

一番いいのは、規格外でも気にしない、そういうお客様が殆どという国になればどれ程良いかと常々思いますが・・・

まずは、規格外にも付加価値をつけ、売っていくためには加工品を作り、賞味期限が長い面からも、長期にわたって味わっていただくのも一つの手ではないかと考えているのです。

なので、ご支援いただいた支援金で、加工品を順次作り、加工品セットを作り、自分の育てた野菜を無駄なく皆様に美味しく食べていただこうと考えております。

廃棄を少しでも減らし、加工へまわすため、加工賃にも使わせていただきたいと思います。




プロジェクトをやろうと思った理由・農家ママを始めたきっかけ

私がどのようにして、オーガニック農家ママになったか簡単にお話しさせていただきます。

去年もお話しさせていただいているので、もうご存知の方も多いと思いますが、

病に苦しむ私の母の命を少しでも伸ばせないかと無我夢中になったのがきっかけでした。

天国からの招待状は、お断りも、先延ばしも出来ない事を、その時は知らなかったのです。

良い野菜を食べさえすれば、自然治癒力がつき、細胞が修復活動を再開するのではと淡い夢を描いたのです。

病気の事を調べ、野菜の事を調べ、免疫力、自然治癒力の事、調べれば調べるほど、

身体を元の自然治癒力の高い状況に戻すには

オーガニック野菜栽培に関わっていくことが一番の近道になるのではないかという

気持ちになったのです。

でも、気がつくのが遅過ぎたのです。

命が消え行く時のお金の無力さも痛感しました。


毎日毎日、朝から晩まで、病院で付き添い、

強い薬により、味覚も臭覚も失っていく母が、ポツリと呟いたのです。

「綺麗なまま、美味しいものは美味しいと感じて生きていたい」と

それを聞き、尚も、無我夢中で野菜を作り、食べさせ続けました。


決してポジティブではない私が、ポジティブを装い励まし、

オーガニック野菜で作った酵素ジュース毎日運び、

オーガニック野菜で作った料理も毎日運び、

最善を尽くしても助けられませんでした。

しかし、母が、

「自分は病気になったから、こんなに美味しい野菜を食べる事ができたのかもしれない。

 病気に感謝しなきゃいけないのかもね〜」と

そして

「貴女を産んで良かった」と

言ってくれたのです。

無力さは感じましたが、そう思える野菜を少しの間でも食べさせてあげられて良かったとも

思いました。

更に、ほんの少しの間でしたが、ほんの少しだっけ、数値的にも、彼女自身からも、回復の兆

しが見えたのも確かでした。

極力オーガニックの野菜を食べ続ければ、人の身体は変わっていけるのではないか

確信した部分もありました。

しかし、オーガニックはまだまだ浸透しておらず、スーパーでは価格が高いものも、

まだまだあり、手が出ない

それでも

こんな、私のように、誰かを野菜で救おうと、食で救おうと思ってる人は必ずいるはずだと、

そんな方達に、手の伸びる範囲の価格で、オーガニック野菜を提供したいと思い

オーガニック農家ママになりました。

畑での大黒柱は

フルーツコーンと言われる高糖度とうもろこしです。

兎に角、甘味と旨味のバランスが最高なのですが、作りにくいので、市場には殆ど出回っておらず、これなら、作り甲斐があると思い作り始め

数年が経ち

順調に売り先も探せ、何とか安心して栽培出来るようになった矢先

コロナの波が押し寄せてきたのです。

次々に訪れる去年からのコロナの影響により、私だけではなく、買い取っていただいている

業者さんも厳しさを増し買っていただくのが難しくなり

私のとうもろこし、野菜達も行き場を失っている状況が去年から続いているのです。

このコロナの状況だから仕方ないと思いつつも

悪夢のようでした。ここまで長期に渡るとは思ってもいませんでした。


何とか、どなたかの目に触れるようにしなければ、誰かに食べてもらわなくては

泥だらけになって、這いつくばって、必死に植えたとうもろこし、野菜達も
時期が過ぎれば廃棄になってしまう
苦肉の策でした

第1弾で掲げさせていただいた500万という高額な設定金額にもかかわらず、

300万以上の支援が集まり、

貴方のとうもろこしには価値があると言ってくださる支援者の方もいらっしゃり、

去年支援してくださった多くの支援者の方々が再度ご支援してくださっているのです。

本当に有難い事です。

コロナの状況が続き、ご支援いただく皆様も辛い日々送られてる事

十分承知しております。

心苦しく思います。


それでも方法がないのです。


35000本以上のオーガニックとうもろこし、オーガニック野菜を何とか皆様に食べて欲しい、

その一心で今年もプロジェクトを第1弾に引き続き、第2弾、企画し立ち上げました。

第1弾設定させていただいた金額、500万まで、後、もう少しのところまで来ております。

今年も作り続けます。

ほんの少しだけ手を貸してください。

お願い致します。


余談にはなりますが、

とうもろこしって、穂先に毛がありますよね

あの毛、1本1本、一粒一粒に繋がっているってご存知ですか?

毛の数が多い程、実の数も多いのです。

まるで、ご支援いただく皆様と、私が繋がっているように

このような繋がりが出来たこと

日々、心から感謝しています。


1歳の頃からおんぶ紐で背負いながら農作業していましたが、

そんな息子もスクスク育ち、

「ママ、僕も、ママを助けてくれる人に何かしたいなぁ〜」と

畑の草むらの中にしゃがみ込み、

「ママ、出来たよ〜

   僕にはお金がないから、みんなに四つ葉のクローバーと、花束をあげる〜」と

「いっぱい作れないけど、大丈夫かな〜ごめんね」と

小さな息子からの精一杯の皆様への感謝の気持ちです。

どうぞ、もらってあげてください。

この子の為にも、他の未来を担う子供達の為にも、

オーガニックの野菜達の栽培続けて、広めていかなくてはならない

1年1年が毎年勝負で、戦いで、賭けのようなものです。

このプロジェクトをやろう思った理由、きっかけは、コロナかもしれません。

しかし、長い目で見れば、毎年の戦い、賭けが、いつか身を結び

持続可能な世の中になるよう、少しでも自分の出来ることを広めたい、

そしてその思いに協賛していただける支援者を探す事、一緒に歩んでいただける方を探す事

それが、このプロジェクトをやろうと思った最大の理由です

どうぞ、末永くよろしくお願い致します。



資金の使い道


このプロジェクトで得た資金は、まずは、

・4月購入する肥料代、種代、資材代、ハウス設置代、定植機、

・5月からの人件費、有機圃場検査料

・8月からの、送料、ダンボール代、輸送費

・10月からの、翌年に向けた、肥料代、来年の肥料代

そして、お力を貸していただいているCAMPFIRE への手数料

輸送費も年々値上がりし、北海道からクール便で送らさせていただくと、

支援金の3分の1が輸送費に消えてしまいます。

更に、少しでも廃棄を減らす為、加工品を作ろうと思っております。

その加工賃にも使わせていただきたいと思います。

皆さまのご支援のお気持ち

大切に未来へ繋げます。


リターンについて

北海道産 有機JAS認証

オーガニックとうもろこし
超高糖度とうもろこし
糖度18度〜20度


皮が柔らかく、生でも食べられるます。

ただ甘いだけではなく、旨味が後を引く、そんなとうもろこしです。

クール便での発送になります。

※ 有機栽培の為、品質等、出荷前に充分検査する為、

   穂先を開けて検査する場合や、穂先の毛の部分カットしての出荷になる場合があります。

   大変ご迷惑おかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。



また、他にも、真空とうもろこしセットのリターンなどもご用意しております。

真空とうもろこしセットの方のリターンは

5500円、7500円の2タイプのリターンをご用意しております

1・今季夏取れたものを収穫し、加工していただくので、

      賞味期限が来年2022年までの1年間という物になっております。

    ※   常温での保存が可能です。


最後に

今年もコロナの第3波・第4波の影響により、野菜達の行き先の見通しがつきません。

それでも、苦しい中を乗り切ってでも農家を続けたいのです。

私の未来ではなく、子供達が安心して食べ続けられる、そんな野菜がスーパーに沢山並び

オーガニック給食が当たり前に出てくる未来の為に・・・

自分は、素晴らしい賭けに出ていると常々思います。

堂々と胸を張って、笑顔で生きていける。

褒められた賭けではないかもしれない、もっと安定的な道を歩んだ方が楽なのかもしれない

それでも、この生き方が人間らしい、自分らしいのです。

母に、「産んで良かった」と言ってもらえた、一番私らしい生き方なのです。

子供に「ママのとうもろこしも、ママも最高!僕は毎日幸せ」と言ってもらえる、

自分らしい、最高な生き方なのです。

そんな馬鹿な苦労しかしない、賭けとしか思えない、生き方を貫いているにもかかわらず、

支援をしたいと思っていただける

作り続けて欲しいと思ってもらえる野菜を作り続けられる

それだけで十分なのです。

そんな

思いもよらない素敵が出逢いがある、それが農業なんです


これからもずっと、作りにくい高糖度とうもろこしや、野菜達を皆様に食べていただきたい。

生きてきた人生の中で一番美味しいとうもろこしだと言ってくださった80歳のお客様と同じように、感動を食で味わっていただきたい。

貴方にも必ずいるはずです。

ずっとそばに居続けて欲しい人が・・・

その人と、細く長く幸せな時間を笑顔で過ごして下さい。

そして、その貴方の大切などなたかと、笑顔で私の育てたとうもろこしにかぶりついて下さい

きっと、人生の喜び、食べる喜びを味わっていただけると思います。


この、小さな幸せを呼ぶ、とうもろこしを選んでいただける事に日々深く感謝しています。

そんなオーガニックとうもろこし、野菜を作り続けるためには、皆さまのお力が

もう一押し必要なのです


どうか、力を貸してください。


私には夢があります。


これから先、未来を担っていく子供達、私の子供だけではなく、保育園、幼稚園、小学校でオーガニック野菜、オーガニックのお米で、給食が提供される時代が来た時、その野菜を私の畑から出荷したいのです。


どうか、この未来に協賛していただけると有り難いです。


よろしくお願いします。


農家住所

北海道美唄市茶志内町3区

ビーマイ倶楽部  

08096103767


畑なので、営業時間等はありませんが、お近くにいらっしゃる際は、ご連絡いただければ、収穫体験、直に販売も出来ますので、是非お電話いただければ対応させていただきます。       



<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/28 08:00

    大切な御支援者の皆様間も無くあと数時間で第三弾も終了になります今年はコロナだけではなく、温暖化を感じさせられる年でした恐ろしいほど雨が降らず、井戸水も干上がってしまい、とうもろこし全滅の農家さんも多数出るほど成長の必要な時期に50日も雨の降らない日々、去年よりやはり実も細め、それでもとうもろこ...

  • 2021/08/24 08:53

    いつも有り難うございます昨日、前回御支援いただいた支援者の方から、第三弾のURLまでたどり着けないので教えていただきたいとのメッセージいただいたので掲載させていただきます。下記URLが、今回開催させていただいている第三弾クラウドファンディングになりますhttps://camp-fire.jp/...

  • 2021/08/23 17:19

    大切な御支援者の皆様又、このプロジェクトを見つけて今、検討されている御支援者の方々いつも見守っていただき有難うございますついに、今開催中の第三弾クラウドファンディングもあと5日で終了をむかえます今年はコロナの影響で第三弾までお力を皆様に借りなくてはならない状況になり何度も何度も力を貸していただ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください