【ご挨拶&ご紹介】


はじめまして。
1年前に神奈川県から移住して山形県村山市で活動している、(株)ローカル・インキュベート代表の末永玲於と申します。



数年前までは縁もゆかりもありませんでしたが、ひょんな事で知りあった村山市。それからと言うもの、月1で通うようになったり、二拠点居住をしたりするようになりました。通うたびに地元の方たちの人柄に惹かれ、気づけば半年前に移住しちゃっていました。(笑) これまでは農家さんと一緒に農作業や販売のお手伝いをさせてもらったり、耕作放棄地を活用したグリーンツーリズムを地元の方と一緒にやっていました。



【山形県村山市ってどんなとこ?】

村山市は、「甑岳」「葉山」という2つの霊山に囲まれ、その中心を「最上川」が流れる盆地に位置します。その土地柄ゆえ、古くより多くの芸術家やクリエーターに親しまれてきた地域です。書道家/社会事業家/空間プロデューサーなど、敏腕クリエーターとしての顔を持つ、真言密教の開祖 空海も「甑岳」に登頂したそう。その流れは、伝統的な「甑岳修験」へと継承されていきました。また、蝦夷地を開拓した冒険家として有名な、最上徳内の出身地としても知られます。また現代においても、「甑岳」「葉山」と「最上川」が織りなす荘厳かつ厳粛な雰囲気に惹かれ、多くの芸術家が愛好する土地として知られています。


【チーム設立のストーリー】

そんな村山市に移住してから足繁く通っていた場所が、まち中のコワーキングスペース kokage
歴史の必然か、はたまた偶然か、kokageには、
動画クリエーター/フラワーアーティスト/イラストレーター
など、多くのクリエーターさんが出入りします。


そこで出会ったクリエーターさんの中の一人、手描きイラストレーター さかいかんな さん。

かんなさんをはじめとして、kokageに集まった有志で、

・クリエィティブができること

・ローカルの可能性

・市内の人達の思い

を再確認しました。



そして、クリエィティブの力でもっと地域を、そして未来を面白くすべく、



『B.BASE』プロジェクト発足!



「めっちゃ美味しい地元の推しの一品を、リブランディングしたい!」
「クリエーターさんが集まる場を作りたい!」
「村山市で壁画アートを広めたい!」




そんな期待やワクワクが膨らむ一方で、切迫した山形県内のクリエーターさん事情も明らかに・・・


地方では創作環境が少ないこと。
そもそもクリエィティブ業の価値がまだまだ認められてておらず、仕事が評価されづらいこと。
だから実力はあっても本業だけで生計を立てていくのが難しく、

東京などに若手のクリエーターが流出すること。
もしくは、クリエーターへの道を諦めてしまうこと。

そんな現状を目の当たりにしました。


だから私たちは、


「クリエィティブの力でもっと地域を面白く!」
「誰もが自分の内面にある興味・関心を肯定でき、自らの個性で生ききる」


を2つの軸として、





この民家を改装して、クリエーターさんたちが自由に創作、交流、滞在できる拠点

 『B.BASE』を山形県村山市に作りたいと考えています。






そこでは、

・シェアアトリエ
・創作に集中できる「こもり部屋」
・クリエーターさん各自の作品展示スペース
・地元の人/クリエーター/ふらっと来た人などが、ぐるぐるかき混ざる交流スペース


を作ることで、


●クリエーターさん同士のコラボレーション
●地元農家さん・企業さんとクリエーターさんとのマッチング
●クリエィティブ×地域のワクワク で新たな産業創造
●ローカルとクリエィティブの距離を近づける


など様々な創発を生んでいきたいと考えています。


そして中期の目標として、

『B.BASE』では、来年までに、
集まってくれるクリエーターさんと、山形県の素晴らしい産物を掛け合わせ、


東北を代表するような新たな商品を開発いたします!

今回のリターンには名誉VIP会員特典として、『VIP専用LINEグループ』へとご招待させていただきます。
そちらでは、「商品開発」に関するアンケートや、試作品のテストなどにご協力をお願いする予定です。
是非、with B.BASE 商品開発チームとしてもこのプロジェクトを応援させていただけると嬉しいです。


【この空き家にかける思い】

近年、「空き家問題」はローカルにとって一つ大きなテーマになっています。
村山市も例外ではなく、空き家数は増え続け、なんと市内家屋のうち13.5%(平成25年調べ)も空き家になっています。かつては賑わいのあった家も、今や都市への人口流出や人口減少が重なり、空き家が増えました。
やむを得ない事情で空き家になってしまったとしても、
・管理しない家屋は雪などで倒壊の恐れがあり危険だ
・空き家は鳥獣やコウモリの住処となるし、損壊した家は景観も損ねる
・空き家が目立つと、地域の活力が減退する
といった地域の声が聞かれます。

その一方で、「空き家」の使い道はポテンシャルが溢れているとも思っています。
私たちは「空き家問題」一つの解決策として、『B.BASE』プロジェクトをはじめました。
「楽しみながら、クリエィティブに、地域と溶け合う」ことで「空き家」を負債としてではなく、未来を紡いでいく資産にしたいと考えています。
その結果、地域の人にとっても空き家が「楽しみの場」となり、
さらに全国の空き家を抱える地域にとっても「空き家は活用次第で大きな資産になる」とエンパワーメントできればと思っています。


【資金の使い道】


●改装費:約60万円...

 ーアトリエの改修:約20万円...廃材撤去、電気設備、作業台など製作環境を整備します。
 ーオープンスペースの造作:約15万円...机、本棚、お絵かきボード、展示棚などを設置します。
 ー「こもり部屋」の改修:約10万円...創作に熱中できる環境を整備します。
 ー庭の造形:約10万円...地域にも開かれた拠点にするため、庭に椅子やライトを設置します。
 ー修理費:約10万円壊れてしまっていたボイラーを修理します

●リターン制作費:約25万円...製造原価、クリエーター人件費、送料などリターンに関する費用です。
●広告費:約6万円...この企画を広めるために、販促物を製作していただいた費用です。
●サイト手数料:9万円(9%)

ーーーーーーーーーーーーーーー

計:100万円



【実施スケジュール】


4月上旬 クラウドファンディングスタート
4月後半 改修開始
6月下旬 クラウドファンディング終了
7月上旬 リターン発送
7月中旬 『B.BASE』プレOPEN!
 ~   (地元に開かれた場所に)
8月中旬 『B.BASE』グランドOPEN!


【チームの紹介】


『B.BASE』プロジェクトを伴走・支援してくださるメンバーと賛同クリエーターの紹介です。

【賛同クリエーターの紹介】


【最後に】


古くより、多くのクリエーターと交わりのあった村山市。
クリエィティブの力でもっともっと面白くなる村山市、そして未来を信じて、
私たちはこの地で、『B.BASE』プロジェクトを実現していきます。

そして私たちのビジョンは、これらの企画を通じて、
「誰もが自らの個性で生ききれる社会」
を作っていきたいと考えています。


皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

『B.BASE』プロジェクトチーム一同



※<All-or-Nothing方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/05/12 14:03

    昨月より始めさせていただいておりました『B.BASE』クラウドファンディング ですが、本日5/12をもって無事100%を達成させていただくことができました。応援してくださった皆様、関わってくださった皆様、誠にありがとうございました。そして、ネクストゴール200%に挑戦させてください!!全額10...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください