はじめまして、山口善之と申します。本プロジェクトページをご覧いただきありがとうございます。僕は今、女性が活躍できるよう夢の実現をサポートする教育企業で働いています。

まず最初にこの本がどう言った内容の本なのかをお話し致します。

この本は、

▶︎いじめを受けた過去がある

▶︎過去の辛い経験で前の向き方が分からない

そういった方々のための

【考え方】や【捉え方】の参考となる本です。


僕は小・中学時代にいじめを受けていました。経験する必要のないことを経験してしまいました。その後僕自身が何を考え、何を感じて生きてきたのか、40歳を過ぎた今だからこそ当時を振り返ってみて【当時漠然と抱えていた悔しさや矛盾】、そして大人になってから気づいた【コミュニケーションの大切さ】や【「なぜ」を忘れないこと】など、今だからわかる気付きを自分の原体験をもとに綴っています。

まず最初にお伝えしたいこと、それは


過去は変えられません。


一度経験してしまった事実は変えることができません。一生その事実は残ってしまいます。
しかし、大切なことはその事実を【どう捉えるか】です。変えることができない過去の経験をどう捉えるかで事実の見え方が変わり、そして次に事実の意味が変わります。そしてそれは【未来の見え方】も変わることに繋がります。

過去が原因で前を向けない

どう頑張っていいかわからない

そして、支援やサポートされている方々にもぜひ読んでいただきたい本です。


僕一人では当然ですが社会を何も変えられませ。だからみんなで同じ方向を見て一緒に変えられたらと思っています。
ほんの少しでも僕の経験が誰かの役に立てるならば、全力で力になります。

よろしければ5分だけ、本ページを読むお時間を頂けないでしょうか?もし共感頂けましたら、ご支援頂けますと幸いです。



小学・中学時代のいじめや家庭環境(両親の不仲)から始まり、我慢や違和感の連続、そして人とのコミュニケーションが分からずに深く人と関わらない人生を選んできました。何となく周りに流されて生活していた僕は2012年から2018年の間に進学塾の広報で働いていました。そこで僕はいじめと教育が密接につながっていることに気がつきました。そのきっかけがある衝撃的な出来事でした。


【教育に違和感を感じた衝撃的な出来事】

少し長くなってしまいますが、お付き合い頂ければ幸いです。
今から4年か5年ほど前の進学塾の校舎で、教師が生徒に対して大声で怒鳴っているという行為を目の当たりにしました。怒鳴っている理由は、生徒が勝手に教室の外(建物の外)に無断で出ようとしたものでした。無断外出自体は塾のルールで禁止されていたのですが、教師がフロア中に響き渡るほど大声で怒鳴ていました。この光景をみた瞬間に僕が感じたことは、

「この教師は生徒の何を見てるんだろう」

そして、

「この教師は子供の未来を殺すかもしれない」

と思いました。もちろん物理的ではなく精神的にです。子供の自己肯定感や勉強をしたい気持ちがあったとしても、この行為がきっかけでもし「勉強を嫌いになったら?」「大人を嫌いになったら?」と思いました。それは結果的にこの子の人生を変える行為になる可能性があるんじゃないか。

ルールや決まりに囚われて子供が「そもそもなぜ外に出ようとしたのか」「なんとなく出たかったのか」「外に出なければいけない理由はなかったのか」ということを想像することができなかったのかもしれません。

その光景を見て胸が苦しくなりました。「これが教育なのか?」と感じ、さその教師の怒鳴っている行為を止めに入ることができなかった自分に対しても悔しくなりました。

それがきかっけで【教育の課題】が他人事じゃなく自分事として考えるようになりました。おそらく、小・中学時代のいじめを受けていた時に「なぜ」を半強制的に考え続けたことが、「矛盾」や「違和感」を深く掘り下げることができたのかなと思っています。
そして今はこう考えています。


自己肯定感を高められない教育が子供の好奇心や没頭力、さらには他者に関心を持てずに自分の価値観だけで物事を判断してしまうんじゃないか。

いじめとは「自分の価値観に合わない人を排除する行為」


そんな考えに行き着きました。いじめと教育がつながっているのはこんなとろなのかもしれません。
(これは根拠となるエビデンスはありません、個人的見解です)

少しづつ社会の環境は良くなってきています。しかし今の社会はまだ自分を肯定して生活できるとは言えない環境があります。だからこそ、経験してしまった辛い出来事の意味を変え、その経験を次への踏み台にしていただきたい。

この本があなたの人生の、次のステップへ進むための参考書になれば幸いです。



いじめや過去の辛い経験によって前を向けない
今辛い経験をしている

そして

支援やサポートされている方

に参考書としてこの本を読んでいただきたい。

過去の辛い経験は普通なら話したくなかったり、知られたくないと思います。しかしそれは「辛い過去」と捉えてしまっているから知られたくないのかもしれません。これを【辛い過去】ではなく、【いじめを受けたこの経験が誰かの役に立つかもしれない】と考えることができれば、あなたのその経験も誰かを救うきっかけになるかもしれません。


今は思い出したくないかもしれません。
記憶から消したいと思ってますいるかもしれません。

しかしいつか必ず、

その経験は誰かを救います。


それだけは忘れないでください。捉え方次第で過去が変わり、意味が変わり、そして未来が変わります。その考え方の参考になるのがこの本です。そしてこの社会課題を僕一人で立ち向かうより、【立ち向かう人(仲間)を増やす】ことが解決への近道ではないかと考えています。僕が経験したことを僕だけのものにするより、みんなで共有してみんなで立ち向かえないかと考えています。

頑張れない人、今頑張ろうとしている人、支えたい人の参考になれば幸いです。



僕自身の体験から気付いたことや感じたこと、自分の守り方や心の開き方、そして今頑張っている人をサポートされている方に向けた僕が感じた視点でお伝えする本です。

※章は完成次第差し替えを予定しています

---------------✂︎---------------

各章(一部のみ記載、名称変更の可能性あり)

▶︎親が若い時はどんな時代で現代にどんな影響を与えるを考えてみる

▶︎誰が加害者で誰が被害者かを考えてみる

▶︎「なぜ」を忘れないで

▶︎ドリームキラーの捉え方

▶︎自分の特性を知ると安心するのはホント

▶︎没頭という自己肯定

▶︎現実逃避という「きっかけ」

▶︎夢を無理に持とうと思わなくてもいい

▶︎目標は常に変わってもいい

▶︎他人の意見やアドバイスは参考程度にすること

▶︎一人の時間を意識して持つ

▶︎考え方が合わないことの方が普通

▶︎好かれたいと思う意識

▶︎昔の価値観を持った人と出逢ってしまったら

▶︎あなたの経験は誰かを救える

▶︎過去を再定義

---------------✂︎---------------



内容の一部を公開致します。


#過去を再定義

僕が経験した出来事は今の僕を作っています、それは間違いありません。1つ1つの出来事を今の自分がどう捉えるか、それ次第で「「いじめ」も”経験”に変えられます。勿論いじめを肯定しませんし、経験する必要のないことはいくらでもあります。しかし、経験してしまったことは取り消すことはできませんから、過去に対する捉え方を自分なりに工夫することが重要です。

今では自分の過去を再定義できたのでは、とも思っています。しかしどう捉えるかは、自分の中に知識がないとどう捉えていいかわからなくもなります。経験したことに対してどう認識するか、どうアプローチするかは自分の中の引き出しからアプローチの方法を探さなければなりません。その引き出しが空っぽだったり少ないと辛い出来事も辛いままです。引き出しの中に様々な知識があれば辛い出来事に対してどう対処するべきかを選ぶことができると思います。逆に「知らない」ということは選択肢を持たないということに似ています、というか同じだと考えています。

そして僕自身は、「自分が何をしたいか」という目標を見つけることで過去を再考察・再定義することができるようになりました。思い出したくない出来事かもしれません。僕が体験したいじめも思い出したくないことはいくつかありますが、それでも「なぜそんなことが起こったのか」を、当事者として考える必要があると思っています。これは他人事ではなく自分ごと、当事者として大切なことなんじゃないかと思います。その出来事が起こった理由は環境的な背景や時代的背景、その時の成り行きなどを振り返ってみると以外な発見があるかもしれません。こうやって【新しい事実】を見つけ出すことで、過去の意味が変わって来るのかもしれません。

ただ、もし過去に戻れるとすれば1つだけやっておきたかったことがあります。学生時代、色んな疑問や矛盾に対して、自分なりの「思考」をもっともっと、とにかくもっと考えていたかったと思っています。その時に答えは出なくてもいいんです、アウトプットしなくてもいいんです。考え続けることが何よりも重要で、この訓練が新たな視点を見つけ出すきっかけになるからです。

今の僕は、やっと少しは物事に対して深く考えられるようになったかもしれません。これがもっと若い時から考える経験を積んでいたらどれだけ世界をもっと多角的に見ることができたか。これは経験値としては大きなハンディキャップを負ったと思っています。過去は変えられませんが、過去の意味を変えることができれば未来の見方が変わります。



初めてのクラウドファンディングでかなり緊張しています。

「本を書こう」と思い立った時は本の書き方とか「ちゃんと伝わるか」とか不安しかありませんでした。購入して頂くからにはこの本から「捉え方」や「考え方」の参考になるヒントや、購入者さんの「頑張りたい気持ち」や「支えたい気持ち」をサポートできるものを持って帰って頂きたくて、それを表現できるかどうか。試行錯誤しながら本書を書いています。

僕自身がこれまで考えてきたこと、悩んできたこと、感じてきたことををできるだけ言語化してわかりやすく、【あなたがこれからの人生を歩くためのヒント】としてまとめました。少しでも、あなたのこれからの人生が歩きやすくなるよう、【捉え方】という本でサポートします。


下を向く人を増やしたくなくて、笑顔で前を向いて歩く人を増やしたい。

明るく笑い合える社会を作りたい。そんな社会を皆さんと一緒に作っていけましたら幸いです。


このクラウドファンディング に共感いただけたましたら、ご自身の大切な人や今悩める友人知人にぜひ、このクラウドファンディンを教えてあげてください。
応援メッセージやSNSを通して、今頑張ってる人にこの輪を共に広げて頂けるならばこれほど嬉しいことはありません。どうぞよろしくお願いします。


💫💫SNSでシェアしていただく際はハッシュタグ「#過去を再定義」を付けて発信していただけると、僕が検索してお礼のメッセージを送らせて頂きますm(_ _)m💫💫


また、ご支援いただいた方やこのプロジェクトに興味を持っていただいた方々とこうして繋がれたことがすごく大切だと考えています。そこでこの度Facebookグループを開設しました。


▶︎過去の体験との向き合い方を相談するグループ

悩みや不安の「サポートやアドバイスをしたい方」も参加大歓迎です。承認制でグループ外に内容は出ませんのでご安心ください。
(コメントせず参加するだけでもOK!)


➡️こちらをクリック!!(facebookへ遷移します)


だれでも気軽に入れるグループになっていますので、ぜひご活用頂いてご自身のこれからに役に立ててください。^_^



僕が個人的にとても参考になる情報を教えていただいた方は、「日本こども色彩協会」の代表理事の齊藤美雪さんです。

僕は2012年から進学塾で働きはじめ、2016年か2017年ごろだったと思います。その進学塾内で教育のことを色々と考えるきっかけがあり、そこから自分なりに教育のことや子供にとって大切なことを調べ始めました。その情報収集の一貫で教育関係・子供の自己肯定感に関係するセミナーやイベントに色々と参加していました。齊藤さんとの出会いはFacebookのイベントのお知らせを見つけて参加しました。

「【脳科学で学ぶ、次世代教育革命】〜こどもの能力を最大限に引出す方法〜」というタイトルに引き寄せられて、全く面識もないのに参加しました笑。2018年8月のことです。

その時に脳の構造や環境の大切さをエビデンス(科学的根拠)を交えながら話をお聞きしました。セミナーに参加する前までは漠然と「子供の自己肯定感を高めるのは小さい時が大切」というなんとなくのイメージを持っていたのですが、このセミナーでエビデンスのある内容を教えていただき、「自分の考えは間違いじゃなかった!」という自信が生まれました。子供の脳の特徴やどういった原因で脳に刺激が行くのか、とても貴重な話を教えて頂きました。

▶︎一般社団法人日本こども色彩協会HP

右下の帽子を被ってる人が僕です。

※許可を頂き写真を掲載しています。


次に、個人的に親しくさせていただいている人たちがいます。僕にとってはすごく心が落ち着く友人です。2019年の末に教育関係者が集まるイベントで知り合った方で、その後数人で集まって時々【酒部(叫ぶ)】という数名でお酒好きの会を開いています。参加者はメインは僕含めて三人で毎回ゲストを呼んで各々の考えや興味のあることを話ています。

「無理をしない」「自分が楽しむことが大切」、そして「自分の気持ちを大切にする」などの軸がこの会にはあって、すごく居心地のいい人たちです。安心できる居場所だと思っています。

この友人は、nTechとよばれる”認識技術”を用いて、時間空間存在があると思い込んでいる観点から自由になり、今ここを再創造できるようになることで人間の無限の可能性を引き出していく(簡単な説明ですいません🙇🏻‍♂️)、としている組織があります。僕の考えとnTechの考えがかなり近くて共感する部分が多いのも事実です。

僕はこの団体には所属はしていませんが、ここに所属している友人(下の画像)と時々交流させていただいています。すごく相手を尊重して頂いて「参加したかったら参加OK」「予定があったら無理をしない」「ここにいる仲間を頼ろう」、そして「個の意識に囚われない」という理念で相手の興味を大切にしている感じで、すごく優しくて居心地のいい方々です。無理して喋らないのでたまにみんな無言になります笑。

画像左がヒロミさん、下が帆足さん、右が僕です。

NR-JAPAN(n-Tech)

※酒部の三人です。(右上が私です)


この酒部(叫ぶ)で関わりを続けていると、1つ気付いたことがあります。それは、

「カッコ悪くても大丈夫」

という感覚を学びました。周りの目を気にするとか、立場的に立派じゃなきゃダメだとか、そんなことはどうでもよくて、「カッコ悪い姿も見せることで周りに安心を与えている、自分でもできるかも」と行動を喚起することに繋がるんじゃないか。そんなことを考えさせて頂きました。安心できる人が周りにいると行動しやすくなるのかもしれない、そして笑顔になれたりするんだと思います。無理に笑顔を作らず自然に笑顔になれる仲間や友人、環境を作っていきたい。そんなことを考え、学ばせて頂きました。



1)執筆/編集費(構成編集/リライト)

2)表紙デザイン/装丁/クリエイティブ

3)出版/印刷費

4)発送/その他経費

5)CAMPFIRE手数料

ご支援いただいた資金は、製本に関わる費用やその他お手元に届けるための諸経費に全て使わせていただきます。



4月:クラウドファンディングスタート/執筆・編集・デザイン・装丁同時進行

5月末:執筆/クラウドファンディング終了

6月:執筆/編集/デザインの決定/入稿・印刷/リターン随時お届け(感謝メール)

7月:発送資材買い出し/リターン随時お届け(本・手紙)





本プロジェクトで1冊購入いただき、内容を気に入って頂けましたら個別で発注を承ります。また、ご賛同いただける方、取材や書店への卸し売りをご希望の場合も、こちら(sozoryoku.kaigi@gmail.com)までご連絡ください。随時対応させて頂きます。

*本プロジェクトはAll-In方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/05/07 21:00

    ご支援頂きました皆様へ。今の状況とこれからの取り組み(クラウドファンディング終了以降)を簡単ですが動画にまとめさせて頂きました。一人語りの面白みのない動画ですが、ご覧ください。※この動画はプロジェクトページにも掲載させて頂いています。

  • 2021/04/25 21:00

    ご支援頂いた皆様、ありがとうございます。プロジェクトを立ち上げてから本日で1週間が経ちました。現在本は順調に書いていっていて、大体半分くらいは書き終えることができました。【章】はまだ増える可能性もありますが、ひとまずこういった内容(画像参照)になります。このプロジェクトは5/30まで続きます。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください