一見テニスのように見えるスポーツPadel(パデル)をご存知ですか?Padelは1974年にスペインで生まれ、競技人口の拡大スピードでスポーツ史上最速記録を持ちます。日本には2年前に上陸。しかし、関東でプレイできるのは所沢のみ。東京初のコートを設立し、多くの方にPadelを楽しんで頂きたいです!

プロジェクト本文

1、自己紹介
2、玉井とPadel
3、Padelはどんなスポーツ?
4、Padel東京施設の概要
5、資金の用途
6、リターンについて
7、応援メッセージ(スペイン大使館 経済商務部様)
8、最後に

はじめまして、玉井勝善と申します。
プロジェクトページにアクセスしていただき、どうもありがとうございます!
私にはどうしても叶えたい夢があります。
それは、「Padel」(パデル)というスポーツを日本、そしてアジアに普及することです。
まずはその足掛かりとして、東京に初となる「Padel」の設備を建設したいと考え、
今回クラウドファンディングに申し込みました。
Padelについて、みなさんに少しでも知っていただき、ご興味をもっていただけたら嬉しいです。

みなさんはPadelというスポーツをご存知ですか?

2013年に日本上陸したばかりなので、まだご存知ない方も多いかもしれません。Padelはラケットスポーツで、スカッシュとテニスの間のようなイメージです。

発祥は40年前のスペイン。急激に競技人口を伸ばしているPadelは、現在ではスペインで300万人がプレイする国民的スポーツになりました。(なんとテニスの本場スペインでテニスのプレイ人口:100万人の3倍です)
そして、スペイン国外でも人気は拡大し21か国でプレイされ、プロ選手も数多く活躍しています。また、2万人の観客を動員する「Padelワールドツアー」が通年で開催されています。

Padelをプレイするためには専用コートが必須です。しかし現在日本には、埼玉、大阪、三重の3か所にしかありません。これが日本でPadelがなかなか広まらない大きな理由だと感じています。

もともと私は中学からテニスを始め、プロのテニスプレイヤーを目指していました。成績は
・松戸市、シングルス・ダブルス・団体戦で優勝し三連覇。
・松戸市や柏市、流山市などの東葛飾ブロックトーナメントで優勝。
・千葉県大会でBest8など。
残念ながら全国大会へは出られませんでした。プロで食べていけるレベルではないことを自覚し、選手活動は高校で区切りをつけました。

そして、そのまま社会人になり、2001年私が26歳の時に起業し経営者として歩んでまいりました。途中、やはりテニスへの想いが忘れられず、MixiFacebookで「テニス大好き!」というコミュニティを開設し、管理人になったことで再びテニス熱が再開しました。30代からは毎週末テニスという生活を送っていました。

一方、仕事面では従業員や取引先の方々にも恵まれ、会社は今年で15年目を迎えることができました。15年という歳月の中で、窮地に追い込まれ、心が折れるようなことが何度かありました。そんな時に私を救ってくれたのは、テニスとテニスを通じて知り合った仲間達でした。

「いつかテニスに関わるビジネスをつくって恩返しがしたい!」そんな夢を胸に秘め経営を行ってきました。実際にいくつもいくつもテニス関連のビジネスの事業計画をねりましたが、「これだ!」というプランを描くことができませんでした。もどかしかったです。

2015年、そんな私に奇跡的な出会い、そして転機が訪れました。
今年の春、知合いから「Padelっていう面白いスポーツやりにいきませんか?当日Asadoという南米風BBQもついてますよ!」と誘われ、Padelに出会いました。
実際にプレイをして、観戦して、南米風BBQで肉を食べ、、、
気が付けば完全に「Padel」というスポーツの虜になっていました!

・エキサイティングなラリーが続く展開の速さ
・観戦している人との一体感
・初心者でも上級者と一緒に試合が楽しめる競技性

そこからは、寝ても覚めてもPadelのことばかり・・・・!!
Padelを知れば知るほど、私の中のPadel愛は急激に大きくなっていきました。
そしてPadelと出会ってから3ヶ月後に私の心は決まりました。
私はPadelを日本・アジアに広め、Padelの楽しさを伝えたい!
Padelとテニスが共存できる世の中をつくりたい!

15年間経営をしてきた会社の代表取締役を今年の9月で退任しました。
そして、翌月の10月にPadel Asiaという会社を作りました。

今まで心の中でくすぶっていた夢や想いに向けてスタートを切れたことで、私の人生は一変しました。

私はPadelに人生をかけます!


Padelは簡単にプレイできるスポーツ性と、戦略を必要とするゲーム性が同居する奥深いスポーツです。ポイントの数え方はテニスと同じです。そして2人対2人のダブルスのみでプレイします。8割の要素はテニスと同様ですが、残りの2割にPadel特有の要素が入ります。その主な理由はコートにあります。

■特徴1:コート
コートのサイズは長方形の20×10メートルで、テニスコートの半分のサイズです。周囲は強化ガラスと金網により囲まれています。

この強化ガラスと金網こそが、Padelの最大の特徴です。
Padelでは、コートにワンバウンドした後、側面や後ろの壁にボールがバウンドしても、プレーを続行します。
Padelならではの展開として、
・わざと相手のボールを壁に当てて、勢いを殺してから打ち返す
・自分のショットを壁に向かって打ち込み、バウンドさせて相手コートに入れる
・スマッシュを打たれても大丈夫!壁に当たった球を打ち返せばいい
・コートの側面や上部空間からボールが出た場合、選手はコート外に出て、ボールを返球できる

など、周囲の壁を戦略的に使い、知力を駆使してプレイすることで勝機を掴めるのが魅力です。

■特徴2:初心者でも簡単にプレイできる
・パデルのラケットはテニスラケットより短く、ガットではなく板状なのでどこに当たっても真っ直ぐ飛んでくれます。また、ラケットが短いことで手の平感覚で扱えて、初心者でもすぐにボールに当てられます。大体1時間程度練習すれば、ゲームができるようになります。

■特徴3:体力不要!だから年代を問わず楽しめる
Padelのコートはテニスの半分の大きさです。そして、常にダブルでプレイし、周りの壁に当たった球も打ち返せるので、動く範囲がテニスに比べて格段に少ないです。お子さんからご年配の方まで体力的な負荷をかけずに楽しんで頂けます。

 ■特徴4:ラリーが続く
Padelはテニスに比べてラリーの応酬が楽しめるという特徴があります。
試合の中で何度もドキドキハラハラする場面があるので、プレイしている側も観戦している側も、試合から目を離せません!

また、選手と観客の距離が近いので、臨場感溢れる環境で一体感を得られます。

 

Padelの東京施設はインドアの全天候型施設、もしくは屋外施設を予定しています。
オープンは2016年4月予定です。
■建設予定地
東京23区内
■レイアウト

 

Padel東京施設のコート建設費用に充当

700万円達成
施設にPadelコートを1面設営

1,400万円達成
施設にPadelコートを2面設営

■玉井勝善からメールにてお礼のメッセージ
玉井から精一杯の感謝の気持ちをパトロン様へお伝えさせていただきます。

■Padel AsiaのHPにお名前表示
Padel AsiaのHPにパトロン様のお名前を掲載させていただきます。
掲載のご希望が無い場合は事前に教えていただければ、掲載を控えさせていただきます。

■Padel Asiaの東京施設にお名前表示
Padel Asiaの東京施設にパトロン様のお名前を掲載させていただきます。
掲載のご希望が無い場合は事前に教えていただければ、掲載を控えさせていただきます。

■Padel Asia東京施設レンタルコート会員入会権(予定価格:1,000円)+30分Padel体験券
Padel Asia東京施設レンタルコート会員入会権と、30分のPadel体験がセットになった、大変お得な今回のクラウドファンディング専用商品です。
体験券を持っている方が複数名集まって、同じコートで体験をされる場合、みなさんのチケットを合算したお時間でご利用いただけます。

■1時間コート利用券
Padel Asia東京施設において、コート(1面)をいつでも1時間無料で利用できる、今回のクラウドファンディング専用チケットです。
※コート利用料金の予定価格は平日6,000円、休日8,000円/1時間です。
※利用可能人数は1予約(1面)で最大8名です。
※有効期限はオープンから1年間です。

■ラケット・シューズ・フェイスタオルレンタル券(予定価格:1,000円)
Padelラケットと、Padelシューズ、フェイスタオルのレンタル無料券です。
手ぶらでPadelを楽しみたい方にぴったりのレンタルプランです。

■Padel Asia東京施設カウントダウンイベント参加券
Padel Asia東京施設オープンを記念してカウントダウンイベントを行います。
Padel Asia東京施設で行なう予定です。南米風BBQのアサードや、ラテンのドリンクを飲みながらできる、ミニPadel体験企画などを盛り込む予定です。

■Padelラケット(予定価格:15,000円)
※↓はイメージです。

■パトロン様のネーム入りラケット(非売品)
上記のオリジナルラケットにパトロン様のネームを入れて、世界に1つだけのPadelラケットをお作りします!

■Padel Asia東京施設のオーナー様名刺(非売品・オーナー様特典付き)
鶏がおいしい某飲食店ではありませんが、Padel Asia東京施設のオーナー様という肩書のお名刺を100枚お作りします。このお名刺があれば、Padel Asia東京施設にいらしている間中、サプライズのオーナー待遇をご用意させていただきます。

■Padel Asia東京施設でラケット預かり券(1年間、予定価格:6,000円)
Padel Asia東京施設で、お客様のラケットを1年間お預かりするチケットです。
施設にラケットを置いておけば、気が向いたときに何時でもお立ち寄りいただけます!

■玉井勝善と一緒に「Padelの魅力を感じる」ディナーへご招待
玉井とおいしいお食事とおいしいお酒を飲みながら、Padelやその他なんでも!楽しく語り明かすディナー会です!

■玉井勝善とPadel体験
Padelに全てをささげる玉井とPadelを熱く体験しましょう!

■1時間Padelレッスン無料券(1-8名対応コート利用付き、予定価格10,000円)
Padelのレッスンを1時間受けらるチケットです。Padelに精通したコーチが誠心誠意ご指導します。1人でみっちりレッスンを受けられるもよし、数名のグループで申し込んで頂き皆さんでワイワイとレッスンを受けていただくもよし。最小1名から最大8名までこのチケットでお申し込みいただけます。
※何名で申し込まれても時間は1時間、利用コートは1面です。

■シリアルナンバー入りオリジナルTシャツ(非売品)
Padel AsiaのオリジナルTシャツです。デザインは全部で10種類!シリアルナンバー入りなので、どれも世界でたった1つのTシャツです。どのデザインになるかはお任せください!

■Padel Asia東京施設レセプションパーティ招待状
Padel Asia東京施設のオープン時に行うレセプションパーティへご招待します。
レセプションパーティーにはテニスのトッププロ選手などもお呼びする予定です。

■日本テニストッププロ選手とパデル体験
日本のテニストッププロ選手と1時間Padelの体験をしていただきます。
Padelであれば、テニスのトッププロに勝利できるかもしれません。

予定:松井俊英選手
・全日本選手権 ダブルス優勝、シングルス準優勝
・デビスカップ日本代表選手

■Padel Asia東京施設でのチラシ配布(1年間)
Padel Asia東京施設でご指定のチラシを1年間配布します。
※1枚まででお願いします。
※公序良俗に反するものはお断りする可能性があります。

■Padel AsiaHPでバナー掲載(1年)
Padel AsiaHPにご指定のバナーを1年間掲載させていただきます。
※公序良俗に反するものはお断りする可能性があります。

 


サッカー始めバスケットボールやテニスで名高いスペインが生んだ「パデル」というスポーツが今、世界で話題となっています。
テニスより簡単で、誰でも気軽に始められるのが魅力。 今や「パデル」の愛好者は、スペインはじめ中南米など世界各国で急激に増えています。
本場スペインでは、テニス人口の倍に当たる約300万人がプレーしているといわれています。 Padel Asia社が日本、そしてアジアにパデルを普及させる活動を行っているということを伺いました。スポーツ王国スペインで生まれたこのパデルを、日本の皆様にも是非お楽しみいただき、又、パデルを通して両国の交流がより一層発展することを願っています。
                      スペイン大使館経済商務部 

 

最後までお読みいただき、どうもありがとうございます。
何かと出会うことで、こんなに人生が豊かになり、迷いなく人生の方向を
転換する気持ちになったことが自分でも不思議で、嬉しいです。
Padelを日本とアジア各国に普及させるために、真っ直ぐに全力で走り続けます。
その第一歩をこのクラウドファンディングで踏み出し、
多くの皆さんに支えて頂きながら挑戦出来ることに感謝しています。
Padel Asia東京施設で多くの皆さんにお会いできることを、
心から楽しみにしています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください