はじめに

 はじめまして。プロジェクトをご覧いただき、誠にありがとうございます。 プロジェクトのリーダーを務める有限会社青井陶器店の貴志と申します。

本店外観(秋田県秋田市 通町商店街)

 私たちは、秋田県秋田市にて大正4年よりこだわりの陶磁器の販売を行っております。
また、平成12年からは自家焙煎の珈琲豆も扱うようになり、日々の生活の中にホッと一息するお手伝いをさせていただいております。

本店内観

 そんな弊社が、この度、「お土産品の開発」「非接触の自動販売機の導入」を進めており、この度ご協力をいただきたくクラウドファンディングを開始いたしました。

代表取締役社長 青井智よりメッセージ

代表取締役社長 青井 智

 こんにちは、代表取締役社長の青井です。
 コロナ禍で大変な思いをされている方も全国に数多くおられると思います。
 そんな中、お祭りというものに拘り、全国の皆様に勇気と元気の源となるような商品の開発を図ることになりました。
 単なるお土産品に止まることなく、お祭りの粋な部分そして優美な様も感じてくれるような物を提供できるよう頑張って参ります。何卒よろしくお願いいたします。


なぜ「お土産品」なのか。

お土産品制作のようす
竿燈の竿の形などを細かくチェックしています。

 世界中で今だ猛威をふるい続けている、「新型コロナウイルス」。

 昨年はこのウイルスの影響で、全国各地のお祭りや、イベントが中止となりました。

秋田県秋田市には、毎年8月に開催される東北三大まつりのひとつ「秋田竿燈まつり」があります。

 私も2歳半からこのまつりに参加し、毎年8月が近づくと、自然と身体が動き、まつりに向かいます。

 私にとって竿燈まつりは、「食べること」「寝ること」「歯磨きすること」のような、「生活の一部」です。

 そんな中、このお祭りも、昨年は戦後初の中止が決まりました。

昨年1年は、目標もなにもなく、心の中が空っぽのような状態で過ごしましたが、今年は「withコロナ」ということで竿燈まつりも開催の兆しが見えてきております。

 そこで、昨年の悔しい想い、まつりが盛大に開催できることを祈り、竿燈まつりに関連したお土産品の開発をすることとなりました。

 また、24時間、年中無休で非接触で販売できることで現在注目されている、「自動販売機」を導入することにより、感染対策を行いながらも、地元の人々や、秋田を訪れた皆様が、竿燈まつりのお土産品を手にしていただき、少しでもまつりのにぎやかさや、祭り人の想いを感じ取っていただけますと幸いです。

自動販売機(イメージ)

設置イメージ

 また、本年は東日本大震災より10年という節目の年でもあります。秋田竿燈まつりは、東日本大震災の復興を目的に始まった「東北六魂祭」(現在は東北絆まつり)をはじめ、被災地域へ何度も足を運んでおります。震災から10年の今年、また被災地の皆様へ希望の灯を届けたい。このような想いも併せてプロジェクトをはじめさせていただきます。


秋田竿燈まつりとは?

竿燈まつり本番の様子(竿燈大通り)
秋田市竿燈まつり実行委員会 提供

 秋田竿燈(かんとう)まつりは、毎年8月3日~8月6日の4日間に秋田県秋田市にて開催される行事です。国の重要無形民俗文化財に指定されており、青森ねぶた祭、仙台七夕まつりと共に東北三大祭りの1つとなっています。毎年130万人あまりの来場者が訪れる、秋田の夏を代表するまつりです。

 「竿燈」の発祥は江戸時代中期に遡り、元々は「ねぶり流し」、「星祭り」、「七夕祭り」などと呼ばれていたようです。
 「ねぶり流し」は夏の眠気とともに穢れや悪霊を流し去り、無病息災、家内安全を祈るお盆の行事として、7月7日の七夕祭りの前夜に行われていました。笹竹などに絵馬や願い事を吊し、子供たちが町を練り歩き川に流す行事から、やがて若者たちが灯籠に言葉を書き込んだ提灯をかざして町を練り歩くようになったのがはじまりとされています。

 現在の竿燈では、竹竿に提灯を吊るした重さ50kgにも及ぶ「竿燈」を、額や腰などの体1点に乗せてバランスを取り、妙技と呼ばれるダイナミックな技を披露します。

 約280本の竿燈、約1万個の提灯が夜の大通りを埋めつくす様子は、「天の川が地上に舞い降りる」と表現されるように、まさに圧巻の光景です。

 2020年は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。中止となったのは、戦後初めてのことです。

出典:秋田市竿燈まつり実行委員会公式ホームページ

出典:上米町一丁目竿燈会公式ホームページ


資金の使い道

竿燈大通りでの演技の様子
演技者の技の数々は必見です!
 資金の使い道は、現在制作中のお土産開発費・制作経費・自動販売機購入・設置費用(内訳 開発費:約50万円 設備費:約60万円 広告費・手数料ほか:約40万円)の一部に大切に使わせていただきます。

 また、収益金の一部を、「令和3年度秋田竿燈まつり開催応援事業」として秋田市竿燈まつり実行委員会へ、竿燈まつりを盛り上げる資金として寄贈させていただきます。

※「令和3年度秋田竿燈まつり開催応援事業」は、秋田市竿燈まつり実行委員会と共催で実施いたします。

 今年の竿燈まつりが盛大に開催できるよう、そちらも併せてご支援の程、宜しくお願い致します。

 また、リターンの一部には、東日本大震災での被災地域へ希望の灯を届けたいとの想いで「復興支援竿燈」のお願いもさせていただいております。併せてご確認の程、よろしくお願いいたします。


リターンについて

リターン品は、現在開発中のお土産品などを先行してお届けいたします。

① 炭火焙煎 「竿燈ぶれんど」 大若・小若・囃子

竿燈ぶれんど(大若)竿燈ぶれんど(小若)竿燈ぶれんど(囃子)

下記の通り竿燈まつりをイメージした珈琲を現在開発中です。

何度も何度もイメージに合わせながらブレンドし、皆様に竿燈まつりの雰囲気を少しでも味わっていただけるような珈琲に仕上がりました。

1 竿燈ぶれんど珈琲-大若-

 力強くも華麗な演技を披露する「大若」をまるで眺めているかのような珈琲。

 濃厚なのに優しい、深いのに柔らかい・・・

 濃厚なコクと豊かな苦味、アフターテイストには甘味が口の中一杯に広がります。

2 竿燈ぶれんど珈琲-小若-

 子供たちのキラキラとした表情、明るく元気な様子をイメージした珈琲。

 コーヒー本来の味と香りを炭火焙煎で引き出した、今までにないカフェインレスコーヒーです。

3 竿燈ぶれんど珈琲-お囃子-

 テンポよくリズミカルな「お囃子」を聴いているかのような珈琲。

 優しい口当たり、甘く滑らかなコクと風味が口いっぱいに広がります。

 秋田竿燈まつり手ぬぐい

 竿燈の竿の形や、演技者のダイナミックな姿などをイラストでしっかり表現した、こだわりの手ぬぐいです。お部屋に飾るもよし、もちろん手ぬぐい本来の用途としてもご使用いただけます。

サイズ(約34cm×90cm)

③ 秋田竿燈まつり小風呂敷








 お弁当を包むにもちょうどいい、ミニ風呂敷です。

 竿燈まつりの賑やかさや、演技者の姿を忠実に再現いたしました。

サイズ(約50cm×50cm)

④ 令和3年度竿燈まつり観覧席券(ペア)+宿泊券

 今年度開催(予定)の秋田竿燈まつりの観覧席券(ペア)をご用意いたします。

 また、宿泊券もセットでお渡しいたします。※往復交通費はお客様のご負担となります。

⑤ 復興支援竿燈費用(令和3年10月予定)【50万円・100万円リターン】

 東日本大震災から10年を迎えた被災地へ、復興支援竿燈を披露する費用をお願いしております。

 これまで竿燈まつりは、様々な形で被災地へ足を運んでおりますが、本年は10年という節目の年ということもあり、再度竿燈の演技を披露したく、お願いいたします。

※「復興支援竿燈」とは、東日本大震災で被害を受けた被災地域へ竿燈を運搬し、現地で演技することを示しております。

 支援費用(リターン)の中に、この「復興支援竿燈」にて演技する一部の費用も含まれております。

 「復興支援竿燈」にかかる経費として、竿燈運搬費用や、演技人員の移動手段の確保・宿泊費用などが含まれます。

 ※復興支援竿燈につきましては関係団体と協議の上決定いたします。

 ※都合により、中止や延期となる可能性があります。


実施スケジュール

令和3年 4月 プロジェクトスタート

令和3年 5~6月頃 プロジェクト終了

      〃    リターン品発送

令和3年 7月上旬  自動販売機設置 お土産品販売スタート予定

令和3年 8月3日~6日 秋田竿燈まつり(予定)

令和3年 10月頃 復興支援竿燈披露(予定)


最後に

 ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 お土産品の開発を行いながら、今後は竿燈まつりのみならず、地域の大切な行事を絶やさない活動もできたらと考えております。

 このプロジェクトにより、秋田竿燈まつり本来の意味「ねぶり流し」(睡魔や邪気を払う)の意味を込めて、新型コロナウイルスの早期収束も願います。

 そして、東北の復興と、さらなる元気を秋田から発信し続けていく所存です。

 なんとしても、このプロジェクトを成功させたく、皆様のご支援賜りますよう、何卒お願い申し上げます。


みんなで心をひとつに。がんばろう東北!

コロナに負けるな!がんばろうニッポン!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください