はじめまして。株式会社ネイルデザイン代表の遠藤です。
私たちのプロジェクトをご覧いただき、本当にありがとうございます。

当社は首都圏に5店舗のネイルサロンを運営しています。
当社で働くママネイリストの素晴らしい取り組みをみなさんに知ってもらい支援いただきたく、プロジェクトを立ち上げました。

ぜひ、私たちのストーリーをお読みください。


当社には、たくさんのママネイリストが在籍しています。
彼女たちは、すばらしい技術と経験を持っていますが、サロン勤務と子育ての両立は、大変難しいのが実情です。

コロナ禍でさらに状況が厳しくなる中、ひとりのママネイリストが、ハンドメイド事業『kimie.』を立ち上げました。

私たちのプロジェクトは、うまれたばかりのkimie.を支援していただくことで、すべてのママを応援する輪を広げるものです。


〜 ママネイリストの熱い想い〜 

コロナ禍でネイルサロンが大打撃を受けていた2020年10月。

当社ではたらくママネイリストの「安藤さん」が、ある提案をしてくれました。

『マタニティチャーム作ってネットで売ってみてもいいですか!?

私たちネイリストなら、絶対にかわいいチャームを作れるし、売れると思うんです!
マタニティママに喜んでもらえる自信があります!

それに、チャームの制作は「いつ作ってもいいし」「どこで作ってもいい」。
ママネイリストの仕事を生み出せるし、サロンのアイドルタイムも無くなって会社に貢献できます!』

理屈は分かるし、気持ちも本当に嬉しい。
見せてくれたサンプルは確かにクオリティも高そう。
たくさん売れるようになれば、会社としては業績貢献だけではなく、ママネイリストの働き方の改革ができて大きな前進です。

とはいえ、ハンドメイドの通販は他にも山ほどあります。
それにゼロからスタートするネット販売は1つ売ることも容易ではないし、経営者ならばシビアに判断しなければなりません。

果たしてこれを売って本当にビジネスが成立するのか?
しかし、考えたって答えも結果もでません。
それであれば、プロジェクトを進める本人の熱意を信じようと思いました。

心に残っているのは、「ひとりやっても成立するのでは?」と素朴な気持ちで尋ねたたときの、彼女の言葉。

「個人で成功しても意味がないから
個人ではやりません!
たくさんのママに喜んでもらいたい

たくさんのママの仕事を作りたい
コロナ禍で厳しい

この会社に貢献したいからやるんです!」


これ以上、やらない理由を考える必要はないと思いました。


~2020年10月プロジェクトスタート~

まずは、Instagramで告知しWEBサイトで販売を開始。
kimie.Instagramページへのリンク
現BASEでの販売は2月からスタート

12月までは、月間1万円、2万円の売り上げ…
1月になると、月間20万円!
2月になると…月間40万円!!
3月は中旬時点で30万円(60万円ペース?)!!!
(1人で作って1人で発送しています…)

売上実績(3月18日時点)



さらにご購入いただいたお客様からも大好評で、リピーターも少なくありません。

安藤さんの熱意と技術・センスが、売上やお客様からの感謝の言葉としてカタチになりました。
こんなにも早く結果が目に見え、衝撃を受けるのと同時に、安藤さん1人での限界も見えてきました。

ただ、現時点でもたくさん売るだけではなく、マタニティマークのほかにも新商品をリリースするなど試行錯誤を続けており、今後のビジネスとして成立するだけの手ごたえは十分です。


〜ママネイリストが活躍できるビジネスを〜

収益以上に重きを置いているのが、kimie.がママネイリストの新たな活躍の場を生み出すことです。
働き方を改善し選択肢を広げ「子育てと仕事の両立」を実現させたいと思っています。

ママネイリストが培ってきた技術や経験は、ママにとっても会社にとっても貴重で活かすべきものです。
しかし、ネイルサービスの特性上、妊娠中や出産後のネイリストの働く環境が十分に整っているとは言えません。

ネイリストは見た目より重労働で、特に体調が不安定になる妊婦さんには大変な仕事です。
シフトに穴をあけるなど「仲間に迷惑をかけられない」と産休前に退職を考えるスタッフも。

産休・育休があけても、保育園の空きを見つけるのは大変です。
サロンが混み合う夕方の時間帯にはシフトに入りづらい…。
ブランクへの不安を抱えているスタッフも少なくありません。

経営者としての力不足を痛感します…。

しかしkimie.ならサロンに出勤する必要はありません。
妊娠していても、子育てしながらでも、自分のペースで仕事ができます。

ネイリストとして培った技術やセンス、ママとしてのアイデアが生かせるよう、全面的に会社がバックアップします。

ぜひ、ママネイリストたちの取り組みを、応援してください!


~ママネイリスト(安藤)より~


〜ママ活躍の経済圏を広げたい!〜

kimie.はネイリストのスキルを、ハンドメイドに転用することでできたブランドです。

また、ママの楽しさも大変さも知っているからこそ、マタニティママに喜んでもらえる作品をつくることができ、新しいビジネスが広がる可能性を感じています。

そして、時間や場所に囚われずにできるこのプロジェクトの仕組みは、「結婚・出産・育児」が理由で働きたくても働けない状況にいた女性たちの職を生み出せると考えます。

さらにこれは、ネイリストに限ったことでしょうか?
様々な分野で女性活躍はどんどん広がっています。

それなのに、産休育休を経て戻る会社での居場所は、必ずしも彼女たちがいた元の場所や希望する場所とは限らないのではないでしょうか。
部署や職種の変更、子どもの急病で休まざるを得ない現状に、職場仲間や顧客に対する肩身の狭さを感じたり、思い通りの仕事ができなかったり。

「スキル」×「ママの体験」×「会社の支援」からうまれるビジネスモデルは、女性が自分らしく働ける居場所をつくることとができます。
あらゆる分野において、女性が働く企業のロールモデル(模範)になれると信じています。


まずは、私たち自身がビジネスを成功させることが大切です。
皆さんから応援をいただいて、さらに他のネイリストにも働く場所を提供したいと考え、クラウドファンディングに挑戦しました。


プロジェクトを応援してくださる方には、kimie.の原点となったマタニティマークのチャームをお送りします。
「贈り物にも喜ばれる」と、お客様から大変好評です。
身近にマタニティママがいるご家族、ご友人、職場のお仲間は、ぜひプレゼントにご利用ください。

「無事に元気な赤ちゃんを生んでほしい」

「大変な妊娠中のママに少しでも明るくなってほしい」

「職場復帰を望むママを応援したい」

「企業・チームとして女性の復職支援に取り組みたい」

そんな想いを十分に理解できるママネイリストが、ひとつひとつ心をこめて制作します。


ネイリストは高い技術とセンスはもちろん、常にトレンドの理解と探究を必要とされ、女性が欲しいと感じる“かわいい”や“素敵”を表現することに長けている職業です。
そんなネイリストならではの経験を存分に活かし、『kimie.』を立ち上げました。
kimie.Instagramページへのリンク


~使用する素材へのこだわり~

チャームには、カラフルな彩りの季節の花を押し花にして利用しています。
その押し花も鮮度や仕上がりが大事。

信頼できる押し花作家さんから仕入れたり、自らお花を育て、色とりどりのお花を厳選して使用しています。


~とても繊細な作業をひとつひとつ丁寧に~

人気のシェルを使ったデザイン。
こちらはシェルが角度によりキラキラと輝く上品な美しさのチャームですが、それはとても細かな作業です。

綺麗な形、色を選び、1枚ずつバランスを見ながら配置していきます。
作業動作や素材の配置、傾きの調整など、繊細さを要するところに”ネイリスト”の強味が表れます。


~妥協しない仕上がりを~

ハンドメイドならではの温もりは大切にしつつ、プロとして商品への妥協は一切許しません。
美しい仕上がりにするため、ひとつひとつ凹凸を見逃さずに削っていきます。
そしてチャームに傷がないかのチェックをしながらパーツを付け、丁寧に梱包してお届けしています。


私たちの会社には、すでに復帰したママネイリスト。
これから復帰予定のママネイリストがいます。
そして、残念ながら退職してしまったママネイリストも…


紹介しているママネイリスト以外にも8名の育休中ママがいます。
社内のママたちにとどまらず、退職したママネイリスト、それ以外の世の中のママネイリスト、1人でも多くのママに支援を広げたいと願っています。


~仕事復帰しているママネイリスト~ 

1児(2歳)のママ

入社8年目のネイリストで、現在は広告や新ネイルデザイン考案の仕事を任せています。
この仕事で身に着けることができた”お客様に喜んでもらえるデザイン力”は「kimie.」にも必ず活きるはずです。

「こどもは、もう1人ほしい」と言っているので、妊婦時にも不安なく働くことができ、産後も安心して復帰できる環境を整えてあげたいと思います。


~2021年4月復帰予定のママネイリスト~ 

2児(6歳・1歳)のママ

創業期から働いているママネイリストです。
これまでにたくさんのお客様にご満足いただき、さらにたくさんのネイリスト育成、輩出にも貢献してくれました。

前職が設計関係のお仕事で、おそらくネイリストでなくても十分働き口はあるし、今後の職もあるかもしれません。
しかし、長くネイリストを続けているからこそ育児と両立し、今後の後輩にも「両立のお手本」になってほしいと願っています。


~2021年5月以降復帰予定のママネイリスト~ 

1児(0歳)のママ

創業期から働いているママネイリストです。
産休前までずっとサロン最前線でネイリストの教育、サロン管理に努めてくれました。
「人のために」自ら仕事をしてくれる、社会人として模範となるようなネイリストです。

現在の住まいが郊外で通勤に時間がかかるため、育児との両立が大変になるはずです。
kimie.のビジネスによって、通勤を減らし今後も長く働ける環境にしてあげたいと思います。


(1)リターンの材料費・準備費

リターン作品のための材料費・配送費が1つあたり150円~200円程発生します。
また1日~2日の研修を実施してから制作を行うため、研修にかかる費用・人件費が発生します。
※研修期間はネイリストのスキルがある前提となります。


(2)ママネイリストが働き続けるための賃金

支援金約100万円までは主に当社の「ママネイリスト」の賃金となります。

当社では時短勤務者の月給が約20万円です。
その他会社が負担する費用を含めると、1人1か月あたり最低25万円の資金が必要となります。

リターン発送完了までの目処を1ヶ月とした場合...
ネイリスト1人あたり 25万/1ヶ月 × 4人 × 1ヶ月 = 約100万円
※現在在籍するママ及び4月復帰予定のママ4人分で計算しています。


(3)コロナ禍で集客減によるアイドルタイムの活用

支援金100万円を超えた分は、ネイルサロンprish赤字補填のための活用となります。

ネイルサロンprishでは、全店で1日に約25人のネイリストが出勤しています。
コロナ前はアイドルタイムがほぼありませんでしたが、コロナ後は3割以上がアイドルタイムとなるため、その一部をチャーム制作に充てさせていただきます。


(4)会社の枠を超えて働きたいネイリストの職を作りだすきっかけに

本プロジェクトに関わらず、会社の枠を超えてたくさんのママネイリストに広げていく予定です。
どれほどご支援いただけるか予想もできませんが、たくさんのご支援を頂いた場合、少しでも早く1人でも多くの職を作り出すきっかけとさせていただきます。


可愛さとセンス溢れるチャームを、リターン商品としてお届けいたします。


◆ マタニティマーク 1,600円 ◆


◆ マタニティマーク(2コセット)3,000円 ◆


◆ シェル or 季節のお花キーホルダー 1,000円 ◆
(とにかく応援したい!と思ってくださった方へ)


◆ オリジナルデザイン ◆
(企業・団体様など、オリジナルのデザインもご相談いただけます。
お気軽にご相談ください!)

イベントのノベルティや、団体様のオリジナルロゴ入りチャームなど、50個以上(個数についてはお気軽にご相談ください)のご注文に関しても承ります。

「学校のサークル仲間でお揃いのチャームを身に付けたい」

「企業・部署など、チームとして女性の復職支援に取り組みたい」

「妊婦さんやママの集まるサークルでお揃いのグッズを作りたい」

「来院される妊婦さんへ、お守りとしてプレゼントしたい」

「イベントのノベルティとして女性の喜ぶアイテムを考えている」

など、ネイリストが相談にのりオリジナルデザインを制作させていただきます。

※基本的に、リターンのキーホルダー・マタニティチャームと同型のアレンジとなります。

「メッセージで意見や質問を送る」より、お気軽にご相談ください
↓↓↓


~リスク&チャレンジ~

・押し花は本物の花のため、色褪せることがあります。予めご了承ください。
・レジン製品ですので、直射日光は避けてご使用ください。(黄ばみや劣化の原因になります)
・バンドメイドのため、多少の気泡が入りますことをご理解ください。
・一つ一つ手作りのため、全く同じものは出来ません。微妙にバランスやパーツが変わることがございます。ご了承ください。
・入荷状況により、金具パーツの色が変更になることがあります、ご了承ください。
・発送は普通郵便になります。



2021年3月:プロジェクト募集開始

2021年4月30日:プロジェクト募集終了

2021年5月1日から5月31日:リターン発送


<All-in方式で実施します。>本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


Q1. 複数個支援(購入)したいのですが、1回ずつ分けたほうが良いですか?
A. 1回の支援(注文)で複数個選択可能ですので、まとめてご注文ください。

Q2. 届いたリターンを撮影しSNSにアップしても大丈夫でしょうか?
A. 全く問題ありません!ぜひお願いいたします!

Q3. ネイリストによって品質は異なりますか?
A. 多少は異なりますが、ご満足いただけるクオリティになるよう研修を徹底しております。
また、同じネイリストでも作品の性質上同じモノはできません、ご理解くださいませ。

Q4. このプロジェクトが終わっても活動は続けられるのでしょうか?
A. はい、すでに通常販売もしており、プロジェクト終了後も継続していきます。

Q5. ママネイリストを紹介させてもらうことはできますか?
A. 申し訳ございません、まずは当社スタッフや取引先、関係者に近いママネイリストからご案内させていただきたいと思います。


株式会社 ネイルデザイン
代表 遠藤賢二

ネイルデザインは2010年に「ネイリストの地位向上」を掲げ創業しました。
皆様のお陰で、法令を遵守し雇用環境を改善しながら10周年を迎えることができましたが、大きな課題『結婚・出産・育児との両立 』が残りました。
コロナ禍でさらに追い打ちをかける状況となっています。

本来ならば経営者が導かなければいけないこの状況下で、スタッフ自ら課題に向かう姿、他のスタッフや不安を抱えるママたちへの思いに、心を動かされました。

「ネイリストの地位向上」の初心に帰り、ネイリスト自ら動いた今、より一層の経営努力と本事業・プロジェクトをサポートいたします。

「ネイル」は必需品ではないかもしれません。
しかし私たちはネイルを通しお客様、従業員のたくさんの笑顔を見てきました。
私たちは「ネイリスト」という職業に誇りを持っております。

「ネイリスト」が未来に続く職業となりますよう、ご支援いただけますと幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください