代表ご挨拶

小林栄子/EIKO KOBAYASHI
美・JAPON理事長/コスチュームデザイナー

皆様こんにちは。美・JAPONの小林栄子です。
美・JAPONはおかげ様で、20周年を迎えることとなりました。これまでの活動を途絶える事なく、世界中に着物を中心とした様々な文化を伝えていきたいと思っております。その為にも20周年特別記念公演を、2021年7月9日、東京都港区赤坂にございます、サントリーホールで開催いたします。

今年は東日本大震災から10年目となりますが、私自身が宮城県の出身ということもあり、テーマ「震災への祈り」そして「生命への輝き」 とし、美・JAPONならではの表現で皆様にお伝えいたします。どうぞみなさま、ご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

美・JAPON
代表 小林栄子


美・JAPON 代表 小林栄子の動画メッセージはこちらをクリックしてご覧ください。

※美・JAPONとは、「伝統と創造」をテーマに、国内外で活動するNPO法人です。


このプロジェクトで実現したいこと

国を越え、世代を超えて想いをつないできた「美・JAPON」

美・JAPONは、「想い出を纏う」を基本コンセプトに、国内および世界15カ国で日本文化の発信を行なうとともに、「年齢に関係なく、人は変われる」というコンセプトのもと、
シニア世代に輝きの場を提供する「ミラクルエイジ・ファッションショー」を20年にわたって行ってきました。

その歩みにおいて、10年前の東日本大震災を抜きに語ることはてきません。
代表の小林栄子が仙台出身ということもあり、ピアニストの吉俣良氏と共に実施した
震災復興支援の公演も、美・JAPONにとって大きな足跡となっています。
20周年を記念する本公演は、吉俣良氏と小林栄子による対談と、三章で構成された
パフォーマンスをお届けいたし、また活動を存続し続けて行きたいと存じます。

■タイトル: 

美・JAPON 20周年記念公演

MATOU 

■日時 : 令和3年7月9日(金)

            開場:17:40 開演18:30                      

 ■会場:サントリーホール ブルーローズ  〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目13−1

 ■ステージ構成案:     

 プロローグ:対談「Past and Futureー震災からの10年を振り返るー(仮)」
 対談者:小林栄子 デザイナー/美・JAPON代表理事
     吉俣良 作曲家


 第一章:「祈り」 2011の震災へのレクイエム
 出演者 ダンサー × 美・JAPONモデル × 吉俣良氏 × その他

 第二章:「希望」 生命のバトン
 出演者 ミラクルエイジモデル(33名) × 美・JAPONモデル × その他

 第三章 :「昇華」
 出演者 小林栄子 × 美・JAPONモデル・ダンサー × その他


 美・JAPON象徴の川俣シルクを使用した「はごろもブルー」、
 さらなる世界観を表現していく羽二重を使用した「虹」をテーマに
 着物とドレスの新たな美・JAPONの世界を表現SITAファッションショー。
 ファッションショーには長年にわたって
 美・JAPONの活動を支えてきた プロのモデルやミュージシャンに加え、
 オーディションによって選ばれた80代までのアマチュアモデルが登場し、
 世代を超えた生命の輝きを表現いたします。


衣装デザイン・総合プロデュース:小林栄子(美・JAPON代表理事)
総合演出:渡辺克己(美・JAPON理事)
演出・振付協力:広崎うらん
モデル:美・JAPONスペシャルメンバー
ピアノ・作曲:吉俣良
バイオリン:調整 中趙賢真(JPCO)
チェロ:調整中 飯尾久香(JPCO)
バイオリン:西垣恵弾
ドラムパフォーマンス:鼓和

ダンサー:池田美佳
書家アーチスト:岸本亜泉
画家(墨絵アート):阿部朱華羅
油彩画家:大和田いずみ
プロジェクションマッピング:高岡真也


出演者ご紹介

市橋礼衣 モデル・パフォーマー 2018ミス日本グランプリ

名古屋市出身 高校一年生で初めて出場したフロリダディズニーワールドで毎年行われるダンスの世界大会にてSong leading部門にて初出場で一位を獲得し、世界一に。その後も「THE DANCE WORLD(世界大会)」や 「ICU World Cheerleading Championships(世界大会・日本代表)」にも出場、JAZZ,CHEER,HIPHOPなど様々なジャンルで出場し賞を獲得。

DREAMS COME TRUE 黒ドリダンサー、東方神起のバックアップダンサーとしても出演。ダンサーを引退後会社員を経験し、その後に挑戦したミス日本コンテストで2018ミス日本グランプリに輝く。
         

’18ミス日本公式ページ


田中セシル モデル



福村あけみ モデル・ウォーキング指導 



大森美穂 モデル   

2020年よりモデルを開始。フィリピン・フランス・イタリアなど海外を中心に活動。2021年はイタリア、ミラノでファッションショーに出演。

今年初めてヨーロッパの地を踏み、立ち並ぶ重々しい石造りの建物を見て「今もし地震が起きたら」と想像をし、身震いした。

3月ということもあり、10年前の東北の震災に想いを馳せているところに、このショーのお話をいただいた。

「忘れてはいけない」という思いと、「忘れられない」方々も多くいることを心にいつも留めておきたい。モデルは、「誰かの何か」を伝えるための仲介役であるけれど、「あの日」を見ていた一人としても舞台に立ちたいと思う。

instagram             

  

桐山マキ モデル・女優

数多くの広告、映画、舞台などでモデルや女優としての実績があり、今現在は株式会社RECLO WEB広告、長谷工グループ ブランシエラ「四季を描く」篇、ANA「さぁ、新しい思い出を予約しよう ANA SUPER VALU_北海道トマム」篇 などに起用されている。






美・JAPONにはこれまで
2016/4/5  美・JAPON「BEYOND KIMONO 2016」出演
2017/2/19  美・JAPON六本木公演出演
2018/6/20  日中親善美人大使コンテスト グランプリ受賞
2018/9/21  美・JAPON「Beyond kimono Hagoromo」パリ・ユネスコ公演出演
2019/4/22  美・JAPON「はごろも」スペシャルディナーファッションショー出演

と多数出演しており、美・JAPON のモデルには欠かせない存在である。

公式WEB サイト


まつながまき モデル 

ジャンルを超えて日本の静と動の美を魅せる場を求め、ファッションショーや殺陣・剣舞パフォーマンス、映像、スチール作品等国内外で活動している。 美・JAPONの前身団体「アジアの風21」主催のファッションパフォーマンスショー「天空」において、十二単モデルとして出演したのが小林理事長との出会い。団体の理念と独創的なステージの魅力に惹かれ、以降、国内で複数回の「天空」公演に参加。

2008年のトルコ・イタリア公演より、海外での公演にも参加(クウェート・スイス・フランス・台湾・ポルトガル)。
2015年のポルトガル公演を最後に、美・JAPONの活動から離れていたが、2017年の横浜能楽堂での公演に降板者の代役として急遽出演、以降、2018年のパリ・ユネスコ本部公演、2019年の目黒・雅叙園、ハンガリーでの周年事業公演、円覚寺公演に参加。現在は主に即興による舞を通して、欧州各地や国内の寺院・史跡など様々な場でデザイナーや音楽家、アーティストの作品に参加している。

公式WEBサイト


池田美佳 ダンサー


岸本亜泉 書家アーティスト


大和田いずみ 


阿部朱華羅 画家(墨絵アーティスト)

SCARAスカラ:森羅万象の声を感じ、地平天成の祈りを込めて、古来から伝わる日本の美と魂×宇宙を表現し未来に繋ぐアーティスト。フランス、イギリス、フィンランド、オーストラリア、ニューヨーク、ソウルなど国内外でコンペ受賞・入選展示、招待展示、パフォーマンス出演多数。

 SCARA公式WEBSITE
 instagram 





     

プロジェクトをやろうと思った理由

日本の美と伝統を伝え、発展させるために、美・JAPONは、「想い出を纏う」をコンセプトにファッションショーを軸とした芸術活動を、ユネスコをはじめ世界各地および国内で続けてきました。    

私たちの考える「想い出」とは、封印されてしまった「過去」ではなく、
未来を切り拓いていくための「礎」であり「財産」です。                      

特に、先人の知恵や技術、そして思いの詰まった「着物」を今に活かし、
新たな「知恵」と為すことを 使命として活動してきた20年間でした。

そして、想い出を未来につなげる美・JAPONにとって、
また、東北・仙台の出身である代表の 小林栄子にとって、
2011年の東日本大震災は大きな意味を持つものであり、
あの震災に思いを致さず には、次の一歩を踏み出すことができません。                    

こうしたことを踏まえ、震災への思い、
未来へ生命をつないで生きるメッセージを発信したいと企図しました。

                                              


これまでの活動

今年20年を迎えるミラクルエイジファッションショーを皮切りに、
美・JAPONを2010年に設立してから約10年間、日本の美の伝承、国際文化交流、
シニアファッションショー
3つを軸に活動しております。

【海外公演活動履歴】

2005年 :「天空Ⅱ」 (ルクセンブルク大公国) *大使館共催事業

2006年 :「天空Ⅲ」 ポカラ、カトマンズ(ネパール)*大使館共催事業

2008年 :「天空Ⅳ」アンカラ(トルコ) *大使館共催・国際交流基金助成事業
    「天空Ⅳ」ミラノ(イタリア) *大使館共催・国際交流基金助成事業

2010年 :「The KIMONO」アンカラ、イスタンブール(トルコ) *外務省大型文化事業
      オランダ領事館ファッションショー イスタンブール(トルコ)

2011年 :「天空Ⅴ」クウェートシティ(クウェート) *外務省大型文化事業

2013年 :「天空Ⅵ」 パリJAPAN EXPO(フランス) *大使館共催・国際交流基金助成事業
    「天空Ⅵ」日仏会館(フランス)*大使館共催・国際交流基金助成事業

2014年 :「天空 Beyond KIMONO」パリ JAPAN EXPO(フランス)
    「天空 Beyond KIMONO」パリ日本文化会館(フランス)*大使館共催・日本スイス国交150周年記念事業
    「天空 Beyond KIMONO」在スイス日本国大使館(スイス) *大使館共催・日本スイス国交150周年記念事業
    「天空 Beyond KIMONO」ベルン パウル・クレー・センター(スイス) *大使館共催・日本スイス国交150周年記念事業
             日本のアンティーク着物ドレスと台湾の民族衣装のコラボレート公演(台湾)

2015年 :ポルトガル フィゲイラダフォス、Hotel Palacio Estoril エストリル(ポルトガル) *大使館共催事業
「Beyond KIMONO 2015」 ニューヨーク 国連日本政府代表部(アメリカ) *国連日本政府代表部共催事業
          「Beyond KIMONO 2015」Holy Apostles Ballroom in Chelsea

2016年 :相模大野女子大学グリーンホールにてベルギープレ公演
「Beyond KIMONO 2016」ベルギー花博 オープニングレセプション
(*日本・ベルギー友好150周年事業 世界情勢を受け出演辞退)
           ジュネーブ国連軍縮本部大使公邸にてプライベートフロアショー

2018年 :「はごろも」パリ・ユネスコ本部公演 ユネスコ日本政府代表部 共催事業

2019年 :「はごろも」 ハンガリー ブタペスト音楽史博物館公演 -大使館共催事業

公演の模様はこちらでご覧いただけます


日本の美の伝承

江戸・明治・大正時代のアンティーク着物が、
その繊細さや流れの美しさを生かして時代を超えて愛されるコスチュームへと生まれ変わります。

それらは国内外の舞台公演にて光や風を纏い軽やかに舞い、観るものの心に響きます。


国際文化交流

江戸・明治・大正時代の時代着物から創られたコスチュームを中心に、
音楽・舞踊・映像・花・香りなど五感で日本の美を伝える総合舞台公演で、
国際文化交流活動を行なっています。
2005年のルクセンブルク大公国公演(大使館共催事業)を皮切りに、
日本スイス国交150周年記念事業や発展途上国支援を目的としたネパール公演(大使館共催事業)など、
これまでに活動した国と地域は10ヶ国を越えます。
その活動の軌跡は、外務省発行の正式書物「外交青書」にも記されています。

Beyond Kimono2016@NY Holy Apostles Ballroom


Hagoromo 2018 @UNESCO-PARIS


シニアファッションショー

シニア応援プロジェクト、「ミラクルエイジファッションショー」は、本年20年目を迎えました。
60歳以上のシニア世代がモデルとなってステージを颯爽と歩き、
エレガントなパフォーマンスを見せるこのプロジェクトは、シニアの方々がいつまでも元気に輝ける舞台を提供しています。

日本で一番歴史あるシニアファッションショーです。

進んでいく世界中の高齢化への一つのメッセージとして、ミラクルエイジファッションショーはいつまでも元気に輝き続けられる場所を提供していきます。


資金の使い道

ご支援いただいた資金はクラウドファンディング手数料、公演に掛かる制作費、運営費、
公演を記念に制作する写真集の制作費、また今後の美・JAPONの運営・活動等の資金に使わせていただきます。


リターンについて

●御礼メール:美・JAPON事務局より御礼メールを贈らせていただきます。
●映像配信視聴:ショーの模様を動画にてご覧いただけます。
●映像配信クレジット:美・JAPON20周年記念公演 2011メモリアルのダイジェスト
           映像配信にご支援者様のクレジットを入れさせていただきます。
●公演記念写真集:公演記念で制作する写真集をお届けいたします。
●美・JAPON20周年記念公演 2011メモリアル 公演チケット:7月9日に開催する記念公演の入場チケットをお届けいたします。 

※15,000円のご支援は限定15名様となります。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い無観客などの対応が必要となった場合、
 映像編集したDVDをお届けさせていただきます。


実施スケジュール

2021年7月  9日(金) 美・JAPON20周年記念公演 2011メモリアル  開催新型コロナウイルスの感染拡大に伴い無観客などの対応が必要となった場合、映像編集したDVDを8月20日前後にお届けさせていただきます。
7月15日(月) 公演記念写真集を順次発送いたします。

8月27日(金) 映像配信(事前に視聴用のURLをお届けいたします)


最後に

美・JAPONは着物の魅力、伝統を継承するとともに、新たな世界の創造を追求し広く伝えるために、国内はもとより海外でも精力的に綜合的なパフォーマンスを行なってまいりました。

これまで各国日本大使館公邸をはじめ、パリ・ユネスコでの公演や京都・高台寺、鎌倉・円覚寺如意庵、 横浜能楽堂などでの公演を行っています。

2020年は国外ではウィーン公演や国内ではサントリーホール での公演を予定しておりましたが、2020年はコロナ禍にあり、さまざまな予定をとり止めざるを得ない状況にありました。

昨年の予定を4月に延期されていたサントリーホールでの公演がまたも延期となりましたが、ようやく7月9日に開催できる喜びを、代表の小林以下、全てのスタッフが噛み締めており、特にオーディションによって選ばれた80代までのアマチュアモデル達は、日々ウォーキングなどのレッスンに励んでおります。

前述の通り、本公演の運営費、公演記念写真集の制作費、また今後の運営費、活動費が大変厳しい上京にございます。このプロジェクトを拝見してくださった皆様、日本の美の伝承、国際文化交流、シニアファッションショーの存続にぜひあなたの力をお貸しいただけましたら幸いでございます。



<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください